プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

キーワードは情熱と哀愁!魅惑のスパニッシュ・プログレ・セレクション☆


スタッフ佐藤です。

西欧諸国のプログレの中でも、その歴史的/文化的背景から各地域に根ざした多様なサウンドが鳴らされてきたスパニッシュ・プログレ。

東部沿岸のバルセロナやその周辺では70年代中期「Musica Laietana」と呼ばれるムーヴメント影響下でジャズ・ロック・グループが数多く登場、南部アンダルシア方面ではフラメンコの要素やイスラム文化の流入を受けたアラビックなエッセンスを放つサウンドが聴かれ、北部バスク自治州ではフォーキーな純朴さと哀愁が滲むサウンドが主流だったりと、地域によってアプローチが大きく異なるのがスパニッシュ・プログレ・シーンの魅力の一つとなっています。

今回はそんな各バンドの地域性にも注目しつつ、情熱と哀愁スパニッシュ・プログレをピックアップしてまいりたいと思います☆
まずはスパニッシュ・ジャズ・ロックの総本山バルセロナのバンドからいってみましょう~!

ICEBERG/SENTIMENTS

「なに?ジョン・マクラフリン?スペインにオレがいることを忘れてもらっちゃ困るぜ。」そんな声が聞こえてきそうなMax Suryaの超絶ギターに痺れること必至。レビュワー全員が満点評価のスパニッシュ・ジャズ・ロック最高峰!

試聴 Click!

BLAY TRITONO/CLOT 20

ジャケも最高だが、音もカッコ良すぎる。カタルーニャ地方の民族舞踏サルダーナとキレ味抜群ジャズ・ロック・アンサンブルの芳醇すぎる出会い。チェンバー・ロックばりの硬質なブラス・セクション、カンタベリー・ロックに通じるメロディアスさまで内包していて、ハットフィールド&ザ・ノースの1stやヘンリー・カウのファンも気に入ることでしょう。

試聴 Click!


BLAY TRITONO『CLOT 20』 - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

BLAY TRITONO『CLOT 20』 – ユーロロック周遊日記

フランコ独裁政権からの抑圧から解放されたカタルーニャ人の喜びとともに、あらためてルーツを振り返り、高らかにカタルーニャ文化に根ざしたサウンドを鳴らしたのが本作。族舞踏サルダーナとジャズ、ロックが完璧に融合したサウンドは、名づけてカタルーニャ舞踏ロック!

BARCELONA TRACTION/BARCELONA TRACTION

ハットフィールドが好き?リターン・トゥ・フォーエヴァーが好き?でしたら、このスペインのグループ、是非一聴を!地中海の青空へと吸い込まれていくようなリリカルにたゆたうエレピが絶品ですよ~。

試聴 Click!


PETER ROAR & LUCKY GURI『WE ARE DIGGING THE BEATLES』 - MEET THE SONGS 第86回

【関連記事】

PETER ROAR & LUCKY GURI『WE ARE DIGGING THE BEATLES』 – MEET THE SONGS 第86回

後にスペインはバルセロナのジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作『WE ARE DIGGING THE BEATLES』をピックアップ!

SECTA SONICA/ASTROFERIA

からみ合う3本のギターのヌケの良いこと!地中海の青空に爽快に突き抜けるジャズ・ロック/フュージョンの逸品ですね。イスラエルのSHESHETファンもこれは是非!

試聴 Click!


世界のジャズ/フュージョン・ロック特集~シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗な名品集

【関連記事】

世界のジャズ/フュージョン・ロック特集~シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗な名品集

世界中より、シャープに引き締まったテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック作品をセレクトしてまいりましょう。

OM/OM

ジャケはサイケ/オリエンタルなのに、聴いてびっくり、音はかなり硬派なジャズ・ロック!電化マイルスやソフト・マシーンのファンはもちろん、ヘンリー・カウなどスリリングなチェンバー・ロックのファンにも直撃のスパニッシュ・ジャズ・ロック名盤!

試聴 Click!

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA/DIUMENGE

「3兄弟と言えばジェントル・ジャイアント?おいおい、スペインの俺らのことも忘れないでくれ。」ブランドXと比べても一歩も引かないテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック傑作。

試聴 Click!


COMPANYIA ELECTRICA DHARMA特集 ~スパニッシュ・ロックの名グループ~ ユーロ・ロック周遊日記

【関連記事】

COMPANYIA ELECTRICA DHARMA特集 ~スパニッシュ・ロックの名グループ~ ユーロ・ロック周遊日記

本日の「ユーロロック周遊日記」は、スパニッシュ・ロック・グループCOMPANYIA ELECTRICA DHARMAをご紹介。

PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT/WE ARE DIGGING THE BEATLES

これは痺れました!スペイン・ジャズ・ロックの重鎮たちが72年に産み落とした全曲ビートルズのカバー・アルバム。イージーリスニングな感じは微塵もなく強烈な躍動感とキラメキ!これは激カケレコメンド!

試聴 Click!


PETER ROAR & LUCKY GURI『WE ARE DIGGING THE BEATLES』 - MEET THE SONGS 第86回

【関連記事】

PETER ROAR & LUCKY GURI『WE ARE DIGGING THE BEATLES』 – MEET THE SONGS 第86回

後にスペインはバルセロナのジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作『WE ARE DIGGING THE BEATLES』をピックアップ!

そのバルセロナを海岸沿いに南下、バレンシア州の海岸都市カスティリョンは、今話題のあのバンドの出身地!
現スパニッシュ・プログレ・シーンを背負って立つ期待の新鋭ですねっ!

DRY RIVER/2038

クイーン+ドリーム・シアターをベースに、様式美HRからビッグバンドまでを取り入れる奇想天外センスとスペインらしい情熱で仕上げたサウンドは、とことんエネルギッシュで痛快。聴いていてこんな楽しくてワクワクするプログレって他にないかも!

試聴 Click!


待望の3rdアルバムをリリースした、痛快無比のスパニッシュ・プログレ新鋭DRY RIVERを大特集!

【関連記事】

待望の3rdアルバムをリリースした、痛快無比のスパニッシュ・プログレ新鋭DRY RIVERを大特集!

待望の3rdアルバム『2038』をリリースした注目のスペイン新鋭DRY RIVERを大特集!


QUEENファンにおすすめの、00~10年代プログレ特集!

【関連記事】

QUEENファンにおすすめの、00~10年代プログレ特集!

クイーンからの影響を感じさせる新鋭プログレ作品を探求してまいります☆

そのカスティリョン・デ・ラ・プラナから地中海を東に行くと見えてくるのがあのマヨルカ島。そこで育ったメンバーによる愛すべきこのグループはご存知でしょうか?

PEP LAGUARDA & TAPINERIA/BROSSA D’AHIR

ゴングのデヴィッド・アレンがプロデュースした、このスペインはマヨルカ島発サイケ・フォーク名盤はご存知?地中海風の陽気と美しさを内包したドリーミーなサウンドが絶品すぎる…。ゴーキーズあたりが好きな90年代以降ロックのファンにも聴いてもらいたいです。

試聴 Click!


ヨーロピアン・アシッド・フォーク特集

【関連記事】

ヨーロピアン・アシッド・フォーク特集

ヨーロッパ大陸の各地で鳴らされた、色とりどりのアシッド・フォークを特集!

つづいては、スパニッシュ・プログレらしい情熱と哀愁のサウンドを最も体現していると言っていい、アンダルシア地方のバンドたちをピックアップ!

TRIANA/EL PATIO

スペインの音楽シーンを変えたとも言われるムーブメント「ROCK ANDALUZ」の創始バンドによる記念すべき1st。専任フラメンコ・ギタリストを擁する編成で、哀愁漂いまくりのフラメンコ・スタイル、熱っぽくうねるシンフォニックなキーボード、そして切々と訴えるエモーショナルなヴォーカルを組み合わせた、はちきれんばかりの叙情で満たされたサウンドを鳴らします。

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】スペインはアンダルシア地方を代表するバンドTRIANAの75年1st『EL PATIO』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】スペインはアンダルシア地方を代表するバンドTRIANAの75年1st『EL PATIO』

毎回ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、スペインはアンダルシア地方を代表するプログレ・グループTRIANAによる75年の傑作デビュー作『EL PATIO』をピックアップいたしましょう。

ALAMEDA/TODAS SUS GRABACIONES EN DISCOS EPIC (1979-1983)

フラメンコを強く想起させるパッション溢れるヴォーカル、テクニカルなスパニッシュ・ギター、美しい旋律を奏でるピアノ&シンセ、哀愁漂うメロディー。イタリアン・ロックにも通ずる『詩情』 meets フラメンコのパッション!これぞスパニッシュ・シンフォの魅力がつまった名品ですね。

試聴 Click!

CAI/MAS ALLA DE NUESTRAS MENTES DIMINUTAS

お~これぞスパニッシュ・プログレ!シンフォニック・ロックに、フラメンコなどアンダルシア地方の伝統音楽、そしてフュージョンが融合したサウンドはかなり驚きの完成度ですよ~。洗練されているのに哀愁と情熱はたっぷり、という素晴らしい一枚!

試聴 Click!

TABLETOM/MEZCLALINA

クリムゾンの『ポセイドンのめざめ』をジェスロ・タルがカヴァーして、そこにマイルス・バンドの面々が乱入したらこんな感じになるかも!これはアンダルシア・プログレの秘宝。

試聴 Click!


【新作追加】ドイツの新興レーベルPAISLEY PRESSのマニアックすぎるプログレ・リイシューを一挙ピックアップ!

【関連記事】

【新作追加】ドイツの新興レーベルPAISLEY PRESSのマニアックすぎるプログレ・リイシューを一挙ピックアップ!

欧米各国の「ど」がつくマイナープログレを発掘リリースしている注目の新興レーベルPAISLEY PRESS。リリース作品を一挙ご紹介!

MUSICA URBANA/MUSICA URBANA

後にスペインを代表する音楽家となるJoan Albert Amargosが若き日に結成したジャズ・ロック/アヴァン・ロック・グループ。アレアやSHESHETとも呼応した地中海プログレの大傑作!

試聴 Click!

最後は、秘境バスク地方を探求。系統不明の謎の言語バスク語の切々とした語感も相まった強烈なまでの哀愁を帯びた泣きのプログレの宝庫なんですよね。

ITOIZ/EZEKIEL

スペインはバスク地方が誇るシンフォの古典的名作と言えば?キャメルやジェネシスに通じるリリカルなアンサンブル、切なさに胸がつまるバスク語のヴォーカル。絶品です。

試聴 Click!


世界の「泣けるプログレ」探求!

【関連記事】

世界の「泣けるプログレ」探求!

珠玉の「泣けるプログレ」を各国よりご紹介していきたいと思います!


スペインはバスクのプログレITOIZの80年作2nd『EZEKIEL』 - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

スペインはバスクのプログレITOIZの80年作2nd『EZEKIEL』 – ユーロロック周遊日記

スペインはバスクが誇る名作を特集。アルゼンチンのPABLO EL ENTERRADORやイタリアのLOCANDA DELLE FATEのファンは必聴ですね!当時のライヴ映像が素晴らしすぎ!

HAIZEA/HONTZ GAUA

幽玄なフルートやチェロ、虚ろな女性ヴォーカル、エキゾチックなパーカッション。でも、混沌とすることはなくて、もうそれはそれは美しいんですよね。これぞバスキッシュ・プログレ・フォーク。

試聴 Click!


待望の3rdアルバムをリリースした、痛快無比のスパニッシュ・プログレ新鋭DRY RIVERを大特集!

【関連記事】

待望の3rdアルバムをリリースした、痛快無比のスパニッシュ・プログレ新鋭DRY RIVERを大特集!

待望の3rdアルバム『2038』をリリースした注目のスペイン新鋭DRY RIVERを大特集!


【動画追加!】アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

【関連記事】

【動画追加!】アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

ユーロ・フォークの情報を発信しているサイトが選んだイケ/アシッド・フォーク・アルバム TOP50

ERROBI/AMETSAREN BIDEA

地中海や北アフリカの風を感じるバグパイプ、ブズーキ、パーカッションによるエキゾチズム。そこに影をおとすバスクならではの悲哀。ITOIZと並ぶバスクの名グループによる本作は、バスク・ロック史上の最高傑作とも云われる逸品!

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】バスクプログレの最高傑作!?ERROBIの79年作4th『AMETSEREN BIDEA』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】バスクプログレの最高傑作!?ERROBIの79年作4th『AMETSEREN BIDEA』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、70年代のスペインバスク地方を代表するバンドの一つ、ERROBIの79年作『AMETSAREM BIDEA』をピックアップいたしましょう。

LISKER/LISKER

これはずばり「ヘヴィ・シンフォ meets 民謡フレイヴァー」!スペインはバスク出身ならではのサウンドだなぁ。ギターやフルートの長尺ソロは同郷ITOIZにも通じていて素晴らしい!

試聴 Click!

IZUKAITZ/IZUKAITZ

マイナーすぎて読み方すらわからない多種の民族楽器を用いた、どこまでも幻想的な世界観が魅力的。バスク・フォーク、奥深し…。

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】プログレ秘境バスクの民族色豊かなフォーク・プログレ名品IZUKAITZの78年1st「IZUKAITZ」

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】プログレ秘境バスクの民族色豊かなフォーク・プログレ名品IZUKAITZの78年1st「IZUKAITZ」

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、スペインのプログレ秘境バスクの民族色豊かなフォーク・プログレ名品IZUKAITZの78年1st「IZUKAITZ」をピックアップいたしましょう。

情熱と哀愁が溢れ出すスパニッシュ・プログレ・セレクション、堪能していただけたでしょうか。
気になる作品を見つけていただければ幸いです☆

関連カテゴリー

情熱と哀愁のスパニッシュ・プログレ・セレクション

  • ITOIZ / EZEKIEL

    バスク地方出身の好グループ、シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなジャズ・ロックの名品

    バスク地方出身の好グループ。シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた2ndアルバム。80年作。ジャケットのイメージ通りのノスタルジックな雰囲気はそのままに、サックス、ヴァイオリン、シンセサイザーの導入により前作以上にバラエティに富んだプログレッシヴなサウンドが印象的。女性ヴォーカルITZIARが一曲ゲスト参加。1stと並ぶスペイン・シンフォニック・ロックの傑作。

  • ICEBERG / SENTIMENTS

    これぞスペイン・ジャズ・ロックの最高峰!77年作3rd

    スペイン出身のジャズ・ロック・グループ。77年作の3rd。前作で完成したテクニカル・ジャズ・ロックに暴力性を加えたヘヴィな演奏が印象的。高速フレーズを正確無比というよりゴリゴリとアグレッシヴに弾き倒すギターは存在感抜群。2ndとあわせて、スペイン・ジャズ・ロックの最高峰

  • TRIANA / EL PATIO

    スパニッシュ・シンフォの最高峰グループ、これでもかと溢れだすスパニッシュな哀愁、75年デビュー作!

    スパニッシュ・ロックを代表するグループである彼らが75年にリリースした記念すべき1stアルバム。哀愁のフラメンコ・ギターに導かれるキーボード&ピアノのドラマティックな響きと、それに続く熱情的なヴォーカル。めくるめくダイナミックなバンド・アンサンブル。とにかくこれでもかと聴き手の感情を揺さぶる展開はただただ圧倒的。スパニッシュ・シンフォ屈指の傑作。

  • MUSICA URBANA / MUSICA URBANA

    現代のスペインを代表する音楽家Joan Albert Amargosが結成したチェンバー・ロック・グループ、76年の名作1st

    スペインはバルセロナ出身、チェンバー/ジャズ・ロックの名グループ。76年にZELESTEレーベルよりリリースされた1st。後にクラシックから映画/演劇音楽でも名を残し現代スペインを代表する音楽家となるJoan Albert Amargosを中心に、60年代末から活躍するブラス・ロック・バンドMAQUINA!のメンバー、BARCELONA TRACTIONのKey奏者により結成。英米ロックから解放されたスパニッシュ・ロックの確立を目指していたようで、地中海音楽やアンダルシア音楽をはじめ、スペインのオペラであるサルスエラ(Zarzuela)も取り込んだチェンバー・ロックが特徴です。緻密かつ地中海の香り漂う芳醇なサウンドは、HATFIELD & THE NORTHのファンをはじめ、イスラエルのSHESHETやイタリアのAREAやPICCHIO DAL POZZOのファンにはたまらないはず。若きJoan Albert Amargosの才気ほとばしるイマジネーション豊かな名品です。

  • PETER ROAR / LUCKY GURI / CHARLES BENAVENT / MAX SUNYER / SALVADOR FONT / WE ARE DIGGING THE BEATLES

    後にスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンで名を残す重鎮たちが70年代初期に産み落とした最高にカッコ良いビートルズ・カバー作

    後にBARCELONA TRACTION〜MUSICA URBANAとスパニッシュ・ジャズ・ロックを代表するグループで活躍する名Key奏者Lucky Guriと70年代初期のスパニッシュ・ジャズ・ロック・シーンを代表するグループMAQUINA!のサックス奏者Peter Roarを中心に、言わずとしれたICEBERGの名ギタリストMax Sunyerや、MAQUINA!のリズム隊が参加したスーパー・グループ。72年作の全曲ビートルズ・カバー・アルバム。もう、このレビュー書きながら、興奮しています!2曲目の「Strawberry Fields Forever」で泣きそうです。イージーリスニングな感じは微塵もなく、サイケ・ポップのカラフル感を残しつつ、ロック的シャープさとオシャレな洗練とが同居した最高にカッコ良くワクワク感溢れるサウンドを聴かせています。シャープでタイトな音色と手数多いフレージングがカッコ良すぎるドラムを中心に、ピアノとサックスが時にどっしりと時に軽やかに躍動し、NUCLEUS時代のChris Speddingを彷彿とさせるセンス溢れるMax Sunyerが脇を固めます。このキラメキが伝わるでしょうか。カケレコが自信を持ってオススメする大傑作!ビートルズ・ファンもサイケ・ポップ・ファンもニッチ・ポップ・ファンもジャズ・ロック・ファンもカンタベリー・ファンも全員必聴!

  • DRY RIVER / 2038

    スペインの新鋭プログレ・バンド、前作より3年ぶりとなった18年作3rd、クイーン+ドリーム・シアターをベースに前作以上のエネルギーで快走する傑作!

    12年デビュー、メンバーほぼ全員がクイーンとドリーム・シアターをフェイバリットに挙げるスペインの新鋭プログレ・バンド、前作より3年ぶりとなった18年作3rd。前2作も素晴らしいアルバムでしたが、この3rd、もうとことんエネルギッシュで痛快。聴いていてこんなに楽しくってワクワクするプログレって他にないかもしれませんっ!ベースとなるのは最も影響を受けているクイーンとドリーム・シアターの合わせ技。そこにシンフォ、ロックン・ロール、様式美ハード・ロック、ビッグ・バンド・ジャズ、フュージョンなどを自在に結合させて、スペイン産らしい情熱的かつダイナミックなプログレに仕立て上げた、エネルギーがぎっちり詰まったサウンドを構築しています。歌い回しにフレディ・マーキュリー愛を感じさせる声量みなぎるスペイン語ヴォーカルとオペラチックな分厚いコーラスがドラマチックに舞い上がるクイーン風のヴォーカル・パートから、ド派手に鳴らすヴィンテージ・トーンのオルガン&クラシカルで可憐なタッチのピアノを操るキーボードが溢れ出し、ギターがテクニカルかつハードエッジに疾走。ギターはメタリックにゴリゴリしてはいるのですが、同時にコシの強いグルーヴ感があり、ロックンロールのノリの良さが先立っているのが特徴。硬質ながら人間味たっぷりに熱く弾き飛ばすプレイ・スタイルがカッコいい!ギターが牽引する強度あるヘヴィ・プログレに突如ゴージャスなビッグ・バンドが絡んできたり、クラシカルな速弾きが炸裂する様式美系ハード・ロックがごく自然に南国風フュージョンに発展したりと、あまりに先の読めない奇想天外なサウンドには軽く目眩が起きそうなほど。その後には一転して美しいメロディが冴え渡る叙情バラードを持ってくるセンスも憎い限りです。前作が彼らの完成形かと思いきや、まだまだ進化するDRY RIVERサウンドを見せつける大傑作!おすすめです!

  • BLAY TRITONO / CLOT 20

    76年唯一作、カンタベリー/レコメン系のファンは必聴!スパニッシュ・ジャズ・ロックの名作!

    スペインはバルセロナで興った「ライエターナ・ミュージック」屈指の傑作と言われる76年唯一作。メンバーの中心は、現在までプレイヤー/コンポーザーとして活躍するサックス/テノーラ奏者のJoan Josep Blay。他、ジャズ・ピアノの名手でORQUESTRA MIRASOLでも活躍するKey奏者Victor Ammannと、トランペット奏者、トロンボーン奏者、リズム隊による6人編成。Joan Josep Blayによるテノーラ(スペインの民族木管楽器)のチャルメラ風フレーズを軸に、トランペットとトロンボーンがたおやかにむせぶ地中海フレイヴァーたっぷりのサウンドを聴かせます。ビシバシと切れ味鋭いドラムとメロディアスに動きまくるベースによるリズム隊も鉄壁。Key奏者のVictor Ammannもさすがで、ギルガメッシュのAlan Gowenにも比肩する緻密で煌びやかなピアノ&エレピが印象的です。ハットフィールドやギルガメッシュなどカンタベリーの名作と比べても何ら遜色ないクオリティ。これはユーロ・ジャズ/アヴァン・ロック屈指の傑作です。

  • CAI / MAS ALLA DE NUESTRAS MENTES DIMINUTAS

    TRIANAやALAMEDAを生んだアンダルシア地方のもう一つの名バンド、アンダルシアらしいパッション溢れるシンフォ、78年の名デビュー作

    スペイン南部のアンダルシア州の大西洋岸に位置する港町カディス出身のプログレ・バンド。78年のデビュー作。TRIANAやALAMEDAやNUを生んだアンダルシアのバンドらしく、フラメンコのエッセンスを取り入れた熱気溢れる濃厚なシンフォニック・ロックが印象的。ソリーナを中心に幻想的にたなびくキーボード・ワーク、時にギターとキーボードがユニゾンで奏で、時にギターやキーボードがソロで歌い上げるドラマティックなリード。そんなシンフォニックなエッセンスと対照的な「熱情」がまたこのグループの持ち味で、情熱的に歌い上げるヴォーカル、フラメンコを取り入れたパッション溢れるリズムギター、エネルギッシュに畳みかけるリズム隊はアンダルシア地方のプログレならではの魅力です。フュージョン的な流麗なアンサンブルも特筆で、テクニックも抜群。シンフォニック、フラメンコなどアンダルシアの民族音楽、フュージョンとが見事に融合したサウンドはかなりの完成度。ユーロ・ロックのファンは必聴の名作!

  • ALAMEDA / TODAS SUS GRABACIONES EN DISCOS EPIC (1979-1983)

    スペインはアンダルシア地方出身のスパニッシュ・ロック・グループ、79年から83年にかけて彼らが残した4枚のアルバム全曲を2CDにまとめた編集盤

    スペインはアンダルシア地方出身のスパニッシュ・ロック・グループ。フラメンコを強く想起させるパッション溢れるヴォーカル、テクニカルなスパニッシュ・ギター、美しい旋律を奏でるピアノ&シンセ、哀愁漂うメロディー。いかにもスペインらしい情熱的なサウンドが素晴らしい好グループ。79年から83年にかけて彼らが残した4枚のアルバム全曲を2CDにまとめた編集盤。イタリアン・ロック、南米シンフォ好きも必聴です!

  • BARCELONA TRACTION / BARCELONA TRACTION

    バルセロナ出身、エレピが優美なメロディを奏でるジャズ・ロック/クロスオーバーの逸品

    スペインはバルセロナ出身のジャズ・ロック・トリオ、75年の唯一作。バンドのリーダーは、Key奏者のLucky Guriで、バルセロナ・ジャズ・ロック・シーンの名手達が集まったビートルズのカヴァー作品(傑作!)に参加したり、後には地中海ジャズ・ロックの名バンドMUSICA URBANAに参加するなど、バルセロナ・シーンを代表するKey奏者。シャープに引き締まったドラム、流麗に動くメロディアスかつグルーヴィーなベースによる安定感抜群のリズム隊を土台に、エレピが地中海の青空へと吸い込まれていくようなリリカルにたゆたうメロディを奏でます。色彩感豊かなパーカッションやホイッスルなどによる味付けも地中海フレイヴァーたっぷり。バンドは、スペインはカタルーニャ地方のウッドストック・フェスと言える75年に行われた伝説の「Festival Canet Rock」に参加し、高い評価を得ます。その後は解散してしまい、残念ながら唯一作となってしまいましたが、バルセロナ産ジャズ・ロック「MUSICA LAIETANA」シーンを代表する一枚として名高い傑作です。

  • COMPANYIA ELECTRICA DHARMA / DIUMENGE

    スペインはバルセロナ出身、75年作1st、英ブランドXと比べても一歩も引かないテクニカルかつ流麗なジャズ・ロック傑作

    スペインはバルセロナ出身、ギター、サックス、ドラムのFortuny3兄弟を中心とするグループで、70年代半ばにバルセロナのライヴハウスZELESTEを中心に起こったジャズ/アヴァン・ロック・ムーヴメントの代表格。75年にEdigsaよりリリースされた1st。後には民族音楽的なサウンドを確立しますが、デビュー作録音時は、マイルス・デイヴィスやウェザー・リポートなどエレクトリック・ジャズ/フュージョンにメンバーが傾倒していたようで、テクニカルかつ流麗なジャズ/フュージョン・ロックが特徴。手数多くシャープなドラム、よく動くベースによるキレ味鋭いリズム隊をバックに、左CHではギターがジョン・マクラフリンばりのゴリゴリとアグレッシヴなギターを炸裂し、右CHではエレピがテクニカルかつ浮遊感あるフレーズで音空間を広げます。そして、中央で柔らかにむせぶソプラノ・サックス。それにしても圧倒的なテクニックで、英ブランドXやアイソトープと比べても一歩も引かない超絶インプロを聴かせています。合間にはフラメンコ・ギターによるフォーキーなナンバーや、エキゾチックなパーカッションをバックにサックスがたゆたうナンバーあり、地中海&カタルーニャ地方ならではの香りも添えます。ジャズ/フュージョン・ロックとしてユーロ屈指と言って過言ではない名作。

  • HAIZEA / HONTZ GAUA

    スペイン、バスク産プログレッシヴ・フォーク76年作2nd、幽玄の美しさを湛えた名作

    スペインはバスク地方出身のプログレッシヴ・フォーク・グループ、76年作の2ndアルバム。前作と比較すると、エレクトリック・ギターの使用度が増した上、フルート、チェロ、パーカッションもより一層の幽玄美を奏でており、サイケデリックな要素が前面に出た作風を聴かせます。しかしサイケ特有のドロドロとした混沌は感じさせず、ある種の崇高さすら湛えた神秘的なサウンドが鮮烈な印象として残るのが特徴。14分を超えるタイトルトラックを筆頭に、ユーロ・フォークの枠には納まらないプログレッシヴな感性が光る傑作。

  • OM / OM

    Toti SolerとJordi Sabates率いるフリー・ジャズ/ジャズ・ロック・グループ、71年作、これは痺れます!

    スペインはバルセロナ出身。60年代にPIC-NICというポップ・バンドで活躍し、後にジャズ/フュージョン・シーンでも活躍するスペインを代表する名手の2人、ギタリストのToti SolerとピアノのJordi Sabatesを中心に69年に結成。わずか2年という短い活動期間ながら、スペインのジャズ・ロック・シーンの祖を築いたとも言われる名グループ。71年の唯一作。ドラムはイギリス人で、ヘンリー・カウでお馴染みのTim Hodkingsonの兄弟のPeter Hodkingson。彼のロバート・ワイアットばりの手数多くタイトなリズムを土台に、Todiがゴリゴリとアグレッシヴにギターを弾き倒すテンションみなぎるジャズ・ロックが印象的。フルートやピアノによるイマジネーション溢れるパートや、サックスがフリーキーに暴れたり、アレンジも巧みでかなり痺れます。電化マイルスやソフト・マシーンのファンはもちろん、ヘンリー・カウなどスリリングなチェンバー・ロックのファンも間違いなく気に入るでしょう。Todi Solerのギターは本当に素晴らしく、北欧の名手Jukka Tolonenが好きな方にも是非オススメしたいです。ジャケはサイケ/オリエンタルですが、サウンドは硬派なジャズ・ロック。これは傑作です。

  • PEP LAGUARDA & TAPINERIA / BROSSA D’AHIR

    スペイン出身、GONGのデヴィッド・アレンがプロデュースしたドリーミーで儚いサイケ・フォーク78年作、絶品!

    スペイン出身のサイケ・フォーク・グループ。78年作の唯一作。デヴィッド・アレンによるプロデュースで、ドリーミーなメロディー、美しいコーラス・ワーク、リコーダーやハーモニカによる黄昏のアンサンブルが印象的な名作。どの曲もメロディーが素晴らしく、佳曲揃いです。

  • ERROBI / AMETSAREN BIDEA

    バスク・プログレ最高の一枚とも評される79年作、テンション高くテクニカルに畳み掛けるアンサンブルが圧巻!

    バスク地方出身のグループ。79年作の4thアルバム。1曲目で聴かれるバグパイプや打楽器によるリズムなど、エキゾチックな雰囲気が印象的なジャズ・ロック。アコースティックな響きも大切にしており、哀愁溢れるヴォーカル・メロディーも持ち味。派手さは無いもののたいへん味わい深いスペイン・ジャズ・ロックの名作。

  • IZUKAITZ / IZUKAITZ

    バスク出身のフォーク・グループ、78年1st、民族楽器を用いた幻想的な世界観が見事な名品

    バスク出身のフォーク・グループが78年にリリースした1stアルバム。フルート、フィドル、タブラ、アコースティック/エレクトリック・ギターによる流れるようなアンサンブルと、女性・男性ヴォーカルによる包み込むようなヴォーカル、ハーモニーが印象的。トラッド臭は無く、幻想的な雰囲気がたまらない一枚。名作。

  • TABLETOM / MEZCLALINA

    スペイン南部はアンダルシア出身のプログレ/ジャズ・ロック・バンド、ずばり秘宝と言える80年の名作

    スペイン南部はアンダルシア地方の地中海に面する都市マラガ出身のプログレ・バンド。80年の1stで、RCAからのリリースながらわずか600枚ほどがプレスされたのみの激レア盤。海外のレビュー・サイトでは、ゴング、ソフト・マシーン、チック・コリア、マイルス、ザッパ、そして、フラメンコの融合、と評されていましたが、なるほど言い得て妙。クリムゾンの『ポセイドンのめざめ』をジェスロ・タルがカヴァーして、そこにマイルス・バンドの面々が乱入したらこんな感じになるかも。バタバタと手数多くシャープ&タイトなジャズ・ロック・スタイルのドラム、動きまくるアグレッシヴなベースによるリズム隊を土台に、ギターが、猥雑なファズ・ギターからロバート・フリップ風の緊張感あるアルペジオまでダイナミズムをつけ、フルートが時にミスティックに、時に軽やかなフレーズで駆け抜け、ここぞではサックスがブイブイと炸裂する。熱情のアンダルシア・スタイルのヴォーカルも特筆で、オペラ・スタイルを持つバンコのジャコモへの、フラメンコ・スタイルからの回答といった感じ。雰囲気抜群のジャケのイメージ通りのプログレ/ジャズ・ロックの秘宝です。

  • SECTA SONICA / ASTROFERIA

    スペイン産ジャズ・ロック/クロスオーヴァー・グループ77年作、3本のギターがヌケの良いサウンドで爽快に突き抜ける快作

    スペインのジャズ・ロック/クロスオーヴァー・グループ。77年作2nd。トリプル・ギター編成で、ピシャリとシャープなドラムを土台に、たおやかなギター・アルペジオと流麗かつテクニカルなギター・ソロが、時に優美に、時にアグレッシヴに交差する、というスタイル。1stよりもさらにキレ味を増し、シャープかつたおやかな突き抜けるサウンドを聴かせています。HATFIELDなどカンタベリーのファンの方から、弊店で大人気のSHESHETなどイスラエルものが好みの方はこちらも是非。

  • LISKER / LISKER

    スペインはバスク地方のプログレ・グループ、79年唯一作

    スペインはバスク出身のグループ、79年の唯一作。前のめりに性急でキレのあるドラムとアグレッシヴに疾走するベース、そしてハード・エッジに炸裂するファズ・ギターはまるでイタリアン・ヘヴィ・シンフォのような狂おしいばかりにハイ・テンションなんですが、フルートはフォーク的と言いますか、涼やかな感じ。そんな「ヘヴィ・シンフォ meets 民謡フレイヴァー」なサウンドは唯一無比で、これぞバスク産ならではと言えるでしょう。アコースティック・ギターやクリーン・トーンのエレキのアルペジオによる物憂い幻想性も印象的だし、そこでの流麗でリリカルなギターソロやむせび泣くフルートは同郷のITOIZにも通じていて、これまたいかにもバスク産プログレ。ドラマティックな長尺のギター・ソロ、線の細さの中に繊細さがにじむハイ・トーンのヴォーカルも魅力的です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。