プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

50周年連載企画<BACK TO THE 1971>第1回:BARCLAY JAMES HARVEST『ONCE AGAIN』

2021年にカケレコがお届けする特別企画「BACK TO THE 1971」!

今からちょうど50年前、1971年に産み落とされた名盤を取り上げて、その魅力に改めて触れてみようというのがこの企画です。

ビートルズの活躍を中心としてロックに多様な表現が生まれた1960年代が幕を下ろし、60年代の残り香漂う1970年を経て、いよいよ新たな時代へと目を向けた作品が生まれていったのが1971年という時期。

英米ロックの名作はもちろん、欧州各国の重要作品も取り上げて、各作品の誕生日または誕生月に記事をアップしてまいります。

この機会に、ロックが最もまばゆい輝きを放っていた時代の作品達にぜひ注目していただければ幸いです。

それでは皆で、BACK TO THE 1971 !!!

BARCLAY JAMES HARVEST『ONCE AGAIN』

第1回目にご紹介するのは、BARCLAY JAMES HARVESTの『ONCE AGAIN』。ちょうど50年前の今日、1971年2月5日にリリースされました。

CAMELやMOODY BLUESと並び英国叙情派プログレの最高峰と言える名グループの2nd。後にENIDを結成するロバート・ジョン・ゴドフリーによるオーケストラ・アレンジを導入し、初期のスケールの大きいシンフォニック・サウンドを方向づけた傑作です。

早速オープニング・ナンバーを聴いてまいりましょう。

T1:She Said

試聴 Click!

いや~いきなりの名曲。メロトロンの洪水、メランコリックなヴォーカル。荘厳という言葉がピッタリです。力強いメインパートから儚いメロトロンのパートへ、そこからまたメインパートへと移る強弱の対比が見事。最後の泣きのギターソロが圧巻です。ジョン・リーズはキャメルのアンディ・ラティマーと並び立つ英国叙情派ギタリストに推したいですね。

T5:Mocking Bird

次はこのアルバムのみならず、BARCLAY JAMES HARVESTを代表するこのナンバー。叙情的なメロディをメロトロン、オーケストラが幻想的かつ壮大に彩っていき、中盤~終盤のドラマティックな展開に圧倒されます。

試聴 Click!

T6:Vanessa Simmons

最後にピックアップするのはアコースティックなナンバー。オーケストラを取り入れたシンフォニック・ナンバーとアコースティック・ナンバーが同居しているのはBARCLAY JAMES HARVESTならではですよね。牧歌的で切ないメロディラインが胸に響きます。

試聴 Click!

CAMEL、MOODY BLUESは聴いたけど、BARCLAY JAMES HARVESTは聴いていないなぁという方もいるのではないでしょうか。これを機にお聴きいただければ幸いです!

こちらの探求記事も合わせてご覧ください。


MEET THE SONGS 第122回 BARCLAY JAMES HARVEST『TIME HONOURED GHOSTS(神話の中の亡霊)』

【関連記事】

MEET THE SONGS 第122回 BARCLAY JAMES HARVEST『TIME HONOURED GHOSTS(神話の中の亡霊)』

今日の「MEET THE SONGS」は、CAMELやMOODY BLUESと並び英国叙情派プログレの最高峰と言える名グループBARCLAY JAMES HARVESTによる75年『TIME HONOURED GHOSTS(神話の中の亡霊)』をピックアップ☆


「そしてロックで泣け!」第八回 バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第八回 バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


ファンタジックなプログレッシブ・フォークをピックアップ。

【関連記事】

ファンタジックなプログレッシブ・フォークをピックアップ。

幻想的で浮世離れした、「ファンタジック」な作品をピックアップいたしました。


切ない叙情が胸を打つ、「悲哀」に満ちたプログレッシヴ・ロック名作選!

【関連記事】

切ない叙情が胸を打つ、「悲哀」に満ちたプログレッシヴ・ロック名作選!

「悲哀」をキーワードに各国のプログレをセレクト!

BARCLAY JAMES HARVESTの在庫

  • BARCLAY JAMES HARVEST / BARCLAY JAMES HARVEST

    CAMELと並ぶ英国叙情派プログレの最高峰、英国の田園地帯を想起させるリリカルなメロディが素晴らしい1st

    70年にHarvestレーベルより発表した1stアルバム。彼らといえば、メロトロンが洪水のように流れる叙情的かつ荘厳なサウンドがトレードマークですが、本作では、まだ初々しさも残る牧歌的な英国ポップを聴かせてくれています。決して個性的ではありませんが、スタックリッジ「山高帽の男」などにも似た英国の田園を想わせる親しみ安いメロディーが素晴らしい好盤です。いや〜、素晴らしい。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / AND OTHER SHORT STORIES

    英国叙情溢れるメロディ+メロトロンの洪水!初期の集大成と言える71年3rd、名作

    71年発表の第三作「And Other Short Stories」。劇的なチェロの調べで幕を開ける本作は、アコースティックなサウンドを主体にさまざまな曲想の作品が並んでいます。 前二作での試みは着実に結果を生み、オーケストラを完全に楽器の一つとして使いこなしたシンフォニックなアレンジは、これまでで最高。 タイトル通り、比較的短い曲を集めており、曲数も今までで最も多いです。 オーケストラ・アレンジはMARTYN FORDに交代。 プロデュースはウォーリー・アレンとグループ。 管弦によるアレンジ含め、アコースティックな音を活かしたフォーク風のファンタジックな楽曲で充実した作品。 オーケストラはアレンジの手段として的確かつ集中的に使用されるようなっており、 特に最終曲はすばらしいでき映え。 また、メンバーのStuart Woolly WolstenholmeやLes Holroydの作品がいかにもこのグループらしい優美なメロディック・サウンドであるのに対して、リーズは積極的に様々な方向へとアプローチしてそれぞれに質の高い作品を生んでいます。 それでいながら全体に散漫な印象を与えないのは、アコースティックな美しさを強調した幻想的なサウンドという通奏低音があるせいでしょうか。 どこを取っても美しいメロディとパストラルなアンサンブル。 オーケストラ嫌いの方でも、このアルバムのサウンドの湛える淡い情感には魅せられることでしょう!

  • BARCLAY JAMES HARVEST / EVERYONE IS EVERYBODY ELSE

    英国叙情溢れるドラマチックなプログレ系ナンバーと、米西海岸サウンドへの憧憬に満ちた爽やかなフォーク・ロック・ナンバーが収録された74年リリースの名作

    英国ロックのナイーブな叙情性とメロディアスで牧歌的なフォーク・ロック的メロディー・メイク、そして、オーケストラを加えた大掛かりな編成でダイナミズムとシンフォニック・ロック然とした音楽性を打ち出した、ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック史に残る名グループの74年作5th。HARVESTレーベルを離れPOLYDORへ移籍第1弾となる本作は、バンドの個性でもあったオーケストラとの融合を封印し、バンド・サウンドを押し出した作風。シンセサイザーがクラシカルに彩るプログレッシブ・ロック作品となっており、オーケストラを伴わないバンド体勢の彼らの最高傑作と評される1枚です。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / CAUGHT IN THE LIGHT

    英国叙情派プログレを代表する名グループ、円熟の美旋律を響かせる93年作20th!

    英国叙情派プログレを代表する名グループ。93年作。しっとりとメロディアスなギター、幻想的にたなびくキーボード、優しく紡がれる英国らしい叙情的なメロディと親しみやすいヴォーカル。変わらぬ美旋律を飾らず誠実に響かせる職人芸の名品です。

「BARCLAY JAMES HARVESTの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。