プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

GREENSLADE、PROCOL HARUMなど英国ロック&プログレの18年リイシュー盤+αをご紹介!

今年も残すところあと2ヵ月、早いものですね……。

さてさて、2018年下半期も英国ロック&プログレのリイシュー盤が多数リリースされましたよ!

というわけで入荷タイトルを一挙ご紹介。

GREENSLADE/GREENSLADE

ギターレスのダブル・キーボードという編成を取りつつ、クラシカル過ぎないポップでファンタジックなサウンドを聴かせる英国の名プログレ・グループ!ロジャー・ディーンのジャケも印象的なデビュー作が2枚組+新規リマスターでリイシュー♪

試聴 Click!


イエス『危機』が好きな人におすすめ!世界のファンタスティック・プログレ特集

【関連記事】

イエス『危機』が好きな人におすすめ!世界のファンタスティック・プログレ特集

イエス『危機』を出発点に、テンションいっぱいのアンサンブルとファンタスティックなメロディ&コーラスが素晴らしいプログレを世界中からピックアップ!

PROCOL HARUM/GRAND HOTEL

「青い影」でおなじみのPROCOL HARUMも今年リイシューが続々とリリースされています。一番人気は彼らの代表作のひとつと言える、格調高い管弦楽器を導入したこの73年作!

試聴 Click!

PROCOL HARUM/EXOTIC BIRDS AND FRUIT

『GRAND HOTEL』の次作であるこちらの74年作もリイシュー!Chrysalisレーベルへの不満をパンキッシュに歌った楽曲なんかもありつつ、滲みGRAND HOTEL』出る気品と哀愁と華やかさが実に彼ららしい一作。

試聴 Click!

PROCOL HARUM/LIVE IN CONCERT WITH THE EDMONTON SYMPHONY OHCHESTRA

こちらは『GRAND HOTEL』の前年72年に行われたオーケストラとの共演ライヴ盤!交響組曲かの如き荘厳なアレンジを施した「In Hel ‘TWas In I」がひたすら圧巻…!

試聴 Click!


オーケストラをフィーチャーしたロック・ソング25選~海外音楽サイトUDISCOVERMUSIC選~

【関連記事】

オーケストラをフィーチャーしたロック・ソング25選~海外音楽サイトUDISCOVERMUSIC選~

海外音楽サイトUDISCOVERMUSICが選んだ、オーケストラとロックの曲をご紹介いたします!

CURVED AIR/SECOND ALBUM

同じくCURVED AIRのスタジオ作も続々とリイシューが登場。1stで見せた実験性は落ち着いたものの、端正で壮麗な音世界に磨きがかかった名作2nd!

試聴 Click!

CURVED AIR/PHANTASMAGORIA

気品あるファンタジックさとソフトなサイケデリアに包まれた音世界にうっとり…。RENAISSANCEと共に英国の女性ヴォーカル・プログレを代表するグループ、最高傑作と名高い72年3rd!

試聴 Click!

CURVED AIR/AIR CUT

クラシカルな格調高さとロック的ダイナミズムが見事に融合した「Metamorphosis」は英国プログレ史に残る名曲と言って過言ではないでしょう…。本作より加入のエディ・ジョブソンの才気炸裂する74年作4th。

試聴 Click!

RENAISSANCE/PROLOGUE

CURVED AIRと並ぶ女性ヴォーカル英国プログレの筆頭、RENAISSANCEのリイシューも登場。クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

試聴 Click!


秋の夜長にぴったりの、気品あるピアノをフィーチャーしたプログレ特集♪

【関連記事】

秋の夜長にぴったりの、気品あるピアノをフィーチャーしたプログレ特集♪

芸術の秋、音楽の秋。心地の良い秋の夜長に、優雅で芸術的なクラシカル・ピアノ・プログレはいかがでしょうか?

GRYPHON/RAINDANCES THE TRANSATLANTIC RECORDINGS 1973-1975

王立音楽院卒のエリート二人を中心に結成された超絶技巧古楽プログレ・グループ。リイシューではありませんが、Transatlanticレーベル在籍期のスタジオ盤全曲を新規リマスターで収録した2枚組アンソロジー!

試聴 Click!

SUPPLY DEMAND & CURVE/SUPPLY DEMAND AND CURVE

めちゃめちゃマイナーですが、こんな知られざる英国ジャズ・ロックのリイシュー盤も登場!カンタベリー・ロックやジェントル・ジャイアントを彷彿させる捻りあるセンスと圧倒的なテクニックで展開する技ありジャズ・ロック。どの曲も緻密に組み上げられた手工芸品のような完成度を誇っていて、こりゃ素晴らし~!

試聴 Click!

HUDSON-FORD/DAYLIGHT

カケレコ一押しの英国ポップ・グループも新規リイシューが登場しておりますよ☆もはや職人技と言える、完成度の高いメロディ&アレンジが詰まった最終作4th。

試聴 Click!

CHRIS RAINBOW/WHITE TRAILS

CAMELやAPP作品にも参加した「英国の一人ビーチ・ボーイズ」と言えるポップ職人。西海岸憧憬と英国的気品が絶妙にブレンドした豊かなメロディと広がりある多彩なコーラスワークがお見事です。これぞ究極の胸キュンサウンド!

試聴 Click!


大英帝国ニッチ・ポップ特集!

【関連記事】

大英帝国ニッチ・ポップ特集!

キャッチーなメロディが詰っているのに、レコード屋では長らく床置きの100円コーナーで憂き目に会い続けた愛すべき作品達をピックアップ!

最後に注目の再入荷作をご紹介!

MORAZ-BRUFORD/IN TOKYO

共にYESで活躍したビル・ブルーフォード&パトリック・モラーツが80年代に結成したデュオ、超絶技巧かつ有機的で楽しげな二人のインプロビゼーションが堪能できる85年来日ライヴの模様を収録!

2018年上半期の注目リイシュー作はこちらをチェック!


COMUS、DEEP FEELINGなど英ロック名盤の18年リイシュー盤+αをご紹介♪

【関連記事】

COMUS、DEEP FEELINGなど英ロック名盤の18年リイシュー盤+αをご紹介♪

英ロックの注目すべき18年リイシューがまとまって入荷いたしましたので、ご紹介してまります!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CURVED AIR / PHANTASMAGORIA

    ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、72年3rd

    RENAISSANCEと共に、女性ボーカルがフロントを務めるプログレッシブ・ロックバンドの代表格であり、紅一点Sonja Kristinaのパワフルな歌声とDarryl Wayのヴァイオリンをクラシカル且つソフトなサイケデリアで包んだイギリスのグループによる72年3rd。グループの名曲「マリー・アントワネット」や「オーバー・アンド・アバーブ」を収録した最高傑作と名高い本作は、これまでのCURVED AIRの集大成といえるバラエティーに富んだ作風となっており、Sonja Kristinaの魅力が詰まったメロディアスな楽曲からFrancis Monkmanの趣向を感じる実験色、Darryl Wayのクラシカルな彩りが渾然一体となって迫る名盤です。本作を最後にグループは事実上解散し、Darryl Way、Francis Monkman不在のまま後に再編されます。

  • CURVED AIR / AIR CUT

    エディ・ジョブソン参加の73年作、英プログレを代表すると言ってもいい傑作!

    73年作4thアルバム。ダリル・ウェイに代わりエディ・ジョブソンが加入。ヴァイオリンにキーボードにピアノに才気溢れるフレーズを連発しています。作曲者としても並々ならぬ才能で、彼が作曲した「METAMORPHOSIS」はクラシックの格調高さとロックのダイナミズムが融合したアルバムのハイライトとなる名曲。本作から加入のカービー・グレゴリーの貢献度も高く、彼のドライヴ感溢れるハードなギターもバンド・アンサンブルでは欠かせません。前作からメンバーも大きく代わっていますし、純粋に比較することはできませんが、テンション溢れるブリティッシュ・プログレとしての完成度では本作が最高傑作と言えるでしょう。

  • PROCOL HARUM / GRAND HOTEL

    英国叙情あふれる73年発表の代表作!

    「フランス貴族の没落」をテーマとした73年7th。プロコル・ハルムがかねてより試みていた、ロックとクラシックの融合が今作で最高潮に達しています。クリス・トーマスによる流麗なオーケストレーションが前編に渡って響き渡り、ゲイリー・ブルッカーの骨太なヴォーカルとクリアなピアノ、B.J.ウィルソンのダイナミックなドラム、ハードなソロも織り込んだギター等々、迫力のバンド・サウンドと組み合わさって、豊穣な音の洪水を作り出しています。そしてその全てが英国的な気品と陰影を帯びており、聴けば聴くほどじわじわと染み入ってくる味わい深さがあります。後期プロコル・ハルムを代表する傑作です!

  • RENAISSANCE / PROLOGUE

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は72年にリリースされたデビューアルバム。「革命のエチュード」からの引用によるオープニングからクラシカルな味わいと英国ロックの気品、アコースティックな感性を全面に、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映えます。楽曲のふくよかさ、トータルプロダクションの上手さは後の作品に譲るも、彼らにしか作りえない素朴な叙情の片鱗を既に窺うことが出来る好盤です。

  • GREENSLADE / GREENSLADE

    緩急自在のダブル・キーボードを特徴とする英国叙情溢れるプログレ、73年作1st

    COLOSSEUMのDave Greenslade、Tony Reeves、KING CRIMSONのAndrew McCulloch、SAMURAIのDave Lawsonというテクニシャンが集結し、ギターレスのダブル・キーボードの強みを生かしたプログレッシブ・ロックを聴かせたイギリスのグループの73年デビュー作。彼らの作品の個性と言えるキーボードはピアノ、オルガン、メロトロンを中心にクラシカルな雰囲気ではなく、ブルージーないぶし銀のプレイを基本にポップ・テイストを乗せた素晴らしいアプローチを披露。スリリングなパフォーマンスも見せますが、アンサンブル主義のさじ加減が絶妙であり、英国的なマイルドさとファンタジアに溢れています。適度なユーモアを含んだ作風も個性的な、次作とあわせて名盤と言えるでしょう。

  • CURVED AIR / SECOND ALBUM

    超絶ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、71年リリースの2nd

    RENAISSANCEと共に、女性ボーカルがフロントを務めるプログレッシブ・ロックバンドの代表格であり、紅一点Sonja Kristinaのパワフルな歌声とDarryl Wayのヴァイオリンをクラシカル且つソフトなサイケデリアで包んだイギリスのグループによる71年2nd。前デビューアルバムではダイナミックで力強いロックを奏でていましたが、本作ではデリケートでファンタジック、アコースティックなアンサンブルが映えるフォーク・ロック路線の作風へと変化しています。Francis Monkmanは前作でのラウドなギターをほとんど封印しVCSシンセサイザーの演奏に注力。アレンジも良く練られており、実験要素の強かった前作には無かった統一感が生まれています。

  • HUDSON-FORD / DAYLIGHT

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作

    VELVET OPERA〜STRAWBSで活躍したRichard Hudson(G/Vo)、John Ford(G、B、Vo)の2人によるデュオ。3rdから、より都会的に洗練された77年作の4th。憂いのあるキャッチーなメロディはもはや職人芸の域。分厚いキーボードとストリングスの中から浮かび上がる気品のある美メロが印象的な「Poor Boy」は名曲。

  • PROCOL HARUM / EXOTIC BIRDS AND FRUIT

    前作『GRAND HOTEL』に続き、華やかでダイナミックなサウンドを聴かせる74年作7th

    1974年リリース、名作『グランド・ホテル』に続く7枚目のスタジオ・アルバム。前作同様、ピアノやストリングスによる荘厳で華やかなアレンジを施した重厚なサウンドが特徴。プロコル・ハルムらしい哀愁の歌メロも存分に聴かせつつ、よりダイナミズムに富んだ賑やかなサウンド・メイクで楽しませてくれます。B面では同時期のロキシー・ミュージックなどを彷彿とさせるポップでパンキッシュな曲調も披露。当時の所属レーベルChrysalisへの不満を歌った「Butterfly Boys」など毒のあるナンバーもありつつ、その中にどこか隠し切れない気品が滲み出ているのが大変彼ららしい、愛すべき一枚です。

    • ECLEC32633ESOTERIC

      デジパック仕様、74年のBBC音源&未発表ライヴ音源を含むCD3枚組、新規リマスター、ボーナス・トラック2曲

      レーベル管理上の問題により、デジパック側面に折れがある場合がございます。ご了承ください。

  • SUPPLY DEMAND & CURVE / SUPPLY DEMAND AND CURVE

    アイルランド出身のプログレ/ジャズ・ロック・バンドによる76年唯一作、カンタベリー・ロックやジェントル・ジャイアントを彷彿させる捻りあるセンスと圧倒的なテクニックで聴かせる名盤!

    アイルランド出身、ギター、キーボード、ベース、ドラムの4人からなるプログレ/ジャズ・ロック・グループ、76年の唯一作。安定感あるリズムと流れるようなタッチのギター&エレピが紡ぐ端正なジャズ・ロックがベースとなっていますが、その音楽性は実に多彩。77年に唯一作を残した美声女性SSW、Rosemarie Taylorをフィーチャーしたカンタベリー・ロックに通じる柔らかくロマンチックな3曲目、GGのケリー・ミネアの作風を思わせる浮遊感あるプログレ・ナンバー、バグパイプ風のキーボードのプレイがカッコいいアイリッシュ風味香るテクニカル・ジャズ・ロックなど、バラエティに富みつつもどの曲も緻密に組み上げられた手工芸品のような完成度を誇っており実に素晴らしいです。ラストは初期GGのアルバムに入っていてもおかしくないほどの凝りに凝った展開とコーラスに彩られたナンバーでハイライトの一つ。底知れぬ技巧と捻りあるユニークな音楽センスを備えたグループによる名盤です。

  • PROCOL HARUM / LIVE IN CONCERT WITH THE EDMONTON SYMPHONY OHCHESTRA

    オーケストラとの共演コンサートを収録した唯一のライヴ作、72年発表

    1972年11月カナダのエドモントンで行われた、現地オーケストラ楽団&合唱隊との共演コンサートを収録したライヴ盤。72年と言えば代表作『グランド・ホテル』の前年であり、PROCOL HARUMがロックと華やかなクラシックの融合を試みていた時期。本作でも「Conquistador」や「A Salty Dog」といった過去の代表曲が、壮大でダイナミックなオーケストラ・アレンジによってゴージャスに再現されています。特に交響組曲かの如き荘厳なアレンジを施した「In Hel ‘TWas In I」の迫力は圧倒的。もちろんGary Brookerの太くソウルフルな歌声や叙情いっぱいのオルガン、そして当時のギタリストDave Ballによる切れ味鋭いソロがオーケストラのバックにも負けず炸裂したりと、「ロック」としての旨味もたっぷり。ファン必携の傑作ライヴ盤!

  • CHRIS RAINBOW / WHITE TRAILS

    APPやCAMEL作品への参加で知られる英国の名ポップ職人、79年作

    英スコットランドはグラスゴー出身、CAMELやALAN PARSONS PROJECT作品への参加でプログレ・ファンにもその名が知られる、英国屈指のポップ・クリエイターが79年にリリースした3rdにしてラスト・アルバム。英国の一人ビーチ・ボーイズとも云われるように、多重録音を駆使した多彩なコーラスと、抜けの良いポップなメロディセンスが持ち味で、アメリカ西海岸への憧れに満ちた青空のような爽やかさとほんのり漂う英国らしい気品高さを併せ持ったソングライティングは、ため息が出るほどにメロディアスで芳醇。そこに切なさも秘めた甘いヴォーカルと幾重にも折り重なる自在なコーラスワークが乗り、職人的とも言える完璧なポップ・サウンドが眼前に広がります。これはルベッツ、ファーストクラス、山下達郎などビーチ・ボーイズ直系ハーモニー・ポップのファンならきっと虜になってしまうサウンドでしょう。これぞ胸キュン必至の名盤!

  • MORAZ-BRUFORD / IN TOKYO

    ビル・ブルーフォード&パトリック・モラーツによる即興演奏主体のユニット、85年来日公演、全10曲

    共にYESで活躍したビル・ブルーフォード&パトリック・モラーツが80年代に結成したジャズ・ロック・デュオ。1985年東京赤坂での来日公演を収録した09年発掘ライヴ盤。インプロビゼーション主体の演奏ながら、アコースティック・ドラムやエレクトロニック・パーカッションなどを駆使したブルーフォードの楽しげなドラミング、モラーツの流麗なピアノにふくよかなシンセサイザーが織り成すアンサンブルは単に超絶技巧的なだけでなく非常に有機的でドラマチック。プログレ・ファン、ジャズ・ロック・ファン両方にお楽しみいただける逸品です。

  • GRYPHON / RAINDANCES THE TRANSATLANTIC RECORDINGS 1973-1975

    英国の古楽プログレ・グループ、TRANSATLANTIC在籍期のスタジオ作品全曲を収録した18年リリースの編集盤!

    王立音楽院卒のエリートRichard HarveyとBrian Gullandを中心に結成され、古楽器と中世音楽の要素を取り入れたユニークなプログレッシヴ・ロックを展開する英国のグループ。彼らが英国TRANSATLANTIC在籍期にリリースした73年作1st『GRYPHON』、74年作2nd『MIDNIGHT MUSHRUMPS』、同年3rd『RED QUEEN TO GRYPHON THREE』、そして75年作4th『RAINDANCE』のなんと4枚全曲を収録した2枚組アンソロジー。テクニカルで格調高くもどこか長閑な牧歌性を湛えた古楽器アンサンブルを聴かせる1st&2ndから、中世音楽とYESからの影響伺わせるドライヴィングなロック・サウンドが融合した3rd&4thまで、典雅でいて親しみやすさも一杯のGRYPHONサウンドを堪能できる一枚です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。