プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

TEAR GAS『PIGGY GO GETTER』 – 「MEET THE SONGS」

今日の「MEET THE SONGS」は、英ハード・ロックTEAR GASの70年作1st『PIGGY GO GETTER』をピックアップいたしましょう。

TEAR GASは、英国はグラスゴー出身で、後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。

前半は、アコースティック・ギターのバッキングを活かした英国的な牧歌性も感じさせるサウンドで、後半はツェッペリンも意識したハード・エッジなサウンドへとシフト・チェンジ。

聴き所は、なんといってもZal Cleminsonのギター。コシのある歪みで、タメの効いたリフ、鋭角に畳みかけるスリリングなリードともに懐深く弾いていて、パトゥのオリー・ハルソールあたりにも通じる、ブリティッシュならではの陰影に富んだいぶし銀のフレージングが光っています。

リズム隊も特筆で、特にベースのChris Glenは、後にMSGにも参加する名手。クリームのジンジャー・ベイカーにも負けないセンス抜群のベースを響かせています。

2ndはハード・ロック化しますが、本作は、深い森に迷い込んでしまったような幻想性や陰影が感じられるのが特徴。渋くメロウなスルメ名盤です。

それでは、早速、聴いていきましょう。

まずは、旧A面のアコースティックなサイドから、2曲目「Your Woman’s Gone And Left You」をピックアップ。

ちょっぴりパブ・ロック風味があったり、ジェスロ・タルに通じるトラッド風味も感じたり、英国ならではのくぐもったサウンドにグッときます。

スモーキーなヴォーカルも良いなぁ。

試聴 Click!

ビートルズ「ヘイ・ブルドッグ」のリフを取り入れたこちらのナンバーもカッコ良し!

試聴 Click!

次は、後半のハイライト「Look What Else Is Happening」。

安定感抜群のリズム隊。キレ味鋭く切り返すキメのパート。霧に包まれたようなハーモニーも英国的でいいし、中間部でリズムが跳ねてオルガンが入るところも良いし、そしてそこから鋭角に切れ込んでくるZalのギターは悶絶だし、凄い曲です。

どこを切り取っても溢れ出す英国臭もまたたまりません。

試聴 Click!

せっかくなので、2nd『TEAR GAS』も少々ご紹介。

1stのハードな部分を推し進めたサウンドで、ハード・ロックとしての完成度では1stを凌駕した傑作。

ドラムにEdward Ted McKennaが加入。ベースのChris Glenとともに後にMSGに加入するコンビで、ツェッペリンにも負けない鉄壁の重量級リズムを聴かせます。

そして更にキレ味をまして冴え渡るZalのギター。

クリームばりのブルース・ハードからツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダン」を彷彿させるアグレッシヴなナンバーまで、圧倒的な音量とスピード感で畳みかける逸品です。

試聴 Click!

もう一枚、SENSATIONAL ALEX HARVEY BANDの77年作『FOURPLAY』をご紹介。

アレックス・ハーヴェイが参加していない作品で、TEAR GAS + アレックス・ハーヴェイ = SENSATIONAL ALEX HARVEY BANDで、そこからアレックス・ハーヴェイを引いた、ということは、TEAR GASではないか!

メンバーもまんまTEAR GASで、TEAR GASの3rdとも言える作品ですね。

アーシーさと洗練さが絶妙に混ざりあった芳醇なブリティッシュ・ロック。

試聴 Click!

「MEET THE SONSG」は、月曜日から金曜日まで毎日、定番からニッチ盤まで僕らのロック・ミュージックを紹介しています。
また来週、お会いいたしましょう。

【関連ジュークボックス】

マイナー英国ハードの荘厳な世界

TEAR GASの在庫

  • TEAR GAS / PIGGY GO GETTER

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

    英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。70年作の1st。前半は、アコースティック・ギターのバッキングを活かした英国的な牧歌性も感じさせるサウンドで、後半はツェッペリンも意識したハード・エッジなサウンドへとシフト・チェンジ。聴き所は、なんといってもZal Cleminsonのギター。コシのある歪みで、タメの効いたリフ、鋭角に畳みかけるスリリングなリードともに懐深く弾いていて、パトゥのオリー・ハルソールあたりにも通じる、ブリティッシュならではの陰影に富んだいぶし銀のフレージングが光っています。リズム隊も特筆で、特にベースのChris Glenは、後にMSGにも参加する名手。クリームのジンジャー・ベイカーにも負けないセンス抜群のベースを響かせています。2ndはハード・ロック化しますが、本作は、深い森に迷い込んでしまったような幻想性や陰影が感じられるのが特徴。渋くメロウなスルメ名盤です。

  • TEAR GAS / TEAR GAS

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのプレイが冴え渡る、英ハード・ロック屈指の名作!71年発表

    英国はグラスゴー出身。後にアレックス・ハーヴェイと出会い、センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンドへと発展するグループ。71年作の2nd。デビュー作は、前半はアコースティカルに、後半はツェッペリンを意識したハードなサウンドを聴かせていましたが、この2ndは、そのハードな部分を推し進めたソリッドかつ鋭角なナンバーで占められています。ドラムにEdward Ted McKennaが加入。ベースのChris Glenとともに、鉄壁のリズム隊を構成(2人とも後にMSGで活躍)。ツェッペリンにも比肩するような重量級リズムを轟かせています。そして、何と言っても、ギターのZal Cleminson!コシのある豊かな歪むのトーンはこれぞブリティッシュでカッコ良すぎるし、タメの効いたリフ、前のめりのアグレッシヴなソロともに、本当にキレまくっています。クリームばりのブルース・ハードからツェッペリンの「コミュニケーション・ブレイクダン」を彷彿させるアグレッシヴなナンバーまで、圧倒的な音量とスピード感で畳みかける逸品。英国臭をぷんぷん振りまくスモーキーなヴォーカルと憂いあるメロディも特筆です。英ハード屈指の名作!

「TEAR GASの在庫」をもっと見る

ブリティッシュ・ハード・ロックの在庫

「ブリティッシュ・ハード・ロックの在庫」をもっと見る

REGAL ZONOPHONEの在庫

「REGAL ZONOPHONEの在庫」をもっと見る

英ハード・ロック定番の在庫

「英ハード・ロック定番の在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。