プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

オーケストラをフィーチャーしたロック・ソング25選~海外音楽サイトUDISCOVERMUSIC選~

1967年の2月、ビートルズが総勢40名のオーケストラ演奏で「A Day In The Life」を収録してから、多くのロック・ミュージシャンがオーケストラと収録や共演をしてきました。
海外音楽サイトUDISCOVERMUSICでは、オーケストラをフィーチャーしたロック・ソングベスト・ソング25をピックアップしていますので、年代順にご紹介致します!

1.「A Day In The Life」 From BEATLES /『SGT. PEPPER’S LONLY HEARTS CLUB BAND(1967)』

試聴 Click!

2.「Expecting to Fly」 From BUFFALO SPRINGFIELD /『AGAIN(1967)』

試聴 Click!

3.「Nights In White Satin」 From MOODY BLUES /『TUMBLEWEED CONNECTION(1969)』

試聴 Click!

4.「Kashmi」 From /『PHYSICAL GRAFFITI(1969)』

試聴 Click!

5.「Burn Down the Mission」 From Elton John /『TUMBLEWEED CONNECTION(1970)』

試聴 Click!

6.「Birdman」 From McDONALD & GILES /『McDONALD AND GILES(1970)』

試聴 Click!

7.「Third Movement 」 From DEEP PURPLE /『CONCERTO FOR GROUP AND ORCHESTRA (1970)』

試聴 Click!

8.「I’m Your Captain」 From GRAND FUNK RAILROAD /『CLOSER TO HOME(1970)』

試聴 Click!

9.「Atom Heart Mother Suite」 From PINK FLOYD /『ATOM HEART MOTHER(1970)』

試聴 Click!

10.「No Opportunity Necessary No Experience Needed」 From YES /『TIME AND A WORD(1970)』

試聴 Click!

11.「Mocking Bird」 From BARCLAY JAMES HARVEST /『ONCE AGAIN(1971)』

試聴 Click!

12.「Black Cat」 From GENTLE GIANT /『ACQUIRING THE TASTE(1971)』

試聴 Click!

13.「Conquistador」 From  PROCOL HARUM /『PROCOL HARUM LIVE IN CONCERT WITH THE EDMONTON SYMPHONY OHCHESTRA(1972)』

試聴 Click!

14.「For Richard」 From CARAVAN /『CARAVAN AND THE NEW SYMPHONIA(1974)』

試聴 Click!

15.「Journey to the Centre of the Earth 」 From RICK WAKEMAN /『JOURNEY TO THE CENTRE OF THE EARTH(1974)』

試聴 Click!

16.「Song of Scheherazade」 From RENAISSANCE /『SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES(1975)』

試聴 Click!

17.「The Fall of the House of Usher: Prelude」 From ALAN PARSONS PROJECT /『TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION EDGER ALLAN POE(1976)』

試聴 Click!

18.「Cowboy Star」 From AMBROSIA /『SOMEWHERE I’VE NEVER TRAVELLED(1976)』

試聴 Click!

19.「Nether Lands」 From DAN FOGELBERG /『NETHER LANDS(1977)』

試聴 Click!

20.「Fanfare for the Common Man」 From EL&P /『WORKS VOLUME 1(1977)』

試聴 Click!

21.「Eloise」 From DAMNED / SINGLE(1986)

試聴 Click!

22.「Master Of Puppets」 From METALLICA /『MASTER OF PUPPETS(1986)』

試聴 Click!

23.「A New South Wales」 From ALARM /『CHANGE(1989)』

試聴 Click!

24.「How To Disappear Completely」 From RADIOHEAD /『KID A(2000)』

試聴 Click!

25.「The Dark Is Rrising」 From MERCURY REV /『ALL IS DREAM(2001)』

試聴 Click!

原文はこちら
http://www.udiscovermusic.com/25-classic-orchestral-rock-tracks

関連カテゴリー

オーケストラをフィーチャーしたロック・ソング在庫CD

  • RENAISSANCE / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES

    フルオーケストラを動員したクラシカル・シンフォニック・ロックの最高峰!75年作4th

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は75年にリリースされた4thであり、彼らの代表作の呼び声も多い名盤。特にリムスキー・コルサコフの同名交響曲に端を発した「シェエラザード夜話」は、「アラビアン・ナイト」の世界をコンセプトに据えた20分を超える超大作であり、オーケストラ・サウンドとロックの融合を目指した英国ロックの1つの結論と呼ぶべき傑作。米国での成功で勢いに乗った彼らの生み出したシンフォニック・ロックの世界は他の追随を許しません。

  • BEATLES / SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND

    67年発表、架空のバンドによるショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム!

    67年作。架空のバンドのショウというコンセプトで制作されたロック史上初のコンセプト・アルバム。ジャケットのイメージ通りのカラフルなサウンドは英国中に広がり、60年代後半を華やかに彩った英サイケ・ポップ・ムーブメントへと発展。ロックが真に芸術へと到達した金字塔。

  • LED ZEPPELIN / PHYSICAL GRAFFITI

    72年リリースの2枚組大作、前作「聖なる館」を更に推し進めた、バンドの幅広い音楽性を見せつける傑作!

  • ALAN PARSONS PROJECT / TALES OF MYSTERY AND IMAGINATION EDGER ALLAN POE

    ビートルズやピンク・フロイドのエンジニアを務めたアラン・パーソンズによるグループ、グラミー賞にもノミネートされた76年作の傑作1st!

  • MOODY BLUES / DAYS OF FUTURE PASSED

    67年発表、オーケストラやメロトロンが彩る一大コンセプト・アルバム、世界的なヒットとなった代表曲「サテンの夜」収録

    活動開始は64年までさかのぼりビート系グループとしてデビュー、シングル・ヒットに恵まれながらも徐々に作風が変化し、プログレッシブ・ロックへのアプローチを開始。後に全盛を築くこととなるプログレッシブ・ロックバンドがデビューすらしていない時期からオーケストラとの競演や実験性に富んだ作品を生み出し、黎明期を作り上げたイギリスのバンドの67年2nd。本作で彼らは70年代を待つことなく、オーケストラとの競演を果たし、1日の時間軸を音楽で表現する、というコンセプト性の高いトータルアルバムを作り上げてしまいました。名曲の誉れ高い「サテンの夜」を収録した彼らの代表作の1つです。

  • EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / WORKS VOLUME 1

    メンバーのソロワークをフィーチャーした77年リリース作

  • CARAVAN / CARAVAN AND THE NEW SYMPHONIA

    74年発表、オーケストラとの共演ライヴ作

    カンタベリー・シーンを代表するバンド、キャラヴァンによるオーケストラとの共演を収めた74年発表のライブ盤。まず特筆なのは、ライヴならではの臨場感とダイナミズム溢れるバンドの演奏。リチャード・コフラン(Dr)とジョン・G・ペリー(B)によるタイトかつグルーヴ感いっぱいのリズム隊、デイヴ・シンクレアによるこれぞカンタベリーと言える淡い色彩のファズ・オルガン、そして、パイ・ヘイスティングスのギターと前作から加入のジェフリー・リチャードソンのヴィオラが繰り広げるエキサイティングなソロ。全盛期と言われるだけある脂の乗った演奏に思わず体が揺れます。そこにオーケストラも絡んでくるんだから凄い。変拍子によるキメのパートでは、艶やかなトーンの管弦楽器がまるでストラヴィンスキーの交響曲ばりに鳴り響いて、実にスリリング。もちろん、キャラヴァンらしい甘やかなパートでの壮大なオーケストレーションも出色です。キャラヴァンらしい淡いトーンと管弦楽器が生む艶やかなトーンが合わさった絶妙な音の色彩、そして、ロック的ダイナミズムとオーケストラの壮大さとが融合したスケール感。オーケストラを導入したロック・アルバムの中でも屈指の完成度と言える、贅沢な逸品です。新曲3曲収録。

  • YES / TIME AND A WORD

    格調高いオーケストラとYESサウンドが見事に融合した70年作2nd

  • BUFFALO SPRINGFIELD / AGAIN

    米フォーク・ロックの礎を築いた、スティーヴン・スティルス/ニール・ヤング/リッチー・フューレイ/ジム・メッシーナによる名グループ、67年の傑作2nd

    Neil Young、Steven Stills、Ritchie Furayという傑出したソングライターが在籍したアメリカン・ロック史に残る名グループ。67年作の2nd。1stのビートの効いたポップなサウンドから一転、アーティスティックな佇まいが印象的。アメリカン・ロックの旨味を凝縮したような芳醇なメロディ、奇跡的にテンション溢れるアンサンブル。ずばり傑作です。

  • PROCOL HARUM / LIVE IN CONCERT WITH THE EDMONTON SYMPHONY OHCHESTRA

    オーケストラとの共演コンサートを収録した唯一のライヴ作、72年発表

    1972年11月カナダのエドモントンで行われた、現地オーケストラ楽団&合唱隊との共演コンサートを収録したライヴ盤。72年と言えば代表作『グランド・ホテル』の前年であり、PROCOL HARUMがロックと華やかなクラシックの融合を試みていた時期。本作でも「Conquistador」や「A Salty Dog」といった過去の代表曲が、壮大でダイナミックなオーケストラ・アレンジによってゴージャスに再現されています。特に交響組曲かの如き荘厳なアレンジを施した「In Hel ‘TWas In I」の迫力は圧倒的。もちろんGary Brookerの太くソウルフルな歌声や叙情いっぱいのオルガン、そして当時のギタリストDave Ballによる切れ味鋭いソロがオーケストラのバックにも負けず炸裂したりと、「ロック」としての旨味もたっぷり。ファン必携の傑作ライヴ盤!

  • GRAND FUNK RAILROAD / CLOSER TO HOME

    アメリカン・ハードの雄、70年リリースの3rdアルバム

オーケストラをフィーチャーした作品をお探しならこちらもご覧ください!

その他のオーケストラを配したシンフォニックロック名盤の在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。