プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

VIGESIMUS

CAST

PPRCD092(PROGRESSIVE PROMOTION) 【2021年発売CD】

デジパック仕様。

評価:50 1件のレビュー

ザクザク刻むギターとヴァイオリンが変拍子ユニゾンで快走する冒頭を経て、一気に視界が開けるように両者がスケール大きく飛翔していく荘厳なオープニングにいきなり感動!演奏の緻密さも込められたパッションもバンド史上最高レベルの21年作!

現中南米シーン屈指の実力を誇るメキシカン・プログレ・グループ、21年作!

現中南米シーンにおいて抜きんでた実力を誇るメキシカン・シンフォ・グループ、前作から4年を経てついにリリースされた21年作!キャッチーかつ疾走感抜群のアンサンブルにスケール大きなヴァイオリンのプレイが炸裂するサウンドは、さながら「ラッシュ+サグラド・コラソン・ダ・テッラ 」。もう1曲目から凄まじい。ザクザク刻むヘヴィなギターとヴァイオリンが変拍子ユニゾンで快走する冒頭を経て、一気に視界が開けるようにギターとヴァイオリンがスケール大きく飛翔していく荘厳なオープニングにいきなり感動してしまいます。パッションみなぎるアコースティックギターの超絶プレイも全開だし、終盤満を持して登場するシンセのスピーディなプレイもさすがです。曲間なくピアノのクラシカルなリフレインに繋がっていき、ヴァイオリンのキレのあるプレイが冴え渡るプログレ・ハードを聴かせる2曲目もキャッチーかつ緊張感ある名曲。とにかく全編通してとんでもないエネルギーが充満していて、聴いてる方も拳を握りっぱなしになります。何度かのメンバーチェンジは経ているものの、MARILLIONと同期の78年結成とは思えない、作品を出すごとに演奏の緻密さと込められた情熱が増していくCASTというバンドに敬服せずにはいられません。もちろん大傑作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CAST / ART の商品詳細へ

CAST/ART

メキシコを代表するグループ、2011年作、圧倒的にドラマティックな「鮮烈」なシンフォ傑作!

2,290円(税込2,519円)

TATSU AKIBA(秋葉龍) / SWANS DANCE ROSES BLOOM LIKE MAD の商品詳細へ

TATSU AKIBA(秋葉龍)/SWANS DANCE ROSES BLOOM LIKE MAD

日本の新鋭プログレ・マルチ・ミュージシャン、初期YESやMike Oldfieldを彷彿させる神秘的かつファンタジックな音世界が見事な2021年作!

1,500円(税込1,650円)

LOONYPARK / 7TH DEW の商品詳細へ

LOONYPARK/7TH DEW

ポーランド屈指の人気シンフォ・グループ、初代女性voが復帰、ハードかつキャッチーな力強いサウンドへと舵を切った21年作6th

2,190円(税込2,409円)

KERRS PINK / PRESENCE OF LIFE の商品詳細へ

KERRS PINK/PRESENCE OF LIFE

ノルウェーを代表する美旋律シンフォ・グループ、2021年作

2,390円(税込2,629円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • NIMBUS

    CAST

    FGBG4573AR(MUSEA

    78年結成、メキシコの実力派シンフォニック・ロック・バンド、04年作

  • NIMBUS

    CAST

    MYLOCD020(MYLODON

    78年結成、メキシコの実力派シンフォニック・ロック・バンド、04年作

    レーベル管理上、ジャケットのケースツメ跡・盤面にキズが付いている場合がございます。ご了承ください。

  • MOSAIQUE 2006

    CAST

    FGBG4647AR(MUSEA

    2枚組

    メキシコのみならず中南米プログレを代表するシンフォ・バンド、06年作14thアルバム

    レーベル管理上、盤面にキズがある場合がございます。予めご了承ください。

  • COM.UNION

    CAST

    COM.UNION(CAST

    メキシコを代表するシンフォ・グループ、07年作、これがシンフォニック・ロックの最新形!必聴の名作!

    レーベル管理上、ジャケットの若干折れ・盤面にキズが付いている場合がございます。ご了承ください。

    この音がベテラン!? メキシコのベテラン恐るべし。凶暴と言えるほどの硬質なテンションと幻想性との見事な同居。これはシンフォ・ファン必聴ですね!

  • ART

    CAST

    AVCA011(DERECHOS RESEVADOS CAST

    デジパック仕様

    メキシコを代表するグループ、2011年作、圧倒的にドラマティックな「鮮烈」なシンフォ傑作!

    レーベル管理上、デジパックの圧痕・盤面にキズが付いている場合がございます。ご了承ください。

    もう聴いていて「うおぉぉ」とうなりっぱなしで、次々にこちらの「泣きとドラマのツボ」を押しまくる展開には笑みがとまらない!ここにきて最高傑作か!と思ってしまう、ベテランらしさ皆無の瑞々しい傑作!

  • ARSIS

    CAST

    AVCA012(CAST

    デジパック仕様

    70年代から活躍するメキシコを代表するシンフォニック・ロック・グループ、2014年作、ベテランとは思えない鮮烈なダイナミズム溢れるシンフォ傑作

    レーベル管理上、デジパックの若干圧痕・角つぶれ・盤面にキズが付いている場合がございます。ご了承ください。

    ベテランとは思えない突き抜けたエナジー。70年代から活躍するメキシコのプログレ・バンドが2014年に放ったダイナミズムみなぎるモダン・シンフォ傑作!

  • ヴィダ

    キャスト

    KRC9013(KAKEHASHI RECORDS

    【カケレコ国内盤(直輸入盤帯・解説付仕様)】デジパック仕様、定価2990+税

    [カケレコ国内盤リリース中] メキシコが世界に誇るシンフォニック・ロック・バンド、2015年作、イタリア人の気鋭ヴァイオリン奏者を迎えた壮麗かつダイナミックな傑作

    レーベル管理上の問題により、デジパックに若干角つぶれ・若干圧痕がある場合がございます。予めご了承ください。

    まるでカナダのラッシュとイタリアのニュー・トロルスをブレンドさせ、モダンなヘヴィネスとエッジで鮮烈なシンフォニック・ロックへと仕立てたような傑作。メキシコの雄CASTによる過去最高傑作とも言える会心の2015年作!

  • VIDA

    CAST

    AVCA013(CAST OFICIAL

    デジパック仕様

    [カケレコ国内盤リリース中] メキシコが世界に誇るシンフォニック・ロック・バンド、2015年作、イタリア人の気鋭ヴァイオリン奏者を迎えた壮麗かつダイナミックな傑作

    レーベル管理上、デジパックに若干角つぶれ・若干圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

    まるでカナダのラッシュとイタリアのニュー・トロルスをブレンドさせ、モダンなヘヴィネスとエッジで鮮烈なシンフォニック・ロックへと仕立てたような傑作。メキシコの雄CASTによる過去最高傑作とも言える会心の2015年作!

  • FOUR ACES

    CAST

    CDALF004(VISUAL

    メキシコを代表するシンフォ・グループ、95年リリースの4th

    レーベル管理上、ジャケットに不良・盤面にキズが付いている場合がございます。ご了承ください。

    結成は70年代に遡るメキシコのシンフォ・グループ。95年作の4th。前作までに比べ、アンサンブルが洗練され、ダイナミズムも増した印象。トニー・バンクス直系の幻想的なトーンを軸にし ... 続き

  • BEYOND REALITY

    CAST

    ALF006CD(CAST STUDIO

    ボーナス・トラック1曲

    メキシコが世界に誇るシンフォ・グループ、96年作6th、ジェネシス・ファン歓喜の傑作

    レーベル管理上、ジャケットや背ジャケの若干不良・盤面にキズが付いている場合がございます。ご了承ください。

    90年代半ばの時点における、ジェネシス・フォロワーの中でも屈指と言えるバンド。キーボードとギターのドラマティックなからみは、ジェネシス・ファン歓喜間違いなし。なんとメキシコ産!

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 期待通り、いや、それ以上!(2 拍手)

プログレ者さん レビューをすべて見る

今作で実に20作目になるメキシコの重鎮CAST。ここ数作の内容の充実ぶりからニュー・アルバムへの期待は高まる一方でしたが、実際に耳にしたら期待以上の出来に本当に驚きました。何故なら普通、バンドを長く続けていると初期の頃に有ったアイディアやモチベーションなどが作品ごとに徐々に落ちていき、作品のレベルも徐々に落ちていくのが普通ですが、このバンドは作品のテンションが全く落ちていない。そしてサウンドもヴィンテージ楽器を使ったマニア向けのレトロな作風ではなく、しっかり今の時代に向き合ったモダンかつ聴きごたえのあるものになっています。特にドラムスはマイク・ポートノイを彷彿させるバスドラ踏みまくりも聴かせてくれて爽快。カケレコさんはラッシュを引き合いに出されていましたが、私にはむしろドリーム・シアターwithサグラダ!と感じました。

ナイスレビューですね!