プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

MEET THE SONGS Vol.175 【YARDBIRDS / LITTLE GAMES】

  

定番からニッチ盤まで、僕らのロック・ミュージックを紹介している「MEET THE SONSG」、本日取り上げさせていただくのはこちら、
 

YARDBIRDS(ヤードバーズ)のLITTLE GAMES(リトル・ゲームズ)です。

YARDBIRDSはイングランド出身のロック・バンドなのですが、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと、日本で3大ギタリストとして有名なギタリスト達が在籍した凄いバンドなんです!(語彙力・・・!)

しかも最終的にはLED ZEPPELINへとまさかの進化を遂げるのですが、その過程は改めてご紹介させていただきたいと思っております!(ここで一緒にお話しするには内容が濃すぎて・・・!)

ちなみに初代ギタリストはトニー・トップ・トーパム、2代目がエリック・クラプトン、3代目がジェフ・ベックで4代目がジミー・ペイジです。

本作は4代目のジミー・ペイジが在籍時の67年に発表された最後のスタジオ・アルバムなのですが、ポップでキャッチーな印象の中に実験的な要素がふんだんに織り込まれており、プログレッシヴな片鱗が見え隠れしています。

まずはこの曲をどうぞ。

 
 

T-3:WHITE SUMMER

試聴 Click!

後にLED ZEPPELINのライブでも欠かせないレパートリーとなる、インド音楽とトラッド・フォークを融合させたインスト曲です。
ヨーロッパ MEETS オリエンタルな1曲です。
 

試聴 Click!

70年にLED ZEPPELINとしてロイヤル・アルバート・ホールで演奏したWHITE SUMMERがこちらです。
ご興味ありましたらぜひ聞き比べてみてください。

 
 

T-5:GLIMPSES

試聴 Click!

サイケな雰囲気もムンムンですね。
この曲はメンバー全員での共作となっており、テープ操作を駆使しメドレー的な展開で聴かせてくれるなど、興味深い1曲です。

 
 
いかがでしたか?

気になってしまった方はぜひ、以下から関連記事へ探求も旅をどうぞ!
 
 
 
▼関連記事


米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表の【YARDBIRDSのTOP10ソング】

【関連記事】

米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCK発表の【YARDBIRDSのTOP10ソング】

米音楽サイトULTIMATE CLASSIC ROCKが発表のした【YARDBIRDSのTOP10ソング】をご紹介いたしますよ☆


名盤誕生日!『LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II』

【関連記事】

名盤誕生日!『LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II』

本日10月22日はLED ZEPPELIN『II』のお誕生日☆


COLUMN THE REFLECTION 第14回  『昨日の顔』を持つオリジナル・ルネッサンスの物語 前編 ~ 共に(Together)、今を生き(Now)、いつか幻へ(Illusion) ~ 文・後藤秀樹

【関連記事】

COLUMN THE REFLECTION 第14回 『昨日の顔』を持つオリジナル・ルネッサンスの物語 前編 ~ 共に(Together)、今を生き(Now)、いつか幻へ(Illusion) ~ 文・後藤秀樹

音楽ライター後藤秀樹氏による連載コラム「COLUMN THE REFLECTION」。第14回は、キース・レルフが率いた第1期ルネッサンス~イリュージョンをディープに掘り下げます。

 
 
 
▼関連作品

YARDBIRDSの在庫

  • YARDBIRDS / FOR YOUR LOVE: FROM YARDBIRDS TO ZEPPELIN (DVD)

    TV演奏映像集。

  • YARDBIRDS / CUMULAR LIMIT

    ジミー・ペイジ在籍時の後期ヤードバーズの未発表音源&映像集。

  • YARDBIRDS / LIVE YARDBIRDS FEATURING JIMMY PAGE

    発売後すぐに回収となった幻のライヴ盤、ジミー・ペイジ弾きまくり!

    68年に録音され、71年にリリースされながらジミー・ペイジの反対ですぐに回収となったアルバム。ジミー・ペイジ、弾きまくってます!もの凄いエネルギー!

「YARDBIRDSの在庫」をもっと見る

LED ZEPPELINの在庫

  • LED ZEPPELIN / HOW THE WEST WAS WON

    72年ライヴ音源

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN DVD

    前期/中期/後期、それぞれの時代を代表するステージの映像を収録した見応えたっぷりのライヴ・アンソロジー、320分収録

    • WPBR90198/9

      三方背ケース・デジパック仕様(トールサイズ)、2枚組DVD、NTSC方式、リージョン2、帯・解説付仕様、日本語字幕あり、定価7000+税

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      カビあり、スリップケースにいたみあり

      2390円

      1912円
      (税込2103円)

      526円お得!


      CD詳細ページへ

    • WPBR95150/1

      DVD、2枚組、スリップケース付仕様・デジパック仕様(トールサイズ)、NTSC方式、リージョン2、日本語字幕あり、定価6181

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯無

      帯無、1枚は盤無傷/小傷程度、一部に折れあり、スリップケースにノリ剥がれ・圧痕あり

      1790円

      1432円
      (税込1575円)

      394円お得!


      CD詳細ページへ

  • LED ZEPPELIN / MOTHERSHIP

    07年編集ベスト、全24曲

  • LED ZEPPELIN / CELEBRATION DAY

    07年一夜限りの再結成ライヴを収録

    • WPZR30458/61

      3方背ケース&デジパック仕様、2CD+2DVDの4枚組、DVDはNTSC方式、リージョン2、日本語字幕あり、定価4980

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      三方背ケースに若干スレあり

    • WPZR30458/61

      3方背ケース&デジパック仕様、2CD+2DVDの4枚組、DVDはNTSC方式、リージョン2、日本語字幕あり、定価4980

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

    • WPZR30458/61

      3方背ケース&デジパック仕様、2CD+2DVDの4枚組、DVDはNTSC方式、リージョン2、日本語字幕あり、定価4980

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      帯に若干折れあり、ボックスにスレ・圧痕あり

      1990円

      1592円
      (税込1751円)

      438円お得!


      CD詳細ページへ

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN III – SUPER DELUXE EDITION BOX SET

    70年発表、従来のハード・ロック・ナンバーをA面にアコースティックな楽曲をB面に配した、バンドの持つ豊かな音楽性を示す名作

    • WPZR30552/6

      2CD+2LPの4枚組ボックス、14年デジタル・リマスター、HD音源(96kHz/24bit)のDLカード・未発表写真とメモラビリアを含む特別ブックレット付き仕様、帯・背面シート付仕様、定価20000+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      音源DLカード使用未確認、ボックスに角潰れ・凹みあり、帯に若干折れあり

  • LED ZEPPELIN / TRANSMISSION IMPOSSIBLE

    60年代のラジオ放送用ライヴ音源集、202分収録

  • LED ZEPPELIN / LIVE IN ORLANDO 1971

    71年フロリダ公演を収録、18分に及ぶ圧巻の「Whole Lotta Love Medley」を含む全7曲

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN

    ハードロック時代の到来を告げた69年デビュー作!

    ブルース・ロックからハード・ロックへの流れの中で、圧倒的な音圧で他のバンドをなぎ倒し、一気にシーンの先頭へと躍り出た怪物デビュー作。冴え渡るJimmy Pageのギター・リフ、Robert Plantの超絶シャウト・ヴォーカル、鋼のようなリズム隊。たった4人で生み出しているとは信じられない鋼鉄のサウンドで迫る傑作。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II

    「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む傑作2nd、69年発表

    全米、全英で同時にチャート1位を獲得したセカンド・アルバム。ヘヴィかつメタリックなサウンドは、ハード・ロックの雛型と言われ、ビルボード・アルバム・チャート最高位は堂々の1位(69年)!セッション・ミュージシャンとしてのキャリアを持つJimmy Pageのリフ、John Paul Jones、John Bonhamのリズムがとても奥深い作品です。轟音の「Whole Lotta Love」がトップ5入りするヒットとなりました。「Bring It on Home」は、イギリスの白人ブルースの激しさと迫力が鬼気迫る、英国ロックの歴史的大傑作です!

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN III

    70年発表、従来の延長にあるハード・ロック・ナンバーとアコースティックな楽曲とが巧みに配された、バンドの持つ豊かな音楽性を示す名作

    70年3rd。オープニングを飾る代表曲「移民の歌」から圧倒的なテンション。うねりを挙げるリズムとスリリングなギター・リフが互いのエネルギーをぶつけ合いながら強靱な渦を巻き起こし、聴き手を飲み込むサウンドの強度は圧巻の一言。シャウトだけで、その演奏に対抗するロバート・プラントのヴォーカルも凄みを増しています。対照的にアコースティックな旧B面も本作の魅力。フォーク、トラッドの要素を大胆に取り入れ、ペイジの幻想的なアコギが冴える美しい楽曲を多数収録しています。「混沌、まどろみ」という英国的な風情を醸し出すペダル・スティールの浮遊感も特筆。従来のブルースに根ざしたヘヴィ・ロックを土台に、メンバーの持つ幅広い素養が発揮されはじめた音楽性豊かな名作です。

  • LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV

    71年リリース、ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した大傑作4th!

    イギリスを代表するロック・バンドによる、名曲「天国への階段」を収録した71年リリースの4thアルバム。ジャケットにクレジットや情報が一切記載されなかったため、「Four Symbols」「The Runes」「ZOSO」「Stairway Album」など様々な名称で呼ばれ、話題を集めることにもなりました。1st、2ndで確率したハードサウンドと、3rdで見せたアコースティックな一面との融合を試みた今作は、彼らのサウンドを名実ともにロック史に燦然と輝くものへと昇華させており、「この作品の登場によりロックの進化が早まった」とも言われるまさに伝説的な作品となっています。中でも彼らを語るうえで欠かすことができないT4「Stairway To Heaven(天国への階段)」は、エレクトリックギターとアコースティックギター、まさにハード・サウンドとアコースティック・サウンドの融合が究極の完成形をみたと評される名曲で、すべてのロックファンによる名曲投票を行えば間違いなく上位にランクインすることでしょう。アルペジオとリコーダーが奏でるどこか懐かしさと寂しさを感じさせる静かな冒頭から、エレクトリック・12弦ギター、エレクトリック・ピアノ、エレクトリック・ベース、ドラムが入り、壮大に広がった世界は徐々に音圧を上げクライマックスへ。高音のシャウトで最高潮に達した感情は、独唱で静かに幕を閉じます。ロック以外の音楽業界からも評価が高く、フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンは、この曲を「編曲を変えなくてもオーケストラで演奏できる」と評したそうです。ロックの教科書があれば、ロック史のターニングポイントとして誰でも記載する一枚。全てのロック・ファンに捧ぐ必聴の1作です。

  • LED ZEPPELIN / PHYSICAL GRAFFITI

    72年リリースの2枚組大作、前作「聖なる館」を更に推し進めた、バンドの幅広い音楽性を見せつける傑作!

  • LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY

    シンセ、メロトロン、ダブルネックの12弦などを駆使し、レゲエやファンクにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった5th。ジョンジーのカラーも反映した73年作

    新機軸としてメロトロンやシンセサイザー、レゲエリズムやファンクビートを取り入れているのが特徴で、ZEPらしい硬派でキレのあるアンサンブルはそのままに、様々なジャンルのエッセンスを加えた挑戦作となっています。まず注目は1曲目の「THE SONG REMAINS THE SAME」。シャープで煌びやかなギターリフ、重量級でいてダイナミックなリズム隊、緩急自在に次々と前のめりに畳み掛ける展開、威風堂々たるメロディとヴォーカル。
    圧巻のスケールで聞き手に迫る後期ZEPを代表する名曲です。そして、本作ならではの聴きどころは、4曲目「The Crunge」と6曲目「D’yer Mak’er」でしょう。まずは、ファンクテイストが印象的な「The Crunge」。軽快なギターのカッティングとグルーヴィーにうねるベースにヘヴィなドラムが見事にマッチ。9/8拍子と8/8拍子が交互に現れる、踊りたいのに踊れないZEP流のファンク・ロックを聴かせてくれます。「D’yer Mak’er」では開放的なレゲエサウンドを取り入れながらも、重く硬質なドラムがZEPらしさを主張します。
    妙に哀愁を帯びたサビのメロディーも素晴らしい、けだるくて楽しいレゲエ風ナンバーです。ハードさや緻密さに多様性が加わったZEPが進化したロックを聴かせてくれる名盤です。

  • LED ZEPPELIN / SOUNDTRACK FROM FILM THE SONG REMAINS THE SAME

    76年リリース

  • LED ZEPPELIN / BBC SESSIONS

    69年と71年のBBCライヴ音源、24曲収録

  • LED ZEPPELIN / 4 COMPACT DISC SET

    アンソロジーボックス、全54曲

  • LED ZEPPELIN / LIVE AT THE LOS ANGELES FORUM 1970

    70年9月4日のLAフォーラムでのライヴ音源

    70年9月4日のLAフォーラムでのライヴ音源。クリアなオーディエンス録音。各楽器、ヴォーカルともに音圧充分。

  • LED ZEPPELIN / LIVE AT THE ROYAL ALBERT HALL JANUARY 1970

    70年の英ロイヤル・アルバート・ホール公演を収録、全14曲

    70年1月9日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにおけるライヴを収録。1st&2ndの主要ナンバーを中心とする全14曲。

    • TOP46TOP GEAR

      2枚組、ボーナストラックとして69年にデンマークのTV番組に出演した際の演奏音源4曲を収録

      レーベル管理上、デジパックに若干圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

  • LED ZEPPELIN / LIVE AT WHISKY A GO GO JAN 1969

    70年12月のスウェーデンはストックホルムでのライヴ

    69年1月のLAはWhisky A Go Go公演を収めたライヴ。オーディエンス録音ながら、音はクリアで音圧たっぷり。「幻惑されて」のほか、「Lemmon Song」の原曲「Killig Floor」や、ヤードバーズ時代の「For Your Love」など全7曲収録。

  • LED ZEPPELIN / LIVE IN PARIS 1969

    69年10月10日のパリのオリンピア公演を収めたライヴ音源

    69年10月10日のパリのオリンピア公演を収めたライヴ音源。収録曲は、

    「Good Times Bad Times」
    「I Can’t Quit You Baby」
    「Heartbreaker」
    「Dazed And Confused」
    「White Summer/Black Mountain Side」
    「You Shook Me」
    「How Many More Times」

  • LED ZEPPELIN / SONG REMAINS THE SAME (映像)

    73年伝説のライヴ・イン・ニューヨーク!

    • WBAY15711

      ブルーレイディスク、日本語字幕あり、帯・解説元からあったか不明、複製不能、定価

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯-

      圧痕あり

      990円

      792円
      (税込871円)

      218円お得!


      CD詳細ページへ

  • LED ZEPPELIN / TRANSMISSIONS 1969

    69年の放送用セッション音源集。

「LED ZEPPELINの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。