プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ツイッターフォロワーの皆様と選ぶイメージソング~桜編

全国的に桜が見頃ですね。

カケレコの事務所がある埼玉県寄居町でも今月に入りあちこちで綺麗な桜の花が咲いています。

こちらの画像は、今月1日に寄居で撮った桜の写真。

今回はこの桜の写真から思い浮かぶロック・ソングをツイッター上で募集いたしました!

桜の儚さや美しさ、春の穏やかな陽気などをイメージさせる曲の数々が集まりましたので、ご紹介してまいりましょう~。

ぜひ写真の桜を眺めながらお楽しみいただければ幸いです☆

Caravan / Golf Girl(from『IN THE LAND OF GRAY AND PINK』) @tlitgggggさん

「儚くも美しい桜とこの牧歌的なメロディーがピッタリ合うと思いました。それとこの曲が収録されているアルバムジャケットと桜がリンクしたのかも知れません(笑)。」ということで選んでいただきました。たしかに曲の朗らかな雰囲気が、桜の咲く公園を散策している気分にさせてくれるようです。ジャケットのピンク色もそんなイメージをより膨らませてくれますよね。

試聴 Click!

Matching Mole / O Caroline(from『MATCHING MOLE』) @AJTDCKさん

「暖かく牧歌的なイメージから、マッチング・モールのオー・キャロラインに一票です。」ということで、カンタベリー・ロックからはこの名曲も挙げていただきました。牧歌的な温かみとカンタベリーらしい淡い色彩感が桜のイメージにマッチしてますよね~。ワイアットの優しい歌声も素敵だし、何度聴いてもたまらない名曲です。

試聴 Click!

Genesis / Carpet Crawlers(from『LAMB LIES DOWN ON BROADWAY』) @mmhyonmaさん

『幻惑のブロードウェイ』収録の幻想的なバラード・ナンバーですね。デリケートなタッチで紡がれる演奏が、桜の儚く繊細な印象とマッチしていてかなりいい感じ♪

試聴 Click!

Enid / Spring(from『SPELL』) @Haaniunさん

「The EnidのSpringいかがでしょう?春の爽やかさ、桜の儚さというよりは、爆発的な春爛漫といった雰囲気ですが」ということで、エニドからはずばり「Spring」をご提案いただきました。春が到来した喜びをダイナミックに表現したようなクラシカル・サウンドが素晴らしいですね!「咲き誇る桜」のイメージでしょうか。

試聴 Click!

Marillion / Made Again(from『BRAVE』) @berial0807さん

「MarillionのMade Againはいかがでしょうか?春らしく爽やかで、新生活スタート!という感じがします。」ということで、マリリオンからは94年作『BRAVE』収録の名曲「Made Again」を選んでいただきました。躍動感溢れる後半部分が特に春っぽさ抜群で美しいですね。たしかに新生活への後押しをしてくれるような希望を感じさせるナンバーです。

試聴 Click!

Tai Phong / Cherry @gofukuya44さん

フランスのタイフォンからは、当時シングルB面としてリリースされた隠れた名曲「Cherry」を挙げていただきました。2nd『WINDOWS』のボーナス・トラックとして耳にした方も多いのではないでしょうか。美しい曲調で桜の情景ともピッタリなんですよね~。Cherryはサクランボだけではなく桜の木も意味するそうですが、桜を歌った曲だとしたら、桜の風景と合うのも納得です。

試聴 Click!

Nicky Hopkins / Waiting For The Band(from『TIN MAN WAS A DREAMER』) @stutdsさん

「なんとなく曲調が春っぽいNicky Hopkins – Waiting For The Bandに一票!」ということで、英ロック界で華麗に活躍した名セッション・ピアニストのこの曲を挙げていただきました!柔らかなタッチのピアノと優しげな歌声、この曲はたしかに春っぽさに溢れていますね。絶品です☆

試聴 Click!

Heron / Smiling Ladies(from『HERON』) @gofukuya44さん

「HERONのSmiling Ladiesなんてどうでしょう?小鳥のさえずりも聞こえてきそうな感じなんで。」ということで、フィールドレコーディングで制作された英フォークの名盤からのナンバーを挙げていただきました。ヘロンは草原のイメージがあったのですが、桜の写真と一緒に聴いてみると、とてもマッチしていて素晴らしいんですよね。小鳥のさえずりも雰囲気満点です。

試聴 Click!

Beatles / While My Guitar Gentry Weeps(from『THE BEATLES(WHITE ALBUM)』) @dick_sakumaさん

こちらは別記事へのリプライだったのですが、こ、これは合うんじゃない!?ということでビートルズ屈指の人気曲も勝手に挙げさせていただきました。極上の泣きのギターと桜、最高ですよね。夜桜でもイケそうな感じがします。

試聴 Click!

Freddie Mercury & montserrat caballe / La Japonaise(from『BARCELONA』) @DNA_Queenさん

そうきたか!と思ったのが、フレディと大御所オペラ歌手モンセラート・カバリエによるこの共演曲。格調高いオペラ調と和のテイストが融合したあまりに美しいナンバーですよね。これは合わないはずがありません。それにしてもフレディ、日本語の発音上手いですね~。

試聴 Click!

FreiHeit / Keeping The Dream Alive(from『FANTASY』) @gofukuya44さん

80年代以降大きな人気を博したドイツのポップ・グループFreiHeitが88年に発表したこのナンバーも挙げていただきました。ヘヴンリーな雰囲気が、儚く美しい桜のイメージとよくマッチしています。

試聴 Click!

Alebert Hammond / The Air That I Breathe(from『IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA』) @kakereco

最後にカケレコのセレクトもご紹介。英国のSSWアルバート・ハモンドの「安らぎの世界へ」です。ホリーズのバージョンでよく知られる本曲ですが、より素朴な情感が表れたハモンドによるオリジナル・バージョンを選んでみました。いかがでしょうか?

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。ぜひ身近な桜を眺める際にも、ここに挙がった曲たちと一緒にお楽しみいただければ嬉しく思います。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CARAVAN / IN THE LAND OF GRAY AND PINK

    ソフト・マシーン3rdと共にカンタベリー・ロックの代表作と言える一枚、71年発表の傑作3rd!

    SOFT MACHINEと同じWILDE FLOWERSを母体にRichard Sinclairらによって結成されたグループであり、カンタベリー・ジャズ・ロックシーンを代表するグループの71年3rd。彼らの代表作との評価も高いその内容は、淡いサイケデリック・ロックの質感と、Richard Sinclairの甘く響くボーカル、Dave Sinclairの各種キーボードによるマイルドなアンサンブルが上質に響くカンタベリー・シーン屈指の名盤であり、英国然とした湿り気を帯びた雰囲気とSOFT MACHINEよりもポップ且つメロディアスな音楽性が素晴らしい1枚。20分超の大作も採用し、プログレッシブ・ロックならではのスリリングなインタープレイを見せ付けながらも、やはりナイーブでセンチメンタルな叙情に溢れた傑作です。

    • UICY9058

      紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲、定価2039+税

      盤質:傷あり

      状態:

      帯有

      帯に色褪せでピンク部分がグレーになってます、その他は状態良好です

    • 5333161DERAM

      40th Anniversaryデラックス・エディション、デジパック仕様、2CD+DVD-AUDIO(STEVEN WILSONによる5.1chミックス)の3枚組、NTSC方式、リージョンフリー

      盤質:無傷/小傷

      状態:並

      デジパックに情報シールが貼ってあります、一部に破れあり、その他は状態良好です

      2190円

      1752円
      (税込1927円)

      482円お得!


      CD詳細ページへ

  • MATCHING MOLE / MATCHING MOLE

    ソフツを脱退したワイアットが結成したグループ、名曲「O Caroline」収録の72年デビュー作、カンタベリー・ロックらしさ満点の名品!

    カンタベリー・シーンを代表するグループであり、SOFT MACHINEで4枚のアルバムに参加後脱退したRobert Wyattにより結成。独特のポップセンスを持った音楽性が魅力の72年デビュー作である本作は、元CARAVANのDave Sinclair、元QUIET SUNのBill MacCormick、後にHATFIELD AND THE NORTHに参加するPhil Millerといったビッグネームが集い製作された名盤であり、非常にポップな魅力に溢れたユーモラスなジャズ・ロック作品という趣です。インプロヴィゼーション色も強く現れており、淡いサイケデリアを描きつつ進行する様はとても個性的。大きくメロトロンが取り上げられている作品としても有名な名盤です。

    • ECLEC22311ESOTERIC

      2枚組、12年新規リマスター、ボーナス・トラックとして「O Caroline」のシングルverや20分を超える未発表スタジオ音源を収録、DISC2には71年12月/72年1月のスタジオ・セッション音源、72年1月/4月のBBC音源を収録(現在スリップケースは付いていません)

      ジャケットにケース形状上によるケースツメ跡、折れなどがある場合がございます。ご了承ください。

    • SICP30321

      紙ジャケット仕様、Blu-specCD2、13年DSDリマスタリング、ボーナス・トラック7曲、定価2268

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

  • BEATLES / BEATLES

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

    68年作。ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、彼ら一流の音楽センスで咀嚼し、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応そのままに一気にぶちまけた、才気みなぎる大傑作。洗練された前作「Sgt.Pepper’s 〜」の反動からか、音を整理することなく、それぞれのメンバーのアンテナが向かうままに、剥き出しの音が鳴らされています。アルバム全体の統一感こそ薄いですが、1曲1曲はかなり尖っています。あのビートルズの、あのメンバー達の「アンテナ」が閉じこめられてるんですから、そりゃ、半端ではなくエネルギッシュ。

    • TOCP65200/1

      98年紙ジャケット仕様、30周年限定盤(直輸入盤国内仕様)、特殊プラスリップケース付仕様、定価3670

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      スリップケースに割れ・目立つ黄ばみあり、若干たばこ臭あり、帯にシミ汚れあり

      890円

      712円
      (税込783円)

      196円お得!


      CD詳細ページへ

    • CP255329/30

      2枚組、赤帯、88年規格、シリアルナンバー入り、定価4788

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯無

      帯無

    • CP255329/30

      25TH角丸赤帯、税表記あり、88年規格、2枚組、シリアルナンバーは無し、定価4697

      盤質:傷あり

      状態:並

      帯有

      小さいカビあり、帯に折れあり

    • 724349689527APPLE

      紙ジャケット仕様、プラ製スリップケース付仕様、2枚組、リミテッド・エディション、EU盤(Made in EU)

      盤質:傷あり

      状態:

      スリップケース無し、若干年代を感じます

      990円

      792円
      (税込871円)

      218円お得!


      CD詳細ページへ

  • GENESIS / LAMB LIES DOWN ON BROADWAY

    ガブリエル在籍期最終作となった74年リリースの6th、コンセプト・アルバムの大名作!

    Peter Gabrielによる味わい豊かなしゃがれ気味のボーカルと、演劇的に彩られたステージ・パフォーマンスが独特の存在感を放ち、数多くのフォロワーに受け継がれ、現在に至るまで脈々とプログレッシブ・ロックシーンに息づいているイギリスのグループの74年6th。Peter Gabriel在籍期最後のアルバムとなる本作はマンハッタンを舞台に繰り広げられる、ラエルという男性を主人公にしたコンセプト・アルバムであり、Peter Gabriel期GENESISの集大成となった問題作。前作までのファンタジックなジャケットから一転、ヒプノシスによるジャケットを採用し、それまでの寓話的な幻想性は後退していますが、Peter Gabrielのシアトリカルなボーカルは健在であり、聴く者を文字通り幻惑の世界に誘います。

  • TAI PHONG / WINDOWS

    フレンチ・シンフォを代表するグループ、76年作、繊細な幻想美、泣きの叙情、ハードロックの哀愁が同居する大名作!

    ベトナム系フランス人を中心に結成され、ASIA MINORと並び、混血グループの強みを生かした無国籍な魅力を持ちながらも、フランス産らしいシンフォニック・ロックと独特の哀愁、そしてテクニカルなバンド・アンサンブルで有名なグループの76年2nd。基本的な路線は前作と変わらず、普遍的なメロディーと哀愁を放ちながら、ハードに、そしてシンフォニックに盛り上げる作風となっていますが、前作以上に幻想を帯びた楽曲構成とアレンジの上手さが見て取れ、彼らの持ち味である美しいメロディーと絶妙に絡みついた、デビュー作と並ぶ傑作となっています。

  • NICKY HOPKINS / TIN MAN WAS A DREAMER

    60-70年代の数々のロック名盤を彩った名セッション・ピアニスト、センシティヴな感性が光る愛すべき73年1stソロ!

    ザ・フー、キンクスのアルバムへの参加を皮切りに、ビートルズメンバーのソロ作や、ストーンズ、ジェフ・ベック・グループなどの作品に参加するなど、言わずと知れた英ロックシーンを代表するセッションピアニスト。73年の初ソロアルバム。彼ならではのコロコロとリリカルなトーンのピアノの素晴らしさは言わずもがな、米スワンプの名SSWジェリー・ウィリアムスと共作した4曲など、哀愁漂う流麗なメロディが絶品。センシティヴな感性が光るメランコリックな歌声もまた特筆です。特に「Lawyer’s Lament」は美しすぎる名曲で、ゲスト参加したミック・テイラーのギターも哀愁たっぷりに響いています。クイックシルバー・メッセンジャー・サーヴィスのアルバムにも収録されたインストゥルメンタル「Edward」も聴き所で、繊細なタッチながら嵐のようなピアノが圧巻。中盤スピードが緩むと、ピアノとホーン、そしてジョージ・ハリスンのスライド・ギターがゆったりと絡み、まどろむような空気にはサイケデリックな空気を感じます。ニッキーならではのリリカルなピアノとともに、60年代〜70年代の黄金のロック名盤への参加で培った芳醇なセンスが滲み出た名作。どの曲もこれでもかと胸に響きます。

  • MARILLION / BRAVE

    94年リリース、ホガース時代初期を代表するドラマチックな名作

  • ENID / SPELL

    四季をテーマにした傑作組曲を収録、83年作

    クラシカル・ロックを代表するバンド、エニドの通算7枚目のスタジオ・アルバム。

  • ALBERT HAMMOND / IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA

    70年代にアメリカに移住し活躍した英国人SSW、大ヒット曲「カリフォルニアの青い空」を収録した72年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。