プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(日・祝は翌営業日)、5,000円以上送料無料

メロトロン溢れる00年代新鋭プログレ特集

プログレの大きな魅力の一つと言えるのが、愛すべき鍵盤楽器「メロトロン」。時に荘厳に、時に寂寥感とともに鳴り響くメロトロン・サウンドが、まるで舞台効果のように楽曲に空間的な奥行きをもたらすことで、プログレッシヴ・ロックならではの壮大なる「ドラマ」が鮮やかに演出されました。

90年代に入り、アネクドテンが往年のプログレ・バンドのDNAを継いだ轟々たるメロトロン・サウンドでプログレ新時代の幕を開けましたが、00年代に入り、70年代のグループはもちろん、アネクドテンなど第二世代のグループからも影響を受けたメロトロン・サウンド溢れるプログレ・グループが数多く生まれております。

ここでは、そんな00年代以降のメロトロン名盤をピックアップいたします。現代的なクリアな音像に淡いベールをかけるようにメロトロンが鳴り響く作品たちをどうぞお楽しみください。

WOBBLER / AFTERGLOW

ノルウェーのへヴィーシンフォニックロックバンドの09年2nd。

次作の2012年作は優美さと躍動感が加わった傑作ですが、メロトロンの活躍度においては断然本作でしょう。

ANGLAGARDを受け継ぐ硬質なトーンのメロトロンが全編吹き荒れる轟音ヘヴィ・シンフォに圧倒されます・・・。

試聴 Click!

YESTERDAYS / HOLDFENYKERT

たおやかなアコギをバックにフルートがリリカルに舞い、溢れんばかりにメロトロンが鳴らされる!

極めつけは、美声の女性ヴォーカル!ファンタスティックなシンフォニック・ロックとして一級品と言える、ハンガリーの新鋭による06年デビュー作。

ずばり傑作!

試聴 Click!

BIG BIG TRAIN / GATHERING SPEED

00年代の英国プログレ・シーンを牽引する名バンドによる04年作4th。

メロトロンをはじめとするヴィンテージ・キーボードが彩るファンタスティックなアンサンブルと英国らしい叙情美に富んだポップなメロディが魅力的。

試聴 Click!

MOTIS / JOSQUIN MESSONNIER

メロトロン、ソリーナ、ローズ、ハモンドなど、ヴィンテージ・キーボードがこれでもかと溢れるファンタスティックなフランス新鋭!

なんと、あのアトールの名ヴォーカル、アンドレ・バルザーもゲスト参加した2014年快作!

試聴 Click!

OBIYMY DOSCHU/ELEHIA

アネクドテンのファンは悶絶必至!ウクライナの恐るべき新鋭、09年デビュー作。

メロトロンとストリングスが狂おしいばかりに美しく響く荘厳なシンフォ名作。

試聴 Click!

NETHERLAND DWARF / MOI MOI

うさぎのジャケがファンタスティック~。

音も70年代プログレへのオマージュや北欧新鋭とのリンクも感じさせるシンフォニック・ロック。

なに?2011年作の日本の新鋭だって?

試聴 Click!

UNIT WAIL / RETORT

フランスより登場したヘヴィ・プログレの新鋭、13年2nd。

『MDK』マグマか『RED』クリムゾンかという迫り来る音塊の如きヘヴィ・アンサンブルに、これまた嵐のように吹きすさぶ轟音メロトロンがもう強烈すぎ!

試聴 Click!

ACTIVE HEED / HIGHER DIMENSIONS

陽光溢れるファンタスティックな1stも名作でしたが、SUBMARINE SILENCEのKey奏者が全面参加したこの2ndは、そこにジェネシスのオマージュが散りばめられていて最高の幻想プログレに仕上がっております。

メロトロンやハモンド・オルガンもあふれんばかり。

試聴 Click!

WILLOWGLASS / DREAM HARBOUR

英新鋭の中でもイギリスらしい格調高さを最も感じさせるグループの一つがWILLOWGLASS。

抜けるようにクリアなトーンのシンセと優雅なヴァイオリン、そして柔らかな幻想美を演出するメロトロン・・・極上ですね。

試聴 Click!

BROTHER APE / FORCE MAJEURE

ポスト・ロック以降のモダンなセンスと70年代プログレのDNAを受け継いだメロトロン・サウンドが見事に組み合わさったスタイリッシュ&ハイブリッドなシンフォニック・ロックを聴かせるスウェーデン新鋭の名グループ。

充実の2013年作6th。

試聴 Click!

CAMELIAS GARDEN / YOU HAVE A CHANCE

PFMからCELESTEまでを宿す香り高く豊潤なイタリア叙情に、MOON SAFARIの爽やかなポップフィーリングを加えたような感じ。

イタリアの新鋭プログレ・バンド、2013年デビュー作。

これはオススメです。

試聴 Click!

HOSTSONATEN/WINTERTHROUGH

メロトロンとピアノによる「凛」としたサウンド。並の才能では出せないイメージ喚起力に溢れています。70年代イタリアン・プログレ直系のサウンド・プロダクションも絶品。

FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。08年作。

試聴 Click!

RANDONE / LINEA DI CONFINE

まるでCELESTEを彷彿させるクラシカルかつ優美なメロトロン!

そして極めつけは、切々と胸を締め付けるようなセンチメンタルなヴォーカル!

マイナーですが、メロディ・センスは90年代以降の伊プログレ・グループ屈指。

試聴 Click!

関連カテゴリー

メロトロン溢れる00年代新鋭プログレ特集

  • YESTERDAYS / HOLDFENYKERT

    ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

    ハンガリーのグループ。06年のデビュー作。たおやかなアコギをバックにフルートがリリカルに舞い、溢れんばかりにメロトロンが鳴らされる!極めつけは、流れるように美しいメロディとスッと入ってくる美声の女性ヴォーカル!全体的に柔らかな音像でハードさは無いものの、タイトなリズム隊のせいか、演奏はダイナミズムに溢れています。全員がテクニック抜群ですが、特にアコギ奏者はかなりの腕前で、格調高くリリカルなリードは必聴。ファンタスティックなシンフォニック・ロックとして一級品の傑作。本当に素晴らしいです。

    • SCR1010SEACREST OY

      ペーパーケース仕様、新装ジャケット&オリジナル・オーディオでの2014年新規リイシュー盤。バンドサイトでは、MUSEA盤と異なる06年にハンガリーでリリースされた音源で、LPのようなアナログのフィーリングを最大限に活かし、アコースティックやメロトロンが魅力的に響くようにミックスされているそうです

    • 盤質:無傷/小傷

      状態:良好

  • WOBBLER / AFTERGLOW

    ANGLAGARD、ANEKDOTEN系の北欧プログレ良作、この轟々と押し寄せるメロトロンを聴け!

    ノルウェーのへヴィーシンフォニックロックバンドの09年2nd。デビュー作ではANGLAGARD、ANEKDOTENの流れを汲みながら徹底した懐古プログレサウンドを作り上げましたが、本作でも基本的な路線は変わらず、北欧ならではの暗鬱な冷たいサウンドメイクを追求しています。このバンドの特徴は、何と言っても大袈裟にメロトロンを取り入れたキーボードサウンドですが、前作以上にメロトロン、そしてソリーナをはじめとする各種ヴィンテージキーボードの使用が顕著であり、加えてリコーダーによるエキゾチックなスパイス、北欧の暗さに深みを与えるフルートなど、ポイントを押さえたサウンドメイクが光ります。また、雰囲気モノの懐古サウンド、といった趣が強かった前作から飛躍的にフレーズやメロディーメイクのセンスが向上していることが大きな成長であり、童謡のようなメロディーとへヴィーなギター、そしてメロトロンが有機的な結びつきを見せ、まさに90年代北欧プログレの名盤を生み出したANGLAGARDの後継者と呼ぶにふさわしいバンドに姿を変えたと言えるでしょう。15分前後の大曲2曲も含めメロトロンの壮絶な暗黒性と冷徹な響きに酔いしれる強力作であり、北欧プログレファンはマストな1枚。

  • NETHERLAND DWARF / MOI MOI

    70年代プログレへのオマージュに溢れた日本のミュージシャン、2011年のデビュー作、北欧プログレのファンにオススメ!

    70年代プログレへのオマージュに溢れた日本のミュージシャン。2011年のデビュー作。北欧の神秘的な森が目に浮かぶような静謐なイントロから、メロトロンを想わせるキーボードが荘厳に広がり、ミニマルな繰り返しの中にKAIPAなどに通じる叙情美が浮かびあがります。クラシックのスピード感溢れるカバー、鉄琴や木琴がダンサンブルに躍動する中をキーボードが流麗なフレーズを奏でる楽曲、スピーディーな変拍子とコロコロと優美なキーボードがジャケット通りのファンタスティックなサウンドを描く楽曲、ちょっぴりELOを彷彿とさせるスペーシーかつリリカルなテーマが胸を打つ楽曲など、全曲インストながら、印象的なメロディに富んだ楽曲が続きます。70年代プログレの遺伝子とポスト・ロック以降の音響センスとを併せ持つ感覚は、HOSTSONATENなどでお馴染みのイタリアの奇才Fabio Zuffantiをも彷彿とさせます。ファンタスティックなジャケットに「おっ!」となったリスナーは気に入るでしょう。KAIPAのKey奏者Hans Lundinが1曲でゲスト参加。

  • HOSTSONATEN / WINTERTHROUGH

    次々とイメージが溢れ出る、ダイナミックなシンフォニック・ロックの名作

    FINISTERREやLA MASCHERA DI CERAの中心人物Fabio Zuffantiによるプロジェクト・グループ。08年作。「四季」を表現したコンセプト・アルバムで、メロトロンやキーボードをフィーチャーした壮大なシンフォニック・ロックに仕上がっています。ファンタスティックなパート、静謐なパート、ダークで荒涼としたパートなど、イメージ喚起力のある雄弁なアンサンブルが次々と溢れてきます。アコースティックな「静」とヘヴィな「動」との対比も鮮やか。70年代イタリアン・プログレ直系のサウンド・プロダクションもたいへん素晴らしい。オール・インスト。シンフォニック・ロックの名作。

  • OBIYMY DOSCHU / ELEHIA

    ウクライナの恐るべき新鋭、09年デビュー作、狂おしいばかりに美しく荘厳なシンフォ名作

    ウクライナのシンフォ新鋭。09年のデビュー作。1曲目ですでにこのグループがただものではないことが分かります。透明感と温かみを内包したエモーショナルでヘヴィなギター、タイトなリズム隊による力強いバッキングを軸に、メロトロンとストリングスが重厚な響きで空間を一気に広げる。後ろで静かに鳴り続ける、艶やかなトーンのアコギ、格調高くリリカルなピアノも素晴らしい。憂いのあるヴォーカルも胸に迫ります。アコースティックなパートからヘヴィなパートへスイッチするところのダイナミズムは圧倒的。アネクドテンのデビュー作のインパクトに負けていません。狂おしいばかりに美しく荘厳な名曲です。その後も、ジャケットのイメージ通りの静かにヘヴィに叙情を紡ぐ佳曲が続きます。アネクドテンやアングラガルドあたりのファンは興奮必至の名作!

  • CAMELIAS GARDEN / YOU HAVE A CHANCE

    イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

    イタリアの新鋭プログレ・バンド、2013年デビュー作。凛とした響きのアコギ・アルペジオ、格調高いピアノ、クラシック然とした艶やかなストリングス、柔らかに舞うフルート。オープニングからまるであのチェレステの傑作のように、イタリアならではの叙情が溢れ出します。英語で歌うジェントルでハートウォームな男性ヴォーカルも特筆。2曲目に切り替わるとドラムが入り、ヴィンテージなトーンのシンセが軽やかに伸びやかに透明感あるメロディを奏でます。包み込むように優美なハーモニーも絶品。この躍動感あるポップセンスは、そう、まるでムーン・サファリ!ポップさはそのままに、ギターは初期P.F.M.を彷彿させるし、メロトロンも溢れるし、まだ2曲目までしか聴いてないのに、イマジネーション豊かなアンサンブルの連続に圧倒されます。たおやかなアコギを基調としたハートウォームさとP.F.M.など70年代のイタリアン・プログレのDNAを継いだプログレッシヴな感覚とが見事に融合したファンタスティックすぎる名作。これはオススメです。

  • BIG BIG TRAIN / GATHERING SPEED

    90年代〜00年代のイギリス屈指と言えるプログレ新鋭バンド、一気に覚醒し出世作となった04年作4th

    不動の2人であるGreg Spawton(G)とAndy Poole(B)により90年に結成され、90年代〜00年代のイギリス屈指のプログレ新鋭バンドへと上り詰めたグループ。一気に洗練され、出世作となった04年作の4th。デビュー時からのカナダ人ヴォーカリストが脱退し、代わりにSean Filkinsが加入。フィル・コリンズを彷彿させる歌声のSeanの加入もあってか、彼らの原点であるジェネシス色が表に出ました。それも、溢れんばかりに出ていて、最もジェネシス色の強かったデビュー作以上のこぼれっぷり。繊細に紡がれるギターのアルペジオと糸をひくようなキーボードの旋律とが折り重なるファンタスティックなパート、そして、変拍子で前のめりにつっかかるテンションいっぱいのパート、気品あるアコースティックなパート。デビュー作では奥まったサウンドで「ネオ・プログレ」という印象が強かったですが(←それはそれで魅力的)、本作では、ジェネシスのDNAをモダンなサウンドへと見事に洗練させています。持ち味だったたなびくような幻想性とポスト・ロックのエッセンスとが融合し、透明度が増した結果、「幻想性」がキラキラと輝いている印象。アレンジのアイデア、ドラマティックな展開ともに引き出しが増えていて、「覚醒」というキーワードがぴったり。一気にプログレ新鋭シーンの最前線へと躍り出た大傑作です。

  • WILLOWGLASS / DREAM HARBOUR

    70年代スタイルのキーボードやフルートの美旋律が溢れる英国シンフォニック・ロック、2013年作3rd

    英国はヨークシャー在住のマルチ・インストゥルメンタル奏者Andrew Marshallによるプロジェクト。2013年作3rd。きらびやかなアコギやどこまでもクリアに広がっていくようなシンセの音色がひたすら美しいシンフォニック・ロックが印象的。そうかと思うと、タイトなリズムセクションに乗って艶のあるシンセとレトロな音色のオルガンがダイナミック疾走する「動」のパート、哀愁を湛えたフルートや気品高くもどこか陰鬱に響くヴァイオリンが彩る「静」のパートなど、英国らしい端正な音使いのアンサンブルが繰り広げられます。そして、ここぞというところで溢れ出すメロトロンに、わかっていても悶絶。中世英国の気品溢れる世界観を想起させる絶品シンフォニック・ロック。これは傑作です。

  • BROTHER APE / FORCE MAJEURE

    スウェーデン新鋭13年作6th、ポスト・ロック的先鋭さを持つリズムと透明感いっぱいの北欧シンフォサウンドを組み合わせた傑作!

    スウェーデンの新鋭プログレ・バンド、6作目となる2013年作。デジタルな音響で満たされた音の宇宙の中を、ピアノが叙情的に響く雄大なシンフォ・アンサンブルが駆け抜けていく1曲目で、早くも彼ら独自のサウンドの魅力に取り込まれます。ポスト・ロック以降の透明感とたおやかな広がり。時に荘厳さを、時に寂寥感をうみだすメロトロン。肉感的なドラムとデジタルななシーケンスが融合した躍動感いっぱいのリズム。クリアで伸びやかなハイトーンの歌声と繊細かつエモーショナルな歌唱が光るヴォーカルとフックに富んだキャッチーなメロディ。往年のプログレ・バンドのDNAを継いだ幻想性と北欧ならではの叙情美、そしてポスト・ロック以降のモダンなセンスとがブレンドしたスタイリッシュなシンフォニック・ロックは彼らならではであり、いかにも北欧らしいハイブリッドさと言えるでしょう。2010年代屈指と言える北欧プログレの傑作です。

  • RANDONE / LINEA DI CONFINE

    まるでCELESTEを彷彿させるクラシカルかつメロトロン溢れる名作、09年作

    繊細に爪弾かれるアコギ、春の陽光のようなキーボード、艶やかなピアノ、ここぞで入るドラマティックなストリングス、そして溢れんばかりのメロトロン!極めつけはヴォーカルで、切々と胸を締め付けるようなセンチメンタルなヴォーカルは絶品の一言。バロック音楽に通ずるクラシカルさにメロトロンが溢れ出すアンサンブルは、あのCELESTEを彷彿させます。クラシカルなイタリアの「詩情」が好きな方は、このグループは要チェック。名作です。

  • UNIT WAIL / RETORT

    フランスのZUEL系バンド、13年作2nd、メロトロンを伴った息もつかせぬ嵐の如きヘヴィ・アンサンブルが圧巻の傑作!

    仏チェンバー・ロックの名グループSHUB NIGGURATHで活躍したギタリストFrank Fromyを中心に結成されたZEUL系ヘヴィ・プログレ・バンド、12年のデビュー作に続く2013年作2ndハイテンションで叩きまくるドラムスと弦も切れんばかりに爆音を鳴らすベースによる嵐の如きリズム・セクション、バイオレンスなギター、そして轟々たるメロトロンがハイテンションに吹き荒れる、のっけからのレッドゾーンに振りきれるような超絶アンサンブルに完全ノックアウト!一聴してまさにマグマのごとく圧倒的な質量で迫りくる音塊のようでいて、その実一音一音は恐ろしくシャープでキレがあるのが特徴的で、ノイジーな轟音が重なり合う中に秘められたバンドの知的なセンスが感じられます。往年のマグマ、キングクリムゾンを吸収し、えぐるようなヘヴィネスを加えて再構成したようなサウンド。これは近年まれにみる強烈な新鋭!傑作です。

  • MOTIS / JOSQUIN MESSONNIER

    メロトロンがこれでもかと溢れるファンタスティックな仏プログレ新鋭、2014年作、アトールのアンドレ・バルザーがゲスト参加!

    ヴィンテージ・キーボードやエレクトリック・ブズーキを操るマルチインストゥルメント奏者、MOTISことEmmanuel Tissot率いるグループ。2014年作6th。ANGE直系のシアトリカルなシンフォニック・ロックを軸に、MALICORNEに通じるフレンチ・トラッドのフレイヴァーが香るサウンドが持ち味。とにかくメロトロンM400やソリーナやローズやハモンドなどヴィンテージ・キーボードがこれでもかとフィーチャーされていて、特にメロトロンが大活躍!幻想的に溢れるメロトロンをバックにリリカルに紡がれるハモンド、そして、スティーヴ・ハケットを彷彿させる格調高いマンドリンやブズーキが織り成すファンタスティックなアンサンブルは、ジェネシス〜アンジェあたりのファンはたまらないでしょう。MOTISによるフランス印象派絵画のように柔らかで親しみやすいハイ・トーンのヴォーカルとフックあるメロディも特筆。なんと、アトールの名ヴォーカリスト、アンドレ・バルザーがゲスト参加し、1曲でヴォーカルを担当。この曲がまた素晴らしい!アナログ的な温かなサウンドプロダクションも印象的で、70年代の発掘作品と言っても分からないでしょう。これはシンフォニック・ロックのファンは必聴の快作!

  • ACTIVE HEED / HIGHER DIMENSIONS

    MOONGARDEN〜SUBMARINE SILENCEのKey奏者が全面参加したファンタスティックな音像が溢れる2014年傑作2nd

    70年代プログレに憧れるイタリアのコンポーザーUMBERTO PAGANINIの手による楽曲をバンドがファンタジックに演奏するシンフォ・プロジェクト。賞賛された2013年デビュー作に続く2014年の2nd。1stでの陽光溢れるようなファンタスティックな音像はそのままに、本作では、MOONGARDEN〜SUBMARINE SILENCEのリーダーでKey奏者のCristiano Roversiで全面的に参加していて、幻想性溢れるメロトロンやハモンドなど、ジェネシスのエッセンスがこれでもかと散りばめられているのが印象的。ハイ・トーンのヴォーカルも特筆で、ノルウェー人のPelleK!北欧らしい透明感とともに、メロディの持つ幻想性をひときわ輝かせています。これはジェネシス直系のメロディアス&ファンタスティックなプログレが好きな方にはたまらないオマージュに溢れた名作です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。