プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

世界のプログレ探求紀行!~南欧編~

スタッフ佐藤です。

世界の国々に散らばる魅力あるプログレ作品を求めてカケレコCD棚を巡っていく「世界のプログレ探求紀行!」

今回は南欧編ということで、地中海沿岸を中心とする諸国を巡りながらニッチなプログレ作品をピックアップしていきたいと思います!

ギリシャ

最初に訪れたのがヨーロッパ文化発祥の地ギリシャです。荘厳なるパルテノン神殿を筆頭に世界的に重要な史跡が点在する歴史的な魅力に加え、エーゲ海を臨む美しい自然風景も魅力ですね。そんな豊かな風土の中ではぐくまれた音楽文化も充実しています。

AKRITAS/AKRITAS

まずはギリシア・プログレの古典と言うべき本作。イタリアン・ロックにも通ずる性急さと、マイク・オールドフィールド彷彿のツーンと尖ったギターやヒンヤリとしたシンセが作り上げるオリエンタルな雰囲気に惹き込まれます。ギリシャ語の神秘的な語感も雰囲気抜群です。ジャケも良い!

試聴 Click!

AXIS/AXIS

クリムゾン『リザード』に通じる静謐な気品、『太陽と戦慄』ばりのテンションみなぎる変拍子、そしてヘンリー・カウばりの狂気の室内楽的アンサンブル。極めつけは全面に出て主旋律を奏でるメロトロン!これはギリシャのみならずユーロ・ロックでも屈指の逸品!

試聴 Click!

STAMATIS SPANOUDAKIS/BEAUTIFUL LIES

スケール大きなシンフォ系作品群でプログレ・ファンにもお馴染みのギリシャ人アーティストのデビュー作。アフロディーテズ・チャイルド~エロス人脈を従えレコーディングされた、素朴で心温まるフォーク・ロック・アルバムです。

試聴 Click!

ハリス・アレクシーウ/永遠の想い

72年のデビュー以来つねに第一線で活躍してきた、ギリシャを代表するフィメール・シンガー。サウンドはポップながら、落ち着いた声質で厳かに響かせる歌唱は問答無用の説得力に溢れています。

試聴 Click!


セルビア

そのギリシャから北上、北マケドニア共和国を通ってさらに北に抜けると見えてくるのが旧ユーゴスラヴィアの中核をなした国セルビアです。音楽的にはリュート、ブズーキ、バグパイプなどを用いたバルカン半島に共通する民俗音楽、そしてブラス・バンドが盛んなことで知られます。もちろん、南東ヨーロッパの中心として70年代には優れたロック作品も多く残されました。

IGRA STAKLENIH PERLI/IGRA STAKLENIH PERLI

旧ユーゴはセルビアに、フロイドやホークウィンドやクラウトロックに影響を受けたスペース・プログレが!?アヴァンギャルドなだけでなくクラシックの素養も感じるし、このバンドは底知れない!

試聴 Click!

GRUPA OPUS/OPUS 1

ベオグラードが誇るオルガン・プログレといえば本作。例えるなら、英国のパトゥにキース・エマーソンが電撃加入!って感じの強烈さですよ!

試聴 Click!

TRIO DAG/SECANJA

フォーク・ファンにはこちらをオススメ。セルビア語でハートフルに歌われる、煌びやかで神秘的でなおかつ陽だまりのように温かなユーロ・フォークの名品です。

試聴 Click!


クロアチア

セルビアの西に接するボスニア・ヘルツェゴヴィナを突っ切ると、ブーメランのような形をしたクロアチアに到着です。地中海に面する西部と、首都ザグレブのあり国境を接するハンガリーに近い東部では文化に違いがあり、伝統音楽の色合いも異なるそうです。ちなみに「ネクタイ」はクロアチア人の習慣を原型として世界に広がったのだとか。

GRUPA NEPOCIN/SVIJET PO KOJEM GAZIM

リッチー・ブラックモア直系のギター、イアン・アンダーソンばりのフルートが活躍しますが、陰影を帯びたドラマティック&ヘヴィなアンサンブルは、「南欧(東欧)のユーライア・ヒープ」と呼べる素晴らしさ。ジャケも雰囲気ある~っ!

試聴 Click!

DRUGI NACIN/DRUGI NACIN(1975)

旧ユーゴはクロアチアで生まれたプログレの代表的傑作と言えるはず!ウィッシュボーン・アッシュばりのドラマチックなツインリード、幻想的にたなびくオルガン&フルート、そして、炸裂するデヴィッド・バイロンばりのハイトーン・シャウト!

試聴 Click!


イタリア

クロアチアを北に抜け、スロベニアを経由して西へ進むと、ヨーロッパ随一のロック大国イタリアが広がります。西洋音楽の中心地らしいクラシックの素養がにじむ格調高いサウンドあり、溢れんばかりの熱気でゴリゴリ突き進むハードなサウンドあり、地中海音楽の伝統を受け継ぐエキゾチックなサウンドありと、さすがにアプローチは豊富。そのあたりが実感できる作品をセレクトしてみましょう。

LUCIANO BASSO/VOCI

この音の瑞々しさと響きの深み。西洋音楽の長い歴史をバックボーンに持つイタリアだからこそ生み出せるサウンド。マイナーな作品ながら、クラシカル・ロックの最上級の調べを堪能できる傑作。酔いしれてください。

試聴 Click!

FLEA/TOPI O UOMINI

テクニカル・ジャズ・ロックの名盤を残したETNAの前身バンドですが、こちらは熱気溢れるハードロック!ヘヴィなギターリフに技巧的なドラム、重厚ながらもキレがあってスリリングな展開の連続は、言うなれば「イタリアからのツェッペリンへの回答」!?

試聴 Click!

MEDITERRANEA/ECCE ROCK

地中海プログレと言えば、マウロ・パガーニ? いかにもなバンド名からしてもこの作品は外せません!民族楽器がテクニカルに躍動し、ギターが鋭利なフレーズでアグレッシヴに切れ込む。「静」と「動」の対比鮮やかなダイナミックな構成も聴き所で、いかにもプログレといえるピアノ&キーボードをフィーチャーしたシンフォニック&清涼感溢れるパート、哀愁が滲む地中海トラッドなパートなど、とにかく演奏の表現力が素晴らしいです。

試聴 Click!


スペイン

地中海沿いをさらに西へ。フランスを越えてスペインに到着しました。伝統芸能フラメンコを取り入れた情熱的でエキゾチックなサウンド、バルセロナを中心に発展したジャジーでアヴァンギャルドなサウンド、北部バスク地方に代表される民族色を帯びた素朴でフォーキーなサウンドと、イタリアと同様に地域ごとにさまざまな音楽性を味わうことができるのが特徴と言えます。

GOMA/14 DE ABRIL

エネルギッシュに疾走するギター、パッション飛び散るサックスにキーボード。哀愁のフラメンコ・スタイルも取り入れた、緩急自在の「スペインのYES」75年作!

試聴 Click!

ESQUEIXADA SNIFF/EN CONCERT and OCELLS

ラテン・フレイヴァーのお洒落な装いの下で、ビシバシとシャープにキメるドラムと繊細かつ尖ったタッチのギターによる硬質なインタープレイ!名付けてスパニッシュ・カフェ・テクニカル・ラテン・ジャズ・ロック!?

試聴 Click!

ENBOR/KATEBEGIAK

バスク地方の隠れた名グループと言ったら彼らかな?溢れんばかりの哀愁を乗せたアンサンブルと、バスク語のエキゾチックな響きが印象深いハーモニーが聴き所!

試聴 Click!

スペインは個別に特集ページを公開しております。より深い探求は以下からどうぞ☆


新旧スパニッシュ・プログレ特集!<カタルーニャ&その他地域編>

【関連記事】

新旧スパニッシュ・プログレ特集!<カタルーニャ&その他地域編>

地域ごとに多彩なサウンドを聴かせてくれるスペインのロック・シーン。今回は、バルセロナがあるカタルーニャ州をメインに作品を取り上げてまいります!


ポルトガル

最期に訪れたのが、ヨーロッパ最西端の国ポルトガル。建築物の装飾として使用される伝統的なタイル「アズレージョ」が有名で、アズレージョで飾られた街並みの美しさは南欧でも指折りでしょう。音楽に関連しては、19世紀に生まれポルトガルの大衆音楽にまで広まった民族歌謡「ファド」の存在が知られますね。

TANTRA/MISTERIOS E MARAVILHAS

決して多くはないポルトガルのプログレですが、緊張感溢れる演奏、ダイナミックな構成力、叙情的なメロディーという、プログレッシヴ・ロックには欠かせない要素を高次元で満たした、これぞポルトガル・プログレの代表作と言って間違いない一枚!

試聴 Click!


JOSE CID/O MELHOR DE JOSE CID

ポルトガルのロック/プログレ・シーンを代表するミュージシャンなら彼の存在も忘れてはなりません。ソフト・ロック、フォーク・ロック、そしてプログレと幅広い活動を繰り広げたその軌跡をたっぷり収めたナイスなベスト盤!

試聴 Click!


↓「東欧・中欧編」はこちら↓


世界のプログレ探求紀行!~東欧・中欧編~

【関連記事】

世界のプログレ探求紀行!~東欧・中欧編~

世界の国々に散らばる魅力あるプログレ作品を求めてカケレコCD棚を巡っていく「世界のプログレ探求紀行!」。今回は東欧・中欧の諸国を巡りながらプログレ盤をピックアップいたします☆


60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

買取詳細ページへ"

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • AKRITAS / AKRITAS

    性急さと畳み掛けるようなテンションが魅力のギリシャ・プログレを代表する名作、73年唯一作

    ギリシアを代表する名作、73年の唯一作。バロック調のオルガン、端正なタッチのクラシカルなピアノ、アグレッシヴなキーボード、エッジの立ったエキセントリックなギター、手数多くアグレッシヴに疾走するドラム、静と動のパートの鮮やかな対比。これぞまさにプログレ。イタリアン・ロックを想わせる、性急さと畳み掛けるようなテンションも魅力。曲間なく全体がつながったコンセプト作で、静と動を自在に操る演奏力と、30分以上を一気に聴かせる構成力も見事です。

  • AXIS / AXIS

    73年発表、ギリシアのみならずユーロ・ロック屈指と言って過言ではない!アヴァンギャルドかつ気品に満ちた傑作

    ギリシャ出身で主にフランスで活動したグループ。ピアノ/オルガン/メロトロンを操る鍵盤奏者が中心で、デビュー作からギタリストが抜け、ギターレスのキーボード・プログレ4人組となって制作された73年の2nd。ベーシストも代わり、一気にプログレ/アヴァンギャルド色が増しました。キング・クリムゾン『リザード』に通じる静謐な気品を漂わせるパート、鋭利に尖ったトーンのキーボードのミニマルな反復に『太陽と戦慄』ばりに狂気の変拍子が炸裂するパート、ヘンリー・カウばりのフリー・ジャズ/チャンバー・ロックなパートなど、一瞬たりとも気の抜けないテンションみなぎるアンサンブルが続きます。特筆なのがメロトロンで、持続音で荘厳にたなびく感じの使い方が一般的ですが、このグループは、全面に出てまるでピアノばりに主旋律を奏でます。アヴァンギャルドかつクラシカルな気品に満ちたギリシャ屈指・・・なのは言わずもがな、ユーロ・ロック屈指と言っても過言ではない傑作アルバム。必聴です!

  • LUCIANO BASSO / VOCI

    76年リリース、豊潤なアンサンブルが素晴らしい伊クラシカル・ロックの大名作!

    イタリア出身のキーボード奏者。76年作。溢れんばかりの叙情性が胸を打つクラシカルなパートと、テクニカルかつ荘厳なキーボードをフィーチャーしたプログレッシヴなパートとを巧みに織り交ぜた構成が見事。生々しい響きの暖かみ溢れる弦楽器、流れるようにリリカルなピアノ、持続音を多用して丁寧に音を紡ぐギター、シャープかつふくよかなドラムなど、どの楽器も魅力的な響きに溢れています。テクニック、センスともに抜群で、豊潤なアンサンブルからはオーラすら感じます。全編インストですが、テーマのメロディがしっかりとしていて、たいへんフックがあります。これは素晴らしい作品です。

  • MEDITERRANEA / ECCE ROCK

    『地中海の印象』という邦題で日本盤もリリースされた81年作

    81年の唯一作。『地中海の印象』という邦題で日本盤もリリースされた作品。民族楽器がテクニカルに躍動し、ギターが鋭利なフレーズでアグレッシヴに切れ込む。「静」と「動」の対比鮮やかなダイナミックな構成も聴き所で、いかにもプログレといえるピアノ&キーボードをフィーチャーしたシンフォニック&清涼感溢れるパート、哀愁が滲む地中海トラッドなパートなども素晴らしい。オール・インスト。

  • FLEA / TOPI O UOMINI

    ETNAの前身バンド、スリリングで熱気溢れるイタリアン・ハード、72年作

    ETNAの前身バンド。72年作の唯一作。ETNAとは異なり本作で聴けるのは、スリリングなギター・リフ、ヘヴィ&アグレッシヴな爆走ドラムをフューチャーしたハード・ロック。ブリティッシュ・ロックからの影響が強く感じられますが、性急な展開や伊語による熱気溢れる歌メロはいかにもイタリア。

  • TANTRA / MISTERIOS E MARAVILHAS

    ポルトガルのシンフォ・グループ、77年1st

    ポルトガルのグループ、77年作の1st。幻想的なキーボードとメロディアスなギターによるシンフォニックなパートと、テンション溢れるテクニカル・ジャズ・ロックなパートとによるダイナミックなアンサンブルが持ち味。曲調はバラエティに富んでいますが、叙情性溢れるメロディーが一貫してるため、散漫に聴こえません。緊張感溢れる演奏、ダイナミックな構成力、叙情的なメロディーという、プログレッシヴ・ロックには欠かせない要素を高次元で満たしたポルトガル・プログレを代表する名作。

  • TRIO DAG / SECANJA

    旧ユーゴはベオグラードにあったアコースティック・シーンの代表格、神秘的かつ温かみに溢れた74年大傑作

    72年に旧ユーゴのベオグラードにて結成されたフォーク・トリオが74年にリリースした唯一作。凛としたアルペジオが幾重にも折り重なりファンタスティックな音世界を描くアコースティック・ギター、そこに気品を添える艶やかなストリングスや麗しのフルート。曲によってドラムがビートを刻み、オルガンがメロウネスを加え、フォルムラ・トレのアルベルト・ラディウスを彷彿させる抑制されたトーンのギターがエモーショナルなフレーズを添えます。3人が歌うヴォーカル&ハーモニーがとにかく絶品の美しさで、神々しさすら感じさせる透明感ある歌声、ただただ幸福感に包まれる三声ハーモニーに終始うっとり。煌びやかな神秘性とともに、陽光のような温かさもあるユーロ・フォークの逸品。これは傑作です。メロウ・キャンドルやチューダー・ロッジなど英フォークのファン、ITHACAなどサイケ・フォークのファンをはじめ、ピンク・フロイドの叙情的なフォーク・ナンバーが好きな方にも是非聴いてほしい!

  • GRUPA OPUS / OPUS 1

    旧ユーゴ出身、クラシカルなオルガンがとにかく荘厳に鳴り響くオルガン・プログレ、75年作

    旧ユーゴはベオグラード出身、YU GRUPAの結成メンバーながらメンバー間の対立によりデビュー前に脱退したKey奏者とギタリストの2人を中心に73年に結成されたグループ。75年の唯一作。シンガーは初期KORNI GRUPAに在籍してシングルを残したことでも知られ、後にはセルビアを代表するシンガーとなるDusan Prelevic。オープニングから分厚く荘厳に鳴り響くクラシカルなオルガン。前のめりの性急かつシャープなドラムが入ると、テクニカルなピアノ、荒々しく熱情的なヴォーカルも入って、バンコなどイタリアン・ロックに通じる爆発的なシンフォニック・ロックを聴かせます。ブルージーな野蛮さとクラシックの荘厳さとがせめぎ合うアンサンブルは、まるで英国のパトゥにキース・エマーソンが入ったかのような強烈さ。プロコル・ハルム的クラシカル&ソウルフルなバラードもグッとくるし、これは素晴らしいグループです。名作。なお、本作リリース後、バンドは解散。ベーシストのDusan CucuzはTAKOを結成します。

  • ESQUEIXADA SNIFF / EN CONCERT and OCELLS

    表面はラテン色でオシャレだけど、演奏はテクニカルで硬質!センス抜群のスパニッシュ・カフェ・テクニカル・ラテン・ジャズ・ロック!?

    スペインのブラス・ロック・グループMAQUINAのギタリストを中心とするグループ。78年作の2作品をカップリングした2枚組。表面的にはラテン色のあるオシャレなサウンドですが、演奏の引き締まり方が半端ではありません。ラテン・フレイヴァーの柔らかな上ものの下で、ビシバシとシャープにキメるドラム、繊細かつ尖ったタッチのギターが硬質なアンサンブルを繰り広げています。カフェ・テクニカル・ラテン・ジャズ・ロック!?の名作!

  • DRUGI NACIN / DRUGI NACIN(1975)

    旧ユーゴ屈指の名グループによる75年のデビュー作、ユーライア・ヒープやウィッシュボーン・アッシュのファン必聴の名作

    旧ユーゴはクロアチアのザグレブ出身のプログレ・グループ、PGP-RTBレーベルから75年にリリースされたデビュー作。幻想的にたなびくオルガンやフルート、ウィッシュボーン・アッシュばりのドラマティックなツイン・リード、そして、デヴィッド・バイロンを彷彿させるハイ・トーンのシャウト・ヴォーカル。叙情的で陰影に富んだサウンドは、ハーヴェストやヴァーティゴ・レーベルの叙情的な英プログレのファンにはたまらないでしょう。エッジの立ったトーンのエネルギッシュなリズム・ギターが冴えるハード・ロックもまた魅力的。旧ユーゴ屈指の名作です。

  • GRUPA NEPOCIN / SVIJET PO KOJEM GAZIM

    旧ユーゴ屈指の名グループDRUGI NACINの後継バンド、東欧のヒープと言える完成度を誇る77年作

    旧ユーゴはクロアチアのザグレブ出身、DRUGI NACINのメンバーを中心に結成されたプログレ・グループ。PGP-RTBレーベルから77年にリリースされた実質2ndと言える作品。リッチー・ブラックモアからの影響を感じさせるスリリングかつブルージーなタメも効いたギター、手数多くもタイトで安定感あるリズム隊、熱気あるギター&リズム隊と対象的に冷たいトーンで鳴るシンフォニックなシンセ、ここぞでジェスロ・タルばりにフィーチャーされるフルート、そして、大きく揺れるビブラートが魅力のエモーショナルなヴォーカル。東欧のユーライア・ヒープとでも言えるような、ドラマティック&ヘヴィなアンサンブル、東欧らしい陰影、熱気溢れるヴォーカルが印象的です。テクニック、アレンジ、メロディ・センスともにハイレベルな旧ユーゴの名作。

  • STAMATIS SPANOUDAKIS / BEAUTIFUL LIES

    プログレ・ファンにも人気の高いギリシアを代表する音楽家である彼の72年デビュー作、素朴で心温まるフォーク・ロック作

    コアなプログレ・ファンにはシンフォニック・ロックの傑作を多数発表しているミュージシャンとして知られている、現代ギリシャを代表する音楽家である彼が、72年にリリースした1stアルバムが本作。APHRODITE’S CHILD〜EROSのドラマーLucas Siderasや同じくEROSのkey奏者Lakis Vlavianosらを迎え、自身はギターと英語によるヴォーカルを担当。基本的にはギリシャ的なエキゾチックさはほとんどなく、英米フォーク・ロック影響下の飾り気のない素朴で心温まるフォーク・ロックを聴かせてくれますが、サイケがかったトーンで泣きのメロディを紡ぐエレキギターや哀愁のハモンド・オルガンが被さってくるところはギリシャらしい濃厚なドラマチシズムに溢れていてかなりグッと来ます。英米ロック・ファンにもオススメの良作。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。