プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

オルガンが素晴らしいユーロ・プログレ名曲選♪

スタッフ佐藤です。

幽玄のメロトロンも良いけど、やっぱりオルガンの淡く芳醇に広がる音色が堪らない!という方はきっと多いと思います。

今回は、オルガンが活躍する名曲をユーロ・ロック・シーンからピックアップしてまいりましょう!

まずは目まぐるしいオルガンのプレイに圧倒されるこのナンバーから♪

WIGWAM / Losing Hold

北欧のビートルズ!?いや、カンタベリー風味もあるぞ!?

おもちゃ箱をひっくり返したようなサウンドと形容される彼らのサウンドですが、持ち前のテクニックを存分に生かしたプログレ然としたスリリングなアンサンブルも得意とします。

オルガンが縦横無尽に疾走する1曲目「Losing Hold」の名曲ぶりと来たら…北欧プログレ最高峰ではないかな?

試聴 Click!

オランダからは勿論この名バンド!

FOCUS / Focus II

ヤン・アッカーマンのギターも素晴らしいですが、タイスさんも叙情的なオルガンを弾かせたらユーロ・ロック屈指。

淡~く広がる良い音のオルガンをバックにしてギターが伸びやかにメロディを歌うこのナンバー、ただただエレガントの一言に尽きます…。

試聴 Click!

フランスからは知る人ぞ知るこの一枚をおすすめしたい!

EDEN ROSE/On The Way To Eden

叙情派フレンチ・プログレの名作を残したSANDROSEの事は知っていても、その前身にあたる彼らは知っているかな?

全編オルガンが活躍する内容ですが、オープニングを飾るこのナンバーが特に名曲。

サイケ色も加味したスリリングなオルガン・ロックが炸裂していて実にカッコ良し!

試聴 Click!

フランスからはもう一枚、マイナーだけど愛すべきなオルガン名曲をご紹介。

JUPITER SUNSET/Back In The Sun

おお、このタイトル曲、哀愁を帯びた美しいメロディが冴え渡ってるなぁ。

ロマンティックに鳴り渡るオルガンも素晴らしくって、ずばりプロコル・ハルム「青い影」にも劣らず胸に来る名曲。

アルバムとしても、アフロディーテズ・チャイルドやイ・プー、そして英国サイケ・ポップのファンは必聴と言える荘厳なフレンチ・サイケ名作!

試聴 Click!

ドイツは、ニッチなこのオルガン・クラシカル・ロックで行きましょう♪

TETRAGON/Fuga

ジャーマン・オルガン・ロックの名品で、冒頭の15分に及ぶナンバーはその名も「Fuga」。

バッハの「フーガ」を取り入れて荘厳なチャーチ・オルガンで盛り上げたと思ったら、一転ラウドで荒削りギターでスリリングに畳みかける展開が痛快無比!

うーんこれぞジャーマン・クラシック・ロック!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
よろしければ、こちらの記事もどうぞ!


キャラヴァンの1stアルバムから出発、69年英国オルガン・ロック探求♪

【関連記事】

キャラヴァンの1stアルバムから出発、69年英国オルガン・ロック探求♪

キャラヴァンの1stアルバムから出発して、69年に生まれた英国オルガンロックをちょっぴりディープに探求♬


世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • WIGWAM / FAIRYPORT

    北欧シーンを代表するフィンランドのプログレ・グループ、71年3rd、テクニカルなプログレ要素と人懐っこいポップセンスが融合した大傑作!

    フィンランドのグループ、71年作の3rdアルバム。ジャズ・ロック、クラシック・ロック、ハード・ロックを巧みに織り交ぜた起伏に富んだアンサンブルと、ビートルズ的とも言えるポップなメロディーが絡んだサウンドが持ち味。メロディーをフィーチャーしつつも、決して軽くならず、終始テンションを保ったサウンドは、ハットフィールドの1stあたりに通ずるものがあります。名作。

  • FOCUS / MOVING WAVES

    バカテクギター&変てこヨーデル風スキャットが炸裂する怪曲「HOCUS POCUS」収録、71年2nd!

    オランダのプログレッシヴ・ロックバンドFocusの2作目です。キーボーディスト兼ヴォーカリストのThijs Van LeerとギタリストのJan Akkermanがバンドの顔なわけですが、ヨーデルを取り込んだ一種形容できないLeerのスタイルと、カミソリの様に硬質でありながら最高にキャッチーなAkkermanのギタープレイが絡み合って不思議な高揚感が独自のハード・ジャズ・ロックでありながらそれ一辺倒にはならずに、優雅でメロウな曲も創作でき る何とも稀有な存在!一度嵌ったら、抜け出せない魔的な魅力を放った作品です。1曲目の「Hocus Pocus」は、ハードでキャッチーなギターリフと変てこなヨーデル風スキャットが炸裂しています。2曲目以降は打って変わって叙情的な作品が続きます。ヨーロッパの香り漂う佳品ぞろいです。 そして最後に23分の組曲「Eruption」で締めくくりとなりますが、これはもう鳥肌ものの名曲。まだフュージョンというジャンルが世に出る前からロック、ジャズ、クラシックを融合したクロスオーヴァー・サウンドを作り出していたのは特筆に価します。

  • TETRAGON / NATURE

    71年リリース、これぞジャーマン・クラシック・ロックと言うべき魅力に溢れた名品

    ハード・クラシカルなオルガンを中心にしたスモーキーなジャーマン・ロックを聴かせるドイツのグループの71年作。バッハの「フーガ」を取り入れた楽曲を初めとして、チャーチ・オルガンのごときエコーを効かせたハモンド・オルガンの様式美で聴かせるクラシカルなセクションと、ラウドで荒削りなギターが勢い任せに引っ張るサイケデリック・ハードなセクションに分かれた楽曲は非常にスリリングな表情を見せ、その節操の無いサウンドがとても魅力的です。ジャーマン・ロックらしい実験色も覗かせるなど、個性的でマニアックな好作です。

  • EDEN ROSE / ON THE WAY TO EDEN

    フレンチ・プログレ、SANDROSEの前身グループ、69年唯一作

    Jean Pierre Alarcenなどが参加しており、SANDROSEの母体といわれているフレンチ・オルガン・ロック・バンドの69年作。SANDROSEが女性ボーカリストRose PodwojnyとJean Pierre Alarcenを中心に組み立てられたプロジェクトであったのに対し、EDEN ROSEはその方向性からキーボーディストHenri Garellaのサウンドが大きくフューチャーされており、ややサイケデリックな質感を感じさせるスリリングなオルガン・ロックを展開しています。非常にグルーヴ感溢れるサウンドであり、ドラマチックなSANDROSEとはまた違った魅力のある名盤です。

  • JUPITER SUNSET / BACK IN THE SUN

    PROCOL HARUMを彷彿とさせる荘厳な仏サイケ・ポップ/サイケ・プログレ、71年作

    フランスのスタジオ・ミュージシャンによる71年リリースのプロジェクト作。内容は、PROCOL HARUMやAPHRODITE’S CHILD等を彷彿とさせる荘厳さと気品に満ち溢れた極上のサイケ・ポップ。甘美なメロディをゆったりと雄大に歌い上げる英詩ヴォーカル、郷愁を誘うオルガン、優雅な管弦楽器やマジカルなハープシコード、そして全てを包み込むかのように鳴らされる壮大なメロトロン・・・。多彩な楽器を用いたアンサンブルの完成度もさることながら、優しく哀愁溢れるメロディがどの曲も本当に素晴らしい。シングル・カットされたタイトル曲「Back In The Sun」をはじめ、「青い影」にも負けず劣らず涙腺を緩ませる感動の名曲揃いです。英国サイケ・ポップ・ファンは必聴と言える一枚。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。