プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

Fading Records特集!70年代のヴィンテージサウンドを現代的な解釈とともにアウトプットした、ビビッドで感性豊かな作品群をご紹介!

世界各国の先鋭的なサウンドを聴かせる実力派グループを擁する、注目のイタリア発レーベルAltrOckの存在は、すでに多くのプログレ・ファンの皆様の知るところだと思います。

今回は、その傘下として運営されているサブレーベル「Fading Records」の作品を取り上げます。

このFading、本元AltrOckと比べるとより70年代プログレ/シンフォニック・ロックのエッセンスを色濃く受け継ぐ作品をリリースしています。

あのLOCANDA DELLE FATEの2012年復活作をリリースしたのもこのFading Records。

70年代のヴィンテージサウンドを取り入れ現代的な解釈とともにアウトプットした、ビビッドで感性豊かな作品群をどうぞお楽しみください。

SYNDONE/ODYSSEAS

90年代はじめから活動するベテラン伊プログレ・バンドによる2014年作なんですが、クラシックの気品、ジャズの躍動感、地中海音楽のエキゾチズムがブレンドしたまばゆいサウンドは、これぞイタリアン・プログレ!

試聴 Click!

NOT A GOOD SIGN/FROM A DISTANCE

現代アヴァン・プログレ最高峰バンドYUGENの中心メンバー2人による70年代プログレへのオマージュ。

まるで『レッド』期のクリムゾンに、ソフツ『6』時代のカール・ジェンキンスが加入した感じ!?

試聴 Click!


キング・クリムゾンのDNAを受け継ぐ90~10年代プログレ特集!

【関連記事】

キング・クリムゾンのDNAを受け継ぐ90~10年代プログレ特集!

迫りくる凶暴なアンサンブル、そして叙情美。クリムゾンの遺伝子を受け継いだ90年代以降の新鋭グループを世界中からピックアップ!

CAMELIAS GARDEN/YOU HAVE A CHANCE

PFMからCELESTEまでを宿す香り高く豊潤なイタリア叙情に、MOON SAFARIの爽やかなポップフィーリングを加えたような感じ。

この新鋭、素晴らしいなぁ。

試聴 Click!


メロトロン溢れる00年代新鋭プログレ特集

【関連記事】

メロトロン溢れる00年代新鋭プログレ特集

新鋭プログレ・グループにより00年代にリリースされた作品の中から、メロトロン溢れる作品をセレクト!

AUTUMN CHORUS/VILLAGE OF THE VALE

レーベルからのインフォには、参考バンドとして英国70sプログレの名グループFANTASYとアイスランドのポスト・ロック・バンドSIGUR ROSが挙げられていますが、なるほどその通り!

イギリス南東部ブライトン出身グループによる、息を呑むほど美しいシンフォニック・ロックを聴かせる2012年デビュー作。

試聴 Click!


【タイトル追加】プログレの本場イギリスのハイレベルな新鋭バンドたちを一挙ピックアップ!

【関連記事】

【タイトル追加】プログレの本場イギリスのハイレベルな新鋭バンドたちを一挙ピックアップ!

90年代以降のプログレシーンを盛り上げる北欧スウェーデンやイタリアに負けじと、本場イギリスからも、イエスやジェネシスやクリムゾンなど往年のグループのDNAを継いだ好グループが出てきております。注目の作品をセレクトいたしましょう。

CICCADA/A CHILD IN THE MIRROR

ギリシャはアテネ出身のプログレ新鋭、その女性ヴォーカルの名はエヴァンゲリス。

美しい響きの名前の通りの澄み切ったハイ・トーンに心奪われます。

ゲスト参加した伊プログレ注目グループYUGENのメンバーもさすがの仕事をしていますね。

これは至高の一枚!

試聴 Click!


美声女性ヴォーカル擁する新鋭プログレ特集!

【関連記事】

美声女性ヴォーカル擁する新鋭プログレ特集!

英プログレ・バンドRENAISSANCEのヴォーカル、アニー・ハズラムから続く美声女性ヴォーカル・プログレを、世界中からピックアップしてまいりましょう。

CICCADA/FINEST OF MIRACLES

幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開。ますます美麗に研ぎ澄まされたサウンドが圧巻。

前作でも耳を奪った女性ヴォーカルはマイク・オールドフィールドの作品に起用されそうな美声だし、
このギリシャの新鋭、相変わらずセンス抜群です。

試聴 Click!

ALCO FRISBASS/ALCO FRISBASS

ナショナル・ヘルスやクリムゾンからの影響をベースに、フランスらしいエレガントな感性でまとめあげたサウンドはかなりの完成度!

この2015年デビュー作、圧巻です・・・。

試聴 Click!

ALCO FRISBASS/LE BATELEUR

まるでナショナル・ヘルスとキング・クリムゾンを融合させたような、エレガントかつテンションみなぎるアヴァン・プログレはこの18年2ndアルバムでも健在!

オルガン、メロトロン、ギターが緻密かつ大胆に織り上げていく、フランスらしい先の読めないアーティスティックな展開の連続に、とにかく聴いていてワクワクが止まりません。

何というアイデアの豊富さ!

試聴 Click!

MACROSCREAM/MACROSCREAM

ジェントル・ジャイアントからの影響を地中海のたおやかさで包み込んだような感じ!?

ジャズ/フュージョンの香りが心地よい地中海ポップ・ロックの逸品!

試聴 Click!

PROMENADE/NOI AL DIR DI NOI

これは、なんというテクニックとアイデア!

ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快っぷり!

超絶技巧の中にイタリアらしい哀愁もつまってて、このジェノヴァ産新鋭、とんでもないです…!

試聴 Click!

ANAKDOTA/OVERLOADING

クラシックの豊かな素養を下地に持つ、あまりに流麗で技巧的なピアノがリードするアヴァン・ロックがただただ快感!

一方でシャープな切れ味のリズム隊を伴ってヴィンテージな質感を持つオルガンとエレピが舞うパートでは70年代ジャズ・ロックの香りも漂ってきて、洗練されつつヴィンテージ質感もたっぷり。

なんとイスラエルの新鋭とは!

試聴 Click!

LA COSCIENZA DI ZENO/SENSITIVITA

HOSTSONATENのKey奏者が加入してスケールを増したツイン・キーボード編成は、BANCOばりのクオリティと言っても過言ではない!?

清涼感溢れるトーンでシンセが広がり、ギターがリリカルなアルペジオを奏でる部分のロマンティシズムはLOCANDA DELLE FATEも彷彿。

リリカル&ドラマティックな70sイタリアン・ロックのファンなら歓喜間違いなし、と言える2013年の傑作です。

試聴 Click!

FEM/SULLA BOLLA DI SAPONE

P.F.M.やBANCOやLE ORMEなど往年の伊プログレのDNAとともに、米カンサスばりのキャッチーなプログレ・ハード色も併せ持った伊新鋭。

リリカル&ハードにかっ飛ばす痛快な2014年デビュー作!

試聴 Click!

VIII STRADA/BABYLON

バンコが持っていたテクニカルな鮮烈さや劇的さをモダンにアップデートした感じ!?

これは2015年リリース作の中でも間違いなくトップクラスと言える傑作!

試聴 Click!


VIII STRADAの2015年作2nd『BABYLON』を特集!

【関連記事】

VIII STRADAの2015年作2nd『BABYLON』を特集!

詩情溢れる歌心、「静」と「動」との対比鮮やかなドラマ性、切れ味するどい演奏力。この三拍子が揃ったイタリアらしいサウンドが魅力のVIII STRADAによる2015年作『BABYLON』をピックアップ。

MUSICA FICTA/A CHILD AND A WELL

クラシックからジャズ、民族音楽まで幅広い音楽性を取り込みつつもさらりとこなすセンス、安定感抜群のテクニックなど、SHESHETなどイスラエル・ロックの遺伝子を確かに受け継いだ新鋭!

透き通るような女性ヴォーカルも特筆です

試聴 Click!

関連カテゴリー

イタリアFading Records特集

  • CICCADA / A CHILD IN THE MIRROR

    ギリシアはアテネ出身のプログレ・グループ、現代伊プログレ注目のバンドYUGENのメンバーも参加し、圧倒的に幽玄なサウンドを聴かせる2010年デビュー・アルバム、これは傑作!

    ギリシャはアテネ出身、女性ヴォーカル、男性フルート/Key奏者、男声ギタリストによるトリオ、2010年デビュー作。グリフォンやジェントル・ジャイアントから影響を受けているようで、艶やかなヴァイオリン、ミスティックでいて気品に満ちたフルートやリコーダーが彩る、クラシカルかつトラディショナルな優雅さに、ゲスト参加した現代イタリアが誇るチェンバー・ロック・バンドYUGENのKey奏者やD.F.A.のドラマーによるチェンバー・ロック/プログレのエッセンスが加わったサウンドは、圧倒的に瑞々しく幽玄。紅一点エヴァンゲリアの澄み切ったハイ・トーンのヴォーカルも絶品です。これは至高の一枚!

  • AUTUMN CHORUS / VILLAGE OF THE VALE

    英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

    イギリス南東部のブライトン出身で、ヴォーカル、ギター、トランペット、オルガンを操るマルチ奏者ロビー・ウィルソンを中心に07年に結成された4人組。現代イタリア・プログレ・シーンの注目のレーベルAltrockと契約し、その傘下のFADING RECORDSより2012年にリリースされたデビュー作。アルバムの幕を静かに開けるのが鉄琴の一種であるグロッケンシュピール。まるでオルゴールのように静謐でいてファンタスティックなイントロではじまり、ドラムが入ると、オルガンが幻想的にたなびき、トランペットやストリングスなど管弦楽器が艶やかな音色を奏でるなど、クラシック・ミュージック由来の格調高さと温かみとともに、ポスト・ロック的な浮遊感が絶妙にブレンドされたイマジネーション溢れる音世界が次々と描かれていきます。ささやくように歌うハイ・トーンの繊細でメランコリックな美声男性ヴォーカル、聖歌隊のように厳粛なコーラス・ワークも絶品。レーベルからのインフォには、参考バンドとして英国70sプログレの名グループFANTASYとアイスランドのポスト・ロック・バンドSIGUR ROSが挙げられていますが、なるほどその通り!ジャケットのイメージ通りのいかにも英国的な牧歌性や幻想性と、宗教的とも言える崇高さとが完璧に融合したサウンドにただただ言葉を失います。全ての楽器と声とが信じられないほどに繊細に紡がれた、凛とした音の透明感。デビュー作とは思えない孤高の逸品です。これは名作でしょう!

  • CAMELIAS GARDEN / YOU HAVE A CHANCE

    イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

    イタリアの新鋭プログレ・バンド、2013年デビュー作。凛とした響きのアコギ・アルペジオ、格調高いピアノ、クラシック然とした艶やかなストリングス、柔らかに舞うフルート。オープニングからまるであのチェレステの傑作のように、イタリアならではの叙情が溢れ出します。英語で歌うジェントルでハートウォームな男性ヴォーカルも特筆。2曲目に切り替わるとドラムが入り、ヴィンテージなトーンのシンセが軽やかに伸びやかに透明感あるメロディを奏でます。包み込むように優美なハーモニーも絶品。この躍動感あるポップセンスは、そう、まるでムーン・サファリ!ポップさはそのままに、ギターは初期P.F.M.を彷彿させるし、メロトロンも溢れるし、まだ2曲目までしか聴いてないのに、イマジネーション豊かなアンサンブルの連続に圧倒されます。たおやかなアコギを基調としたハートウォームさとP.F.M.など70年代のイタリアン・プログレのDNAを継いだプログレッシヴな感覚とが見事に融合したファンタスティックすぎる名作。これはオススメです。

  • ALCO FRISBASS / LE BATELEUR

    フランス新鋭グループによる18年作2nd、まるでナショナル・ヘルスとキング・クリムゾンを融合させたようなエレガントかつテンションみなぎるアヴァン・プログレ、これは素晴らしい!

    2015年のデビュー作で、完成度の高いアヴァン・プログレを披露した注目のフランス新鋭による、待望の18年作2nd!まるでナショナル・ヘルスとキング・クリムゾンを融合させたような、エレガントかつテンションみなぎるアヴァン・プログレは本作でも健在!緩急自在のシャープで俊敏なリズム・セクションを土台に、ナショナル・ヘルスにおけるデイヴ・スチュワートを思わせるメロディアスで理知的な音運びのオルガンと大胆に主旋律を奏でるメロトロンを中心とするキーボード、そしてナイフのような鋭いトーンで空間を切り開くフリップ直系のギターが、緻密にフレーズを重ね合い織り上げていくサウンドは、芳醇にしてどこまでもスリリング。緊張感あるギターとオルガンの掛け合いの中でメロトロンが不穏に浮き沈みする切迫感あるパートから、ピアノとコルネットが妖しく舞い踊るパート、そしてメロトロンが堰を切ったように溢れ出すパートへ。次々と場面が移り変わっていく、フランスらしい先の読めないアーティスティックな展開の連続に、とにかく聴いていてワクワクが止まりません。何というアイデアの豊富さ。これはクリムゾン・ファン、カンタベリー・ロック・ファンなら是非ともお試しいただきたいサウンド。カケレコメンド!

  • ALCO FRISBASS / ALCO FRISBASS

    ナショナル・ヘルスやキング・クリムゾンのDNAを感じさせるフランスの新鋭、圧巻の2015年デビュー作

    カンタベリー・ミュージックのDNAを継いだフランスの新鋭グループ、2015年デビュー作。エレピやピアノによるミニマルなフレーズがタペストリーのように折り重なったまるでナショナル・ヘルスのようなパート、ビル・ブラッフォードばりに疾走するビートとテンションみなぎる凶暴なリズム・ギターによるクリムゾンを彷彿させるパート、そして、精緻に紡がれるピアノやエレピの中をヴァイオリンが艶やかに舞う室内楽的なパートなどがめくるめく10分を超えるオープニング・ナンバーから圧倒的な演奏力とイマジネーションに驚きます。メロトロンも全編で幽幻に鳴り響いていて特筆。ナショナル・ヘルスやクリムゾンからの影響をベースに、フランスらしいエレガントな感性でまとめあげたサウンドはかなりの完成度と言えます。WHITE WILLOWのギタリスト、YUGENのKey奏者の他、MINIMUM VITALやSTORMY SIXのメンバーも参加。70年代的なサウンド・プロダクションも印象的。ユーロ・アヴァン・プログレの傑作です。

  • MUSICA FICTA / A CHILD AND A WELL

    透明感ある女性ヴォーカルを擁するイスラエルの新鋭プログレ・グループ、05年作の名作

    イスラエルの新鋭プログレ・グループ、05年作。コシのあるマイルドな歪みのヴィンテージなギター・リフとジェネシス的なハモンドによるファンタスティック&ハードなパート、クラシカルな素養があるリリカルなピアノと端正なクラシック・ギターの上をフルートが軽やかに舞うアコースティックなパート、SHESHETを彷彿させるジャズ/フュージョン的なインプロ・パートなどがめくるめく展開。70年代ブリティッシュ・ロックを軸に、イスラエルらしくジャズやアコースティックな感性をブレンドしたサウンドは、かなり完成度高いです。そして、極めつけは、女性ヴォーカル!透明感あるハイ・トーン・ヴォーカルの美しいこと。クラシックからジャズ、民族音楽まで幅広い音楽性を取り込みつつもさらりとこなすセンス、安定感抜群のテクニックなど、SHESHETなど70年代イスラエル・ロックの遺伝子を確かに受け継いでいます。これは素晴らしいグループ。オススメです!

  • NOT A GOOD SIGN / FROM A DISTANCE

    YUGENのメンバーによる70年代プログレを指向したサイド・プロジェクト、ずばり傑作と言える2015年作2nd

    現代イタリアが誇るチェンバー・ロック・グループYUGENの2人、Paolo “Ske” Botta(Key)とFrancesco Zago(G)が、70年代プログレへの憧れに満ちたサウンドを鳴らすべく結成したサイド・プロジェクトによる2015年作2nd。Voは、前作に引き続きLA COSCIENZA DI ZENOのAlessio Calandrielloが務めています。前のめりに突っかかるような変拍子の緊張感みなぎるリズム、コシのあるファットな歪みでウネリをあげるギター・リフ、豪快に鳴るハモンド・オルガン。オープニング・ナンバーから、70年代ヘヴィ・シンフォが現代のクリアな音像で蘇ったようなダイナミックなサウンドに痺れます。クリムゾンへのオマージュたっぷりのロング・トーンのリード・ギターによるテンション溢れるパートもカッコ良いし、キーボードがミニマルなフレーズを紡ぎ、その上でメロトロンが叙情を描くパートもプログレ・ファンとしてたまらないし、『レッド』期のクリムゾンに、ソフツ『6』時代のカール・ジェンキンスが加入した感じ!?これはアネクドテンやアングラガルドのファンにも激オススメ。ずばり傑作です。

  • PROMENADE / NOI AL DIR DI NOI

    これは激レコメンドの新鋭がイタリアはジェノヴァから登場!ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快プログレ、2016年作!

    イタリアはジェノヴァ出身の新鋭バンド、2016年デビュー作。こ、これは、な、な、なんというテクニックとアイデア!次から次へと切り返す高速変拍子で突っ走るドラム、まるで早回しのように急旋回しまくるサックス、ふくよかで厚みのあるトーンの切れ味鋭いフレーズでかっ飛ばすギター、クラシックの確かな素養を感じさせるテクニカルかつ流麗なピアノ。なんという痛快なサウンド!これは、ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりなはず!暗さは微塵もなく、大道芸風というかオリエンタルな空気感といいますか、超絶技巧の中に人間味というか市井の哀愁も満ちている感じで、なんという個性。演奏だけでなく、ハイ・トーンのエモーショナルなヴォーカル、フックと気品たっぷりのメロディも良いしなぁ。これは激、激レコメンドです!

  • SYNDONE / ODYSSEAS

    ベテランによる2014年作、クラシックの気品、ジャズの躍動感、地中海音楽のエキゾチズムがブレンドしたまばゆいサウンドは、これぞイタリアン・プログレ!

    イタリア北西部はトリノ出身のKey奏者Nico Comoglioを中心に90年代はじめに結成されたグループ。92年と93年にアルバムをリリースした後、いったん解散し、2010年に再結成。再結成後にリリースした2枚のアルバムに続く通算では5枚目となる2014年作。Nicoの他、ヴォーカルとヴィヴラフォン奏者によるトリオ編成で、UKZのドラマーMarco Minnemannやフルート奏者John Hackettなどがサポートとして参加し録音されています。淡いトーンで鳴らされるハモンド・オルガンと躍動感あるヴィヴラフォンで幕を開け、イタリアらしい艶やかで気品あるクラシック・ギターで場面が切り替わると、エモーショナルなヴォーカルが登場。歌に寄りそうヴァイオリンもまたクラシカルな響きに溢れていて特筆です。続くヘヴィなチューンでは、ヴィンテージな音色のムーグとピアノが荘厳に鳴らされ、そこにホーン・セクションも入るアンサンブルは、さすがは映像音楽家としても活動するNicoならではと言えるイマジネーションに溢れています。さらに、クラシック、ジャズだけでなく、北アフリカ〜バルカン由来の地中海音楽も取り入れたサウンドは、ただただ「豊潤」。HOSTSONATENなど若手にも負けない音のツブ立ちと鮮やかなトーンを持った、ベテランミュージシャンによる気鋭の名作です。

  • CICCADA / FINEST OF MIRACLES

    女性ヴォーカルを擁するギリシャのプログレ新鋭、2015年作2nd、幽玄かつ神秘的でいて、ここぞではヘヴィ&アヴァンギャルドに展開する傑作

    05年にギリシャはアテネで結成された、女性ヴォーカルEvangelina Kozoniと、男性フルート/サックス/Key奏者のNicolas Nikolopoulosを中心とするグループ。2010年デビュー作に続く2015年作2nd。フォーク、プログレ、アヴァンギャルドの垣根を超えてダイナミックに行き来する構成が魅力で、ヴァイオリンが舞い、フルートがギリシャの深い森の神秘性を漂わせると幽幻なるユーロ・フォークが立ち現れますが、次の瞬間、エレキ・ギターがガツンと炸裂し、ハモンド・オルガンがウネリを上げるまるでイタリアン・ヘヴィ・シンフォばりの荘厳さで畳み掛け、さらにそこから急展開で、管弦楽器が格調高くも暗黒の世界を描くチェンバー・ロックへと突入。すさまじいアレンジ・センスと演奏力にはただただ言葉を失います。クラシカルな流麗さとアヴァンギャルドな硬質さとのバランスは、いかにもYUGENなどを擁するイタリアのAltrOck/FADINGレーベルが目をつけるのも納得。透明感ある高音が美しい女性ヴォーカルもまた特筆で、マイク・オールドフィールドの作品に起用されそうな孤高の美しさを醸しています。これはずばり傑作!

  • ANAKDOTA / OVERLOADING

    イスラエル出身の新鋭16年作、クラシカルで技巧的なピアノがリードを取るポスト・ロック調の洗練されたアヴァン・ロック、ピアノの圧倒的なプレイに息を飲みます

    イタリアのレーベルFADINGよりリリースの、イスラエル出身グループ16年作。男女ヴォーカル、キーボード、ベース、ドラムというギターレス編成。クラシックの豊かな素養を下地に持つあまりに流麗で技巧的なピアノがリードするポスト・ロック調の洗練されたアヴァン・ロック。ピアノによって次々と紡ぎ出されていくスリリングかつ美麗なフレーズの連続には思わず息を飲みます。男性ヴォーカルのナンバーではトリッキーに上下するヴォーカルメロディにしなやかに追従し、スキャットを交え切々と祈るように歌う女性ヴォーカルのナンバーでは純クラシカルで静謐なプレイで歌声に寄り添う、ピアノの表現力の高さには驚くばかり。これほどのピアノがいるなら、ギターレス編成も納得です。シャープな切れ味のリズム隊を伴ってヴィンテージな質感を持つオルガンとエレピが舞うパートでは、70年代ジャズ・ロックの香りも漂ってきて特筆。ピアノをリードに据えたロックとして圧巻の完成度を誇る名品です。

  • MACROSCREAM / MACROSCREAM

    ジェントル・ジャイアントからの影響を地中海のたおやかさで包み込んだような逸品、イタリアの新鋭による2016年作2nd

    70年代志向のプログレ・サウンドを目指して01年に結成され、2012年にデビューしたイタリアの新鋭プログレ・バンド。2016年作2nd。ヴァイオリン奏者、キーボード奏者を含む5人組で、ジェントル・ジャイアントからの影響を地中海のたおやかさで包み込んだようなサウンドが持ち味。色彩感あるトーンのキーボード、チェンバー・ミュージック的な格調高いピアノ、繊細なタッチで紡がれるジャジー&リリカルなエレキ・ギター、ノスタルジックな香り漂うヴァイオリン、伸びやかでポップなヴォーカル&メロディが印象的です。ジャズ/フュージョンの香りが心地よい地中海ポップ・ロックの逸品!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。