プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ニール・ヤング『ハーヴェスト』から辿る、哀愁漂うフォーク・ロック特集

こんにちは。スタッフみなとです。

次第に冬の気配が近づいてまいりましたね。

日が短く夜が長いこの季節は、何となくうら寂しいフォーク・ロックが聴きたくなります。

ということで、ニール・ヤング『ハーヴェスト』から出発して、「哀愁漂うフォーク・ロック」をピックアップいたしました。

どうぞご覧ください。

ニール・ヤング/ハーヴェスト

ニール・ヤングの代表作であり、米SSWを代表する作品であり、70年代米ロック屈指の傑作ですね。

大名曲「Heart Of Gold」を筆頭にアタック感の強いリズミックなアコギが素晴らしいです。メロディも憂いたっぷり。

試聴 Click!

それでは、他のアーティストの作品を聴いてまいりましょう。

リック・ロバーツ/ウィンドミルズ

グラム・パーソンズの後にFLYING BURRITO BROTHERSのフロントマンになったSSW、72年作。

試聴 Click!

MILTON CHESLEY CARROLL/MILTON CHESLEY CARROLL

テキサスの田舎町ワクサハチ出身SSW、72年デビュー作。

ゴリゴリと骨太なベース、温かみあるキーボード、カントリー・タッチのスティール・ギターやドブロ。軽やかでいなせな、テキサス・カントリー・ロックです。

試聴 Click!


じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

【関連記事】

じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

無骨なボーカルとアーシーなサウンドでじんわりと沁みる、米南部SSWをピックアップいたしました。

JERRY MERRICK/FOLLOW FOLLOW FOLLOW

RICHIE HAVENSが歌った「FOLLOW」の作者として知られる米SSW、69年1st。流れるようなアコギ、どこかうら悲しく優しいボーカルが、抑えたホーンやストリングスと入り混じり、くぐもった質感を伴って響きます。

試聴 Click!

RON CORNELIUS/TIN LUCK

ボブ・ディラン、レナード・コーエン、アル・クーパーのアルバムに参加しているSSW、71年唯一作。

どの曲も、流麗さとブルージーさが絶妙にバランスした佳曲ぞろい。「至福」という言葉がぴったりのSSW傑作です。

試聴 Click!

STEVE YOUNG/HONKY-TONK MAN

米各地を渡り歩いたSSW、75年作。

アメリカンSSWならではの乾いた哀愁をたっぷりと味わえます。

試聴 Click!

DAN MODLIN & DAVE SCOTT/TRAIN DON’T STOP HERE ANYMORE

米SSWデュオ。ディープな米ロック・ファンには人気のスタジオ/レーベルである700 Westからの76年作。

どの曲からも憂いと叙情がこぼれ落ちる、マイナーながら名曲の宝庫と言える傑作です。

試聴 Click!

プレンティス&タトル/エヴリィ・ラヴィング・デイ

デュオつながりでこちらも。

72年にボストンでひっそりリリースされた、繊細で心温まる作品。ランバート&ナッティカムにも通じる味わいがあります。

試聴 Click!

ELYSE(ELYSE WEINBERG)/ELYSE

しわがれた声が哀愁たっぷりでたまらない!68年、今作だけ残してシーンから去った幻の女性SSW。

ギターでニール・ヤングが参加しています。

試聴 Click!


疲れた夜に聴きたい。しんみりとした女性シンガー特集(米国)

【関連記事】

疲れた夜に聴きたい。しんみりとした女性シンガー特集(米国)

疲れを癒したい夜に聴きたい、しんみりとした作風の米女性シンガーの作品を集めました。

いかがでしたでしょうか。少しでもお気に召す作品がありましたら幸いです。

NEIL YOUNGの在庫

  • NEIL YOUNG / ARE YOU PASSIONATE?

    02年作

  • NEIL YOUNG / GREENDALE

    03年作

    • 485332REPRISE

      CD+ライヴ映像収録DVDの2枚組、再生方式・リージョン記載なし

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      2枚中1枚傷有り、ケースに貼ってあるシールに使用感あり

      590円

      472円
      (税込510円)

      127円お得!


      CD詳細ページへ

  • NEIL YOUNG / GREATEST HITS

    04年リリースのベスト、全16曲

  • NEIL YOUNG / PRAIRIE WIND

    『ハーヴェスト』『ハーヴェスト・ムーン』に続く3部作の完結編、05年作

  • NEIL YOUNG / LIVE AT MASSEY HALL 1971

    71年カナダ・トロントでのアコースティック・ライヴ、07年リリース

  • NEIL YOUNG / AFTER THE GOLD RUSH

    70年の3rdソロ、ニール・ヤングを代表する作品であり、70s米ロック屈指の傑作

    CSN&Y『デジャ・ヴ』と同年の70年にリリースされた3rdソロ。いきなりニールのアコースティック・サイドを代表する名曲「Tell Me Why」で幕開け。ニールらしいアタック感のあるアコギ・バッキングと、対照的に憂いに溢れたメロディが胸に迫ります。リリカルなピアノをバックに切々と歌われる2曲目のタイトル・トラック、CSN&Yを思わせるハーモニーが美しい3曲目、スティーヴン・スティルスとの火を吹くギターバトルに痺れるエレクトリック・サイドを代表する名曲である4曲目「Southern Man」と畳みかけます。最後にうららかな小曲でしめるA面はニールの数ある名作中でも屈指の素晴らしさ。B面も格調高くも憂いに溢れた佳曲ぞろい。次の作品『ハーヴェスト』と並び、ニール・ヤングの代表作であり、70s米ロック屈指の傑作です。

  • NEIL YOUNG / HARVEST

    北米SSWを代表する歴史的傑作、72年作

    72年作の4th。全米No1ヒットの「Heart Of Gold」を含む代表作と評される一枚。都会的な憂いに満ちたメロウな前作に比べ、広大な大地をそこに差し込む陽光が目に浮かぶリリカルなナンバーが印象的。ペダル・スティールが枯れた哀愁を奏でます。「Heart Of Gold」には、ジェイムス・テイラーやリンダ・ロンシュタットが参加。他にCS&Nも数曲に参加しています。米ロック史上に残る傑作。

  • NEIL YOUNG / LIVE RUST

    79年リリースのライヴ作

  • NEIL YOUNG / TRANS

    エレクトロニクスを大胆に導入した、ゲフィン第1弾の82年作

  • NEIL YOUNG / LANDING ON WATER

    86年作、ダニー・コーチマー/スティーヴ・ジョーダンらが参加

  • NEIL YOUNG / LUCKY THIRTEEN

    ゲフィン時代のベスト、全13曲、93年リリース

  • NEIL YOUNG / UNPLUGGED

    93年2月収録のMTVアンプラグド、全14曲

  • NEIL YOUNG / MIRROR BALL

    95年作

  • NEIL YOUNG / CHROME DREAMS VOLUME THREE

    未発表のスタジオ音源を集めたアーカイヴ音源集の第三弾

    未発表のスタジオ音源を集めたアーカイヴ音源集の第三弾。1曲目から8曲目は、90年の『RAGGED GLORY』レコーディング時、9曲目から12曲目は『GREENDALE』レコーディング時のリハーサル音源。曲目は以下の通り。

    1. MANSION ON THE HILL
    2. WHITE LINE #1
    3. WHITE LINE #2
    4. LOVE TO BURN #1
    5. LOVE TO BURN #2
    6. LOVE TO BURN #3
    7. THE DAYS THAT USED TO BE
    8. LOVE AND ONLY LOVE
    9. DOUBLE E
    10. DEVILS’S SIDEWALK
    11. BANDIT
    12. BE THE RAIN

「NEIL YOUNGの在庫」をもっと見る

JERRY MERRICKの在庫

  • JERRY MERRICK / FOLLOW FOLLOW FOLLOW

    RICHIE HAVENSが歌った「FOLLOW」の作者として知られる米SSW、69年1st。

    RICHIE HAVENSが歌った「FOLLOW」の作者として知られる米SSW、69年1st。流れるようなアコギ、どこかうら悲しく優しいボーカルが、抑えたホーンやストリングスと入り混じり、くぐもった質感を伴って響きます。バタバタしたドラムとバイオリンや管弦楽器が軽妙に掛け合う、英国のプライベート・フォークのような趣もあり、耳楽しく聴くことが出来ます。

「JERRY MERRICKの在庫」をもっと見る

RON CORNELIUSの在庫

  • RON CORNELIUS / TIN LUCK

    「至福」という言葉がぴったりのSSW傑作、71年のソロ唯一作

    ボブ・ディラン、レナード・コーエン、アル・クーパーのアルバムに参加しているセッション・ミュージシャンでありSSW。71年にポリドールからリリースされたソロ唯一作。黒っぽさもある芳醇なトーンのピアノのイントロ、柔らかにたゆたうようなハイ・トーンの歌声とともに、ふくよかなドラムとベースが入って、冒頭の1分でSSWファンは必ずや心奪われるはず。流れるようなメロディも沁みるし、トリオのシンプルな編成と演奏ながら、徐々に高揚していくアンサンブルもグッときます。ラストには、中域寄りのトーンが実にメロウなギターのリードが待ち構えていて、これはたまらない!この1曲目、凄い名曲です。ディランとアル・クーパーをあわせたようなアーシーな弾き語りあり、ニール・ヤングばりの叙情的かつザクリとしたエッジもあるフォーク・ロックあり、どの曲も、流麗さとブルージーさが絶妙にバランスした佳曲ぞろい。「至福」という言葉がぴったりのSSW傑作です。

「RON CORNELIUSの在庫」をもっと見る

STEVE YOUNGの在庫

  • STEVE YOUNG / ROCK SALT AND NAILS

    陰影に富んだ米SSW/フォーク・ロックの名品、69年にA&Mからリリースされたデビュー作

    アラバマ、ジョージア、テキサスを幼い頃から渡り歩いた生粋の米南部出身SSW、トミー・リピューマのプロデュースで制作され、69年にA&Mからリリースされたデビュー作。エルヴィスを支えたテレキャスターの名手、ジェイムス・バートン、名ドラマーのハル・ブレイン、元バーズのジーン・クラークやグラム・パーソンズなど豪華メンバーが参加。切々とエモーショナルで憂いあるヴォーカル、もの悲しく翳りに包まれたフォーク・ロック・アンサンブル。グラム・パーソンズのバーズ時代の名曲「ヒッコリー・ウィンド」からカントリー色を薄め、ニール・ヤング『アフター・ザ・ゴールドラッシュ』の陰影を加えたようなサウンドと言えば伝わるでしょうか。聴くたびに心揺さぶられる米SSW/フォーク・ロックの名作。

  • STEVE YOUNG / HONKY-TONK MAN

    生粋のホーボー・アメリカンSSW、75年作。

    ジョージア州で生まれ、幼いころから米南部を渡り歩き育ったスティーヴ。イーグルスやリタ・クーリッジ、ジョーン・バエズなどにカバーされた「SEVEN BRIDGES ROAD」の作者としても知られます。60年代前半にはグリニッジ・ヴィレッジのフォークシーンに熱中し、カリフォルニアでVAN DYKE PARKSやSTEPHEN STILLSと仕事をしたり、自身のバンドを組んだりしたのち、ソロとして活動を始めました。今作は75年の3rdです。全編を通してやはりスティーヴの歌が素晴らしく、自身のルーツである南部の土くささがありつつ、放浪経験からくるのか、どこか諦念しているかのようなうらぶれ感があります。特にハンク・ウィリアムズのカバー、「RAMBLIN’ MAN」が秀逸で、スティーヴのどこかやるせないボーカルに、乾いたギターが更なる哀愁を加え、ペダル・スティール・ギターが夏のアメリカに漂う熱風のようにゆらゆらと響きます。SSWファンにはたまらない一品。

  • STEVE YOUNG / LONG TIME RIDER

    90年リリース

  • STEVE YOUNG / SOLO/LIVE

    生粋のホーボー・アメリカンSSW、91年作。

「STEVE YOUNGの在庫」をもっと見る

MILTON CHESLEY CARROLLの在庫

  • MILTON CHESLEY CARROLL / MILTON CHESLEY CARROLL

    72年テキサス、ニッチなカントリー/スワンプロックSSW名盤

    テキサスの田舎町ワクサハチ出身SSW、72年デビュー作。南部出身にしてはアクの少ないまろやかなテナーボイス。時折ビブラートがかかる、このブルージーさは何だろう・・・と思ったら、フレッド・ニールに影響を受けているのですね。所謂スワンプ・ロックとは一味違ったクールさがあります。そしてその歌声に加わるのはゴリゴリと骨太なベース、温かみあるキーボード、カントリー・タッチのスティール・ギターやドブロ。軽やかでいなせな、テキサス・カントリー・ロックです。エリック・ワイズバーグ、ジェリー・フリードマン、スティーヴ・ガッド、トニー・レヴィン等参加。

「MILTON CHESLEY CARROLLの在庫」をもっと見る

DAN MODLIN & DAVE SCOTTの在庫

  • DAN MODLIN & DAVE SCOTT / TRAIN DON’T STOP HERE ANYMORE

    米SSWデュオ、どの曲からも憂いと叙情がこぼれ落ちる、マイナーながら名曲の宝庫と言える76年の傑作

    米SSWデュオ。ディープな米ロック・ファンには人気のスタジオ/レーベルである700 Westからの76年作。叙情あふれる流れるようなメロディ、心にスッと染みてくる豊かな中域を持ったヴォーカルと翳りのあるハイ・トーンのハーモニー、コード・ストローク&アルペジオともに陰影に富んだアコースティック・ギター。この憂いと叙情美は、元バーズのジーン・クラークにちょっと通じるところも。楽曲を優しく彩るハーモニカやフィドルやマンドリンからも哀愁がこぼれ落ちます。マイナーながら名曲・佳曲の宝庫と言えるSSW作の傑作。

「DAN MODLIN & DAVE SCOTTの在庫」をもっと見る

PRENTICE & TUTTLEの在庫

  • PRENTICE & TUTTLE / EVERY LOVING DAY

    アメリカのデュオ、繊細でメロディアスな絶品アシッド・フォーク、72年作

    アメリカはボストンのデュオ。72年に自主制作された2nd。原盤はマニア垂涎の激レアもの。初期EAGLESやNEIL YOUNGを彷彿とさせる流麗なメロディにかかわらず、晴れた感じはなく、終始、しとしとと雨が降っているようなイメージ。繊細なアコギ・バッキング、ピアノなど最小限なアレンジ、陰影のあるヴォーカルによるメロウなアシッド・フォーク。絶品です。

「PRENTICE & TUTTLEの在庫」をもっと見る

ELYSE(ELYSE WEINBERG)の在庫

「ELYSE(ELYSE WEINBERG)の在庫」をもっと見る

RICK ROBERTSの在庫

「RICK ROBERTSの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。