プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【動画追加!】アシッド・フォーク・アルバム TOP50-海外サイトFOLK WORLD選

ユーロ・フォークの情報を中心に発信している海外サイトFOLK WORLDが選んだアシッド・フォーク・アルバム TOP50をピックアップ。(2018.1.31 動画追加いたしましたので、試聴しながらお楽しみください♪)

それでは早速50位から21位を一挙にご紹介しますよ~!

50位: Dionyssis Savopoulos /『FORTIGO』

試聴 Click!

49位: Malicorne /『MALICORNE』

試聴 Click!

48位: Balladeers /『THE BALLADEERS』

47位: Kong Lavring /『DEN 2DEN』

46位: John St. Field /『CONTROL』

試聴 Click!

45位: Tim Buckley /『GOODBYE AND HELLO』

試聴 Click!

44位: Roy Harper /『SOPHISTICATED BEGGAR』

試聴 Click!

43位: Ithaca /『A GAME FOR ALL WHO KNOW』

試聴 Click!

42位: Folque /『FOLQUE』

試聴 Click!

41位: Veronique Chalot /『A L’ENTREE DU TEMPS CLAIR』

試聴 Click!

40位: Gurnemanz /『NO RAYS OF NOISE』

試聴 Click!

39位: Ougenweide /『EULENSPIEGEL』

試聴 Click!

38位: Vashti Bunyan /『JUST ANOTHER DIAMOND DAY』

試聴 Click!

37位: Steeleye Span /『PLEASE TO SEE THE KING』

試聴 Click!

36位: Forest /『FOREST』

試聴 Click!

35位: Spirogyra /『ST. RADIGUNS』

試聴 Click!

34位: Faraway Folk /『SEASONAL MAN』

試聴 Click!

33位: Trees /『ON THE SHORE』

試聴 Click!

32位: Spriguns /『REVEL WEIRD AND WILD』

試聴 Click!

31位: Fairport Convention /『LIEGE AND LIEF』

試聴 Click!

30位: Shide & Acorn /『PRINCESS OF THE ISLAND』

試聴 Click!

29位: Meic Stevens /『GHOST TOWN』

試聴 Click!

28位: Caedmon /『CAEDMON』

試聴 Click!

27位: Chimera /『OBSTAKEL』

試聴 Click!

26位: Mike Raven & Joan Mills /『HYMN TO CHE GUEVARA』

試聴 Click!

25位: Holderlin /『HOELDERLIN’S TRAUM』

試聴 Click!

24位: Trees Community /『CHRIST TREE』

試聴 Click!

23位: Carol of Harvest /『CAROL OF HARVEST』

試聴 Click!

22位: Bread, Love & Dreams /『AMARYLLIS』

試聴 Click!

21位: Aigues Vives /『WATER OF SEASONS』

試聴 Click!

さて、いよいよTOP20にまいります!

20位: Dr. Strangely Strange /『KIP OF THE SERENES』

試聴 Click!

19位: Broselmaschine /『BROSELMASCHINE』

試聴 Click!

18位:Subway /『SUBWAY』

試聴 Click!

17位: Emtidi /『EMTIDI』

試聴 Click!

15位: Mellow Candle /『SWADDLING SONGS』

試聴 Click!

14位: Gwydion /『SINGS FOR THE OLD RELIGION』

試聴 Click!

13位: Stone Angel /『STONE ANGEL』

試聴 Click!

12位: Mark Fry /『DREAMING WITH ALICE』

試聴 Click!

11位: Pearls Before Swine /『ONE NATION UNDERGROUND』

試聴 Click!

10位: Bob Theil /『SO FAR』

試聴 Click!

9位: Haizea /『HONTZ GAUA』

試聴 Click!

8位: Pererin /『HAUL AR YR EIRA』

試聴 Click!

7位: Book of AM /『BOOK OF AM PART1&2』

試聴 Click!

6位: Midwinter /『MIDWINTER』

試聴 Click!

5位: Robbie Basho /『ZARTHUS』

試聴 Click!

4位: Donovan /『SUNSHINE SUPERMAN』

試聴 Click!

3位: Pentangle/『BASKET OF LIGHT』

試聴 Click!

2位: Incredible String Band /『HANGMAN’S BEAUTIFUL DAUGHTER』

試聴 Click!

1位: Comus /『FIRST UTTERANCE』

試聴 Click!

原文はこちら
http://www.folkworld.de/50/e/psych.html

関連カテゴリー

関連在庫CD

  • TREES / ON THE SHORE

    70年発表の2nd、エレクトリック・トラッドにサイケ・フィーリングをまぶしたような先鋭的なブリティッシュ・フォーク傑作!

    英フォークを代表するグループ、70年作2nd。半分はトラッド、半分はオリジナルという構成で、フェアポート・コンヴェンションからの強い影響を感じさせるエレクトリック・トラッドがベースですが、サイケデリックなフィーリングもあるのが特徴。そのサウンドを生みだしているのが、名手バリー・クラークによるリード・ギターで、ズシリと重く、なおかつ凛とした透明感もあるトーンはリチャード・トンプソン直系ですが、その演奏は、より奔放でロック的ダイナミズムがあって、徐々に音が立ち上るヴァイオリン奏法の多用や、グレイトフル・デッドを彷彿させるサイケデリックにたゆたうようなフレージングはかなり先鋭的。一方で女性ヴォーカルのセリア・ハンフリスは伝統的なフォーク/トラッド・スタイルで、時に清楚なハイ・トーン、時に妖艶な歌い回しで、楽曲を静謐かつ艶やかに彩っています。エレクトリック・トラッドとサイケが結びついたプログレッシヴなアンサンブルと、トラディショナルな女性ヴォーカル。その革新と伝統との奇跡的な拮抗と、そこから生み出されるダイナミズムと緊張感とがこのグループ最大の魅力と言えるでしょう。そんな世界観を見事に描いたヒプノシスのジャケもまた特筆。孤高の存在感を放つブリティッシュ・ロック屈指の傑作です。

  • MELLOW CANDLE / SWADDLING SONGS

    72年発表、「英フォーク三種の神器」の一つ、ツイン・フィメール・ヴォーカルが美しいブリティッシュ・フォーク・ロックの傑作!

    Mike Oldfieldの作品への参加でも有名なClodagh Simmondsが在籍したブリティッシュ・フォーク・ロックの代表的グループの72年作。TUDER LODGE、SPIROGYRAと並んで英国トラッド・フォークの「三種の神器」と言われる本作は、適度なサイケデリアとアコースティックな味わいを持ち、湿り気のある英国叙情を伝えます。ジャジーなリズム・セクションを下地に端正なピアノやハープシコードがクラシカルに響き、楽曲によっては隠し味にメロトロンをまぶした作風。加えてバンドの個性である女性ツインボーカルは、ただただ美しいメロディーを歌い上げます。David WilliamsとAlison O’Donnellは本作リリース後に南アフリカへと渡りFLIBBERTIGIBBETを結成します。

  • FARAWAY FOLK / SEASONAL MAN

    夢見心地の英ストレンジ・フォーク、75年作

    英国の2組の夫婦によるグループ、75年作。控えめにかき鳴らされるアコギにエレキがファジーに絡んだところで、フルートがふわりと加わっていき、素朴な男女ボーカルが宙を漂います。耳に心地よいのですが、ミニマムなギターワークがトラッド調のメロディーに少し尖ったポップさを加えており、独特の味わいと軽やかさがあります。トゥリーズやスティーライ・スパンがインディー・ロックをやっているような、不思議なサウンドです。A面は自作曲、B面はトラッドのカバー。

  • VASHTI BUNYAN / JUST ANOTHER DIAMOND DAY

    ブリティッシュ・フィメール・フォークを代表する傑作、70年作

    70年発表のブリティッシュ・フォークを代表する傑作。ヴァシュティのヴォーカルはもう天上の美しさで、その囁くように歌われる透明感いっぱいの歌声にはいつ聴いてもゾクゾクさせられます。童謡のように素朴で美しい楽曲がまた彼女の歌声にこれ以上ないほどマッチしており、透明感を少しも濁すことなく、歌声を素のままに伝えています。森の中にひっそりと佇む湖のような、これほど「静」的なサウンドはこの作品以外に聴いたことがありません。

  • FAIRPORT CONVENTION / LIEGE AND LIEF

    英国トラッド・フォークの象徴する作品と言える69年発表の4th

    女性ボーカリストSandy DennyとギタリストRichard Thompsonを擁し、トラッド・フォークの最高峰の1つに上げられるイギリスのグループによる69年4th。69年に彼らは3枚ものアルバムをリリースしており、本作は連続リリースの3作目となります。事故によりドラマーのMARTIN LAMBLEが急逝、DAVE MATTACKSを新ドラマーに迎え、フィドル奏者DEVE SWARBRICKも正式に加入。彼ら代表作の1つであるその内容は、前作では1曲のみだったトラッド曲をアルバム8曲中5曲まで増やし、飛躍的な発展を遂げたエレクトリック・トラッド・フォークの路線にさらに磨きをかけた記念碑的名盤となっています。英国叙情が際立ったトラッド・フォークの代表作と言えるでしょう。

    • UICY9321

      紙ジャケット仕様、02年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2141

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      紙ジャケにカビあり

  • ITHACA / A GAME FOR ALL WHO KNOW

    72年作、ドリーミーな英アシッド・フォーク名作!

    自主制作で72年に発表された激レア英国フォーク・アルバム。空間的な広がりが感じられる魅惑的でドリーミーなサウンドと穏やかに淡々と歌われるフィーメール・ヴォイスは、実にうたたねのような心地良さで、聴けば聴くほどヘロヘロになります。穏やかな中にも気怠さの残る昼下がりのようなサウンドがたまりません。名作。

  • DR. STRANGELY STRANGE / KIP OF THE SERENES

    69年作の1st、アシッド臭と幻想性が絶妙にブレンドされたまどろみ英国フォークの逸品

    69年にISLANDレーベルよりリリースされた1stアルバム。サウンドはジャケットの印象通りで、アシッド臭と幻想性が絶妙にブレンドされたまどろみ英国フォーク。1曲目イントロから必殺のヘタヘタ・リコーダーで心奪われます。男女ヴォーカルによる不安定なハーモニーもなんだか美しいですね。サウンドの雰囲気はISBに近いですが、ISBよりはかなりメロディアスで聴きやすいサウンドです。傑作。

  • HAIZEA / HONTZ GAUA

    スペイン、バスク産プログレッシヴ・フォーク76年作2nd、幽玄の美しさを湛えた名作

    スペインはバスク地方出身のプログレッシヴ・フォーク・グループ、76年作の2ndアルバム。前作と比較すると、エレクトリック・ギターの使用度が増した上、フルート、チェロ、パーカッションもより一層の幽玄美を奏でており、サイケデリックな要素が前面に出た作風を聴かせます。しかしサイケ特有のドロドロとした混沌は感じさせず、ある種の崇高さすら湛えた神秘的なサウンドが鮮烈な印象として残るのが特徴。14分を超えるタイトルトラックを筆頭に、ユーロ・フォークの枠には納まらないプログレッシヴな感性が光る傑作。

  • SPIROGYRA / ST. RADIGUNS

    透明感溢れる歌声が魅力の女性ヴォーカル、バーバラ・ガスキン在籍の英フォーク・ロック名グループ、71年作1st

    71年作の1st。ISBを想わせるマーティン・コッカーハムの屈折したヴォーカルと透明感溢れるトラディショナルな佇まいのバーバラ・ガスキンのヴォーカルとの対比が個性的。調子っぱずれなヴァイオリンなど、2nd、3rdに比べアシッド臭漂うサウンドが印象的。

  • MARK FRY / DREAMING WITH ALICE

    夢見心地な必殺アシッド・フォーク、すべてが「心ここに在らず」に鳴らされる逸品、72年リリース

    イギリスのアシッド・フォーク系シンガーソングライター。なぜかイタリアで録音され、イタリアのみでリリースされた幻の英フォーク作品。72年作。つぶやくように歌う「心ここに在らず」な必殺ヴォーカル、夢見心地でリリカルな必殺メロディ。アコギ爪弾きを中心に、フルート、シタール、パーカッションがアシッド風味を加えるアンサンブルも必殺。アシッド・フォークのファンにとって、本当にすべてが必殺超オススメ名作です。ボーナス・トラック2曲。

  • SPRIGUNS / REVEL WEIRD AND WILD

    英エレクトリック・トラッド、76年作、スティーライ・スパンのティム・ハートによるプロデュース

    76年作1st。ピアノやストリングスの荘厳な雰囲気、室内楽的な格調高さ、流れるようなメロディー、Mandy Mortonのミスティックなヴォーカルなど、メロウ・キャンドルを彷彿とさせる英国フォークを基調に、エレクトリック・トラッドなヴァイオリンをフィーチャーしたサウンドが印象的。名作です。

  • FOREST / FOREST

    緊張感と幻想性が同居する英プログレッシヴ・フォーク、69年作

    ウェールズ出身のフォーク・グループ。69年にHARVESTよりリリースされた1st。アコースティック・ギターのバッキングとルーズなヴォーカルというスタイルに、管楽器やハーモニカ、ハープシコードが幻想的な彩りを添えるサウンド。一般的な英国フォークものとは異なり、あまり穏やかな雰囲気はなく、どこか緊張感を感じさせるところが特徴的。ちょっと呪術的な雰囲気もあり、そのあたりはCOMUSにも近い印象です。

  • VERONIQUE CHALOT / A L’ENTREE DU TEMPS CLAIR

    フランスの女性ケルト・フォーク・シンガー、イタリアのみでリリースされた82年作3rd

    フランス北西部のノルマンディー地方で生まれ育ち、パリでトラッドに魅せられ、74年にイタリアはローマに渡り、音楽活動を続けた女性シンガー。イタリアのみでリリースされた82年の3rdアルバム。レーベルからのインフォに「イギリスにジャッキー・マクシーが居るなら、フランスにはこのヴェロニク・シャロットが居る」とありましたが、なるほどその通りの歌声!フランスとイタリアの伝承歌を歌った作品で、ペンタングルやヴァシュティ・バニヤンあたりのファンはたまらないでしょう。弾き語りの静謐な楽曲が魅力的なのはもちろん、イタリアの現地ミュージシャンが参加したヴァイオリンやブズーキやバンジョーやタブラが彩る地中海トラッド的な楽曲もまた特筆です。ブリティッシュ・フィメール・フォークのファンは必聴の名作。

  • MICHAEL RAVEN & JOAN MILLS / HYMN TO CHE GUEVARA

    男性ギタリストと女性シンガーの英フォーク・デュオ、原盤は激レアの74年作2nd

    英トラッドを軸にスパニッシュ・ギターも香る卓越したアコースティック・ギター・テクニックを持つMichael Ravenと清楚な美声のフィメール・ヴォーカルJohn Millsのデュオ。72年の前作に続き、わずか100枚のみプレスされた74年作2ndで、ブリティッシュ・フォーク・ファンから垂涎のレア盤。ルックスからは想像できない(失礼!)流麗なギターとMillsのスッと心に届く歌声が魅力の軽やかでいて気品に満ちた佳曲ぞろい。ペンタングルやメロウ・キャンドルのファンは間違いなく楽しめる逸品です。

  • BROSELMASCHINE / BROSELMASCHINE

    ジャーマン・アシッド・フォークの傑作、71年作。メロトロン入り!

    EMTIDIと並んで有名なPILTZレーベルフォーク・グループの作品。EMTIDIをはじめとしてPILTZレーベルのアーティストたちはどこか屈折したクセのあるサウンドを作り上げている場合が多いわけですが、それは彼らも同様。EMTIDIと比べれば全体的にクセのないフォークの王道をいくサウンドですが、後半に進むに従いシタールやパーカッションなどエキゾチックな楽器群が登場し、やはりドイツらしい観念的な世界観を作り上げます。木漏れ日フォークとは一線を画す個性的な作品であり、ジャーマン・フォーク入門に最適な作品でしょう。

  • CAROL OF HARVEST / CAROL OF HARVEST

    78年作、女性ヴォーカルを擁するジャーマン・プログレッシヴ・フォーク

    Annie Haslamを想起させるソプラノボーカルBeate Krauseを擁し、ドイツロマン派を強く意識した深みのある音像と気だるげなデカダンスを感じさせるフォーク・ロックグループの78年作。バンド名が表すとおり、牧歌的で飾り気のないフォーク・ロックサウンドが根底にはあるものの、そこにジャーマン・ロックならではの奥深さと内省的な表情、そして適度なサイケデリアが絶妙に内包されており、隠し味で使われているシンセサイザーもジャーマン・エレクトロ的なメディテーショナルなサウンド。同郷EMTIDIにも通じる、牧歌的でありながらも決して生命的にならない、どこか浮世離れした味のあるサウンドを作り上げています。

  • STONE ANGEL / STONE ANGEL

    あまりに静謐で物悲しすぎる、自主制作とは思えない神々しい75年の英フォーク名盤

    イギリス北東部にある海岸沿いの町、グレート・ヤーマス出身で、地元では人気だったフォーク・バンドMIDWINTERで活動していたギタリスト2人を中心に、紅一点のヴォーカルでフルートやリコーダーも担当するジョアン・バートルやフィドル奏者などが加わって結成された男女混声の英フォーク・グループ。75年の自主制作盤。物悲しいマンドリンやダルシマーの響き、そこに乗るさらにメランコリックなフルートやリコーダーやフィドル、さらに輪をかけて悲哀なジョアン・バートルの繊細な歌声。まるで時間が止まっているような静謐なジャケットの通りにサウンドにこちらの時間も止まります。自主制作とは思えない、神々しさすら感じさせるレアフォークの逸品です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。