プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

米ブルース・ロックの裏番長、NEIL MERRYWEATHER & LYNN CAREY周辺の豪快作品たち

マイナーなミュージシャンだけど、この人が関わった作品は、米ブルース・ロック/ハードの名作ぞろい。まさに米ブルース・ロックの裏番長ですね。

彼が率いた最初のバンド、MERRYWEATHERは、DAVE MASONやSTEVE MILLERもセッション参加したアメリカン・ブルース・ロックの重要バンド。その後、ガールフレンドで女優でもあったLYNN CAREYをヴォーカルにIVAR AVENUEを結成。以後、NEILは数々のレコード・レーベルを渡り歩き、MAMA LIONを始めとする多くのプロジェクト、ソロ作品をリリースして行きます。

ここでは、そんなアメリカン・ブルース・ロックの裏番長、NEIL MERRYWEATHERのキャリアを辿り、そのエネルギッシュで豪快なサウンドの魅力に迫ります。

MERRYWEATHER

試聴 Click!

後にMAMA LION等で活躍する米ブルース・ハード・シーンの最重要人物、NEIL MERRYWEATHERによる、記念すべき最初の作品!69年作。スピーディーかつ重量級のリズム隊、炸裂するギター、サイケ・ポップ的なキャッチーなメロディが既に確立!

NEIL MERRYWEATHER JOHN RICHARDSON AND BOERS

試聴 Click!

ツェッペリンとブライアン・オーガーがコラボレーションしたような、ブルージーで洒脱なサウンドが格好いい!「米ブルースの裏番長」Neil Merryweather率いる、男の色気たっぷりのヘヴィ・ブルース・ロック。

IVAR AVENUE

試聴 Click!

後にMAMA LIONを結成する2人!Neil Merryweatherと女性ヴォーカルLynn Carey在籍のグループ!サザン・フィーリングもあるコクと旨みに溢れた米ブルース・ロックで粘りのあるリズム、スリリングなギター、分厚いハモンドが炸裂です!

MAMA LION

試聴 Click!

ジャニス・ジョップリンの次にくる女性シャウト・ヴォーカリストといったら、リン・カーニーでしょう。アンプで増幅しているかのようなエキセントリックなシャウトは存在感抜群。本当凄いです!

C.K.STRONG

試聴 Click!

こちらはMAMA LIONの女性ヴォーカリスト、LYNN CAREYが最初に籍を置いた、LAのブルース・ヘヴィ・サイケ・バンドの唯一作から。ソリッドでブルージーな彼女のシャウトは、既にこの時期にガツンッと確立されています。MAMA LIONも是非!

HEAVY CRUISER

試聴 Click!

こちらもNEIL MERRYWEATHER率いるグループ、72年作。ハード・ロッキンな疾走チューン、渋いブルース・ハード、黄昏のフォーク・ロックなど。コシのあるアンサンブルと泣きのヴォーカル&メロディが光る粘りんぐシャウトがグッと来る!

MERRYWEATHER & CAREY

試聴 Click!

MAMA LIONの女性Vo.(Lynn Carey)とベース(Neil)を中心とするグループ。71年作。Lynnのシャウトが炸裂するソリッド&ブルージーなハード・ナンバーから、FACESばりの酔いどれロックン・ロール、THE BANDまで冴え渡ってます!

NEIL MERRYWEATHER

試聴 Click!

こちらは、NEILの74年作4thソロ!百戦錬磨なベーシストである彼が放った、B級SFオペラ?的スペイシーなコンセプト作。タップリと流れるメロトロン、グルーヴ感たっぷりのファンク感、グラム的中性Vo.とスペース感溢れるプログ的展開も!

NEIL MERRYWEATHER

試聴 Click!

アラレちゃんの『のりまきせんべえ』か!って感じのおバカなジャケですが・・・騙されないでっ!HEAVY CRUISER〜MAMA LIONといったグループで活躍した、そうアイツのエネルギッシュかつブルージーなギターが炸裂するハード・ロックさっ!

BUDDY MILES EXPRESS

試聴 Click!

JIMI HENDRIXのバック・バンド、BAND OF GYPSYSのドラマーによる最高のファンキー・ロック73年作!コロンビアに移籍後にリリースされたアルバムで、何処までもご機嫌なファンキー・ロッキン・ソウルフル・サウンドが大転回!

g1E2S6I9gdA

試聴 Click!

カナダが誇るブルース・ロックの裏番長、78年ソロ作。熱気溢れるヘヴィ・ブルースとは違いスタイリッシュに洗練されたサウンドに仕上がっていますが、ピアノやサックスを交えた緻密なアンサンブルは流石の出来。カッコイイです。

Facebookコメント

在庫一覧

  • HEAVY CRUISER FEAT NEIL MERRYWEATHER / HEAVY CRUISER

    MAMA LIONやMERRYWEATHERでの活躍でも知られるNeil Merryweather率いるグループ、72年作1st

    MAMA LIONやMERRYWEATHERでの活躍でも知られるNeil Merryweather率いるグループ。72年作の1st。ハード・ロッキンな疾走チューン、渋いブルース・ハード、黄昏のフォーク・ロックなど。コシのあるアンサンブルと泣きのヴォーカル&メロディが光る佳曲揃い。

  • MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHER / PRESERVE WILDLIFE and GIVE IT EVERYTHING I'VE GOT

    存在感抜群の女性シャウト・ヴォーカルを擁する米ハード・グループ、72年作1stと73年作2nd

    72年作1stと73年作2ndをカップリングした2in1CD。とにかく女性ヴォーカルLynn Careyが必殺!アンプで増幅しているかのようなエキセントリックなシャウトは存在感抜群。本当凄いです。バンドの方もヴォーカルの迫力に負けじとソリッド&ブルージー&ファンキーな力強いサウンドを炸裂させています。どちらも名作!

  • MERRYWEATHER / MERRYWEATHER

    後にMAMA LIONなどで活躍するNEIL MERRYWEATHER率いるグループ、キャッチーなサイケ・ブルース・ハード

    後にMAMA LIONなどで活躍する米ブルース・ハード・シーンでは欠かせないミュージシャンNEIL MERRYWEATHER率いるグループ。69年作。スピーディーかつ重量級のリズム隊、バキバキに歪んだ炸裂ブルース・ギター、サイケ・ポップ的なキャッチーなメロディ&コーラスというスタイル。CREAMと比べるならば、ソリッド感とエネルギーはそのままに、混沌とした感じを薄めて、その分ビートリッシュなキャッチーさを増したようなイメージ。メロディも演奏もかなり良いです。好グループによる好盤

  • MERRYWEATHER & CAREY / VACUUM CLEANER

    MAMA LIONの女性シンガーLynn Careyのヴォーカルが炸裂するアメリカン・ハード名作、71年作

    MAMA LIONの女性ヴォーカル(Lynn Carey)とベース(Neil Merryweather)を中心とするグループ。71年作。Lynn Careyのシャウトが炸裂するソリッド&ファンキー&ブルージーなハード・ナンバーから、FACESばりの酔いどれロックン・ロール、THE BANDをイメージさせる黄昏のフォーク・ロックまで、骨太な演奏と存在感抜群のヴォーカルが冴え渡るエネルギッシュな佳曲揃い。名作です

  • NEIL MERRYWEATHER / SPACE RANGERS

    カナダのヘヴィー・サイケ・ベーシスト兼ソングライターによる、74年作4thソロ!

    カナダのヘヴィー・サイケ・ベーシスト兼ソングライターによる、74年作4thソロ!MAMA LIONやHEAVY CRUISER等でベースを弾いて来た百戦錬磨な彼が放ったB級SFオペラ?的スペイシーなコンセプチュアル・アルバムに仕上がっています。タップリと流れるメロトロンにグルーヴ感たっぷりのファンク・ロックが時にハードに、時に洒脱なジャジー感を伴って展開されて行きます。グラム的中性ヴォーカルとスペース感溢れるサウンド・プロダクションがプログレッシヴに展開する濃い一枚です!

  • NEIL MERRYWEATHER / KRYPTONITE

    MERRYWEATHER〜HEAVY CRUISER〜MAMA LIONで活躍したギタリスト、75年作

    Neil Merryweatherは、MERRYWEATHER〜HEAVY CRUISER〜MAMA LIONといったグループで活躍した米ブルース・ハード・シーンでは欠かせないギタリスト。ジャケは胡散臭いですし、時折ミュオ〜ンとシンセが絡みますが、根っこにあるのは、エネルギッシュかつブルージーなギターが炸裂するハード・ロック。ギターはかなり早弾きしてます

  • NEIL MERRYWEATHER / DIFFERENCES

    「米国ブルース・ロックの裏番長」Neil Merryweatherによる78年ソロ作

    HEAVY CRUISERやMAMA LIONで知られるカナダ出身の名ブルース・ミュージシャンによるソロ78年作。前作『KRYPTONITE』までのヘヴィでガツンと来るブルース・ハードとは打って変わって、本作ではサザン・スワンプやR&Bの要素を取り入れた爽やかでメロディアスな楽曲が多くを占めています。とはいえジャジーなサックスに流麗なピアノやオルガン、ソウルフルな女性コーラスなど多彩な音を取り入れた緻密なアレンジ&洗練されたサウンドは見事な完成度。Merryweatherファンは勿論、米スワンプ・ロックやDOOBIE BROTHERSなどウエストコースト・ロックが好きな方にもオススメです。

  • NEIL MERRYWEATHER / JOHN RICHARDSON AND BOERS

    HEAVY CRUISER〜MAMA LIONなどで活躍したNeil Merryweather率いるヘヴィ・ブルース・ロック、70年作

    カナダが誇るブルース裏番長、Neil MerryweatherがMERRYWEATHER脱退後に結成したブルース・ロック・トリオの1970年唯一作。メンバーはベース/ヴォーカルにMerryweather、ギターにカナダのサイケ・グループNUCLEUSなどで活躍したJohn Richardson、ドラムにUGLY DUCKLINGSのRobin Boers。さらに一部の曲では49TH PARALLELに在籍したオルガン奏者が参加しているのですが、このオルガン・ロック・ナンバーが特に格好いい!60年代のサイケでモッズな色合いを残した軽やかなハモンドと、ツェッペリンばりにキレのあるギター、色気のあるMerryweatherのヴォーカルがスピーディーかつ洒脱に絡んでいくT1「Aren''t You Glad That You Know」は間違いなくオルガン・ロックの隠れ名曲。他にもバッファロー・スプリングフィールドの「Hot Dusty Roads」を大胆にカヴァーしたT2「City Boy」や、ルーズかつ切れ味鋭いリフがガツンと来るT4「Flat Black」など、ブルージーでソリッド、かつどこか洗練された印象のあるクールな良曲揃い。Merryweatherのプロジェクトでも後の女性ヴォーカリストLynn Careyをフィーチャーした作品とはまた違った、男の色気を感じさせるヘヴィ・ブルース・ロックに仕上がっています。

関連CDリスト

日本中のディープなロック・ファンから集まった中古CD、世界のニッチ&ディープな新品CDの在庫豊富!続きはリストで探求ください!