プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ファンタジックなプログレッシブ・フォークをピックアップ。

こんにちは。スタッフみなとです。

皆様は「ファンタジック」という言葉から、どんな音楽を連想されますか?

幻想的だったり、夢見心地だったり、宙をふわりと漂うようなサウンド・・・でしょうか。

よくよく調べてみると「ファンタジック」は、「fantasy」をもとにした和製英語だそうです。

「fantasy」を辞書で引いてみると・・・空想、夢想と出てきますので、ファンタジックな音楽とは、現実離れした空想的なサウンド、といったところでしょうか。

今日はそんな浮世離れした、ファンタジックなプログレッシブ・フォーク作品をカケレコ棚から探してみました。

まずは、ジャケットがまさにファンタジックなこちらから。

トム・ニューマン/妖精交響曲

『TUBULAR BELLS』のプロデュースでも知られるイギリスのマルチミュージシャン、77年ソロ作。

多重録音を駆使したファンタジックな作品であり、アイリッシュも含むトラッド・フォークナンバーが非常に心地良いです。

試聴 Click!

BARCLAY JAMES HARVEST/OCTOBERON

英プログレッシブ・グループ、76年作。

封印していたオーケストラを再起用し、スケール大きく神秘的な音作りで聴かせる8th。

持ち前のポップで牧歌性溢れるメロディは変わらずの素晴らしさですが、サウンド面では非常にプログレッシブ・ロック然とした雄大な流れが伺える名作です。

試聴 Click!

マグナ・カルタ/四季

英フォーク・ロックの名グループ、70年作。

冒頭の四季をコンセプトにした組曲は圧巻の出来であり、巧みに旋律を移ろわせながら四季折々の叙情を表現しています。

試聴 Click!

DULCIMER/AND I TURNED AS I HAD TURNED AS A BOY

英フォーク・ロック・バンド、71年作。

ダルシマーやマンドリン、グロッケンシュピールの響きに載せて中年男性の詩の朗読が響き、不思議で夢うつつな響き・・・

試聴 Click!

他の国に参ります。

CELESTE/CELESTE

イタリアのプログレッシブ・ロックグループの76年唯一作。

アコギを基調としたたおやかな演奏をベースとしながらも、その上を覆うメロトロン、シンセ、フルートなどによる壮大な幻想美が圧倒的。

中世ヨーロッパから神話的世界観へとどこまでもイマジナティヴに広がっていくサウンドが素晴らしすぎます。

試聴 Click!

ILOUS & DECUYPER/ILOUS AND DECUYPER

フランス出身のフォーク・デュオ、71年作。

アコギ弾き語りが基本なのに素朴さはなく、シンセや聖歌隊のようなコーラスが広がる幽玄な音世界。白昼夢のように青みがかったジャケの通り・・・。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでもお楽しみいただけたなら嬉しいです。


ストローブスから辿る、プログレッシブ・フォーク特集

【関連記事】

ストローブスから辿る、プログレッシブ・フォーク特集

英フォーク名バンドのストローブスからスタートして、プログレッシブ・フォークを聴いてまいります。


【改訂】世界のMIKE OLDFIELD!?雄大でパストラルなプログレ名作選☆

【関連記事】

【改訂】世界のMIKE OLDFIELD!?雄大でパストラルなプログレ名作選☆

エレキギターやアコギ、シンセが織り成す、牧歌的かつ神秘的なサウンド。マイク・オールドフィールドを彷彿とさせる世界のプログレ名作をピックアップ!


澄んだ星空に美しく響く、アコースティカルなプログレ作品を探求!

【関連記事】

澄んだ星空に美しく響く、アコースティカルなプログレ作品を探求!

アコースティック楽器を中心にして丹念に織り上げられた新鋭プログレ作品の数々を、各国よりご紹介いたします☆

BARCLAY JAMES HARVESTの在庫

  • BARCLAY JAMES HARVEST / TAKING SOME TIME ON: PARLOPHONE-HARVEST YEARS(1968-73)

    68-72年にかけて在籍した英EMI Parlophone/Harvest期の初期4作品+セッション音源を収録した全69曲、2011年リリース

  • BARCLAY JAMES HARVEST / EVERYONE IS EVERYBODY ELSE

    英国叙情溢れるドラマチックなプログレ系ナンバーと、米西海岸サウンドへの憧憬に満ちた爽やかなフォーク・ロック・ナンバーが収録された74年リリースの名作

    英国ロックのナイーブな叙情性とメロディアスで牧歌的なフォーク・ロック的メロディー・メイク、そして、オーケストラを加えた大掛かりな編成でダイナミズムとシンフォニック・ロック然とした音楽性を打ち出した、ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック史に残る名グループの74年作5th。HARVESTレーベルを離れPOLYDORへ移籍第1弾となる本作は、バンドの個性でもあったオーケストラとの融合を封印し、バンド・サウンドを押し出した作風。シンセサイザーがクラシカルに彩るプログレッシブ・ロック作品となっており、オーケストラを伴わないバンド体勢の彼らの最高傑作と評される1枚です。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / GONE TO EARTH

    「Hymn」「Poor Mans Moody Blues」「Sea Of Tranquility」などの70s後期の代表曲を収録した77年作

    英国叙情派プログレ屈指の名バンド。77年に発表された通算10枚目で、ジャケットのイメージどおりの陰影豊かな叙情と幻想性に満ちた佳曲がつまった名盤であり代表作。オープニングを飾る代表曲のひとつ「Hymn」から彼ららしい優美で穏やかで詩情豊かな音世界が広がります。アコースティックで柔らかな冒頭からキーボード、そしてストリングスと被さってきて壮大にフィナーレを迎える展開が実に感動的です。ある評論家が彼らのことを「Poor Man’s Moody Blues」と揶揄したことに反発して作った楽曲も粋で、ムーディーズの代表曲「サテンの夜」に似せつつもバークレイならではの美しさがつまった名曲に仕上げていてあっぱれ。その他の曲もアコースティックな温かみとメロトロンやオーケストラの壮大さ、英国ならではのメロディがとけあった佳曲が続きます。英国叙情派プログレの傑作です。

    • ECLEC32544ESOTERIC

      2CD+1DVDの3枚組、デジパック仕様、Disc1にはオリジナルのステレオ・ミックス音源、Disc2には新規ステレオ・ミックス音源を収録し、さらにボーナス・トラックとしてアルバム録音時の未発表曲やシングル曲6曲を収録。すべてオリジナル・マスター・テープからの新規デジタル・リマスター。DVDには、アルバム全曲の5.1サラウンド・ミックスを収録

      盤質:傷あり

      状態:良好

  • BARCLAY JAMES HARVEST / CAUGHT IN THE LIGHT

    英国叙情派プログレを代表する名グループ、円熟の美旋律を響かせる93年作20th!

    英国叙情派プログレを代表する名グループ。93年作。しっとりとメロディアスなギター、幻想的にたなびくキーボード、優しく紡がれる英国らしい叙情的なメロディと親しみやすいヴォーカル。変わらぬ美旋律を飾らず誠実に響かせる職人芸の名品です。

「BARCLAY JAMES HARVESTの在庫」をもっと見る

MAGNA CARTAの在庫

  • MAGNA CARTA / DESERTED HIGHWAYS OF THE HEART…

    Chris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド、07年編集コンピ、全36曲

  • MAGNA CARTA / MAGNA CARTA

    69年デビュー作、陰影に富んだメロディーが絶品な英国フォーク・ポップの名作!ペンタングルのダニー・トンプソンが参加

    英国的なメロディーとプログレッシヴな香り漂うアレンジが素晴らしい英国フォークの名バンド。本作は、69年に発表した1stアルバムで、陰影に富んだメロディーが絶品な英国フォーク・ポップの名作。

  • MAGNA CARTA / SEASONS

    英国フォーク・ロックの名グループ、70年作

    イギリスのフォーク・グループの70年作2nd。VERTIGOに移籍しリリースされた本作はRick WakemanやTony Viscontiが参加していることでも有名な作品となっており、ファンタジックな雰囲気をかもし出しながらヒネリのないストレートなフォーク・サウンドを放つ名盤です。中でも四季をコンセプトにした組曲は圧巻の出来であり、巧みに旋律を移ろわせながら四季折々の叙情を表現しています。朗読なども取り入れた幻想的なアプローチも素晴らしく、デビューアルバムからすでに開花させていたポップで優しいメロディー・メイクのセンスも健在。爽やかに響く英国フォークの名作であり、彼らの代表作言えるでしょう。

  • MAGNA CARTA / SONGS FROM WASTIES ORCHARD

    英国らしく柔らかなメロディ&ハーモニーが堪能できるフォーク・ロックの逸品、71年作

    71年にVERTIGOレーベルよりリリースされた3rd。流麗なメロディー・ライン、優しさに満ちたハーモニー、郷愁を誘うマンドリンの響き。トラッドの要素は感じられず、フォーク・ポップと呼べるような清涼感あるサウンドが持ち味。時おり聴くことができるサイケデリックな味わいが印象的で、曲によっては、ピンク・フロイド「原子心母」「おせっかい」あたりの穏やかなフォーク・ロックを思い出します。

  • MAGNA CARTA / LORD OF THE AGES

    Chris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド、73年にUKヴァーティゴからリリースされた4th、アートワークはロジャー・ディーン

    73年にUKヴァーティゴからリリースされたChris Simpson率いる英国フォーク・ロック・バンド4thアルバム。主要メンバーは、ヴォーカル・ギターのChris Simpson、スポークン・ワードにGlen Stuart、同じくヴォーカル・ギターのStan Gordonのトリオ編成。そしてスリーヴ・デザインは、ロジャー・ディーン。楽曲のプログレッシヴなアプローチも相まって、作品の雰囲気を良く捉えています。湿り気のある英国のフォーク・サウンドが粒ぞろいの楽曲に乗って心地よく風に吹かれるかのような作品。

  • MAGNA CARTA / TOOK A LONG TIME

    76年作、英フォーク・ロック

    Vertigoレーベルに残した初期作品で知られる英フォーク・ロック・バンド。76年作の6thアルバム。Vertigo時代のプログレッシヴな味付けは無く、牧歌的で美しいメロディー、心温まるコーラス・ワーク、繊細なアンサンブルによる極上の木漏れ日フォーク・ロック。本当に素晴らしいメロディーです。HERONが好きな方は間違いなく気に入ります。名作!

「MAGNA CARTAの在庫」をもっと見る

DULCIMERの在庫

  • DULCIMER / AND I TURNED AS I HAD TURNED AS A BOY

    71年作、ファンタスティックなジャケも魅力のブリティッシュ・フォーク傑作

    ファンタスティックなジャケットで人気の高い、71年発表の1stアルバム。優しく紡がれるアコースティック・ギター、マンドリン、ダルシマーによる繊細な響きと叙情性溢れるメロディーがこの上なく美しいブリティッシュ・フォークの名作。男性ヴォーカル2人によるコーラス・ワークもまた絶品で心洗われます。

「DULCIMERの在庫」をもっと見る

CELESTEの在庫

  • CELESTE / IL RISVEGLIO DEL PRINCIPE

    メロトロン名盤として人気の高い76年作で知られるイタリアのグループ、当時のままの神秘性と幻想美が広がる奇跡の19年作!

    イタリア屈指のメロトロン名盤として人気の高い76年デビュー作で知られるグループ、奇跡の2019年作。これはずばり76年作を愛するプログレ・ファンなら必聴!76年作で語られた物語とリンクする内容を持つコンセプト・アルバムなのですが、サウンドのほうも驚くほどに当時の質感を再現していて感動を禁じえません。一音一音に温かみを感じるアコースティックギター、密やかなタッチのピアノ、リリシズムが零れ落ちるフルート、滑らかな音運びでジャジーな味わいを添えるサックス、そして天空で鳴り響くようなメロトロンの調べ…。どこまでも神秘的かつ幻想的な演奏に心奪われます。落ち着いた歌声の男性ヴォーカルも当時のまま。ゲスト参加するIl Tempio Delle Clessidreの女性ヴォーカルによる澄んだ美声ヴォーカル、76年作以上に前に出てクラシカルな旋律を響かせるヴァイオリンなど新要素はいくつかありますが、特筆は全編にわたるドラムの導入。以前はパーカッションの使用に留まっていたのに対し、どっしりと安定感あるドラミングがアンサンブルを引き締めており、76年作で魅力的だったアシッド・フォークのような浮遊感を残しつつも、イタリアン・ロックらしいダイナミックで起伏に富んだ演奏を楽しませてくれます。それにしても、この世のものとは思えないほどに神秘性を感じさせるこのメロトロンの音色はやはり唯一無二。決して大袈裟でなく、デビュー作に劣らぬ傑作だと思います。オススメ!

  • CELESTE / FLASHES FROM THE ARCHIVES OF OBLIVION

    76年の名盤で知られるイタリアン・ロック・グループ、2020年編集の未発表音源を含む20曲収録アーカイヴ音源集!

    メロトロン溢れる76年の名作で知られ、2019年にはまさかの2ndアルバムを発表したイタリアの名グループ。2020年編集の未発表音源を含む20曲収録アーカイヴ音源集。73年〜77年までの音源で構成されており、1st『Principe Di Un Giorno』収録曲の女性ヴォーカルによる英語バージョンや、73年録音の未発表音源、76/77年のデモ音源、そしてサンレモ音楽祭参加曲として録音されたイタリア然とした名バラード「Guardare In Fondo A Noi」などの貴重音源を収録。さらに嬉しいのが、19年作2ndの日本版ボーナストラックだった「Mare Di Giada」が最後に入っている事。一部音源は2010年のBOXセットに収録されていますが、通しで聴いても一つの作品として充実した内容を持つ素晴らしき音源集となっています!

  • CELESTE / PRINCIPE DI UN GIORNO – DEFINITIVE EDITION

    メロトロン溢れる76年の名作で知られるイタリアン・ロック・グループ、76年作の全7曲に未発表音源を含む9曲を追加した2020年編集アルバム

    メロトロン溢れる76年の名作で知られるイタリアン・ロック・グループ、76年作の全7曲に加えて、74年録音の女性ヴォーカルによる英語ver6曲、先だってリリースされた2020年の音源集「Flashes From Archives Of Oblivion」にも収録された「Nora」「Favole Antiche(instrumental)」、そして未発表音源であるメロトロン入りの叙情的なインスト・ナンバー「Boswellia Sacra」という全16曲を収録。

  • CELESTE / IL PRINCIPE DEL REGNO PERDUTO

    76年の名盤で知られるイタリアン・ロック・グループ、期待に違わぬ珠玉のメロトロン・シンフォを聴かせる2021年作!

    メロトロン溢れる76年の名作で知られ、2019年には2ndアルバムを発表したイタリアの名グループがリリースした2021年スタジオ・アルバム。期待に違わず、今作もメロトロン湧き上がる珠玉のシンフォニック・ロックを聴かせてくれます。ゆったり刻まれるリズムに乗ってアコースティック・ギター、フルート、サックス、ヴァイオリンらが優雅に紡ぐアコースティカルなアンサンブル。そこにメロトロン、ソリーナ、ミニムーグ、オルガンなどが丹念に織り重なって、桃源郷にいるような神秘的かつ優しい音世界を作り上げていきます。何と言っても全編で響き渡る、1stアルバムから変わらない独特の儚さを感じさせるメロトロンの調べが格別。オリジナル・キーボーディストCiro Perrinoによる息をのむように繊細で美麗な音作りの健在ぶりに嬉しくなる愛すべき名品です。

  • CELESTE / CELESTE

    76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

    単発ながら素晴らしい作品を残したイタリアのプログレッシブ・ロックグループの76年唯一作。ゲスト・プレイヤーにPICCHIO DAL POZZO のAldo De Scalziを迎えて製作され、メロトロンの名盤としても知られるその内容は、ファンタジックなフォーク・ロック風の牧歌性が素晴らしい優美なサウンド。フルートやヴァイオリン、ギターが彩るフォーキーな音楽性を基本にメロトロンやアナログ・シンセサイザーが神秘的な広がりを加味しています。ほとんどリズム・セクションを廃した作風とシンセサイザー・サウンドの効果もあって、ジャーマン・ロックなどにも通じる浮世離れした浮遊感を持っていることが個性的ですが、やはり優美なメロディーには確かなイタリア叙情を感じます。

「CELESTEの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。