プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】キャラヴァン『グレイとピンクの地』を出発点に世界のカンタベリーなプログレを探索!

ジャズの流れを汲むテクニカルでしなやかな演奏と、他の英国勢とは一線を画する味わい深くも洒脱なポップセンスで、プログレッシヴ・ロックの一カテゴリとしてとりわけ高い人気を誇るのが、カンタベリー・ロック。

その影響は英国よりも、むしろ欧州各国へと広く伝わり、ヨーロッパの各所に彼らのサウンドを下敷きとして独自の発展と遂げた好グループが誕生しました。

今回は、そんな世界に拡散したカンタベリー・ロックの影響を取り込んだ世界のカンタベリータイプの名盤をピックアップしてまたいと思います!

まずはこちら、カンタベリー・ロックの代名詞的名作から出発いたしましょう。

キャラヴァン / グレイとピンクの地

人懐っこいポップなメロディーと、オルガンを主体としたアンサンブルのヒリっとしたクールな佇まい、そして大曲におけるドラマティックな構築性。ジャケット通りパステルカラー調の淡くやわらかな質感を全体に纏いつつも、様々な表情がひとつになって形作られている名盤なんですよね。そんな楽曲に生命を吹き込むR.シンクレアによるジェントルなヴォーカルは、これしかない!という見事なハマりよう。

試聴 Click!

PICCHIO DAL POZZO/ ABBIAMO TUTTI I SUOI PROBLEMI

イタリアを代表するバンドNEW TROLLSのリーダーであるVittorio Di Scalziの弟Aldoが率いるチェンバー・ジャズ・ロック・グループ。デビュー作に当たる前作では、静謐感と透明感に満ちたサウンドにCARAVANやHATFIELDに通じるひねりの効いたポップ・フィーリングを加えたような作風でしたが、本作では、透明度の高いサウンドはそのままにHENRY COW的な緊張感が加わって、よりアーティスティックで孤高な世界を作り上げています。独特の美意識を湛えた名盤!

試聴 Click!

SUPERSISTER / GOLDEN YEARS OF DUTCH POP MUSIC

こちらはオランダのバンド。一聴してカンタベリーからの影響を感じさせるポップなジャズ・ロックなのですが、この曲が収録された2ndは71年作でなんと『グレイとピンクの地』と同年。それでいてこの完成度の高さは驚異的ですよね。知る人ぞ知るという認知度のグループですが、フォーカスのようにワールド・デビューできていたらオランダを代表するバンドとして知られていたかも、と思わせるほどの実力派!

試聴 Click!

MANEIGE / MANEIGE

2個上のPDPと並ぶ、ファンタジックなタッチのチェンバー/ジャズロックを聴かせる名グループと言えば、カナダはケベック出身のMANEIGE。丸みを帯びた愛らしい音色をふんだんに散りばめたチェンバー・サウンドは、間違いなくカンタベリーファンの心をつかむポテンシャルを秘めています。ほんわかとしたパストラルなパートから、恐ろしいまでのテクニックで突き進んでいく変拍子ジャズ・ロック・パートまで、振り幅の大きい演奏は圧巻。

試聴 Click!

WIGWAM / BEING

フィンランドでカンタベリーを感じさせるグループと言えば、何と言ってもWIGWAM。奔放にして創造性豊かなセンスから北欧のビートルズとも例えられますが、ハモンドオルガンにエレピも交えて展開される洒脱なジャズ・ロック・テイストは、紛れも無くカンタベリーの流れを汲むもの。温かみのあるメロディラインと鼻にかかった優しげな歌声も共通点ですよね。

試聴 Click!

COS / BABEL

テクニカルで強靭なジャズ・ロック・アンサンブルに、女性シンガーPascale Sonの艶やかに舞うスキャット・ヴォーカルをフィーチャーしたベルギーの個性派バンド、78年作。情感のこもったギターやシンセの用い方がCAMELを思わせたり、リズム隊の跳ね方が妙にファンキーだったりと、いろいろと耳を引く要素を併せ持っていますが、それらが組み合わされると全体の印象は不思議とカンタベリー風なんですよね~。

試聴 Click!

ここからは、カンタベリーの精神を受け継いだ世界の新鋭グループたちをご紹介!

HOMUNCULUS RES / DELLA STESSA SOSTANZA DEI SOGNI

まずは今年リリースされたばかりのこちらの伊新鋭!リリカルなギターにメロディアスなファズ・オルガン、軽やかなコーラスなどキャラヴァンを彷彿とさせるポップなカンタベリー・フィーリングをふんだんに散りばめつつ、ピッキオ・ダル・ポッツォに通ずる緻密な変拍子を交えて駆け抜けるアンサンブルが見事。さらにはシチリア産らしく潮風のような爽やかさもあって、キャラヴァンが好き&地中海色漂うイタリアン・ロックが好き、という方には是非聴いていただきたい逸品!

SCHNAUSER / IRRITANT

こちらは05年結成の英ブリストル出身プログレッシヴ・ポップ・バンド、17年作。跳ねるようなリズムに乗ってギターやブラスが躍る一曲目から楽しさ満点!XTC~スタックリッジ~キャラヴァン~10ccから影響を受けたという言葉に嘘偽りなく、モダンでいてなんだか懐かしくなるようなポップ感覚溢れるプログレッシヴ・サウンドを聴かせてくれます。人懐っこいメロディが耳に残るカンタベリー直系の楽曲もあって、これは極上!

試聴 Click!

FONDERIA / MY GRANDMOTHER’S SPACE SUIT

現代のイタリアで最も完成度の高いカンタベリー系サウンドを聴かせてくれるのが、このFONDERIA。ピーター・ガブリエルのスタジオREALWORLD STUDIOで録音された2010年の3rdアルバム。往年のカンタベリー・ロックを現代的なエッジの効いたサウンドで解釈したような緊張感みなぎるアンサンブルは、息をのむカッコよさ!80’sクリムゾンからの影響も感じさせますね。

試聴 Click!

PHLOX/KERI

バルト三国として知られるエストニアに、まさかソフト・マシーンやハットフィールドのDNAを継ぐグループが生まれるとは・・・!カンタベリー・フィーリングのあるしなやかなジャズ・ロックに東欧由来のダークな緊張感、そして北欧的な気品と透明感を融合させたサウンドは唯一無二。10年作の『TALU』に続き、こちらの17年作も絶品です!試聴はこちらから

70年代~現代のカンタベリー・ミュージックをもっと探求したい方は、こちらの記事も合わせてお読みください♪


カンタベリーロック影響下にある世界のプログレ名盤を大探索!

【関連記事】

カンタベリーロック影響下にある世界のプログレ名盤を大探索!

世界に拡散したカンタベリー・ロックの影響を取り込んだ各国のカンタベリータイプの名盤をピックアップ☆


00年代新鋭ジャズ・ロック・グループ~ソフツやハットフィールドのDNAを継ぐバンドを世界中からセレクト!

【関連記事】

00年代新鋭ジャズ・ロック・グループ~ソフツやハットフィールドのDNAを継ぐバンドを世界中からセレクト!

ソフト・マシーンやハットフィールドなどカンタベリー・ミュージックのDNAを継ぐ新鋭ジャズ・ロック・バンドを世界中からピックアップいたしましょう。


ハットフィールド&ザ・ノースのファンにオススメの世界のニッチなジャズ・ロック特集!

【関連記事】

ハットフィールド&ザ・ノースのファンにオススメの世界のニッチなジャズ・ロック特集!

時に繊細にたゆたい、時にキレ味鋭いフレーズでテンションを増幅させるギター。淡く叙情的なハモンド・オルガン。そして、流れるように美しくアイロニーやユーモアもたっぷりな愛すべきメロディとヴォーカル。そんなハットフィールドに通じる作品を世界中からピックアップ!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CARAVAN / IN THE LAND OF GRAY AND PINK

    ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の傑作3rd!

    SOFT MACHINEと同じWILD FLOWERSを母体にRichard Sinclairらによって結成されたグループであり、カンタベリー・ジャズ・ロックシーンを代表するグループの71年3rd。彼らの代表作との評価も高いその内容は、淡いサイケデリック・ロックの質感と、Richard Sinclairの甘く響くボーカル、Dave Sinclairの各種キーボードによるマイルドなアンサンブルが上質に響くカンタベリー・シーン屈指の名盤であり、英国然とした湿り気を帯びた雰囲気とSOFT MACHINEよりもポップ且つメロディアスな音楽性が素晴らしい1枚。20分超の大作も採用し、プログレッシブ・ロックならではのスリリングなインタープレイを見せ付けながらも、やはりナイーブでセンチメンタルな叙情に溢れた傑作です。

  • FONDERIA / MY GRANDMOTHER’S SPACE SUIT

    イタリアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、表情豊かなカンタベリー・タッチの逸品、オススメ!

    イタリアのジャズ・ロック・グループ、Peter GabrielのReal World Studioで録音された10年作3rd。HATFIELD & THE NORTH、SOFT MACHINE、CARAVAN、KING CRIMSONなどの影響を感じるグレイトなカンタベリー・スタイルのジャズ・ロック。柔らかく広がるエレピ、CARAVANを彷彿とさせるファズ・オルガン、繊細なタッチの叙情性溢れるフレーズからクリムゾンばりのフレーズまで表情豊かなギター、シャープかつふくよかなリズム隊、たおやかな管楽器、ここぞで溢れるメロトロン!いつまでも浸っていたいと思わせる気持ち良すぎるサウンドからロック的ダイナミズムに溢れるサウンドまで、圧倒的な表現力が印象的。これは素晴らしい作品です。オススメ!

  • COS / BABEL

    カンタベリー・ロックに通じるサウンドを持つベルギーのジャズ・ロック・グループ、78年作3rd

    ベルギー出身、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック・アンサンブルとスキャット風の女性ヴォーカルとの組み合わせが個性的なグループ。78年作3rd。後にAKSAK MABOULを結成するMarc Hollanderが在籍。ZAOのメンバーなどゲスト参加。カンタベリー・タッチのジャズ・ロックを基本に、いかにもベルギー的なアヴァンギャルド&ストレンジ・ポップ的なエッセンス、女性ヴォーカルによるスキャットなどが彩るセンス溢れるサウンドを聴かせています。名作。

  • WIGWAM / BEING

    北欧シーンを代表するプログレ・グループ、73年4th、前作に勝るとも劣らない傑作!

    フィンランドのグループ、73年作4th。オルガン、シンセ、ピアノを中心とした叙情性溢れるアンサンブルとビートルズ的とも言えるポップなメロディーが印象的。ただ、歌心だけでなく、アレンジ、演奏もこのバンドの聴き所。ハットフィールドの1stを想わすような淡いジャズ・ロック、クラシック・ロック、テンション溢れるハード・ロックなどを巧みに織り交ぜた起伏に富んだ構成が秀逸。本作は各曲が切れ目無く続くトータル・アルバムになっており、アレンジの素晴らしさが際立っています。名作。

  • PICCHIO DAL POZZO / ABBIAMO TUTTI I SUOI PROBLEMI

    ヴィットリオ・デ・スカルツィ(NEW TROLLS)の弟アルドが率いる伊アヴァン/チェンバー・ロック・グループ、80年2nd、透明感溢れる音色使いが美しい名盤

    NEW TROLLSのリーダー格であるVittorio De Scalziの弟、Aldo De Scalziを中心に結成されたイタリアのアヴァンギャルド・ロック・グループの80年作。本作ではMATCHING MOLEやHATFIELD AND THE NORTHといったカンタベリー・サウンドを放った前デビュー作から金管楽器セクションを大幅に増員。現代音楽的アヴァンギャルド性を持ったチェンバー・ロック路線への傾倒が顕著な名盤であり、HENRY COWを髣髴とさせる作風となっています。とは言っても前衛一辺倒ではなく、音楽的にまとめられた印象的なフレーズの挿入なども巧みに行われており、とても聴きやすいサウンドが魅力的です。

  • HOMUNCULUS RES / DELLA STESSA SOSTANZA DEI SOGNI

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングに満ちた新鋭ジャズ・ロック・バンド、ポップで地中海色あふれるサウンドが完成された18年3rd!

    イタリアはシチリア島出身、カンタベリー・フィーリングに満ち溢れた新鋭ジャズ・ロック・バンドの2018年作3rd。本作もポップで爽やかでちょっぴりアヴァンギャルドなHOMUNCULUS RESワールド全開!GENTLE GIANTなみの強靭な変拍子を駆使しつつ、リリカルなギターや歪んだオルガン、フルートなどカンタベリーの愛らしさをいっぱいに散りばめた弾むようなアンサンブル。本作ではさらにキュートな女性ヴォーカルをフィーチャーしたり、ボサノヴァ風のリズムを取り入れたりとお洒落でモダンな要素が増していますが、そこに違和感なく変拍子を組み込んだり、PICCHIO DAL POZZOを思わせるチェンバー風味の管楽器が緻密に絡み合うパートを織り交ぜたりして、決して甘すぎず程よく緊張感漂うサウンドに仕上げているのが見事。開放感あふれるメロディに歯切れの良いリズム、涼しげに爪弾かれるアコギや伸び伸びと歌われるヴォーカルにはシチリア産らしい地中海色も漂い、爽快感いっぱい。アカデミックな構成力をどこまでもポップに昇華した、彼らの独創的な作風が完成されたと言ってよい傑作です。デジパック仕様。

  • MANEIGE / MANEIGE

    カナダはケベック州出身の技巧派グループ、75年作1st、ファンタスティックな色合いを持ったチェンバー・ロック

    カナダを代表するグループ、75年作1st。クラシックと現代音楽からの素養、そこにKeith Emersonなど英プログレのエッセンスを盛り込んだKey奏者を中心に、テンションみなぎるチェンバー・ロック・アンサンブルが土台を築いた鮮烈なプログレッシヴ・チェンバー・ロック。ゴリゴリとしたベースが疾走するパートは、YESやGENTLE GIANTも彷彿とさせます。炸裂する変拍子、強靱な演奏力が支える圧倒的なテンション、クラシックの明快さ、そして全体を柔らかく包むファンタジー。プログレッシヴ・ロックの魅力がこれでもかと詰まった、圧巻の完成度で聴き手に迫る名作。

  • SCHNAUSER / IRRITANT

    英ブリストル出身の新鋭17年作、XTC〜スタックリッジ〜キャラヴァン〜10ccなどを吸収した極上プログレッシヴ・ポップ!

    05年に英国はブリストルで結成されたポップ/プログレ・バンド新鋭、17年作。ソフト・マシーン『Volume II』、XTC『BLACK SEA』、キンクス『ヴィレッジ・グリーン』、イエス『YES ALBUM』、10cc『SHEET MUSIC』といった作品に影響を受けたバンドということで、今作もその期待を裏切らないサウンドを聴かせてくれます。楽しげに跳ねるようなリズムに乗ってギターやブラスが賑々しく踊るXTC『BLACK SEA』を思い出さずにはいられない1曲目に始まり、キャラヴァン彷彿の人懐っこいメロディーが耳に残るカンタベリー直系ポップあり、スタックリッジ影響下のハートフルなナンバーあり、10ccばりのお遊び感覚をまぶしたモダン・ポップありと、あちこちに70年代大英帝国ポップのエッセンスが散りばめられていて、往年のファンもニンマリしてしまうこと間違い無しのサウンドでしょう。演奏面をリードするのはテナーサックスで、カンタベリー・ジャズ・ロックの流れを汲む滑らかで芳醇なプレイから、ポスト・ロック的センスを感じるたゆたうような美しいプレイまでこなすかなりの実力派。フュージョン・タッチの軽やかなナンバーでも腕前を発揮しています。またフワフワと舞うようなプログラミング音響の用い方もバンドのサウンドに絶妙な浮遊感を与えていてグッド。憧れのグループたちのサウンドを素直に吸収して雑味なく練り上げたような愛すべき一枚です!

  • SUPERSISTER / GOLDEN YEARS OF DUTCH POP MUSIC

    オランダのジャズ・ロック/アヴァンギャルド・グループ、全シングルを収録したベスト盤

    オランダ出身ながらカンタベリー・ミュージックに影響を受けたジャズ・ロック・サウンドが人気のバンド。彼らが70年から75年の活動期間にリリースした全シングルのA/B面曲に加え、アルバム収録の代表曲をまとめたベスト・アルバム。初期シングルは、シド・バレット期のピンク・フロイドとデビュー時のソフト・マシーンをグルグルと回るようなサイケ・ジャズ・ポップの佳曲ぞろい。カンタベリー・ファン、サイケ・ポップ・ファンともに必聴です。

カンタベリー・ミュージックの在庫

「カンタベリー・ミュージックの在庫」をもっと見る

アヴァン・ロック/チェンバー・ロック/レコメンの在庫

「アヴァン・ロック/チェンバー・ロック/レコメンの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。