プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

知られざる東欧ジャズ・ロック・シーンのつわもの達を特集!

SBB、OMEGA、SOLARIS、HIRIZONT、M.EFEKTなどの名バンドが知られる東欧/ロシア・プログレ。

シンセなどキーボードをメインとしたシンフォニックな作風のバンドが多いと思われがちなこの界隈ですが、実はジャズ・ロックでも英米シーンにも劣らぬハイレベルなバンドが数多く存在したんです。

そんなわけで、今回は東欧のジャズ・ロック作品をご紹介してまいりたいと思います!
まずは数々の名ジャズ・ロック・バンドを輩出した旧チェコスロヴァキアからまいりましょう☆

JAZZ Q / SYMBIOSIS(JAZZ Q BOX)

チェコのみならず東欧を代表するジャズ・ロック・グループと言える存在ですよね。紅一点の女性ヴォーカリストによる朗々とした歌唱も素晴らしい~。辺境的マイナー感を一切感じさせないエネルギッシュでテンションみなぎるアンサンブルが炸裂!

試聴 Click!

FERMATA/HUASCARAN and DUNAJSKA LEGENDA

こちらも旧チェコスロバキアでは屈指と言える実力派グループ。タイトでスピード感いっぱいのテクニカル・アンサンブルに、東欧らしいスペイシーなシンセが絡むフュージョンタッチの華麗なジャズ・ロックを聴かせます。

試聴 Click!

MAHAGON/MAHAGON and SLUNECNICE PRO VINCENTA VAN GOGHA

ジャニス・ジョプリン並のブルージーな歌唱から美声スキャットまで披露する女性ヴォーカルがとにかく強烈!チェコ出身のジャズ・ロック・グループですが、洗練されたグルーヴィーでパワフルなサウンドはまったく辺境臭を感じさせません。

試聴 Click!

IMPULS/IMPULS

硬派な音の多いチェコの中で、トランペットを全面にフィーチャーしたメロディアスなジャズ・ロックを聴かせる好グループ。時にテクニカルに時にユーモラスに綴られる緩急自在の芳醇なアンサンブルは、カンタベリーファンにもオススメの逸品!

試聴 Click!

COS/BABEL

お次はベルギーを代表するジャズ・ロック・グループ、COS。妖艶なスキャット風の女性ヴォーカルはちょっぴり個性的ですが、流麗かつ洒脱な柔らかいアンサンブルはカンタベリー・ロックも彷彿とさせ、非常にハイ・レベルです。

試聴 Click!

ABRAXIS/ABRAXIS

こちらはCOSのメンバーだったKey奏者とベース奏者によるグループなんですが、ナショナル・ヘルスやギルガメッシュのファンなら唸ること間違い無しの逸品!暖かく優美なフルートやエレピとシャープなリズム隊の対比が見事。

試聴 Click!

DOUBT/MERCY PITY PEACE AND LOVE

再編ハットフィールドへと参加したkey奏者率いるベルギー発ジャズ・ロック・バンド!切れ味抜群のテクニカル・ジャズ・ロックとソフト・マシーン『3rd』を彷彿させる浮遊感のある実験性を巧みに行き来する曲構成が魅力☆

試聴 Click!

SKALDOWIE/STWORZENIA SWIATA CZESC DRUGA

次はポーランドより。近年ゴング『ユー』からデヴィッド・アレンとジリ・スマイスが抜けたメンバーにジャン・リュック・ポンティが乱入してセッションしたって感じ!?ポーランドの秘宝、77年作っ!

試聴 Click!

KLAN/LIVE FINLAND 1972

フリー・フォームなジャズ・ロックで、クリムゾン『太陽と戦慄』のジェイミー・ミューアのパートを彷彿させるなぁ、と思ってたら、なんと69年に結成されたポーランドのバンド。72年のライヴを収録したアルバムですが、このサウンドはかなり尖ってます。

試聴 Click!

LEB I SOL/MUZIKA ZA TEATAR(KOLEKCIJA 1983-1989)

旧ユーゴはマケドニア出身の名ジャズ・ロック・グループ。テクニカルながらも哀愁のフレーズ満載の歌心溢れるジャズ・ロックが何と言っても素晴らしい~。80年代の作品にはポップに傾倒したものもありますが、演奏力やメロディの豊かさは間違いなく東欧屈指。

試聴 Click!

それでは最後に、近年注目のエストニアより3バンドをピックアップ!

PHLOX/TALU

まさか00年代のエストニアに、ソフト・マシーンやハットフィールドのDNAを継ぐカンタベリーなグループが生まれるとは・・・。硬質さとリリシズム、それを包むエストニアならではの透明感。絶品です。

試聴 Click!

WRUPK UREI/KOIK SAAB KORDA

ノイ!などクラウト・ロックやゴングなどサイケ・ジャズ・ロックのDNAを受け継いだ個性的な新鋭がエストニアに登場!サックス奏者、トロンボーン奏者、トランペット奏者らブラス隊を伴って進行するアンサンブルは、ゴングをノイ!やエルドンばりに重く無機質にして疾走させた感じ!?

試聴 Click!

KASEKE/POLETUS SONUM

エストニアと言えば今はPHLOXが人気ですが、80年代はじめに活躍したこのフュージョン・プログレ・バンドはPHLOXの源流に確かにあることでしょう。テクニカル&流麗&さわやか。クールですよ~。

試聴 Click!


エストニア・プログレ特集!

【関連記事】

エストニア・プログレ特集!

東欧プログレと言えば真っ先に思い浮かぶのがハンガリーやチェコスロヴァキアですが、それらの国に比べて規模こそ小さいものの良質なプログレシーンが築かれていた国が東欧には数多くありました。その代表といえるのが今回ご紹介するエストニア。70~80年代に残された名盤から注目の新鋭までエストニア・プログレの魅力に迫ってまいります!


旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

【関連記事】

旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

70年代より、ユーロ諸国や南米/アジアなどの辺境には、英米の名バンドたちにも負けないハイレベルなプログレ・バンドが数多く存在しました。
今回は、そんな中から東欧は旧チェコスロヴァキアのプログレ・グループたちを一挙ご紹介いたしましょう。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • PHLOX / TALU

    エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

    エストニアのジャズ・ロック・グループ、2010年の4thアルバム。手数多くシャープでアグレッシヴなリズム隊、流麗なフェンダー・ローズ、たおやかに飛翔するサックス!リズム隊の硬質さとエレピや管楽器のしなやかさとのバランスが絶妙。カンタベリー・ミュージックの遺伝子を受け継ぐ正統派グループ!これは素晴らしい作品です。ジャズ・ロックのファンにはかなりオススメ!痺れますよ。

  • COS / BABEL

    カンタベリー・ロックに通じるサウンドを持つベルギーのジャズ・ロック・グループ、78年作3rd

    ベルギー出身、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック・アンサンブルとスキャット風の女性ヴォーカルとの組み合わせが個性的なグループ。78年作3rd。後にAKSAK MABOULを結成するMarc Hollanderが在籍。ZAOのメンバーなどゲスト参加。カンタベリー・タッチのジャズ・ロックを基本に、いかにもベルギー的なアヴァンギャルド&ストレンジ・ポップ的なエッセンス、女性ヴォーカルによるスキャットなどが彩るセンス溢れるサウンドを聴かせています。名作。

  • FERMATA / FERMATA and PIESEN Z HOL

    スロバキア出身、東欧随一のジャズ・ロック・グループ、75年作/76年作

    スロバキアを代表するプログレ/ジャズ・ロック・グループで、キーボードとギターによる圧倒的にアグレッシヴかつスリリングなバトルが持ち味。シャープなリズム隊も強力。75年作1stと76年作2ndをカップリングした2枚組。クラシカルな高速ユニゾンで幕を開け、これぞプログレな魅力いっぱいのドラマティックなキメの変拍子を織り交ぜ、スピーディーに畳みかける1st。よりクロスオーヴァーへと進化したスリリングかつ浮遊感も漂わせる2nd。どちらも東欧ジャズ・ロック/プログレ屈指の名作。

  • SKALDOWIE / STWORZENIA SWIATA CZESC DRUGA

    ゴング『ユー』にジャン・リュック・ポンティが乱入したようなジャズ・ロックを聴かせるポーランドの秘宝、77年作

    ポーランド屈指のプログレ・バンドによる77年作。高らかに鳴るクラシカルなピアノから一転、フリーキーに叩きまくるドラム、フルピッキングで雪崩落ちるギター、流麗に早弾くベース、浮遊感あるエレピ。イントロから、イエス『リレイヤー』かゴング『ユー』か、と言わんばかりのスリリングかつエキゾチックなジャズ・ロックに痺れます。哀感たっぷりのポーランド語のヴォーカルも良いし、サイケデリックな猥雑さも良いし、かと思うと、ヴァイオリンが艶やかに鳴り響いて超絶のインプロに突入したり、緩急自在の暗黒ジャズ・ロック絵巻を繰り広げます。ゴング『ユー』からデヴィッド・アレンとジリ・スマイスが抜けたメンバーにジャン・リュック・ポンティが乱入してセッションしたらこんな音になったかも!?ユーロ・ロックの秘宝と言うべき名作!

  • ABRAXIS / ABRAXIS

    COSのメンバーを中心に結成されたベルギー産ジャズ・ロック・バンド、77年唯一作、これはカンタベリー・ファン必聴

    COSのメンバーだったKey奏者とベース奏者を中心に、WATERLOOやPAZOPやPLACEBOで活動していたフルート奏者、ギタリスト、ドラムにより結成されたベルギーの5人組ジャズ・ロック・バンド。77年の唯一作。爽やかに柔らかにたゆたうフルートを中心に、優美なエレピ、フィル・ミラー彷彿の繊細なギターが織りなすサウンドは、カンタベリーのナショナル・ヘルスやギルガメッシュに通じている印象。シャープでいてファンキーなグルーヴ感もあるリズム隊も特筆ものです。精緻かつダイナミズムもあるサウンドは、カンタベリー・ミュージックをはじめ、COSやPAZOPなどベルギー・ジャズ・ロックのファンは必聴でしょう。名品です。

  • KASEKE / POLETUS SONUM

    エストニアを代表する傑作、テンション溢れるジャズ/プログレッシヴ・ロック、83年作+81年EP

    旧ソ連はエストニアを代表するグループ、RUJAとIN SPEのメンバーを中心に結成されたグループ。83年作に81年作のEPをカップリングした2in1CD。シンセとギターがアグレッシヴかつ荘厳に畳みかけるパートと、フュージョン・タッチの流麗なギターが軽やかに舞うメロディアスなパートとを鮮やかに対比した展開が見事。辺境っぽさは全く無く、テクニック、アレンジ、メロディ・センスともにかなりのハイ・クオリティ。YES+HATFIELD & THE NORTHと言うと乱暴ですが、疾走感と繊細さが絶妙に調和された奇跡の傑作。

  • DOUBT / MERCY PITY PEACE AND LOVE

    再編HF&Nに参加したkey奏者Alex Maguire率いる新鋭ジャズ・ロック・バンド12年作、テクニカルなジャズ・ロック・アンサンブルと浮遊感溢れる実験性を合わせ持つ力作!

    再編HF&Nに参加した英国人key奏者ALEX MAGUIRE、米国人ドラマー/ベルギー人ベーシストのトリオ編成によるジャズ・ロック・バンド、12年作。ジャジーな流麗さとロック的な切れ味を合わせ持つテクニカル・ジャズ・ロック。SOFT MACHINE「3rd」を彷彿させる独特の浮遊感を持った実験的なパートも聴き所。ハード・ロック的な熱気を帯びて突き進む快速アンサンブルも抜群に素晴らしい力作です。

  • IMPULS / IMPULS

    チェコ・ジャズ・ロック、77年デビュー作

    チェコのジャズ・ロック・グループ、77年作。手数多くシャープなドラム、粘っこくウネるベース、流麗かつテンションみなぎるギターとキーボードのバトル、そこに時にエネルギッシュに時にたおやかに絡む管楽器。ちょっとイタリアのアルティ・エ・メスティエリを彷彿とさせるエキゾチズムもある楽曲、電化マイルス直系の浮遊感と緊張感のある楽曲などが印象的。テクニック、アンサンブルのまとまりともにかなりハイ・クオリティ。ジャズ・ロックのファンは必聴の好グループ!おすすめです。

  • MAHAGON / MAHAGON and SLUNECNICE PRO VINCENTA VAN GOGHA

    女性ヴォーカルをフィーチャーしたチェコ・ファンク/ジャズ・ロック、77年デビュー作と80年作

    チェコのジャズ・ロック・グループ、77年作/80年作。このバンドの特徴は何と言っても、チェコ語の女性ヴォーカル。テクニカルに躍動するリズム隊にファンキーなクラヴィネット&ワウギター、ブラスが吹き荒れる中を、ハスキーかつパワフルな歌唱が貫きます。この女性ヴォーカルは、ジャニス・ジョプリンばりのブルージーな歌唱から、美声のスキャットまでを聴かせるかなりの実力派。男性ヴォーカルの熱唱にも注目です。ファンキーに跳ねる演奏の中で男女ヴォーカルが絡み合うナンバーが痛快!ファンク+ジャズ・ロックというサウンドは、イタリアのLIBRAを彷彿させます。辺境的なマイナー色を感じさせないキャッチーなサウンドに、他の東欧作品にはない魅力を感じさせる名品です。

  • KLAN / LIVE FINLAND 1972

    ポーランドのバンドによるフィンランド公演を収めたライヴ音源、クリムゾン『太陽と戦慄』のジェイミー・ミューアのパートを彷彿させるフリー・フォームなジャズ・ロック

    69年に結成されたポーランドのアート・ロック〜ジャズ・ロック・バンド。72年のフィンランド公演を収録したライヴ盤。バンドは、71年のデビュー作リリース後に金銭的な問題などによりいったん活動停止となったものの、その後、リーダーでありヴォーカル&ギターのMarek A?aszewskiを中心にメンバー新たに活動再開。フィンランドでのフェス参加時の音源が本作となります。注目は、ギタリストのTomasz Jaskiewicz。NIEMENの名作『ENIGMATIC』の録音後の参加で、NUCLEUSのChris Speddingを彷彿させるジャズ・ロック・ギターが印象的です。リズム隊もポーランドでは名手で鳴らすミュージシャンのようで、なるほどキレ味鋭くもふくよかなリズムは特筆。特にハイポジションで自由奔放に動きまわるベースは凄い。インスト中心ですが、ヴォーカル・パートもあって、ダモ鈴木をソウルフルにしたようなヴォーカルに痺れます。全体として、テクニックは抜群ですが演奏はテクニカルではなく、チェンバー・ミュージック、フリー・ジャズなどのエッセンスも濃厚な感じ。クリムゾンの『太陽と戦慄』でのジェイミー・ミューアが請け負っている部分に相通じるものがあると思います。音質はクリアで正規なライヴ・アルバムと比べても遜色はまったくありません。

東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫

「東欧・ロシア(旧ソ連)プログレの在庫」をもっと見る

その他ユーロ・辺境プログレの在庫

「その他ユーロ・辺境プログレの在庫」をもっと見る

ユーロ・ジャズ・ロックの在庫

「ユーロ・ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

辺境ジャズ・ロックの在庫

「辺境ジャズ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。