プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

7月のカケレコ・ベストセラーを発表いたします!

カケハシ・レコードです。
7月のカケレコ・ベストセラーよりTOP10をご紹介いたします!

欧州各国に南米、そして日本と7月もカケレコらしい国際色豊かな作品群が人気を集めました。

耳の肥えたカケレコ・ユーザーの皆様が今どんな作品に注目しているのか、ぜひチェックしてみてください☆

1位:CANADA / MALAKUT

見事2か月連続の第1位となったのが、この日本産アヴァン・ジャズ・ロック傑作!

まるでクリムゾンが『RED』のテンションそのままにジャズへ傾倒したような、国産ヘヴィ・ジャズ・ロック!この緊張感、マハヴィシュヌ・オーケストラのファンもイチコロでしょうな…。

試聴 Click!


COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第38回 すごい世界を発見 !! 北の大地から現在形として発信された驚きのジャズ・ロックの世界 Nonoyaレーベル 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。今回は少し趣向を変えて、北海道発のジャズ/アヴァン・ロック系レーベル、nonoyaレコーズの作品に注目してまいります!

2位:STARLESS / MISSING YOU

根強い人気を誇る新世代ポーランド・プログレからは、ジャケットも目を惹くこの作品が第2位でした!

生ピアノとヴォーカルを基本に、ヴァイオリンとチェロも参加する、完全アコースティック編成で劇的に紡がれるクラシカル・ロックは、息をのむほどに美麗かつ重厚。美声ながらどこか哀愁味を感じさせる女性ヴォーカルもドラマチックで素晴らしい!

試聴 Click!


【新作追加】女性ヴォーカルが活躍する新鋭プログレ注目作品をタイプ別に探求☆

【関連記事】

【新作追加】女性ヴォーカルが活躍する新鋭プログレ注目作品をタイプ別に探求☆

女性ヴォーカルが活躍する注目のプログレ新鋭アルバムをタイプ別に厳選してピックアップ☆

3位:SAMURAI OF PROG / WHITE SNAKE

発足以来、精力的な活動を続けている多国籍シンフォ・グループによる最新作。

新旧イタリアン・ロックの実力派が大挙参加したこの21年リリース第2弾は、NT『CONCERTO GROSSO』やQUELLA VECCHIA LOCANDA、Mauro Paganiがお好きな人は必聴のヴァイオリン・クラシカル・シンフォ傑作!

1曲目の優雅すぎるクラシカル・シンフォ曲からやられちゃいますよ~。

試聴 Click!

4位:FLEESH / IN THE MIST OF TIME

南米ブラジルからは極上のルネッサンス・トリビュートを楽しませてくれるこの20年作がランクイン!

youtuber活動から人気に火が付いたブラジルの男女デュオ、今回はRENAISSANCEを全編カバー!

マルチプレイとは思えない躍動感と呼吸を持った演奏と、クセのないスッと耳へと染み入るような美声vo。オリジナル通りの壮大さながら清涼感にも富んだ見事なカバーがずらり!

試聴 Click!


往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

【関連記事】

往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

往年プログレ・バンドへの愛に満ちたトリビュート・アルバムを探求!

5位:NOISY DINERS / PRINCESS OF THE ALLEN KEYS(THE HISTORY OF MINTO)

GENESISファンに、いま最もおススメしたい作品がこちら。

SUBMARINE SILENCEのkey奏者を中心とする新バンド!

トニー・バンクス譲りのリリカルでファンタスティックなキーボード+ゲスト参加のNad Sylvanによる渾身のシアトリカル・ヴォーカル。このタッグでGENESISファンに響かぬはずがない!

試聴 Click!


【タイトル追加】ジェネシス愛No.1は誰だ!? ジェネシス憧憬のイタリア新鋭傑作選☆

【関連記事】

【タイトル追加】ジェネシス愛No.1は誰だ!? ジェネシス憧憬のイタリア新鋭傑作選☆

ジェネシス愛がたっぷりと注ぎ込まれたファンタスティックなサウンドを聴かせるイタリア新鋭の作品を厳選してご紹介♪

6位:CUBIC ZERO / FLYING UMISHIDA

ジョン・ゾーンに学んだ女性サックス奏者が率いる日本のアヴァン・ジャズ・クインテット!?前衛的ではありながらも突き放すような孤高さはなく、ヒューマンな表情に富む演奏が秀逸な一枚!

試聴 Click!

7位:NIELSEN/PEARSON / NIELSEN/PEARSON

ヴィニー・カリウタ、ピーター・ウルフらザッパ人脈の腕利きミュージシャンも参加したAOR逸品。

スティーリー・ダンを彷彿させる技巧的にして洒脱なアンサンブルが炸裂する知られざる快作!

試聴 Click!

8位:TAI PHONG / DRAGONS OF THE 7TH SEAS

フレンチ・プログレのレジェンドによる待望の6thアルバム!

オリジナル・ギタリストKhanh Maiとその息子Davy Kimの2本のギターが、激情と叙情を併せ持つTai Phongならではの音世界を保っていて素晴らしい…。

麗しの美声女性の存在も効いてるなぁ~。

試聴 Click!

9位:LITTLE TRAGEDIES(MT) / ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)

現ロシアン・シンフォの雄が、19年にデジタル・リリースした作品の20年CDバージョン。

ダイナミックなうねりを伴い押し寄せる怒涛のシンセサイザーと輝かしい管楽器隊がスリリングに絡み合いながら突き進む演奏は、ずばりハンガリーのSOLARISにも比肩するエネルギーと迫力!

これぞ貫禄の出来でしょう。

10位:FLEESH / NEXT HEMISPHERE – A RUSH TRIBUTE

4位に入ったルネッサンス・トリビュート盤と一緒に入った、18年ラッシュ・トリビュート作がリバイバル・ヒット!

持ち味のドリーミーなギターワークや艷のある女声ヴォーカルが新鮮に響く好RUSHカバーが揃っていて、コレは良いです♪

試聴 Click!

いかがでしたか?
気になる作品は見つかりましたら幸いです!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • FLEESH / IN THE MIST OF TIME

    ブラジルの男女シンフォ・ユニット、全曲RENAISSANCEの楽曲を演奏した20年トリビュート・アルバム!

    2014年に始動した、ギタリスト/マルチ奏者Celo Oliveiraと女性ヴォーカリストGabby Vessoniによるブラジルの男女シンフォ・ユニット、20年作。RUSH、MARILLIONとリスペクトするプログレ・グループのトリビュート・アルバムをリリースしてきた彼らですが、今回はRENAISSANCEを全編カバー!一曲目「Day Of The Dreamer」の、西部劇のように勇ましいイントロを経て、羽のように軽やかなピアノが踊り瑞々しくファンタジックな演奏へなだれ込んでいく導入からして完璧。とてもマルチ・プレイヤーによる単独演奏とは思えない躍動感と呼吸を感じさせます。そして全くクセのないスッと耳へと染み入るような美声ヴォーカルも特筆。アニー・ハズラムに比べサラリとした声質ながら、違和感は微塵もありません。2大名盤『ASHES ARE BURNING』『SHEHERAZADE〜』からの選曲が多く、「Can You Understand?」「Carpet Of The Sun」「Ocean Gypsy」「Song Of Scheherazade(抜粋)」と全盛期RENAISSANCEの名曲群が素晴らしい再現度でプレイされており興奮が収まりません。今作も往年の名バンドへの愛情に満ち満ちた極上のトリビュートに仕上がっています。オススメ!

    • MCKPAC0486ABMCKI

      2枚組、デジパック仕様、ボーナス・トラック2曲(「Opening Out」「Ashes Are Burning」)

      レーベル管理上、デジパックに若干圧痕・小さい角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

  • STARLESS / MISSING YOU

    ポーランド新鋭、アコースティック編成による女性ヴォーカル・クラシカル・ロック、21年デビュー作

    ポーランドのプログレ・メタル・バンドALHENAの女性ヴォーカルMarta BejmaとキーボーディストPiotr Prykaが結成したユニットの21年1st。生ピアノとヴォーカルを基本に、ヴァイオリンとチェロも参加する、完全アコースティック編成で劇的に紡がれるクラシカル・ロックは、息をのむほどに美麗かつ重厚。クラシックの高い素養を生かした力強くも表現力豊かなタッチで音を紡ぐピアノ、そこに乗る女性ヴォーカルは美声ながらどこか哀愁を感じさせる切ない声で歌い上げます。ここぞで悲哀を帯びた音色を響かせるヴァイオリンとチェロも素晴らしい。アコースティック・アンサンブルと聞いて想起される軽やかさや涼やかさはなく、このどこまでも重々しくドラマチックな聴きごたえはさすがポーランドです。メロディアスな歌ものチェンバー・ロックとしても秀逸な一枚!

    • LM195CDLYNX

      1曲目にノイズのような音が入りますが、アーティストが意図的に挿入したものになります

      レーベル管理上、盤面にキズある場合や背ジャケにヨレがある場合ございます。予めご了承ください。

  • CANADA / MALAKUT

    日本、ツインギター/チューバ/ドラムの変則カルテットによる21年1st、クリムゾンが『RED』のテンションでジャズに傾倒したようなテクニカルな重量級ジャズ・ロック傑作!

    ジョン・ゾーンに学んだ女性サックス奏者、吉田野乃子が主宰するnonoyaレコーズよりリリース、吉田のバンド立方体・零のドラマーを中心に、ギター/ギター/チューバという変則ラインナップで結成されたバンドによる21年1stアルバム。いやはやこれは強烈!まるでクリムゾンが『RED』のテンションそのままにジャズへと傾倒したかのような、嵐のように畳みかけるヘヴィ・ジャズ・ロックに一曲目より度肝を抜かれます。凄まじい手数で変拍子まみれのリズムをたたき出すドラムに食らいつくように、フリップとジョン・マクラフリンが共演してるかのような緊張感みなぎるプレイで牙をむくツイン・ギター。ゴリゴリと硬質に弾き倒すマハヴィシュヌ時代のマクラフリンっぽいプレイと、ロングトーンを多用した神経質かつどこか気品もあるフリップっぽいプレイの2本のギターの絡みが最高にカッコいいです。ユニークなのがチューバの存在で、ベースの役割を担いながらも、時に優雅かつ奔放に浮遊するメロディアスな表情もあって、硬派なアンサンブルに柔らかなタッチを添えています。マハヴィシュヌ・オーケストラや『RED』あたりのクリムゾンがお好きなら、このテクニカルな重量級サウンドは絶対痺れます。オススメ!

  • FLEESH / NEXT HEMISPHERE – A RUSH TRIBUTE

    ギタリスト/マルチ奏者と女性ヴォーカリストによるブラジル産シンフォ・プロジェクト、敬愛するRUSHを全編カバーした18年のトリビュート作品

    2014年に始動したギタリスト/マルチ奏者と女性ヴォーカリストによるブラジル産シンフォ・プロジェクト、18年作。彼らが敬愛するバンドRUSHに捧げたトリビュート作品となっています。アレンジ自体は原曲に忠実と言えますが、ギターの響きに顕著な持ち前のドリーミーな感覚、そして艷やかな女声ヴォーカルによって丹念に紡がれるRUSHナンバーの数々が新鮮です。「Limelight」に始まり「Closer To The Heart」「Nobody’s Hero」「Tears」「Here Again」など14曲を披露。RUSHに対する素直なリスペクトが感じられる好カバー作!

  • TAI PHONG / DRAGONS OF THE 7TH SEAS

    フレンチ・プログレの人気グループ、21年6thアルバム!

    ご存じフレンチ・プログレを代表する人気グループ、前作『RETURN OF THE SAMURAI』から8年ぶりとなった21年6thスタジオ・アルバム!オリジナル・ギタリストKhanh Maiとその息子Davy Kimを含む前作メンバー3人、そして新女性ヴォーカルKetty Orzolaら新規メンバー3人の6人編成となっています。ハードな速弾きで畳みかけるアグレッシヴでパッション溢れるプレイのDavyと、切なく浮遊感に満ちたトーンで泣きの美旋律を描くKhanh、親子のギターが激情と叙情を併せ持つTAI PHONGならではの音世界を作り上げる、劇的なシンフォニック・ロックが詰まった快作。DavyのスピーディなHRギターが炸裂するかつてなくヘヴィな導入を経て、神秘的に揺らぐシンセやピアノをバックに清涼感のある美声がしっとり歌い上げる叙情派シンフォに着地する1曲目、緊張感あるピアノとカッティング・ギターに乗って歌う、かつてのJ.J.Goldmanばりのハイトーン男性voに血が沸く70’sタイ・フォン彷彿の2曲目(名曲!)、そして美声女性ヴォーカルとKhanh Maiの優美に揺らめくギターが天上の世界へと導く3曲目。冒頭の3曲で、70年代のスタイルを随所に生かしつつ力強く前進するTAI PHONGの姿に感動が湧きあがってきます。オリエンタルな風が吹くアコースティックなバラードの美しさもまた格別です。全体としては前13年作の延長線上と言える作風で、前作が気に入った方、そして美声ヴォーカル・シンフォ好きの方には是非とも聴いて欲しい一枚。オススメです!

  • SAMURAI OF PROG / WHITE SNAKE

    イタリア/フィンランド/アメリカ出身の3人を中心とする多国籍シンフォ・グループ、グリム童話を題材にした2部作の後編となる2021年作!

    フィンランド/イタリア/アメリカ出身のミュージシャン3人を中心とする人気シンフォ・グループ、前作『The Lady And The Lion』に続く2021年作。グリム童話を題材にした2部作の後篇となります。今回もHOSTSONATEN、LA MASCHERA DI CERA、MUSEO ROSENBACH、MAD CRAYON、LA COSCIENZA DI ZENOなどイタリアを中心とするグループからの実力派ゲストを迎えて制作。マウロ・パガーニ1stの「Europa Minor」をクラシカルに寄せたような鮮烈なヴァイオリンが駆け抜けるオープニングから圧巻。流麗なオルガンとピアノを伴って、気品高くも情熱的でキレのあるヴァイオリンがこれでもかと躍動するこの堂々たるクラシカル・シンフォの1曲目、NEW TROLLS『CONCERTO GROSSO』やQUELLA VECCHIA LOCANDAあたりがお好きな方は堪らないでしょう。4曲目もイタリアン・プログレ・ファンなら感動もので、ギター、オルガン、フルート、ヴァイオリンらがダイナミックに渦巻くクラシカル・ヘヴィ・シンフォと言うべきアンサンブルに乗って、LCDZのAlessio Calandriello、LMDCのヴォーカルAlessandro Corvaglio、MUSEO ROSENBACHの名ヴォーカルStefano LUPO Galifiが三つ巴で歌い合う興奮の展開へとなだれ込みます。Galifiはミドルからハイトーンへと歌い上げる時のゾクゾクするような歌い回しが70年代と少しも衰えておらず素晴らしい。これはもうイタリアン・ロック・ファン必聴と言っていい一枚でしょう。クラシカル・シンフォニック・ロックの快作!

  • NOISY DINERS / PRINCESS OF THE ALLEN KEYS(THE HISTORY OF MANTO)

    MOONGARDEN〜SUBMARINE SILENCEのkey奏者在籍のイタリア新鋭シンフォ・グループ、Nad Sylvanがゲスト参加した21年デビュー作!

    イタリアの新鋭グループによる21年デビュー作。中心メンバーは、あのMOONGARDEN〜SUBMARINE SILENCEで活躍するキーボーディストCristiano Roversiで、期待に違わぬGENESISへの愛情に満ち満ちたシンフォニック・ロックを聴かせてくれます。多彩なリズムパターンとフィルインのフレーズにフィル・コリンズを感じさせる躍動感あふれるドラムと歌うようにメロディアスなベース、英国風の奥ゆかしさを醸すクラシック・ギターや12弦ギターのまろやかな調べが重なる丹念なアンサンブル。そこに軽やかに弾むオルガン、ツヤのあるファンタスティックなシンセ、幻想のカーテンをなびかせるメロトロンと、華麗なキーボード群が次々と飛び込んでくるこのワクワク感と来たら!英国庭園を浮かびあがらせるRoversiのプレイにはSUBMARINE SILENCE同様ため息が出てしまいます。さらに極めつけがハケット・バンドでお馴染みのヴォーカリストNad Sylvanの全面参加。Peter Gabrielへのリスペクトに満ちた渾身のシアトリカル・ヴォーカルでGENESIS度をさらにグッと引き上げていて、さすがの一言です。MOONGARDENやSUBMALINE SILENCEに感動したGENESISファンの方なら、本作も同レベルで必聴ですよ!

  • LITTLE TRAGEDIES(MT) / ZAPECHNYJ RAJ(PARADISE BEHIND THE STOVE)

    LOST WORLD BANDと並び00年代以降のロシアを代表するシンフォニック・ロック・バンド、19年デジタルリリース作の20年CD化

    名実共に00s以降のロシアを代表するシンフォニック・ロック・バンド、19年にデジタル版のみ発表された作品の20年CDリリース版。20世紀初頭に活動した自国の詩人、Nikolai Alekseevich KlyuevやSergei Alexandrovichの作品を題材にしたコンセプト・アルバムとなっています。キーボーディストGENNADY ILYINによるダイナミックなうねりを伴って押し寄せる怒涛のシンセサイザーと輝かしい管楽器隊がスリリングに絡み合いながら突き進むアンサンブルは、ずばりハンガリーのSOLARISにも比肩するエネルギーと迫力がみなぎっています。終始クラシカルで物悲しい旋律を紡ぎ続けるギターにも注目です。一点して女性のソプラノ・ヴォーカルが入る静謐なパートでのオペラ作品のように荘厳で張り詰めた空気感はいかにもロシアのバンドという感じ。従来作と比して本作で特徴的なのが随所で民族舞曲に由来するようなトライバルな疾走感が感じられる点で、クラシカルではありつつも、スラブの血を実感させる民族的な哀感が漂っていてグッとくるんですよね。いやはや今回も期待を裏切らない貫禄の13枚目!

    試聴は下記ページで可能です!
    https://littletragedies.com/music/

  • CUBIC ZERO / FLYING UMISHIDA

    ジョン・ゾーンに学んだ女性サックス奏者が率いる日本のアヴァン・ジャズ・クインテット、18年作

    巨匠ジョン・ゾーンにも学んだ女性サックス奏者で、鬼才ドラマー吉田達也との活動でも知られる、吉田野乃子が率いるエレクトリック・ノイズ・ジャズ・ロック・バンド、18年作。師匠譲りと言えるノイズ・サックスの存在感に圧倒されるアヴァンギャルドで強靭なジャズ・ロックを展開。爆発的な手数で疾走するドラムと地を這うように唸るベース、硬質かつどこか陰影を帯びたタッチのギター、芳醇かつミステリアスな響きのエレピ。そしてサックスは、肉声による絶叫にさえ聴こえてくる生々しいプレイが不意にエルトン・ディーンのような軽やかでメロディアスなプレイへと自在に姿を変える、その切り替わりが実に見事です。ソフツ『3rd』に入ってそうなしなやかなテーマを持つジャズ・ロックに挑戦的なノイズ・サックスが乗っかる5曲目はきっとジャズ・ロック好きは堪らないし、スリリングかつちょっぴりユーモラスな即興演奏も随所で飛び出してきて聴き所満載。前衛的ではありながらも突き放すような感じはなく、人間的な表情に富む演奏が秀逸な一枚です。

  • NIELSEN/PEARSON / NIELSEN/PEARSON

    メロウな都会派ソウル〜フュージョン〜AORデュオ、Vinnie Colaiutaら腕利きのミュージシャン達がバックを務めた80年作

    米ウェストコースト系SSW、Reed NielsenとMark Pearsonによる80年2nd。腕利きのスタジオ・ミュージシャン達がサポートし、スティーリー・ダンやTOTOを彷彿とさせる洗練されたAOR作に仕上がっています。バックを務めるのはフランク・ザッパの下で腕を磨いたVinnie Colaiuta(dr)やPeter Wolf(key)、George Duke等のアルバムに参加したCharles Johnson(g)そしてDavid Foster(p)など。曲は全てNielsenとPearsonのオリジナルですが、スティーリー・ダンに大いに影響を受けたと思われるフレーズも聴こえて思わずにやりとしてしまいます。それでいて終始聴かせるのはさすがの演奏力。ドラム&ベースを中心に生み出される気持ちの良いグルーヴに爽やかなヴォーカル&コーラスがのるオープニングから聴きごたえがあります。ヒットした「If You Should Sail」も収録。洗練された技巧派アンサンブルが気持ち良い快作です!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。