プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ザ・バンドが好きならぐっとくる!ニッチなアーシー・アメリカン・ロック特集

こんにちは。スタッフみなとです。

アメリカン・ルーツ・ミュージックを消化しつくした豊穣なサウンドで、多くのミュージシャンに影響を与えたザ・バンド。その土くさく味わい深い楽曲は、色あせることがありませんよね!

今日は、ザ・バンドに通じる、アーシーなアメリカン・ロックの作品をピックアップいたしました。

まずはザ・バンドの69年作から一曲、お聴きください。

♪Across The Great Divide

試聴 Click!

さてそれではカケレコ棚へまいりましょう!ザ・バンドに匹敵するような作品はあるのでしょうか・・・?

CATES GANG / WANTED(1970)

アーカンソー州生まれのケイツ兄弟を中心にして活動したバンド。1970年作。

ギターが、ザ・バンドのロビー・ロバートソンそっくりです!兄弟のハーモニーはただただ絶品、メロウなスワンプのファンは必聴です。

のちにケイト・ブラザーズとして再デビューしたアルバムには、同郷のリヴォン・ヘルムも参加していたり、80年代に再結成したザ・バンドのツアーメンバーにケイツ兄弟が加わったりと、何かとザ・バンドに縁の深い兄弟です。

試聴 Click!

BEARFOOT / BEARFOOT(1973)

リック・ダンコの弟、テリー・ダンコが在籍していたカナダのルーラル・ロック・グループ、73年のデビュー作。

ザ・バンド直系と言える、アーシーでご機嫌なサウンド。カナダらしい大らかさが心地よいです。

試聴 Click!

BLUE JUG / BLUE JUG BAND(1978)

75年にカプリコン・レーベルからデビューしたバンド、78年作。

リチャード・マニュエルのようなエモーショナルなボーカルと、哀愁あるメロディが胸を打ちます!

試聴 Click!

SUPA / SUPA’S JAMBOREE(1971)

ニューヨーク出身SSW、リチャード・スパの71年作。

哀愁漂うメロディにしわがれた男臭い声、そしてアトランタ・リズム・セクションがバックを務めた重厚なリズム・・・骨太なスワンプ・ロックが味わえる一枚です。

リチャードは後にエアロスミスやリッチー・サンボラへ曲を提供するなどソングライターとして成功、エアロスミスで有名な「Chip Away the Stone」も彼の作とのこと。

試聴 Click!

CARP / CARP(1970)

オクラホマの学生で結成されたバンド、70年作。

ザ・バンドの弟分とも称される彼ら。ややハードなギターに渋いボーカル、ゴスペル調コーラスとピアノがしっかり効いたサウンドは、非常に聴きごたえがあります!

プロデュースはDANIEL MOOREとBUZZ CLIFFORD。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。きっとアメリカにはまだまだ、人知れぬ名盤がごろごろ埋まっているのでしょうね!

関連カテゴリー

記事タイトル

  • CATES GANG / WANTED

    ザ・バンドのファンは必聴!72年のメロウな米スワンプ・ロック名作

    ザ・バンドのメンバーとつながりがあるケイト兄弟によるデュオ。72年にMETROMEDIAよりリリースされた1st。倍音が特徴のロビー・ロバートソン直系のギター、哀愁とコクのあるヴォーカル&メロディ、ゴージャスな女性コーラスとホーン・セクション、タイトなリズム隊。ザ・バンドをスワンピーにしたような曲、ソウルフル&メロウな曲、ゴキゲンなスワンプ・チューンともに名曲・佳曲ぞろい。2人の哀愁と洗練とが絶妙にバランスしたヴォーカルは、ただただ絶品の味わい。米スワンプ・ロックの名作です。

  • BLUE JUG / BLUE JUG BAND

    ザ・バンド直系の米南部出身ルーツ・ロック・グループ、郷愁を誘うアーシーなサウンドが泣ける78年作2nd

    米南部出身のルーツ・ロック・グループ。78年にARIOLAレコードからリリースした2nd。75年にカプリコーンからリリースした1stが、カプリコーンながらサザン・ロックというよりザ・バンド直系のアーシーなルーツ・ロックでしたが、この2ndもその延長線上のサウンド。ふくよかにたゆたうメロディアスなアコギ・アルペジオ、対照的にゴリっと骨太で豊かなトーンのエレキ・ツイン・リード、リヴォン・ヘルムを彷彿させるアーシー&メロウなヴォーカル、郷愁を誘うマンドリンやフィドルやピアノ、いぶし銀にバンドを支えるコクのあるリズム隊。78年とは思えない温かみあるサウンドで、ザ・バンドのファンは間違いなく気に入るでしょう。レーベルからのインフォにある通り、JAYHAWKSなどルーツ・ロックのDNAを持つ新鋭のファンにもオススメ。ルーラルなルーツ・ロックの逸品です。

  • BEARFOOT / BEARFOOT

    リック・ダンコの弟が在籍しているカナダのルーラル・ロックの73年デビュー作なんですが、マイナーながらあまりの名盤ぷりにびっくり!

    リック・ダンコの弟、テリー・ダンコが在籍していたカナダのルーラル・ロック・グループ、73年のデビュー作。オープニング・ナンバーから必殺!木漏れ日に包まれながら軽快に駆け抜けつつも憂いたっぷりのアコギとピアノのバッキング、ハイ・ポジションでよく動くテリー・ダンコによるメロディアスなベース、後ノリのタイトなドラム、郷愁を誘う黄昏色のオルガン。そしてそして、カナダらしくたゆたうような透明感のあるジェントルなヴォーカルとウェストコースト・ロックにも通じる爽やかなコーラス。男性ヴォーカルながら、ちょっぴりキャロル・キングを思い出す洗練された流麗なメロディ。この曲を聴いて泣きそうにならないルーツ・ロック・ファンは居ないと断言!開始5秒で心奪われ、最後まで引き込まれる圧倒的な名曲!2曲目はザ・バンド直系のゴキゲンかつ陰影たっぷりのルール・ロックでたまらないし、ディランの「I Want You」を彷彿させる弾むようなフォーク・ロック・アンサンブルにエミット・ローズもびっくりのような美しくキャッチーなメロディが乗っちゃう3曲目もあまりの良さに笑みがとまらない佳曲だし、おいおい、この作品凄すぎるぞ!4曲目以降も最高で、米フォーク・ロック/スワンプ・ロック/SSWのファンはもちろん、ビートリッシュなニッチ・ポップのファンもだし、ヘロンなど木漏れ日英フォーク・ロックのファンも本当にオススメの大名盤!

  • CARP / CARP

    70年、オクラホマの隠れたスワンプ・ロック名盤

    のちにサーフィン映画『ビッグ・ウェンズデー』等に出演する俳優となるGary Buseyがオクラホマ州立大学の学生をしていた時に結成していたバンド、カープの1970年唯一作。 ザ・バンドの弟分とも称される彼ら。泥臭くアーシーなスワンプサウンドなのだが、どこか爽やかで、若々しさを感じる。フォーク・カントリーロックを基調としながらも、歌詞やコーラスなどにゴスペルの影響が垣間見られ、熱く胸に響くサウンドになっている。Daniel MooreとBuzz Cliffordプロデュース。

  • SUPA / SUPA’S JAMBOREE

    ニューヨーク出身のスワンプSSW、71年作、英国のフランキー・ミラー・バンドあたりにも通じる哀愁たっぷりの名作

    SSWとしての活躍とともに、ソングライターとしてAEROSMITHやRichie Samboraへの曲提供でも知られるニューヨーク生まれの名ミュージシャン。71年のデビュー作。レオン・ラッセルをハイ・トーンにしたような歌声、そして、枯れた哀愁たっぷりのメロディ。英国のグリース・バンドやフランキー・ミラー・バンドあたりを彷彿させるアンサンブルはコクたっぷり。ニューヨーク出身だからか、やはり米南部のSSWと比べると洗練されている印象で、そこが英国スワンプを思い浮かばせるのかもしれません。さすがにメロディはどの曲も素晴らしく佳曲ぞろい。英米スワンプのファンにはたまらない好盤です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。