プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「そしてロックで泣け!」第八回 バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」

大人になると、たいていのことは笑って済ませられる。うちのネコが壁のクロスをバリバリに引っ掻いても、2才の息子が湯船でオシッコしても、オール・オッケー!

それでも、たまには落ち込む出来事が起きる。小銭を落としたり、原稿でとんでもない書き間違いをしたり……。まあ、その程度のことは、「まあ、しょうがない」と乗りこえられるけどね。いいのか?

大人になってから経験する「落ち込む出来事」の中には、かなりシビアな問題を含んでいることもある。「目の前が真っ暗になる」という表現があるけど、まさにそんな感じで落ち込んだことがあるという人もいるだろう。視界が狭くなって、周囲の人の声が小さく聞こえる。作業をしていてもフワフワとした感じで、家までどうやって帰って来たのかさえわからないような……。たいてい能天気に生きている僕にも経験がある。あったかな? あったような気がする。

そんな悲痛な時にも、心を癒してくれるのが音楽だ。落ち込んだ時には、明るい曲を聴くよりも、悲しい曲を聴いた方が癒されるとか。

そこで、今回はズドーンと落ち込んだ時にピッタリな泣きの名曲、バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」を紹介したい。

バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェストといえば、イギリスが生んだ叙情派ロック・バンドとして、泣きメロディ愛好家なら名前を知らないものはないぐらい有名だ。ジョン・リーズ(g)、レス・ホルロイド(b)、メル・プリチャード(ds)、ウォーリー・ウォルステンホルム(kbd)の四人組で結成され、1968年にシングル「アーリー・モーニング/ミスター・サンシャイン」でデビューした。このデビュー・シングルからして、もう牧歌性と叙情性の塊みたいな曲となっている。

彼らは1970年にデビュー・アルバム『バークレイ・ジェイムズ・ハーヴェスト』をリリース。同作はあまり注目を集めなかったが、アルバムを重ねるごとに評価を高め、イギリス国内はもとより、ドイツでは絶大な人気を集めた。彼らの強みは、メル・プリチャード以外のメンバーが作曲できて、しかも各人が性格の異なる泣きの曲を書けるというところにある。後にバンドは分裂してしまうが、「メディシン・マン」、「モッキン・バード」などなど、多くの叙情的な曲を作り続けてきた。

彼らには隠れた泣きの名曲が山のようにあるが、今回紹介する「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」は、デビュー・アルバム収録曲。書いたのはウォーリー・ウォルステンホルム。デビュー・シングルB面曲「ミスター・サンシャイン」に対抗して作ったそうだが、柔らかかつドラマ性豊かな歌メロディとは裏腹に、内容はかなりシビアで絶望的だったりする。

サビに至るまでのAメロの歌詞を意訳するとこうなる。

「雲たちは空の回廊で待っていた。彼らは再び空が青くなることはないだろうと知っていた。彼らは太陽とともに楽しみも奪ってしまった。それは本当だ。今、私たちに出きることは何もない」

出きることは何もないし、楽しみも奪われたって?! これだけでズドーンと落ち込むシチュエーションだ。続いてサビにつなぐパート。

「それで僕は土砂降りになっている窓の外を見る。再び太陽が来てくれるかしらと思っている」。

いいぞ! 大丈夫だ!
止まない雨はないもんな!となったところで、サビの歌詞が登場。

「でも、太陽は決して照らさない。前と同じようには。雲が決して通させはしない。おお、太陽は決して僕と君の笑顔のために照ることはない。雲がそれを通させはしないんだ」

かすかに希望を持たせておいて、絶望の底へ突き落す。もう勘弁してくれ!と言いたくなる。太陽はもう二度と照らないってさ!落ち込んでいる聴き手をさらに絶望的にさせる歌詞だ。

メロディだけを聴いていると、「アーリー・モーニング」のように牧歌的な雰囲気をたたえてスタートするが、実はかなり悲痛な曲になっている。徐々に感情が高ぶるようにして盛り上がり、サビで爆発するような展開も、最悪な状況を一層ドラマチックに聴かせてくれる。ギターの音もすすり泣くようだ。美しいストリングス・アレンジは、後にエニドを結成するロバート・ジョン・ゴドフリーが担当している。

悲嘆度の高い彼らの曲としては、「アフター・ザ・デイ」「スーサイド?」などが有名だけど、実は「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」も相当に悲しい。

絶望的な状況になった時こそ、この「サン・ウィル・ネヴァー・シャイン」を聴いて欲しい。「太陽はもう二度と照らない……そんなこたない!」と言えるようになるまで。

それでは来月も、ロックで泣け!

「The Sun Will Never Shine」

試聴 Click!


「そしてロックで泣け!」第七回 スコーピオンズ「フライ・ピープル・フライ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第七回 スコーピオンズ「フライ・ピープル・フライ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第六回 インクレディブル・ストリング・バンド「ザ・サークル・イズ・アンブロークン」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第五回 カヤック「アンディサイデッド」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第四回 マグナム「ステイン・アライヴ」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第三回 マディ・プライア「ディープ・イン・ザ・ダーケスト・ナイト」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第二回 グレイヴィ・トレイン「アローン・イン・ジョージア」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。


「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

【関連記事】

「そしてロックで泣け!」第一回 ルネッサンス「ラヴ・イズ・オール」

世間ではあまり知られていないが、聴いたら思わず涙がホロリ、もしくは嗚咽をあげて泣きむせぶ、そんなロックの隠れた「泣ける名曲」を紹介。お相手は、叙情メロディとネコをこよなく愛する音楽ライターの舩曳将仁。

BARCLAY JAMES HARVESTの在庫

  • BARCLAY JAMES HARVEST / AFTER THE DAY: THE RADIO BROADCASTS 1974-1976

    BBCラジオ放送用ライヴ音源集、全20曲

  • BARCLAY JAMES HARVEST / CAUGHT IN THE LIGHT

    英国叙情派プログレを代表する名グループ、円熟の美旋律を響かせる93年作20th

    英国叙情派プログレを代表する名グループ。93年作。しっとりとメロディアスなギター、幻想的にたなびくキーボード、優しく紡がれる英国らしい叙情的なメロディと親しみやすいヴォーカル。変わらぬ美旋律を飾らず誠実に響かせる職人芸の名品です。

  • BARCLAY JAMES HARVEST / OCTOBERON

    英叙情派プログレの代表格バンド、76年発表の8th

    英国ロックのナイーブな叙情性とメロディアスで牧歌的なフォーク・ロック的メロディーメイク、そして、オーケストラを加えた大掛かりな編成でダイナミズムとシンフォニック・ロック然とした音楽性を打ち出した、ブリティッシュ・プログレッシブ・ロック史に残る名グループによる76年作8th。HARVESTレーベルを離れPOLYDORへ移籍後は生オーケストラを封印しシンセサイザーによってシンフォニックなドラマ性を演出するアプローチを取った彼らですが、本作では再びオーケストラを起用、加えて混声合唱も導入したスケール大きく神秘的な音作りを行なっています。持ち前のポップ・フィーリングは相変わらずのクオリティを誇りますが、楽曲の展開などには非常にプログレッシブ・ロック然とした雄大な流れが伺える名作です。

「BARCLAY JAMES HARVESTの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。