プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「秋に聴きたいアルバム」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

今週のカケレコFacebookは「秋に聴きたいアルバム」というテーマで投稿をしてまいりました。

秋へと進む季節を感じながら聴くのにぴったりな作品をセレクトしましたので、どうぞご覧ください。

Facebook

9月17日(火):LINDISFARNE/FOG ON THE TYNE

第1日目の今日は、英国のフォーク・ロック・グループ、リンディスファーンの71年作『FOG ON THE TYNE』です。

イングランド北東部、タイン橋のジャケットが何とも英国的ですよね。

リンディスファーンは1968年にニューカッスルで結成された、名SSWアラン・ハル在籍のバンドで、ハルの素朴で飾らないボーカルと、乾いたアコースティック・ギター、リラックスしたバンド・サウンドが、独特の哀愁あるサウンドを作り出しています。

米国フォーク・ロックに影響を受けながらも、英国的な湿度を感じさせる味わい深い旋律は、夏が遠くに過ぎ去って涼しくなってきたこの頃にぴったりです。(みなと)

試聴 Click!


英ニューキャッスルが誇る名SSWアラン・ハル特集

【関連記事】

英ニューキャッスルが誇る名SSWアラン・ハル特集

11月17日に命日を迎えた英国のSSWアラン・ハルの足跡を辿ります。

9月18日(水):PICCHIO DAL POZZO/PICCHIO DAL POZZO

今日の一枚は、イタリアのグループ、ピッキオ・ダル・ポッツォの76年1st『PICCHIO DAL POZZO』です!

イタリアと言えば熱気あるサウンドのグループが多いですが、彼らはひたすらリリカルでクールに音を紡ぐ、伊ロック界きっての知性派。

一音一音が必然的に鳴らされ、それらが折り重なってアンサンブルを形成するかのようなスタイルは、よく云われるカンタベリー・ロックからの影響とともに、日本の侘び寂びにも似た境地を感じます。

個人的には、静謐な湖面に浮かぶ落ち葉が風に揺れ、波紋が広がるような美しい情景を想起する一枚です。(佐藤)

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】イタリアン・ジャズ・ロックの名作 PICCHIO DAL POZZOの76年デビュー作『PICCIO DAL POZZO』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】イタリアン・ジャズ・ロックの名作 PICCHIO DAL POZZOの76年デビュー作『PICCIO DAL POZZO』

イタリアが誇るカンタベリー・スタイルのジャズ・ロック・バンドPICCHIO DAL POZZOの76年デビュー作『PICCIO DAL POZZO』をピックアップ!

9月19日(木):CRESSIDA/ASYLUM

スタッフ増田の選ぶ「秋」アルバムは英国のオルガン・ロック・グループ、CRESSIDAの71年作2nd『ASYLUM』です。

秋と言えば聴きたくなるのが哀愁に満ち溢れたハモンド・オルガンの音色!
その中でも特に哀愁いっぱいのオルガン・ロックを聴かせてくれるのがCRESSIDAですよね。
このコロコロと転がるように軽やかで、それでいて叙情的なオルガンの音色を聴くと、枯葉舞い散る秋の情景がいつでも目に浮かんできます。

優しいけれどどこか寂しげなヴォーカルの歌声もたまらないし、ポロポロと零れ落ちるような繊細なギターもグッと来るし、そこに感動的な管弦楽器のハーモニーが絡んできちゃうこの「Munich」なんて、あまりの感動に胸が張り裂けそうになってしまいます。はあ、傑作だ…。(増田)

試聴 Click!


MEET THE SONGS 第121回 CRESSIDA『ASYLUM』

【関連記事】

MEET THE SONGS 第121回 CRESSIDA『ASYLUM』

英オルガン・ロック・グループCRESSIDAの71年リリースの2nd『ASYLUM』をピックアップ!

9月20日(金):GENESIS/TRICK OF THE TAIL

最後に取り上げたいのが、ジェネシスの76年作『Trick Of The Tail』です。

初期からの持ち味であった匂い立つような英国叙情はそのままに、従来よりノスタルジックな郷愁を強く感じさせるサウンドは、どこか秋の情景とシンクロします。

ロマンチックなバラード「Ripples…」、童謡の世界のように愛らしいタイトル曲「Trick Of The Tail」など秋にぴったりの大好きなナンバーばかりですが、中でも枯れ葉が舞う英国の深い森に迷い込んだような幻想の名曲「Entangled」には、何度聴いても心を奪われます。(佐藤)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram


【カケレコ中古棚探検隊】秋のマイナー・オルガン・ロック大収穫祭!

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】秋のマイナー・オルガン・ロック大収穫祭!

秋といえば・・・オルガン・ロック!?今回は中古棚より、マイナーながら優れたオルガン・ロック作品をどっさり集めてまいりました!


特集『芸術の秋!プログレの秋!英国編』

【関連記事】

特集『芸術の秋!プログレの秋!英国編』

芸術の秋!プログレの秋!!ということでお送りしている秋に聴きたいプログレ特集。今回は英国編、秋にぴったりの情緒あふれる英プログレ作品をピックアップしてまいりますよ!

LINDISFARNEの在庫

  • LINDISFARNE / LIVE

    90年のライヴ音源、全13曲

    73年にカリスマ・レーベルよりリリースされた初ライヴ・アルバム。CD化にあたり、「Lady Eleanor」「Clear White Light」「January Song」など6曲を追加したDefenitive Edition。音源は、名作2ndリリース後の71年12月のライヴ。バンド絶頂期の演奏が楽しめる名ライヴ

  • LINDISFARNE / VERY BEST OF LINDISFARNE

    アラン・ハル率いる英国フォーク・ロックの愛すべき名グループ、73年ベスト盤、全20曲

    愛すべき英フォーク・ロック・グループ、リンディスファーンのベスト。「Meet Me On The Corner」「Lady Eleanor」「Fog On The Tyne」などの代表曲は漏れなく収録。

  • LINDISFARNE / MAGIC IN THE AIR

    77年に地元ニューキャッスルで行われたオリジナル・メンバーでの復活ライヴ

    77年にオリジナル・メンバーで活動を再開したグループが、77年12月に地元ニューキャッスルで行ったコンサートの模様を収録したライヴ・アルバム。代表曲「Lady Eleanor」でスタートし、中盤の「Meet Me On The Corner」へ向かって哀愁いっぱいのナンバーで次々と聴衆を英国的な哀愁で包み込み、「Fog On The Tyne」「Clear White Light」の大合唱でフィナーレ。いいなぁ、こんなライヴ見たら幸せな気持ちでいっぱいになるだろうなぁ。愛すべき名ライヴ盤です。

「LINDISFARNEの在庫」をもっと見る

PICCHIO DAL POZZOの在庫

  • PICCHIO DAL POZZO / PICCHIO DAL POZZO

    ヴィットリオ・デ・スカルツィ(NEW TROLLS)の弟アルドが率いるカンタベリータイプの伊ジャズ・ロック、76年1st

    イタリアを代表するジャズ・ロック・バンド、PICCHIO DAL POZZOが76年に発表した1stアルバム。一音一音が必然的にならされているかのような緻密なアンサンブルにより鳴らされる理知的なサウンドは、イタリアのHATFIELD AND THE NORTHといった印象。イタリアらしい情熱的な部分はほとんど無く、ひたすらクールに音が紡がれています。カンタベリー好きは必聴。

「PICCHIO DAL POZZOの在庫」をもっと見る

CRESSIDAの在庫

  • CRESSIDA / CRESSIDA and ASYLUM

    英国オルガン・ロックを代表するグループがVERTIGOレーベルより70年と71年にリリースした1st&2ndをカップリング

    英国オルガン・ロックを代表するグループがVERTIGOレーベルより70年と71年にリリースした1st&2ndをカップリングした2枚組CD。叙情性溢れるメロディーと憂いのあるオルガン、クラシックやジャズの要素を取り入れたプログレッシヴなアンサンブルというスタイルがいかにもブリティッシュ・ロックと言える1st。1stに比べて、演奏、アレンジとも磨きがかかり、美しいメロディーとドラマティックなアレンジが絶妙に絡んだサウンドが圧倒的な完成度を誇る2nd。どちらの作品も英国ロックを語る上では欠かせない名作です。2ndの2曲目「Munich」は、クラシック、ジャズ、ロックを剥き出しのままぶつけたようなテンション溢れるサウンドが絶品で、緩急自在の曲構成が秀逸な出色の名曲。

「CRESSIDAの在庫」をもっと見る

GENESISの在庫

  • GENESIS / PLATINUM COLLECTION

    04年編集のオールタイム・コレクション、全40曲

  • GENESIS / TRESPASS

    初期ジェネシスを特徴づける寓話的世界観が姿を現した70年作2nd

    レーベルをカリスマへと移籍して発売された70年作の2nd。バンドとして大いなる成長を見せたことにより、ドラマティックかつファンタジックなサウンドと、ピーター・ガブリエルの存在感溢れる歌声が強調され、初期ジェネシス・サウンドの礎を築いたと言える作品。

    • VJCP68091

      紙ジャケット仕様、初回盤(Virgin祭マーク入り)、解説元から無し、歌詞対訳・ファミリーツリー付仕様、定価2548

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      特典帯付(紙ジャケに巻いてあります)、ファミリーツリー付き

  • GENESIS / NURSERY CRYME

    寓話的幻想性が彩る孤高の世界観が極まった71年作3rd

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの71年3rd。Phil Collins、Steve Hackettが加入し、ついに黄金期のGENESISが誕生した記念すべき1枚。Peter Gabrielの寓話的な世界観が良く現れており、その奇天烈な世界は冒頭「ミュージカル・ボックス」と、それを表現したアルバムジャケットに顕著でしょう。GENESISサウンドが完全に確立された作品であり、本作をステップにGENESISは名盤を連発していきます。

  • GENESIS / FOXTROT

    初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの72年4th。プログレッシブ・ロックの代名詞のひとつであるメロトロンのロング・トーンで幕を開ける本作は、定番曲「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」、そして20分を超える名曲「サパーズ・レディ」を収録しPeter Gabriel期GENESISのサウンドを確立させた名作であり、「幻惑のブロードウェイ」と並ぶ彼らの代表作の1つ。寓話的幻想性を持ったシアトリカル・ロックの最高峰です。

  • GENESIS / SELLING ENGLAND BY THE POUND

    溢れんばかりの英国叙情に満たされた73年リリースの5th、初期GENESISの魅力が凝縮された大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの73年5th。Peter Gabriel期GENESISの作品の中でも非常に英国然とした湿り気と気品に溢れた作品であり、ジャケットの通り温かみのあるサウンドを構築しています。「ダンシング・ウィズ・ザ・ムーンリット・ナイト」や「ファース・オブ・フィフス」といった代表曲も収録されており、前作「FOXTROT」に負けず劣らずの傑作となっています。

  • GENESIS / LAMB LIES DOWN ON BROADWAY

    P.ガブリエル在籍期最終作となった74年リリースのコンセプト・アルバム、名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの74年6th。Peter Gabriel在籍期最後のアルバムとなる本作はマンハッタンを舞台に繰り広げられる、ラエルという男性を主人公にしたコンセプト・アルバムであり、Peter Gabriel期GENESISの集大成となった問題作。前作までのファンタジックなジャケットから一転、ヒプノシスによるジャケットを採用し、それまでの寓話的な幻想性は後退していますが、Peter Gabrielのシアトリカルなボーカルは健在であり、聴く者を文字通り幻惑の世界に誘います。

  • GENESIS / A TRICK OF THE TAIL

    ガブリエル脱退後第1弾の76年作、珠玉のメロディーに彩られたGENESIS中屈指の美しさを誇る名作

    フロントマンであったピーター・ガブリエルが脱退、4人編成となって制作された初のアルバム。グループの要が抜けたことでバンドの存続さえ危ぶまれたが、フィル・コリンズを新しいヴォーカリストに据え、プログレッシヴな要素は残しつつもポップ・センスが加わった新しいジェネシス・サウンドを打ち出した作品。メロディ・ラインの美しさという点では屈指と言える傑作。

  • GENESIS / WIND AND WUTHERING

    ジャケット通りの幻想的なシンフォニック・ロックを聴かせる傑作8th、76年リリース

    前作に続き、フィル・コリンズをフロントに据えた4人体制で制作された、プログレッシヴ・ロック期の最後の作品とも称される通算8作目のオリジナル・アルバム。ピーター・ガブリエル在籍時の神秘性こそ薄れたものの、彼ららしいファンタジックな世界観を美しくも格調高いサウンドで聴かせるクオリティの高い作品。

  • GENESIS / SECONDS OUT

    サポートドラマーとしてChester ThompsonとBill Brufordが参加した77年の傑作ライヴ・アルバム!

  • GENESIS / SPOT THE PIGEON

    77年リリース、オリジナルアルバム未収録曲「Matching Of The Day」「Pigeons」「Inside And Out」の3曲を収録したEP

  • GENESIS / AND THEN THERE WERE THREE

    80年代へと繋がるポップセンスが発揮され始めた78年作、ヒットチューン「Follow You Follow Me」収録

    • TOGP15013

      紙ジャケット仕様、SACD+DVDの2枚組、07年デジタル・リマスター、定価4800

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯に若干折れ・中央部分に若干色褪せあり

  • GENESIS / DUKE

    ヒットチューン「TURN IT ON AGAIN」収録、プログレ期とポップ期の転換点に位置する80年作

  • GENESIS / THREE SIDES LIVE(CD)

    81年の欧州&米公演を収録した82年ライヴ作

  • GENESIS / INVISIBLE TOUCH

    86年リリース、全世界1500万枚を売り上げた80年代ポップ・ミュージックを代表するアルバム!

  • GENESIS / WE CAN’T DANCE

    80年代を引き継ぐポップ性とプログレッシヴ・ロック的構築性が見事に同居する円熟の91年作

  • GENESIS / CALLING ALL STATIONS

    97年作

  • GENESIS / ARCHIVE 1967-75

    結成当初のデモ音源から貴重なライヴ音源まで、52曲すべてが未発表音源!

  • GENESIS / LIVE IN POLAND (映像)

    「CALLING ALL STATION」期メンバーによる98年ポーランド公演映像、全21曲

  • GENESIS / LIVE / THE WAY WE WALK

    92年ツアーより、ヒット曲を集めた「SHORTS」、70年代GENESISの代表曲を中心とする「LONGS」のライヴ盤2タイトルを収録

    • VJCP68905/6

      紙ジャケット仕様、2枚組、2009年デジタル・リマスター、定価3670

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      紙ジャケに若干黄ばみあり、帯に小さい折れ・中央部分に若干色褪せあり

  • GENESIS / LIVE AT WEMBLEY STADIUM

    87年、インヴィジブル・タッチ・ツアー・ウェンブリー公演の映像、ストーンズ「サティスファクション」ザ・フー「ピンボールの魔術師」などのカバーも演奏!

  • GENESIS / ROCK THEATRE

    初期ベスト

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN THE HITS : TOUR EDITION

    黄金期ジェネシスが再集結した「CARPET CRAWLERS」99年再録ver含む、34曲収録アンソロジー

  • GENESIS / TURN IT ON AGAIN THE HITS : TOUR EDITION AND THE VIDEO SHOW

    34曲収録ベスト&ミュージック・クリップ/映像集

「GENESISの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事