プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

シド・バレットから出発する、孤高のアシッド・フォーク・シンガー特集

こんにちは。スタッフみなとです。

先日カケレコでシド・バレットの2ndについて話す機会があり、スタッフから「狂気がひしひしと漂っている」「妖しい音空間」「彼岸をユラユラとたゆたっているような感覚」などの言葉が飛び交いました。

発売から50年近く経ってもなお聴く人を引きずり込んでしまう、ただならぬ作品ですよね。

さて今日はそんなシド・バレットから出発して、狂気を孕んだ孤高のアシッド・フォーク・シンガーをピックアップしてまいります。

まずはシド・バレットから。

シド・バレット/その名はバレット

68年にピンク・フロイドを脱退したシド・バレットが、70年にリリースしたソロ2作目。

デヴィッド・ギルモア(主にベースを担当)とリチャード・ライトが参加し、ギルモアが全面的にプロデュースを受け持っています。

ケヴィン・エアーズ『Joy Of A Toy』とも通じる、牧歌的な親しみやすさの中にストレンジな感性が秘められた、孤高の世界観に惹き込まれる一枚。

試聴 Click!

英国編

SIMON FINN/PASS THE DISTANCE

英国の南、サリー州で生まれたサイモン・フィン。67年にロンドンに渡り音楽活動を開始。

マーキークラブでアル・スチュアートの前座で歌っていたそうです。70年に『PASS THE DISTANCE』を出した後はシーンから姿を消し、楽曲のあまりの暗さから自殺説まで囁かれたほど。

実際はカナダに移住し、有機農業をやりながら空手を教えていたそうです。2005年に音楽活動に復帰し、作品をリリースしています。

70年作『PASS THE DISTANCE』の特徴は、ギターもボーカルも泥酔しているような、ヘロヘロ・サウンド。

長く聴いていると少し気分が悪くなるのですが、サイモン・フィンの切羽詰まった、ひりひりとした歌心を感じたくて、ついつい再生してしまいます。

試聴 Click!

さて、次はウェールズ出身のSSWです。

MEIC STEVENS/OUTLANDER

1942年、ウェールズ生まれのMEIC STEVENS。「ウェールズのボブ・ディラン」と評されたり、シド・バレットと並べて語られたりのSSWです。

70年にリリースされた今作のセールスは振るわず、故郷に帰って以後はウェールズ語で作品をリリースしています。

シタールやフルートが揺らめく荒涼としたフォークに引き込まれます。

試聴 Click!

MEIC STEVENS/GWYMON

故郷に帰ってウェールズ語で歌った2ndです。

試聴 Click!


ウェールズ産フォーク/SSW特集

【関連記事】

ウェールズ産フォーク/SSW特集

歴史深いウェールズから誕生した、様々な作品を聴いてまいりたいと思います!

米国編

PETER IVERS/PETER IVERS

米イリノイ州出身のSSW。ハーバード大を出て、ギリシャ語、ラテン語、音楽理論、ヨガなどを学び東洋哲学の知識も持っていた天才肌とのこと。米イリノイ州出身のSSW。ハーバード大を出て、ギリシャ語、ラテン語、音楽理論、ヨガなどを学び東洋哲学の知識も持っていた天才肌とのこと。

こちらは76年作。

可愛らしいような、気持ち悪いような、癖になる中性ボーカルと、ポップでブルージーでアシッド・フォーキーな奇天烈サウンドがたまらぬ中毒性です。

試聴 Click!

PEARLS BEFORE SWINE/JEWELS WERE THE STARS

米フロリダ州のサイケ・フォーク・バンド。

ダウナーで虚ろなのに、ひたすら気持ち良いサウンドです。惜しくも今年亡くなってしまったトム・ラップのボーカルは、とても優しげです。

試聴 Click!

スコット・キー/アンロック・ユア・フィーリングス

米西部はコロラド出身、ジョン・フェイヒーから影響を受けてフィンガーピッキングを磨いたアコースティック・ギタリスト&SSW。

ダウナーでメランコリックなメロディ、沈み込んだような歌唱、鋭利なアコギの音色に痺れます。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただけたら幸いです。


虚ろフォーク特集

【関連記事】

虚ろフォーク特集

どこか浮世ばなれした旋律で、何もかも忘れていつまでも聴いていたくなるような幻想的なフォークを紹介します。ちょっと人生を一時停止して、ひと休みしませんか。

SYD BARRETTの在庫

  • SYD BARRETT / BARRETT

    70年作2nd、リック・ライト参加&ギルモアはベースで参加

    最初期ピンク・フロイドを率いた奇才が70年にリリースした2nd。デヴィッド・ギルモアがプロデュースを担当し、リチャード・ライトが参加した本作は、前作に比べると明るくポップな曲調が中心ですが、そこからひしひしと漂ってくる狂気はやはりシド・バレット。時折突拍子もなく崩れそうになる不安定なギター、低くけだるいヴォーカル、弾むようでいてずるずると引きずっているようなリズム・・・。危うげな雰囲気が充満する中、リック・ライトのキーボードやギルモアの12弦ギターがカラフルな色合いを醸し出し、白昼夢とも悪夢ともつかない眩惑的なサイケ・サウンドを展開しています。ケヴィン・エアーズの1st『Joy Of A Toy』とも通じる、牧歌的な親しみやすさの中にストレンジな感性が秘められた、孤高の世界観に惹き込まれる一枚です。

「SYD BARRETTの在庫」をもっと見る

SIMON FINNの在庫

  • SIMON FINN / PASS THE DISTANCE

    英国アシッド・フォーク史上屈指の傑作、70年作、惹きこまれます…!

    イギリスの孤高のアシッド・フォーク・シンガー、70年作。彼岸へと向かってユラユラと鳴らされているようなアコギやキーボード、虚ろにつぶやかれるヴォーカル、時折、波長が合ったかのようにハッとする美しいメロディを奏でるエレキ。英アシッド・フォーク屈指の傑作。

「SIMON FINNの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php


コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。