プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

6月のカケレコ・ベストセラーを発表いたします!

カケハシ・レコードです。
6月のカケレコ・ベストセラーよりTOP10をご紹介いたします!

新作を多数送り込んできたポーランド・プログレ新鋭が上位にランクイン、4月・5月の2か月連続トップという快挙を成し遂げたメキシコのCASTもまだまだ根強い人気を誇っております。日本や英国の新鋭やBIG PINKのリイシューからもランクインしてますね。

耳の肥えたカケレコ・ユーザーの皆様が今どんな作品に注目しているのか、ぜひチェックしてみてください☆

1位:CANADA / MALAKUT

第1位は我が国日本のバンドによるデビュー作!

まるでクリムゾンが『RED』のテンションそのままにジャズへ傾倒したような国産ヘヴィ・ジャズ・ロックは、言葉を失うカッコよさ。

この緊張感、マハヴィシュヌ・オーケストラのファンもイチコロだろうな…。

試聴 Click!


マハヴィシュヌ・オーケストラ『内に秘めた炎』から出発、マクラフリン彷彿の知的かつ狂暴なギターに痺れるプログレ探求!

【関連記事】

マハヴィシュヌ・オーケストラ『内に秘めた炎』から出発、マクラフリン彷彿の知的かつ狂暴なギターに痺れるプログレ探求!

マハヴィシュヌ・オーケストラの1st『内に秘めた炎』を起点に、マクラフリンばりの知的で狂暴なギターが聴けるアルバムを探求♪

2位:STARLESS / MISSING YOU

生ピアノとヴォーカルを基本に、ヴァイオリンとチェロも参加する、完全アコースティック編成で劇的に紡がれるクラシカル・ロックは、息をのむほどに美麗かつ重厚。美声ながらどこか哀愁味を感じさせる女性ヴォーカルもドラマチックで素晴らしい!

試聴 Click!


【新作追加】女性ヴォーカルが活躍する新鋭プログレ注目作品をタイプ別に探求☆

【関連記事】

【新作追加】女性ヴォーカルが活躍する新鋭プログレ注目作品をタイプ別に探求☆

女性ヴォーカルが活躍する注目のプログレ新鋭アルバムをタイプ別に厳選してピックアップ☆

3位:LOONYPARK / 7TH DEW

初代女性voが復帰し、ハードかつキャッチーな力強いサウンドへと舵を切った21年作6th。疾走感抜群のプログレ・ハードにトニー・バンクス風の華麗なシンセソロを入れるこのセンス、素晴らしいなぁ。

試聴 Click!


【新作追加】現ポーランド屈指の人気プログレ・グループ LOONYPARK特集!

【関連記事】

【新作追加】現ポーランド屈指の人気プログレ・グループ LOONYPARK特集!

2000年代以降のポーランド屈指のプログレ新鋭LOONYPARKを特集!メンバーのソロワークも含めた軌跡を辿ります。

4位:WOJCIECH CIURAJ / KWIATY NA HALDZIE

ポーランドの若き才人が「シレジア蜂起」を題材に描く三部作の最終章。SBBのギタリストApostolis Anthimosも参加し、スタイリッシュさと彼の地らしい悲哀と陰影が調和した音世界を綴ります。壮大なトリロジーのラストを飾るに相応しい風格が溢れる感動作!

試聴 Click!


【アーティスト・インタビュー】ポーランド・プログレ・シーンの注目アーティスト Wojciech Ciuraj

【関連記事】

【アーティスト・インタビュー】ポーランド・プログレ・シーンの注目アーティスト Wojciech Ciuraj

注目の新世代プログレ・アーティストの魅力に迫る「アーティスト・インタビュー」企画。今回は、来日公演が迫るポーランド・プログレの注目アーティストWojciech Ciuraj氏にお話を伺いました!

5位:CAST / VIGESIMUS

前々月&前月のベストセラー1位に輝いた本作もまだまだ売れてます!

ザクザク刻むギターとヴァイオリンが変拍子ユニゾンで快走する冒頭を経て、一気に視界が開けるように両者がスケール大きく飛翔していく荘厳なオープニングにいきなり感動!

演奏の緻密さも込められたパッションもバンド史上最高レベルの21年作!

試聴 Click!


メキシコが誇るシンフォ・バンドCAST特集!

【関連記事】

メキシコが誇るシンフォ・バンドCAST特集!

90年代以降のプログレ・バンドではフラワー・キングスと双璧と言っても過言ではないバンドへと成長した、プログレ辺境の地メキシコの雄、CASTを大特集!

6位:BEN ATKINS / PATCHOULI

マッスルショールズ&メンフィスの面々による演奏にソウルフルなヴォーカル。

これぞスワンプ・ロックといった名作!

試聴 Click!


マッスル・ショールズ産SSW/スワンプ・ロック特集!

【関連記事】

マッスル・ショールズ産SSW/スワンプ・ロック特集!

マッスル・ショールズ録音作、マッスル・ショールズにゆかりのあるソングライターやセッション・マンのソロ作など、R&Bやソウルなど米南部のルーツ・ミュージックの芳醇な香りに包まれた名作をここに特集いたします。

7位:FRENCH TV / ALL OUR FAILURES ARE BEHIND US

メンバーの日本人ギタリストも大活躍する、アメリカの老舗バンドによる貫禄の14th。

ザッパ、サムラ、カンタベリー・ロックなどの影響を取り込みつつ、独自のユーモラスなタッチも添えて痛快なフュージョン/アヴァン・プログレに仕立て上げた傑作!

試聴 Click!


米アヴァン・プログレの最高峰FRENCH TV特集!

【関連記事】

米アヴァン・プログレの最高峰FRENCH TV特集!

話題の21年作『ALL OUR FAILURES ARE BEHIND US』をリリースした米アヴァン・プログレの老舗グループ、FRENCH TVの足跡に迫ります!

8位:CLEPSYDRA / MORE GRAINS OF SAND

90年代以降のスイスを代表するグループといWば彼らですね。

ジャケットのイメージそのままに、詩情溢れる美しいシンフォニック・ロックを紡ぎ出す初期の傑作。

なんというか、「引きの美学」というものを感じさせるアーティスティックな音作りも素晴らしいなぁ。

試聴 Click!

9位:EMERALD DAWN / TO TOUCH THE SKY

前作と同じく、まるでピンク・フロイドをクラシカルなシンフォに仕立て上げたような作風が個性的だなぁ。

と思ったらまるで70年代のフレンチ・シンフォを聴いてるような夢想的かつミステリアスな音響処理もこれまた魅惑的。

とにかくドリーミーかつドラマチックな英シンフォ傑作!

試聴 Click!


【新作追加】プログレの本場イギリスのハイレベルな新鋭バンドたちを一挙ピックアップ!

【関連記事】

【新作追加】プログレの本場イギリスのハイレベルな新鋭バンドたちを一挙ピックアップ!

90年代以降のプログレシーンを盛り上げる北欧スウェーデンやイタリアに負けじと、本場イギリスからも、イエスやジェネシスやクリムゾンなど往年のグループのDNAを継いだ好グループが出てきております。注目の作品をセレクトいたしましょう。

10位:POUSETTE-DART BAND / POUSETTE-DART BAND

エリア・コード615のノーバート・パットナムがプロデュース。

ポップで爽やかなフォーク・ロックにどことなく滲む郷愁のカントリー・フレイヴァーが絶妙です。

試聴 Click!

いかがでしたか?
気になる作品は見つかりましたら幸いです!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CANADA / MALAKUT

    日本、ツインギター/チューバ/ドラムの変則カルテットによる21年1st、クリムゾンが『RED』のテンションでジャズに傾倒したようなテクニカルな重量級ジャズ・ロック傑作!

    ジョン・ゾーンに学んだ女性サックス奏者、吉田野乃子が主宰するnonoyaレコーズよりリリース、吉田のバンド立方体・零のドラマーを中心に、ギター/ギター/チューバという変則ラインナップで結成されたバンドによる21年1stアルバム。いやはやこれは強烈!まるでクリムゾンが『RED』のテンションそのままにジャズへと傾倒したかのような、嵐のように畳みかけるヘヴィ・ジャズ・ロックに一曲目より度肝を抜かれます。凄まじい手数で変拍子まみれのリズムをたたき出すドラムに食らいつくように、フリップとジョン・マクラフリンが共演してるかのような緊張感みなぎるプレイで牙をむくツイン・ギター。ゴリゴリと硬質に弾き倒すマハヴィシュヌ時代のマクラフリンっぽいプレイと、ロングトーンを多用した神経質かつどこか気品もあるフリップっぽいプレイの2本のギターの絡みが最高にカッコいいです。ユニークなのがチューバの存在で、ベースの役割を担いながらも、時に優雅かつ奔放に浮遊するメロディアスな表情もあって、硬派なアンサンブルに柔らかなタッチを添えています。マハヴィシュヌ・オーケストラや『RED』あたりのクリムゾンがお好きなら、このテクニカルな重量級サウンドは絶対痺れます。オススメ!

  • STARLESS / MISSING YOU

    ポーランド新鋭、アコースティック編成による女性ヴォーカル・クラシカル・ロック、21年デビュー作

    ポーランドのプログレ・メタル・バンドALHENAの女性ヴォーカルMarta BejmaとキーボーディストPiotr Prykaが結成したユニットの21年1st。生ピアノとヴォーカルを基本に、ヴァイオリンとチェロも参加する、完全アコースティック編成で劇的に紡がれるクラシカル・ロックは、息をのむほどに美麗かつ重厚。クラシックの高い素養を生かした力強くも表現力豊かなタッチで音を紡ぐピアノ、そこに乗る女性ヴォーカルは美声ながらどこか哀愁を感じさせる切ない声で歌い上げます。ここぞで悲哀を帯びた音色を響かせるヴァイオリンとチェロも素晴らしい。アコースティック・アンサンブルと聞いて想起される軽やかさや涼やかさはなく、このどこまでも重々しくドラマチックな聴きごたえはさすがポーランドです。メロディアスな歌ものチェンバー・ロックとしても秀逸な一枚!

    • LM195CDLYNX

      1曲目にノイズのような音が入りますが、アーティストが意図的に挿入したものになります

      レーベル管理上、盤面にキズある場合や背ジャケにヨレがある場合ございます。予めご了承ください。

  • CAST / VIGESIMUS

    現中南米シーン屈指の実力を誇るメキシカン・プログレ・グループ、21年作!

    現中南米シーンにおいて抜きんでた実力を誇るメキシカン・シンフォ・グループ、前作から4年を経てついにリリースされた21年作!キャッチーかつ疾走感抜群のアンサンブルにスケール大きなヴァイオリンのプレイが炸裂するサウンドは、さながら「ラッシュ+サグラド・コラソン・ダ・テッラ 」。もう1曲目から凄まじい。ザクザク刻むヘヴィなギターとヴァイオリンが変拍子ユニゾンで快走する冒頭を経て、一気に視界が開けるようにギターとヴァイオリンがスケール大きく飛翔していく荘厳なオープニングにいきなり感動してしまいます。パッションみなぎるアコースティックギターの超絶プレイも全開だし、終盤満を持して登場するシンセのスピーディなプレイもさすがです。曲間なくピアノのクラシカルなリフレインに繋がっていき、ヴァイオリンのキレのあるプレイが冴え渡るプログレ・ハードを聴かせる2曲目もキャッチーかつ緊張感ある名曲。とにかく全編通してとんでもないエネルギーが充満していて、聴いてる方も拳を握りっぱなしになります。何度かのメンバーチェンジは経ているものの、MARILLIONと同期の78年結成とは思えない、作品を出すごとに演奏の緻密さと込められた情熱が増していくCASTというバンドに敬服せずにはいられません。もちろん大傑作!

  • LOONYPARK / 7TH DEW

    ポーランド屈指の人気シンフォ・グループ、初代女性voが復帰、ハードかつキャッチーな力強いサウンドへと舵を切った21年作6th

    実力派がひしめく現ポーランドでも屈指の人気シンフォ・グループによる、2年ぶりとなった21年6thアルバム。本作、何より前々作まで不動の女性ヴォーカルだったSabina Godulaが復帰し、あの低音寄りで朗々と歌う個性的な歌唱を再び聴かせているのが嬉しいところ。プログレ・ハード的な疾走感でパワフルに畳みかける新境地の1曲目から、このヴォーカルが抜群に映えます。性急なリズムを刻むドラム&ベースに乗ってギター&オルガンがスリリングなユニゾンを決めるアンサンブルに、姉御系の力強い女性ヴォーカルがエモーショナルに歌い上げるスタイルがとにかくカッコいいです。このハードなサウンドにトニー・バンクス風の華麗なシンセソロを合わせるセンスも見事。2曲目以降も、リズム隊とギターが従来以上にハードに迫りつつ、メロディはよりキャッチーになった印象があります。キーボードが担うシンフォニックな美麗さは随所に残しながらも、重量感たっぷりの鋭角的なサウンドとキャッチーなメロディラインを押し出した新たなスタイルを提示する意欲作です。

  • EMERALD DAWN / TO TOUCH THE SKY

    フロイドやマリリオンをクラシカルなシンフォに仕立てたような英プログレ新鋭による21年作4th、傑作!

    2014年にデビューしたイギリスのシンフォニック・ロック・グループ、21年4thアルバム。もともとは19年リリースの前作『NOCTURNE』内の大作「The Child Within’」と合わせ4部構成として構想されていた3曲を独立させて作品化したのが本作で、そのサウンドはまさに前作の続きと言った印象。前作と同じく、まるでピンク・フロイドをクラシカルなシンフォに仕立て上げたような作風が個性的です。軸となるのは、スケール大きく荘厳に溢れ出すシンフォ然としたプレイと、リック・ライト彷彿の虚空に響くメランコリックなプレイでアンサンブルを支配するシンセサイザー。そこに重なる物悲しいタッチのピアノもまたライトを思わせます。ここぞでスティーヴ・ロザリーばりにメロディアスな音運びで泣くギターも素晴らしいし、ハイトーンで切々と歌う男性ヴォーカルのドラマチックな歌唱にもグッときます。すべての音に薄霧がかかったようなミステリアスな音響処理がされており、まるで70年代のフレンチ・シンフォを聴いてるような夢想感を演出しているのも特筆。フロイドや90-00sマリリオンを内包しながら、同時にユーロ・ロック的とも言えるクラシカルでドリーミーなアレンジが効いています。孤高の音楽性を誇るグループによる傑作です。

  • CLEPSYDRA / MORE GRAINS OF SAND

    90sスイスを代表するシンフォ・グループ、詩情溢れる美しいシンフォニック・ロック、94年リリース2nd

    スイスのグループ、94年作。ファンタスティックで叙情性溢れるキーボードとHR/HM的ながらたいへんメランコリックなギターが、繊細で詩情溢れる絵を描く美意識に富んだシンフォニック・ロック。感受性の豊かさを感じさせるドラマティックなヴォーカルも魅力的。なんというか「引きの美学」を感じさせるアーティスティックな名作です。

  • WOJCIECH CIURAJ / KWIATY NA HALDZIE

    WALFADを率いるポーランド出身ギタリスト/ヴォーカリスト、「シレジア蜂起」を題材にした三部作のラストを飾る2021年作!

    ポーランドの新鋭プログレ・バンドWALFADの中心メンバーにして、2019年にはソロ来日公演も果たしたギタリスト/ヴォーカリストによる21年作。第一次大戦後に彼の出身地シレジア地方で起きた「シレジア蜂起」を題材にした三部作の最終章が本作です。00sMARILLIONを思わせるドラマチックな起伏に富むメロディアス・ロックに、ポーランドのアーティストらしい悲哀と陰影が滲むサウンドは、前2作と変わらぬ魅力。これまでになく力強く打ち付けるドラムがもたらすダイナミックなリズムに乗って、哀愁とモダンなスタイリッシュさのバランスが絶妙なキレのあるギターが全編躍動します。注目は、5&9曲目に参加するSBBのギタリストApostolis Anthimos。緊張感あるスリリングなタッチと円熟の味わいあるフレージングを融合させたさすがのリードプレイを聴かせていて必聴です。壮大なトリロジーのラストを飾るにふさわしい風格を感じさせる傑作!

  • BEN ATKINS / PATCHOULI

    米スワンプ・ロック名作!71年作。

    アラバマ出身のシンガーBEN ATKINSが名門レーベルSTAX傘下のENTERPRISEからリリースした71年作。マッスルショールズ・リズム・セクション、さらにデヴィッド・フッド、ドナルド・ダック・ダン、アル・ジャクソンらメンフィスの面々がバックを務めています。グルーヴィーな演奏に哀愁滲むソウルフルなヴォーカルがのるスワンプロック名作!

  • FRENCH TV / ALL OUR FAILURES ARE BEHIND US

    米テクニカル・アヴァン・プログレの名バンドによる2021年作14th、相変わらずの緻密かつ大胆不敵なサウンドで聴き手を翻弄する痛快作!

    84年の結成以降、バンド創始者であるベーシストのMike Saryを中核に活動する米テクニカル・アヴァン・プログレの名バンドによる2021年作14th。16年作への初参加から4作目となるジャパニーズ・プログレTEEのギタリスト米田克己、17年作より参加する米ジャズ・ロック・バンドVOLAREのキーボーディストPatrick Strawser、00年代の作品でもプレイしたドラマーJeff Gard、そして御大Mike Saryという4人編成を基本に制作。変拍子を自在に交えテンポチェンジを繰り返す複雑なリズムワークを土台に、メロディアスで浮遊感あるフレージングにただならぬ緊張感が潜むギター、つややかなトーンでカンタベリーチックな優雅さをもたらすシンセが躍動する、今作もまったく一筋縄ではいかないアンサンブルが炸裂しています。随所でスリリングに切り込んでくるゲスト奏者のサックス、ヴァイオリンも効果的。とにかく少しも一所に留まっていない目まぐるしく変化していく緻密かつ大胆不敵なサウンドに終始翻弄されます。FRANK ZAPPA、SAMLA MAMMAS MANNA、カンタベリー・ロックなどの影響を取り込みつつ、独自のユーモラスなタッチも添えて痛快なフュージョン/アヴァン・プログレに仕立て上げた一枚です。バンドによる自信作とのコメントも大いに納得の快作!

  • POUSETTE-DART BAND / POUSETTE-DART BAND

    アメリカのフォーク/ソフト・ロック・バンド、76年1st。

    Pousette−Dart Bandは、現在もソロとして活動するJon Pousette-Dartを中心に、73年にアメリカ北東部のマサチューセッツ州で結成されました。爽やかなヴォーカル&コーラスが気持ち良いポップなフォーク・ロックです。プロデューサはエリア・コード615のメンバーであり、ナッシュビルのセッション・ミュージシャン/プロデューサーで知られるノーバート・パットナム。爽やかなだけでなく、スライド・ギターなどカンロリー・ロックのフレイバーが漂っており、米ルーツ・ロック好きに広く聴いて欲しい名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。