プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

12月の特集「女性ヴォーカル・プログレ特集」

  • もう2018年も終わりかあ・・・あっ芹澤さん、こんにちは。
  • やあカケレコ君。12月と言えばクリスマスだけど、何かご予定は?
  • ・・・・・・・・・・・・。
  • ・・・この話はやめておこうか。
    せっかくの年末、寂しいカケレコ君も華やかな気分になれるように、今月は女性ヴォーカル・プログレを探求してみよう。
  • いいですね!女性ヴォーカル・プログレと言えばアニー・ハズラム擁するRENAISSANCEやソーニャ・クリスティーナのCURVED AIR、オランダのEARTH & FIREなんかが好きだなあ~。
  • RENAISSANCEやCURVED AIRのような幻想的で気品溢れるプログレには、美声女性ヴォーカリストの繊細な歌声が必要不可欠だね。
    もちろんAFFINITYで活躍したリンダ・ホイルのようなブルージーな歌声、HENRY COWSLAPP HAPPYで知られるダグマー・クラウゼのようなコケティッシュな歌声など、ひとえに女性ヴォーカルと言っても三者三様の魅力がある。
  • でもどのバンドもやっぱり華がありますね!う~ん、色んな女性ヴォーカル・プログレを聴いてみたくなってきました。
  • 丁度ここカケレコでも話題の女性ヴォーカルものが続々と入荷しているようだ。
    注目のバンド&作品を見ていこう!

RENAISSANCE/PROLOGUE

試聴 Click!

  • おっ、RENAISSANCEはこの作品のリイシューが今年登場したんですね。
    「革命のエチュード」のイントロから疾走感溢れるピアノ・ロックに切り替わる展開、アニー・ハズラムの美麗なスキャット、何度聴いても本当に格好いいなあ~。
  • 元はYARD BIRDSのキース・レルフとジム・マッカーティ、キースの妹ジェーンらによって結成されたグループだけど、2枚のアルバムを残して解散。その後メンバーを一新して始動した新生RENAISSANCEの記念すべき第1作目がこの72年作だね。

    総合的な完成度では後の『燃ゆる灰』や『お伽噺』に劣るものの、クラシックとロック、フォークが交差した幻想的で気品漂うサウンドは既に健在。クラシカルなピアノと女性ヴォーカルの優美なアンサンブルを楽しむことができる好盤だよ。

CURVED AIR/PHANTASMAGORIA

試聴 Click!

  • さらにCURVED AIRもリイシューが揃ってますね!どれも捨てがたいけど、一番はやっぱり3rdの『PHANTASMAGORIA』かなあ。
  • RENAISSANCEと並び英国の女性ヴォーカル・プログレを代表するCURVED AIR。ソーニャ・クリスティーナの透明感あるヴォーカルとダリル・ウェイの技巧的なヴァイオリンをフィーチャーし、クラシカル且つソフトなサイケデリアに包まれた非常にファンタジックなサウンドを特徴とするバンドだね。

    本作を最後に中心人物のダリル・ウェイらが脱退して一旦解散となってしまうけど、実験性とデリケートな幻想性が渾然一体となって迫る本作はまさに集大成と言える出来!

  • ここで中古棚からも一枚!フレンスを代表する女性ヴォーカル・プログレの傑作と言えばこの作品。

SANDROSE/SANDROSE

70年代仏シンフォを代表する一枚ですね。ソウルフルな女性ヴォーカルとメロトロン、そして名手J.P.アラルセンのエモーショナルでセンス溢れるギタープレイ。フレンチ・プログレらしい芸術的感性が光る名作!

試聴 Click!

  • さて、ここからはそんな70年代女性ヴォーカル・プログレの遺伝子を受け継ぐ、注目の新鋭プログレ・グループをご紹介していくよ。
  • おお~、英国から東欧から我らが日本から、女性フロントマン擁するバンドが数多く登場していますね!
    その代表格といえば、やっぱりこのグループでしょうか?

【イギリス】MAGENTA/WE ARE SEVEN LIVE(2CD)

現英国シンフォ・シーンを牽引すると言っても過言ではない99年結成のベテラン・グループ。RENAISSANCEやMIKE OLDFIELDをはじめとする70年代プログレにこの上ない愛情を注ぐkey奏者Rob Reedの優れたソング・ライティング、そしてヴォーカリストChristinaの麗しい歌声を武器に、瑞々しさと古き良き哀愁が入り混じった英国叙情たっぷりのサウンドを聴かせます。
本作は18年英国公演を大ボリュームで収録した2CD!

試聴 Click!

  • 現代のプログレ・シーンを語るにおいて欠かせない東欧ポーランドからも女性ヴォーカル作品が届いているのでピックアップ。

【ポーランド】ALBION/YOU’LL BE MINE

女性ヴォーカルをフィーチャーした92年結成のシンフォ・グループ。本作は前作から分裂を経て、ギタリストを中心にメンバーが再編された18年作なのですが、それでこの完成度は驚き。ひたすら泣きのフレーズを紡ぎ続けるギター、復帰したオリジナル女性ヴォーカルのエモーション溢れだす歌唱に心奪われます…。

試聴 Click!

【ポーランド】RYSZARD KRAMARSKI PROJECT/SOUNDS FROM THE PAST

ポーランドの人気バンドMILLENIUMのキーボーディストによるソロ・プロジェクト第2弾となる18年作。20年前に彼が自主制作した98年の作品を、プロフェッショナルなサウンドでリアレンジ/再録した意欲作です!凛とした透明感と姉御な力強さを兼ね備えた女性ヴォーカルが素晴らしい!

試聴 Click!

  • 次はギリシャから、一押しの女性ヴォーカル擁する新鋭プログレ・バンドをご紹介!

【ギリシャ】CICCADA/FINEST OF MIRACLES

05年にギリシャはアテネで結成されたグループ。幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開。女性ヴォーカルはマイク・オールドフィールドの作品に起用されそうな美声だし、このギリシャの新鋭、ずばりセンス抜群です。

試聴 Click!

  • 次は我らが日本の女性ヴォーカル・プログレ・・・ってなんと、この18年作、ソーニャ・クリスティーナも参加しているんですか!

【日本】YUKA AND CHRONOSHIP/SHIP

Key/Voの船越由佳を中心に、元SENSE OF WONDERのベース田口俊をはじめ、経験豊富なベテラン・スタジオ・ミュージシャンらによって09年に結成されたグループ。何と言ってもソーニャ・クリスティーナの物悲しい歌声で幕を開ける32分の組曲がもうとんでもない完成度!もとより海外での評価が高い彼らですが、世界でもトップクラスのプログレ・バンドであることを証明した18年作4thです!

試聴 Click!

【日本】MIZUKI DA FANTASIA/レインボウ・チェイサーズ 虹を追う人々

ストレンジ・デイズの岩本晃市郎氏がプロデュースを手掛ける、沖縄出身の女性ヴォーカリストMizukiを中心としたジャパニーズ・プログレ・グループ。初期クリムゾンばりの哀感溢れるメロトロン、フォーカスに通じる中世エッセンス、そしてエモーション豊かな凛と美しいヴォーカル。前作以上に気高く洗練された世界観を提示する18年作2nd!

  • 最後は今月届いたばかりのこの作品で締めくくりましょう。澄み切った女性ヴォーカルとファンタジックでフォーキーな音世界を特徴とするハンガリーの注目新鋭グループ!

【ハンガリー】YESTERDAYS/SENKI MADARA

06年デビュー作『HOLDFENYKERT』でシンフォ・ファンの度肝を抜いた、ハンガリーの新鋭シンフォ・グループによる待望の18年作3rd。今作もこの世とは思えない淡く浮遊感ある美麗世界が眼前に広がってくるさすがの名品!

試聴 Click!

まだまだ女性ヴォーカル・プログレを探求したいという方はこちらも是非!


特集!プログレ界の名女性ヴォーカル選☆

【関連記事】

特集!プログレ界の名女性ヴォーカル選☆

各国を代表するプログレ系女性ヴォーカリストを一挙にピックアップ☆


美声女性ヴォーカル擁する新鋭プログレ特集!

【関連記事】

美声女性ヴォーカル擁する新鋭プログレ特集!

英プログレ・バンドRENAISSANCEのヴォーカル、アニー・ハズラムから続く美声女性ヴォーカル・プログレを、世界中からピックアップしてまいりましょう。


コケティッシュな女性ヴォーカルのスキャット映える世界のジャズ・ロックを探求♪

【関連記事】

コケティッシュな女性ヴォーカルのスキャット映える世界のジャズ・ロックを探求♪

涼やかかつ色っぽさのある女性ヴォーカル入りのジャズ・ロック作品をカケレコ棚よりピックアップ!

女性ボーカルなプログレの在庫

「女性ボーカルなプログレ」の在庫をもっと見る

過去の「今月の特集」はこちら

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CURVED AIR / PHANTASMAGORIA

    ヴァイオリン奏者ダリル・ウェイ率いるグループ、72年3rd

    RENAISSANCEと共に、女性ボーカルがフロントを務めるプログレッシブ・ロックバンドの代表格であり、紅一点Sonja Kristinaのパワフルな歌声とDarryl Wayのヴァイオリンをクラシカル且つソフトなサイケデリアで包んだイギリスのグループによる72年3rd。グループの名曲「マリー・アントワネット」や「オーバー・アンド・アバーブ」を収録した最高傑作と名高い本作は、これまでのCURVED AIRの集大成といえるバラエティーに富んだ作風となっており、Sonja Kristinaの魅力が詰まったメロディアスな楽曲からFrancis Monkmanの趣向を感じる実験色、Darryl Wayのクラシカルな彩りが渾然一体となって迫る名盤です。本作を最後にグループは事実上解散し、Darryl Way、Francis Monkman不在のまま後に再編されます。

  • RENAISSANCE / PROLOGUE

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は72年にリリースされたデビューアルバム。「革命のエチュード」からの引用によるオープニングからクラシカルな味わいと英国ロックの気品、アコースティックな感性を全面に、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映えます。楽曲のふくよかさ、トータルプロダクションの上手さは後の作品に譲るも、彼らにしか作りえない素朴な叙情の片鱗を既に窺うことが出来る好盤です。

  • SANDROSE / SANDROSE

    フランス、70sユーロ・シンフォニックを代表する傑作、名手J.P.アラルセンのギターが炸裂する73年唯一作

    フレンチ・オルガンロックバンドEDEN ROSEから発展、女性ボーカリストのRose Podwojnyを加えて結成されたグループの73年唯一作。EDEN ROSEはキーボーディストHenri Garellaのサウンドがフューチャーされたオルガン・ロックでしたが、SANDROSEはソウルフルなRose Podwojnyの歌声とJean Pierre Alarcenのエモーショナルなギターを中心にしたアプローチであり、Henri GarellaはEDEN ROSEからの流れそのままのジャジーなオルガンに加え、KING CRIMSONやGENESISのようなメロトロンも使用し、シンフォニック・ロック然としたサウンドを作り出しています。

  • YESTERDAYS / SENKI MADARA

    ハンガリーの新鋭シンフォ・グループによる18年作3rd、変わらずの淡く浮遊感ある幻想世界を描き出す渾身の傑作!

    06年デビュー作『HOLDFENYKERT』でシンフォ・ファンの度肝を抜いた、ハンガリー出身/ルーマニアを拠点とする新鋭シンフォ・グループ、18年作3rd。いや今作も素晴らしいですよ〜!シャープなキレを持つリズム・セクションを土台として、メロトロンが幻想のカーテンをなびかせ、フルートが幽玄を奏で、品のある艷やかなシンセが疾走し、そして柔らかなアコースティックギターが心地よく響く、驚くほどに瑞々しく透明度の高いアンサンブル。そこに命を吹き込むのが、土着的な響きを持つハンガリー語を息を呑むほど神秘的に聴かせる女性ヴォーカル。それらがしなやかに組み合わされて形作られていくどこまでも繊細な音世界は、過去作よりもさらに美しく洗練されている印象です。ここぞという場面でヴァイオリン奏法を駆使して優美に泣くギターのプレイも胸を打ちます。パーカッションを交えエキゾチックに彩る民族エッセンスもシンフォニックなサウンドに自然に溶け込んでいて素晴らしい。終始、この世とは思えない淡く浮遊感ある幻想世界が眼前に広がる名品。文句なしにおすすめ!

    • 192914872986YESTERDAYS

      ペーパーケース仕様、500枚限定(盤面が黒い特殊ディスクです)

      ペーパーケースにスレがございます。また自主制作という関係上、ジャケットの色味が画像と異なっている場合がございます。ご了承ください。

  • ALBION / YOU’LL BE MINE

    ポーランドの新鋭シンフォ・バンド、これでもかと泣きのフレーズを紡ぎ続けるギター、復帰したオリジナル女性ヴォーカルによるエモーション溢れる歌唱が素晴らしい18年作!

    ポーランドの新鋭シンフォ・グループ、18年作。前作までのキーボーディストらが別グループNOIBLAとして独立し、残ったギタリストJerzy Georgius Antczakを中心に前作や過去作にも参加していたベーシストとドラマー、そして復帰した初期の女性ヴォーカリストAnna Batkoという再編された4人編成となっています。以前までの広がりある幻想的でメランコリックな作風は残しつつも、プログラミングも散りばめたモダンでスタイリッシュなサウンドへと変化を遂げているのが特徴。キーボードはギタリストが兼任しているものの、やはりギターの存在感がアップしており、これでもかとドラマチックな泣きのフレーズを延々紡ぎ続けるギターが圧巻です。さらに復帰したオリジナル・ヴォーカリストがまた素晴らしい!前々作まで在籍した女性ヴォーカルのしっとりめの歌唱も良かったですが、時にシアトリカルとも言える表現力でエモーショナルに歌いこむ、コケットな魅力を秘めた歌唱に心奪われます。プログラミングによる装飾音も絡めつつ安定感抜群のプレイで2人を支えるリズム隊の仕事も特筆です。大きな再編を経たとは思えない完成度の高い音世界で聴かせる傑作!

  • MIZUKI DA FANTASIA / レインボウ・チェイサーズ 虹を追う人々

    女性ヴォーカリストMizukiを中心とする新世代ジャパニーズ・プログレ・グループ、18年作2nd!

    ストレンジ・デイズの岩本晃市郎氏がプロデュースのほか作詞・作曲・アレンジ等にも全面参加している新鋭で、沖縄出身の若手女性ヴォーカリストMizukiとピアニスト/キーボーディストAnna Hardyを中心とするプログレッシヴ・ロック・グループ、17年のデビュー作に続く18年2ndアルバム。前作も70年代プログレへの憧憬を現代的なサウンドへと融合させた見事な一枚でしたが、本作はKING CRIMSONやPFMといったプログレの先人への思いはそのままに、さらに気高く洗練された世界観を提示する傑作!タイトで重みあるリズム・セクションに支えられ、深いエモーションを秘めた凛と美しいヴォーカルと、全編にわたって切ない哀感を添えるメロトロンの調べが華麗に交差するサウンドは、センチメンタルかつあまりにドラマチック。澄み渡る湖面をイメージさせるような格調高いピアノのプレイにも息を呑みます。2曲目をはじめ随所で聴けるFOCUSに通じる典雅な中世音楽エッセンスも、サウンドのイマジネーションを広げていて見事。ヘヴィでパワフルなパートも多かった前作と比べ、粛々とした抑えた表現を主とする印象ですが、それがかえって深みある叙情性を生んでいて、聴く者の胸を強く揺さぶります。シンフォニックな優美さを纏ったサウンドメイクが全編を貫いており、このプログレッシヴ・ロック・アルバムとしての完成度の高さは素晴らしいものがあります。前作以上の感動を呼び起こす、ジャパニーズ・プログレの新たな名作!

  • RYSZARD KRAMARSKI PROJECT / SOUNDS FROM THE PAST

    MILLENIUMのkey奏者によるソロ・プロジェクト18年作、当時彼がほぼ一人で作り上げた98年作を20年の時を経て格段のクオリティと共に蘇らせた意欲作!

    00年代以降のポーランド・プログレを牽引するグループMILLENIUMのキーボーディストによるソロ・プロジェクトの18年作。メンバーは前17年作『LITTLE PRINCE』と同じMOONRISEのギタリストMarcin Kruczekや女性ヴォーカルを含む5人編成で、タイトルどおり彼がMILLENIUM以前に活動したグループFRAMAUROの98年作『ETERMEDIA』をもとにリアレンジ&再録した内容となっています。彼によるリック・ライト彷彿の陰鬱にたなびくシンセやギルモア・タッチのエモーショナルなギターなど、さすがのフロイド・エッセンスは随所に散りばめられていますが、メインは透明感と姉御な力強さを兼ね備えた女性ヴォーカルをフィーチャーした歌ものメロディアス・ロック。『WALL』期フロイドをポップにしたようなナンバーから疾走感あるプログレ・ハード曲、アコースティックギターの調べが彩る哀愁のバラードまで、多彩な楽曲で構成されていますが、決して大仰には展開せず、必要なだけの音を用いたスタイリッシュに引き締まったアンサンブルにプロフェッショナリズムを強く感じさせます。当時彼がほぼ一人で作り上げたという98年作を、20年の時を経て格段のクオリティと共に蘇らせた意欲作!

  • CICCADA / FINEST OF MIRACLES

    女性ヴォーカルを擁するギリシャのプログレ新鋭、2015年作2nd、幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開する傑作

    05年にギリシャはアテネで結成された、女性ヴォーカルEvangelina Kozoniと、男性フルート/サックス/Key奏者のNicolas Nikolopoulosを中心とするグループ。2010年デビュー作に続く2015年作2nd。フォーク、プログレ、アヴァンギャルドの垣根を超えてダイナミックに行き来する構成が魅力で、ヴァイオリンが舞い、フルートがギリシャの深い森の神秘性を漂わせると幽幻なるユーロ・フォークが立ち現れますが、次の瞬間、エレキ・ギターがガツンと炸裂し、ハモンド・オルガンがウネリを上げるまるでイタリアン・ヘヴィ・シンフォばりの荘厳さで畳み掛け、さらにそこから急展開で、管弦楽器が格調高くも暗黒の世界を描くチェンバー・ロックへと突入。すさまじいアレンジ・センスと演奏力にはただただ言葉を失います。クラシカルな流麗さとアヴァンギャルドな硬質さとのバランスは、いかにもYUGENなどを擁するイタリアのAltrOck/FADINGレーベルが目をつけるのも納得。透明感ある高音が美しい女性ヴォーカルもまた特筆で、マイク・オールドフィールドの作品に起用されそうな孤高の美しさを醸しています。これはずばり傑作!

  • YUKA AND CHRONOSHIP / SHIP

    YUKA(船越由佳)を中心にベテラン・ミュージシャンたちが集結したジャパニーズ・プログレ・バンド、18年作

    98年にSSWとしてデビューした船越由佳(Key/Vo)を中心に、元SENSE OF WONDERのベース田口俊をはじめ、経験豊富なベテラン・スタジオ・ミュージシャン宮澤崇(G)、田中一光(Dr)によって09年に結成されたグループ。2018年作4thアルバム。何と言っても冒頭に配された、7つのパートからなる32分超の組曲が圧巻!ゲスト・ヴォーカルのSonja Kristina(カーヴド・エア)による物悲しい歌唱で幕を開け、ゴリゴリとアグレッシヴに弾きまくるギターと清廉で輝かしいトーンのシンセサイザーが絡み合いながら高みに上り詰めていく、あまりにスケールの大きなサウンドは息を呑むほどの素晴らしさです。組曲ではギターがリードするハードかつテクニカルに突き進むパートが多いのですが、常にキーボードが幻想的な色合いを付与しているのが印象的で、YESに通じるファンタジックで映像喚起力に満ちた世界観が全編にわたって広がります。終盤ではギターに負けじとK.エマーソンばりのスリリングで緊張感あるシンセのプレイで畳みかける展開も待っており、その目くるめく構成美には舌を巻くばかりです。John Wettonが歌う予定だったというケルティックな美しさを持つ最終曲は、伊豆田洋之(ピカデリー・サーカス)がヴォーカルを務めており、繊細なハイトーンが神秘的なサウンドにマッチしていて実に感動的。海外プログフェスへの参加や、前作が英CHERRY REDよりリリースされるなど、もとより海外での評価が高いバンドですが、ここにきて一段と凄まじい完成度に達しています。ただ一言、傑作!

  • MAGENTA / WE ARE SEVEN LIVE(2CD)

    現英国シーンをリードするシンフォ・グループ、18年4月のライヴ音源を収録、全13曲

    2018年4月8日に母国イギリスでおこなったライヴの音源を収録。Disc1には17年リリースの最新作『WE ARE LEGEND』の全3曲をメインとする5曲を、Disc2には04年の名作「SEVEN」を全曲含んだ8曲を収録。麗しい美声女性ヴォーカルをフィーチャーし、英国らしい端正なスタイリッシュさと哀愁いっぱいに盛り上がるドラマ性をあわせ持った無敵のサウンドで迫ります!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。