プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

BLACK SABBATHファンにオススメの重量級ハード・ロック選!

こんにちは。スタッフ増田です。

「ハード・ロックと言えば、速さでもテクニックでもなく、重さだよ・・・。」そんなBLACK SABBATH至上主義ハード・ロッカーの皆様に向け、今回は世界各国の重量級ハード・ロックをセレクト。

各所にサバス愛滲み出るサバス・フォロワー作品も多数揃いましたので、どうぞお楽しみ下さい。

SIR LORD BALTIMORE/SIR LORD BALTIMORE(II)

まずはサバスと並び元祖ヘヴィ・メタルに挙げられるこの米ハード・ロックから。

荒々しくかっ飛ばす轟音ハード・ロックのデビュー作から一転、ハードさの中にも叙情性を感じさせるスローなパートを織り交ぜたりと、ドラマ性を増した重厚なサウンドを聴かせる71年作2nd。

試聴 Click!

BUDGIE/NEVER TURN YOUR BACK ON A FRIEND

続いてはNWOBHMの元祖と言われる英国のバンド。

メタリカもカヴァーした「Breadfan」のカッコ良いこと!

サバスばりの重量感 meets 後のNWOBHM勢がこぞって手本にしたキレとスピード。英国的なメランコリックさもあって、70s英ハード屈指の名曲ですね!

試聴 Click!

MAY BLITZ/2ND OF MAY

サバスが好きなら、同門英国Vertigoレーベル発のこのバンドを是非!

凶悪に歪んだギターリフ、荒れ狂うドラミング、そして引きずるような気だるく混沌としたムード。カッコ良すぎます。

試聴 Click!

THUNDERMOTHER/NO RED ROWAN

ややサイケ寄りですが、歪んだギターのヘヴィなリフが好きでたまらない方にはこの作品をオススメ。

極限まで歪ませたようなファズ・ギター、重厚なリズム隊、パンキッシュに雄叫びを上げるヴォーカル。この凶悪さ、快感…。

試聴 Click!

BANG/BANG and MUSIC

サバスにも負けぬ強烈なギター・リフを聴かせる米ハードがこちら。

エッジの効いたギター・サウンドと邪悪なヴォーカルはまさにサバスさながら!

試聴 Click!

BUFFALO/DEAD FOREVER

後のストーナー勢にも評価の高いオーストラリアのサバス・フォロワーといえばBUFFALO!

こちらの72年デビュー作では後の作品ほどの強烈な重さはありませんが、重厚ながらも躍動感あるギター・プレイとエネルギッシュなシャウトが腹にガツンと来ます!

試聴 Click!

PRODIGAL SONS/PRODIGAL SONS

こちらもきっとサバスに影響を受けている!?アメリカン・マイナー・ハード72年作。

サバス譲りのおどろおどろしい雰囲気はありつつ、豪快に畳み掛けるようなアンサンブルは米国ならではですね。

試聴 Click!

DOWNTRIP/IF YOU DON’T LOOK NOW and DOWNTOWN

なんとベルギーにもサバス・フォロワー・ハード・ロックが!?

重々しいギター・リフは勿論、怪しいヴォーカルがかなりオジーっぽくて絶妙です!

試聴 Click!

PATERNOSTER/PATERNOSTER

最後はハード・ロックとは少し違いますが、オーストリアのディープな作品をご紹介。

まるで初期タンジェリン・ドリームとブラック・サバスとが出会ったような、荘厳でヘヴィで酩酊感に満ちたサウンドがかなりヤバげ・・・。サバス以上に沈鬱な雰囲気が充満する、玄人好みの逸品です。

試聴 Click!

〜おまけ〜

CROW/CROW MUSIC

ブラック・サバスのデビュー曲「Evil Woman」の本家本元として知られる、アメリカのバイカー・ロック5人組をご存知!?

こちらはブラスなんかも入っていて全く違う雰囲気ですが、サバス・ファンはぜひチェックしてみて下さい。

試聴 Click!

こちらの記事もどうぞ!


米「ROLLING STONE」誌によるブラック・サバスのアルバムTOP10

【関連記事】

米「ROLLING STONE」誌によるブラック・サバスのアルバムTOP10

米「ROLLING STONE」誌が、読者投票によるブラック・サバスのアルバムTOP10を発表しましたのでシェア。


BLACK SABBATHやBUDGIEでおなじみロジャー・ベインのプロデュース作品にフォーカス!

【関連記事】

BLACK SABBATHやBUDGIEでおなじみロジャー・ベインのプロデュース作品にフォーカス!

サバス、BUDGIE、JUDAS PRIEST…ヘヴィ・メタルの元祖と言える英国のバンドを手がけたことで有名なプロデューサー、Rodger Bain。今回はそんな彼が関わった様々な作品をピックアップしてまいります。


SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

【関連記事】

SIR LORD BALTIMOREから始まる暴走ハード・ロック特集!!!

「元祖ヘヴィ・メタル」SIR LORD BALTIMOREを起点に、壊れたジェットコースターのように暴走する世界のハード・ロックを集めました。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • SIR LORD BALTIMORE / SIR LORD BALTIMORE(II)

    ずばり元祖ヘヴィ・メタル!アメリカ産轟音ハード・ロックの大傑作、71年作2nd

    ニューヨークはブルックリン出身の轟音ハード・ロック・バンド。71年作の2nd。デビュー作はトリオ編成でしたが、ギタリストが加わり、ツイン・リード編成の4人組で録音されています。荒々しくかっ飛ばす轟音ハード・ロックのデビュー作から一転、アコギによる幽幻なパートやハードさの中に叙情性を感じさせるスローなパートを織り交ぜるなど、ドラマ性を増した重厚なハード・ロックが印象的。凄まじいテンションで鋭角に切れ込むリード・ギターやツェッペリンにも負けないような轟音リズム隊など「元祖ヘヴィ・メタル」と言えるヘヴィネスも健在で、デビュー作に負けず劣らずのハード・ロック・クラシックと言えるでしょう。名作です。

    • LGR102LUMPY GRAVY

      オリジナルと異なるデザインの再発ジャケット(黄色い文字が円形に配置されたオリジナル・ジャケットの【BIGPINK619】と同一タイトル。収録内容は同じなのでご注意ください。)

    • BIGPINK619BIG PINK

      紙ジャケット仕様、オリジナル・ジャケット仕様(銃を持った人物が立っているジャケットの【LGR102】と同一タイトル。収録内容は同じなのでご注意ください。)

  • PRODIGAL SONS / PRODIGAL SONS

    豪快なアメリカン・ハード・ロック、72年作、タメと疾走感とのダイナミズムが抜群!

    アメリカン・ハード・グループ、72年作。バカスカと手数多いリズム隊、豪快なリズム・ギター、タメの効いた歌心いっぱいのリード・ギター。荒々しいヴォーカルと男臭いハーモニーも印象的。1曲目『Water Song』は抜群のタメと疾走感とのダイナミズムが聴き手を一気に飲み込むエネルギッシュな名曲。

  • BANG / BANG and MUSIC

    強烈なギター・リフ主体のスリリングなアメリカン・ハード・ロック!71年1st&73年3rd

    アメリカのグループ。71年作1stと73年作3rdをカップリングした2in1CD。聴いた瞬間に頭にこびりつく強烈なギター・リフを主体とするスリリングなハード・ロック。ザクザクとしながらもコシのあるギターサウンドはかなり格好良いです。絞り出すような粘りのあるハイ・トーンVoも存在感あります。哀愁のあるキャッチーなメロディも素晴らしい。リリカルなバラードも胸を打ちます。これは良いです

  • THUNDERMOTHER / NO RED ROWAN

    HOLYGROUNDレーベルの名スプリット『ASTRAL NAVIGATIONS』に名を残す英国へヴィ・サイケ・バンド、70年〜71年の音源集、名盤!

    アンダーグラウンド・レーベルHOLYGROUNDのスプリット名盤『ASTRAL NAVIGATIONS』に収録されている事でも知られる英国ランカシャー州プレストンのヘヴィ・サイケ・バンド、70〜71年の音源発掘盤。メンバーはガレージ・バンドDAVID JOHN & THE MOODを率いたヴォーカリストのDavid John、元THE PUPPETSのギタリストDave Millen、元LITTLE FREE ROCKのベーシストFrank Newbold、そして後にRARE BIRDに参加するドラマーFred Kelly。これでもかと歪んだ超強烈なファズ・ギター、ジャック・ブルース並にゴリゴリとドライヴするベース、パワーのあるドラム、パンク・ヴォーカリスト並に雄叫びをあげるヴォーカル。ハード・ロックの重量感もありつつ、アンプが割れるほどの荒々しさで前のめりに突き進むラウド&ガレージーなナンバーが実に痛快!なおかつ凶暴なだけでなくタメの効いたブルース・ロック・ナンバーや憂いと繊細さを湛えたサイケ・フォーキーな楽曲もあったりと、表現力・演奏力ともにかなりハイレベル。コアなサイケ・ファンやブリティッシュ・アンダーグラウンド・ファンからの人気も納得の名作です。

  • CROW / CROW MUSIC

    BLACK SABBATH「Evil Woman」の本家本元として知られる米5人組ブルース・ロック・バンド、69年作

    BLACK SABBATHのデビュー曲「Evil Woman」の本家本元で知られる、ミネソタ出身のバイカー・ロック5人組。69年1st。濃厚なシャウト、ギンギンのファズギター&オルガンを軸に、要所要所でド派手なホーンが唸りを上げる、男臭溢れるブルース・ハード・ロック!サバスに影響を与えたと思われし暗黒なコーラスやSE、切ないアルペジオと悲劇的なチャーチ調オルガンが不安を煽るダウナー酩酊曲M3など、ブリティッシュ・ハード・ファンにも聴いて欲しい展開もあります。バイカーロックということでSTEPPENWOLFはもちろん、マイナーどころではBETTYなどの男臭いブルース・サイケが好きな方にも大推薦!チャック・ベリーに捧げた楽曲も収録です。

  • DOWNTRIP / IF YOU DON’T LOOK NOW and DOWNTOWN

    ベルギー産ブルース・ハード、76年作+79年作

    ベルギーのブルース・ハード・バンド、76年作と79年作をカップリングした2in1CD。タイトなリズム隊、バキバキに歪んだヘヴィなギター、中域が太いエモーショナルなシャウト・ヴォーカルが塊となったソリッドなサウンドが印象的。裏ジャケに写るベルボトム・ジーンズとカールしたロングヘアのルックスにグッとくる好グループです。

  • PATERNOSTER / PATERNOSTER

    ジャーマン・ロック meets サバスと言えるオーストリア産ヘヴィ・ロック・バンド、72年の唯一作

    オーストリアのプログレ・バンド、72年の唯一作。初期タンジェリン・ドリームやグルグルを彷彿させるアシッド臭にまみれた観念的な感じを一方に、もう一方にはブラック・サバスに通じる引きずるようなヘヴィネスを配したヘヴィ・ロック・サウンドが印象的。ゴングに通じるスペーシーさ、ピンク・フロイドを彷彿させる音響センスもあるし、時にクラシカルなハモンドも飛び出すし、ヘヴィかつ抽象度の高いサウンドはなかなか個性的。まどろんだ男性ヴォーカル(英詩)も良い感じです。

BLACK SABBATHの在庫

  • BLACK SABBATH / LIVE IN ASBURY PARK 1975

    75年8月5日のニュージャージーはアズベリ・パーク公演を収録したライヴ音源

    75年8月5日のニュージャージーはアズベリ・パーク公演を収録したライヴ音源。名作『サボタージュ』リリース間もない時期のライヴで、脂の乗り切ったライヴが楽しめます。

    • TOP12TOP GEAR

      2枚組、ボーナス・トラック含め全24曲収録。サウンドボード音源で音質クリア。ボーナス・トラックとして76年11月9日のSELLAND ARENA公演を収録。こちらもサウンドボード音源

  • BLACK SABBATH / LIVE IN DUMFRIES 1969

    69年のスコットランド公演を収録、全9曲

    69年11月、スコットランドのダンフリースで行われたライヴを収録。1stアルバム録音の翌月に当たる時期のライヴとなっており、1stからは「Black Sabbath」「Behind The Wall Of Sleep」「Warning」「N.I.B.」を演奏しています。

  • BLACK SABBATH / LIVE IN HARTFORD 1980

    80年の米ハートフォード公演、全12曲

    ロニー・ジェイムズ・ディオ期の80年、米コネチカット州ハートフォードでのライヴを収録。80年作『HEAVEN & HELL』からのナンバーに加え、「War Pigs」「N.I.B」「Black Sabbath」「Iron Man」「Paranoid」など初期の名曲も多数収録した全12曲。

  • BLACK SABBATH / PARANOID

    出世作と言える70年作2nd、インパクト抜群のジャケは前作に続きキーフ

    70年にVertigoレーベルよりリリースの2nd。グループを代表する「Paranoid」や人気ナンバー「War Pig」など、後のブリティッシュ・ヘヴィ・メタルへとつながる古典といえる名曲を多数収録した傑作。キーフによるジャケットも素晴らしい。

  • BLACK SABBATH / MASTER OF REALITY

    重低音炸裂!ヘヴィ・リフの魅力が際立つ71年3rd

    オジー・オズボーン、トニー・アイオミを中心とする英国出身元祖ヘヴィ・ロック・グループ、71年にVergitoよりリリースされた3rd。トニー・アイオミによるヘヴィ・リフをフィーチャーした楽曲を中心とする一方で、トラッド、クラシック要素が芽を出し始め、叙情的なギター・ソロが挿入された楽曲をいくつか収録。メリハリのついた構成となり、重低音が炸裂するアルバムながら一気に聴けるアルバムとなりました。本作のハイライトは「Embryo」から「Children Of The Grave」へと至る流れでしょう。「Embryo」は英トラッド調の旋律で絡み合う30秒のインストゥルメンタルで、静かで美しい旋律にも関わらず、怪しい儀式の如き不穏な空気感に包まれます。雷鳴の如く鳴り響くドラム・ロールが静けさをぶち破り、ヘヴィ・チューン「Children Of The Grave」がスタート。歪んだベース・ラインとハシり気味のドラムにより強力なうねりを作り出します。ギターはヘヴィ・リフを自在にテンポ・チェンジ、左右チャンネルを分けて攻めてくる流麗なソロも素晴らしい。他にも「Sweet Leaf」、「Into The Void」といったヘヴィ・ロックの名曲を収録しています。抒情的な小曲を挟むことによって、重厚なアンサンブルの魅力が際立った、これぞブリティッシュな深みに満ちた名作。

  • BLACK SABBATH / SABOTAGE

    75年作

  • BLACK SABBATH / NEVER SAY DIE !

    78年作

  • BLACK SABBATH / FEELS GOOD TO ME

    90年3曲入りシングル

  • BLACK SABBATH / REUNION

    20年ぶりの集結、97年12月に行なわれたリユニオンライヴ、全18曲

    • SRCS8807/8

      デジパック仕様、初回限定特典付き(バックステージ・パスのレプリカ)、2枚組、定価3780

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯無

      帯無、初回限定特典は付いていません

      790円

      632円
      (税込695円)

      174円お得!


      CD詳細ページへ

  • BLACK SABBATH / CALIFORNIA JAM 1974

    74年4月6日の米オンタリオでのカリフォルニア・ジャム・フェスティヴァル音源

    74年4月6日の米オンタリオでのカリフォルニア・ジャム・フェスティヴァル音源。クリアなサウンドボード音源。鼓膜を突き破るような音圧たっぷりのギターに悶絶。

  • BLACK SABBATH / LIVE…GATHERED IN THEIR MASSES

    13年ライヴを収録

  • BLACK SABBATH / MASTER OF REALITY+VOL.4

    71/72年作収録。

    • 33PD354

      廃盤、2in1、税表記なし、「アンダー・ザ・サン」は収録されていません。定価3300

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯無

      帯無、カビあり、若干タバコ臭あり

「BLACK SABBATHの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。