プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【改訂】URIAH HEEPから辿る荘厳なオルガン・ハード・ロック選

スタッフ増田です。

今年は英国四大ハード・ロックの一角、URIAH HEEPもデビュー50周年を迎えるようですね。昨年の来日公演に行きましたが、大迫力のハード・ロック・サウンドは衰え知らずで大変感動いたしました。是非また日本を訪れて欲しいです!

さて、そんなURIAH HEEPの特徴と言えば名手ケン・ヘンズレーのプレイに象徴される、重厚な存在感のハモンド・オルガン!今回はそんなオルガンの音色をこれでもかと堪能できるハード・ロック作品をピックアップしてまいります。

URIAH HEEP/VERY ‘EAVY…VERY ‘UMBLE

NWOBHMへの礎を築いたとも言えるドラマティックなハード・ロックの元祖と言えるグループですね。エッジの立った攻撃的なギター、荘厳なオルガン、分厚く伸びのあるハイトーン、そして溢れるメロトロン。堂々の1970年デビュー作!

試聴 Click!

HEAD MACHINE/ORGASM

そんなURIAH HEEPのケン・ヘンズレーが、ゴッズ解散後&ヒープ結成直前に結成したグループの69年唯一作をご存知?少々荒削りではありますが、ヒープに通じる荘厳さ、ドラマティックさの原型が既に形作られていて十分に魅力的だなあ。オルガンだけでなく、ヘンズレーのゴリゴリしたギター・プレイも聴き所!

試聴 Click!

ATOMIC ROOSTER/IN HEARING OF

次はEL&Pのカール・パーマーが初期に在籍していたことでも知られる英国オルガン・ハード・バンド。この「Breakthrough」のイントロ、オルガン・ハードのファンなら一発でノックアウトされちゃうはず!中心人物ヴィンセント・クレインの鍵盤を中心に、よりガツンとソリッドなアンサンブルを聴かせる71年作3rd!

試聴 Click!

LIQUID SMOKE/LIQUID SMOKE

一気にマイナーになりますが、URIAH HEEPのファンならこの作品を是非!ヒープばりの荘厳なオルガン・ハードにグルーヴィーなR&B/ファンクが混ざり合ったような、NY出身グループによる70年作!

試聴 Click!

JODY GRIND/ONE STEP ON

こちらは英国の69年の作品なのですが、壮大な19分の組曲の後半に満を持して現れる、BS&T meets DEEP PURPLEみたいな「Paint It Black」カヴァーがめちゃくちゃ痺れる~。ブラス、オルガン、ギター、そのどれもが主役級!

試聴 Click!

KIN PING MEH/KIN PING MEH

次はドイツのオルガン・ハードをご紹介。URIAH HEEPやSPOOKY TOOTHや初期パープルが好きなら、このバンドは是非!ブリティッシュ・ロックからの影響濃厚なジャーマン・ハード71年デビュー作。

試聴 Click!

TIME OF COMMOTION/LIVE FROM THE 70’S – ES IST NIE ZU SPAT

ディープな一枚もご紹介。アルバムを残さずに消えた幻のジャーマン・オルガン・ロック・バンドのライヴ音源発掘盤なのですが、これがクラシカルでジャジーでブルージーで、奥ゆかしくも叙情と哀愁たっぷりで、オルガン・ロック・マニアには堪らぬ好内容!

試聴 Click!

HANSSON & KARLSSON/MONUMENT

こんな作品もありました!「北欧のマイク・オールドフィールド」とも呼ばれる名ミュージシャンBo Hanssonが60年代に組んでいたアート・ロック・デュオの67年作。これがジャジー&サイケなハモンド大活躍のオルガン・ロック名作でビックリ!

試聴 Click!

CHARISMA/BEASTS AND FRIENDS

最後になんと本日入ってきたオルガン・ロック新リイシュー作品をご紹介いたします!R&B/ブルース・ロックからアート・ロック~プログレへの過渡的なサウンドを詰め込んだ米コネチカット発の70年作。MAINHORSEやRARE BIRDSあたりのファンにも刺さりそうな疾走感あるオープニング・ナンバーが格好良いですね~。

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


【カケレコ中古棚探検隊】有名所に負けない熱気渦巻く米マイナー・オルガン・ロック探求☆

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】有名所に負けない熱気渦巻く米マイナー・オルガン・ロック探求☆

カケレコの中古棚を見ていると、マイナーながらオルガン・ロックの良いヤツが結構残っています。今回はアメリカものを見てまいりましょう~。


世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

【関連記事】

世界のオルガン・ロック特集【2020.03.12改訂】

くすんだトーンのオルガンが描く幻想的なオルガン・プログレを世界中から選りすぐってご紹介いたしましょう。


BLACK SABBATHファンにオススメの重量級ハード・ロック選!

【関連記事】

BLACK SABBATHファンにオススメの重量級ハード・ロック選!

スタッフが日替わりのテーマでオススメ作品をご紹介する「日々是ロック」。本日はサバスばりのヘヴィなギター炸裂する重厚ハード・ロックをセレクト。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • URIAH HEEP / VERY ‘EAVY…VERY ‘UMBLE

    英国ハード・ロック・シーンを代表する名グループ、記念すべき70年作1st

    ケン・ヘンズレー、デヴィッド・バイロン率いる初期英国ハード・ロック・シーンを牽引した名グループ。Vertigoレーベルよりリリースされた70年1st。手数が多くヘヴィなドラムを土台に、ギターとオルガンが引きずるように荘厳なリフを放ち、エモーショナルなハイトーン・ヴォーカルが炸裂する!メロトロンを使った楽曲など、後のドラマチックな音楽性も覗かせますが、冒頭に配された代表曲「GYPSY」のように重さと疾走感が共存した荘厳なハード・ロックこそ本作の肝。オルガンとギターが一体となって生み出すダークなグルーヴ、そこを切り裂くハイトーン・シャウトはこれぞ英国ハードの王道と言えるでしょう。聴き逃し厳禁な英ハード屈指の名作!

  • ATOMIC ROOSTER / IN HEARING OF

    71年3rd、ジャケットはロジャー・ディーン

    専任ヴォーカルとして元リーフ・ハウンドのピーター・フレンチが加入。ヴィンセント・クレイン(key)、ジョン・デュ・カン(g)、ポール・ハモンド(ds)、ピーター・フレンチ(vo)という編成で制作された3rdアルバム。71年作。

  • LIQUID SMOKE / LIQUID SMOKE

    ユーライア・ヒープばりに荘厳で、ハンブル・パイばりにソウルフルなニューヨーク産オルガン・ハード、70年唯一作

    ニューヨークのオルガン・ハード・グループ、ギタリスト2人にオルガン奏者を加えた5人組。69年に録音され70年にリリースされた唯一作。オープニングから強烈。くるぞくるぞと緊張感みなぎるシャープなリズムにヒリヒリするギター、荘厳なオルガン、力強くエモーショナルなシャウトで仁王立つヴォーカル、ドラマティックなコーラス。目立たないものの荘厳さを増幅させるヴァイオリンも効果的。ユーライア・ヒープばりのオルガン・ハードに痺れます。2曲目以降も、英オルガン・ハードからの影響を軸に、R&B〜ファンクからサイケまでをまぶしたアメリカならではの鋭角かつグルーヴィーな佳曲ぞろい。マイナーなバンドとは思えない安定したテクニックとバンド全体の一体感で、ソリッドかつ熱く畳みかける好盤です。このギターとオルガンとヴォーカル、かなり良いです!

  • TIME OF COMMOTION / LIVE FROM THE 70’S – ES IST NIE ZU SPAT

    70年代に西ドイツで活動した幻のオルガン・ロック・バンドによるライヴ音源発掘盤、哀愁のハモンド好きは要チェック!

    70年代に西ドイツで活動し、ELOYやGURU GURUともツアーを行った幻のバンド、当時のライヴ音源を収録した18年発掘盤。そのサウンドはくすんだトーンのクラシカルなハモンドを中心に、ブルージーなギターやうねりのあるベースを交えて哀愁たっぷりに展開する王道のオルガン・ロック。CRESSIDAを思わせるジャジーで叙情的な曲調がメインかと思いきや、聴いていくとピアノ、オルガン、シンセを切り替えながらスピーディーにフレーズを弾き倒すリック・ウェイクマンばりのパートがあったり、『神秘』〜『原子心母』頃のフロイドを彷彿とさせるサイケデリックなナンバーが飛び出したりと、多彩でクオリティの高い内容にビックリ!長尺曲が多いものの、アグレッシヴなソロ・パートに粛々とした叙情パート、味のあるヴォーカル&コーラスパートが交差する起伏のついた構成、そしてどこまでもリリシズムに溢れたメロディとハーモニーでじっくりと聴かせます。決して録音状態は良くないものの、単なるアーカイブに留めておくには惜しい好内容。オルガン・ロックやジャーマン・ロック・ファンは要チェックです。

  • HEAD MACHINE / ORGASM

    Ken Hensleyが、Gods解散後/Uriah Heep結成前に組んだバンド、70年の唯一作

    ユーライア・ヒープの中心メンバーKen Hensleyが、Gods解散後ユーライア・ヒープ結成前に組んだバンドによる唯一のアルバム。69年発表。地味なアートワークが玉に瑕ですが、Hensleyのペンによるドラマティックなメロディーがたいへん美しいブリティッシュ・ハード・ロックの好盤です。

    • TAB00

      デジパック仕様、2020年デジタル・リマスター

      レーベル管理上、デジパックに小さい角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

  • JODY GRIND / ONE STEP ON

    英オルガン・ハード、サイケ色の濃い69年デビュー作

    Beckettなどで活躍していた名キーボード・プレイヤー、Tim Hinkley率いるJODY GRINDの69年発表1stアルバム。Timによる卓越したオルガン・ワークとバンドとしての巧みなアレンジは絶品の一言で、オルガン・ロック・ファンは必聴。

  • CHARISMA / BEASTS AND FRIENDS

    アメリカ北東部コネチカット州を拠点に活動したオルガン・ロック・バンド、70年2ndアルバム

    アメリカ北東部コネチカット州を拠点に活動したオルガン・ロック・バンド、70年リリースの2ndアルバム。1曲目から名曲!手数多く疾走するドラムスとシャープなカッティングを繰り出すギターを従えて、ファンキーかつスリリングなオルガンが炸裂するインスト・ジャズ・ロックがカッコよすぎます。ソウルフルなヴォーカルに痺れる旨味たっぷりのブルース・ロック・ナンバーあり、ラグタイム調のピアノを伴い進行するゴキゲンなブルース/ジャズ・ナンバーありと、基本はブルースやR&Bを土台にしたサウンドですが、突如デイヴ・スチュワートみたいなキレのあるソロを含むEGGばりのオルガン・ロックが繰り広げられたりと、プログレ前夜のアート・ロック感覚も数曲で発揮されているのが印象的です。しまいには『Freak Out!』に影響を受けたような奇声満載の実験的パートも飛び出してきて驚きます。R&B/ブルース・ロックからアート・ロック〜プログレへの過渡的なサウンドを詰め込んだ一枚です。

  • HANSSON & KARLSSON / HANSSON AND KARLSSON

    北欧が誇る名鍵盤奏者BO HANSSON在籍のデュオ、60年代の音源集、ジャジーかつサイケデリックなオルガン・ロック、全14曲

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。