プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

VILLAGE OF THE VALE

AUTUMN CHORUS

FAD007CD(ALTROCK/FADING

評価:45 2件のレビュー

レーベルインフォには、参考バンドとしてブリティッシュ・ロックの名グループFANTASYとアイスランドのポスト・ロック・バンドSIGUR ROSが挙げられていますが、聴いてみると「なるほど!」と唸ってしまいます。牧歌的でいて崇高な名作!

英国新鋭プログレ・バンド、2012年デビュー作 、 信じられないほどに繊細に紡がれる、牧歌的でいて崇高な圧巻の名作!

イギリス南東部のブライトン出身で、ヴォーカル、ギター、トランペット、オルガンを操るマルチ奏者ロビー・ウィルソンを中心に07年に結成された4人組。現代イタリア・プログレ・シーンの注目のレーベルAltrockと契約し、その傘下のFADING RECORDSより2012年にリリースされたデビュー作。アルバムの幕を静かに開けるのが鉄琴の一種であるグロッケンシュピール。まるでオルゴールのように静謐でいてファンタスティックなイントロではじまり、ドラムが入ると、オルガンが幻想的にたなびき、トランペットやストリングスなど管弦楽器が艶やかな音色を奏でるなど、クラシック・ミュージック由来の格調高さと温かみとともに、ポスト・ロック的な浮遊感が絶妙にブレンドされたイマジネーション溢れる音世界が次々と描かれていきます。ささやくように歌うハイ・トーンの繊細でメランコリックな美声男性ヴォーカル、聖歌隊のように厳粛なコーラス・ワークも絶品。レーベルからのインフォには、参考バンドとして英国70sプログレの名グループFANTASYとアイスランドのポスト・ロック・バンドSIGUR ROSが挙げられていますが、なるほどその通り!ジャケットのイメージ通りのいかにも英国的な牧歌性や幻想性と、宗教的とも言える崇高さとが完璧に融合したサウンドにただただ言葉を失います。全ての楽器と声とが信じられないほどに繊細に紡がれた、凛とした音の透明感。デビュー作とは思えない孤高の逸品です。これは名作でしょう!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

AUTUMN MOONLIGHT / ALTER REALITY の商品詳細へ

AUTUMN MOONLIGHT/ALTER REALITY

アルゼンチン新鋭12年作、圧倒的な情景描写力で駆け抜ける傑作インスト・シンフォ!

2190円(+税)

ANGLAGARD / HYBRIS の商品詳細へ

ANGLAGARD/HYBRIS

93年発表、プログレ復興の礎を作った北欧を代表するグループ、ずばり歴史的名盤!

1390円(+税)

DRY RIVER / EL CIRCO DE LA TIERRA の商品詳細へ

DRY RIVER/EL CIRCO DE LA TIERRA

(クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソン!?プログレとHR/HMを恐るべしな諧謔精神でまとめあげた希代の奇天烈プログレ、このスペインの新鋭2012年デビュー作、凄すぎです!

2390円(+税)

LEBOWSKI / CINEMATIC の商品詳細へ

LEBOWSKI/CINEMATIC

ポーランド、独特の翳りのあるアンサンブルとシンフォニックな美しさが際立つ名作、10年作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

プログレの本場イギリスのプログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • BIG BIG TRAIN 『GRAND TOUR』

    現英国プログレの代表的グループの19年作、キャリア30年の風格と瑞々しいサウンドメイクが同居するさすがの傑作!

  • MAGENTA 『WE ARE LEGEND』

    美声女性ヴォーカルを擁する現英国シンフォ・シーンを牽引するバンド、26分の大作を含む17年作!

  • THIS WINTER MACHINE 『MAN WHO NEVER WAS』

    イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンド、IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開する丹念なサウンドメイクが素晴らしい16年デビュー作!

  • TIGER MOTH TALES 『A VISIT TO ZOETERMEER』

    CAMELのキーボーディストに抜擢された盲目の天才マルチ・プレイヤーPete Jonesによるソロ・プロジェクト、待望のライヴ作品!2020年リリース

  • WILLOWGLASS 『DREAM HARBOUR』

    70年代スタイルのキーボードやフルートの美旋律が溢れる英国シンフォニック・ロック、2013年作3rd

  • LIFE IN DIGITAL 『SIGNS TO THE FAR SIDE』

    英国の2人組プログレ・ユニット19年デビュー作、80年代イエスへのリスペクトに満ち満ちた「シンセ・ポップ+プログレ」な快作!

  • GIFT 『ANTENNA』

    03年結成の英新鋭シンフォ・バンド19年作4th、モダンな中にも古き良き英国的叙情性が滲み出る歌ものプログレ

  • FINAL CONFLICT 『RISE OF THE ARTISAN』

    85年結成の英シンフォ・グループ2020年作、ジェントルで実直に紡がれる感動のメロディアス・シンフォ作

  • WARMRAIN 『BACK ABOVE THE CLOUDS』

    PINK FLOYDやPORCUPINE TREEからの影響が強い、メランコリックに揺らめく音空間が美しい英国モダン・プログレ、19年作

  • I AM THE MANIC WHALE 『NEW FORM OF LIFE: LIVE AT THE OAKWOOD』

    イギリスで現在最も注目すべき新鋭と言える彼らの初となるライヴ・アルバム、2ndを中心とする18年5月のステージを収録!

  • KENTISH SPIRES 『SPREZZATURA』

    CARAVANら往年のカンタベリー・ロックを継承する英プログレ・バンド、19年作2nd

  • PSYCHOYOGI 『ACCIDENT PRONE』

    まるでGENTLE GIANT×初期GONG!?英国の新鋭プログレ/ジャズ・ロック・グループによる18年作

2010年代新鋭プログレ・グループによる傑作デビュー作選!

まとめて試聴する

  • QUORUM 『KLUBKIN'S VOYAGE』

    ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

  • SCHERZOO 『1』

    FRANCOIS THOLLOT率いる仏暗黒アヴァン/チェンバー・グループ、11年デビュー作

  • UNREAL CITY 『LA CRUDELTA DI APRILE』

    奇才FABIO ZUFFANTIプロデュースによる新鋭シンフォ・バンド13年デビュー作、FINISTERREを彷彿させるモダンなサウンドを聴かせる傑作シンフォ!

  • SINAGOGA ZEN 『SINAGOGA ZEN』

    アヴァン/ジャズ・ロックからキーボード・プログレ、神秘的フォークまでめくるめく展開するブラジル注目の新鋭が登場!2014年のデビュー作にして傑作!

  • ALCO FRISBASS 『ALCO FRISBASS』

    ナショナル・ヘルスやキング・クリムゾンのDNAを感じさせるフランスの新鋭、圧巻の2015年デビュー作

  • WAVE 『ME AND REALITY』

    「狂気」〜「ウォール」期フロイドをポーランド特有の深い陰影とモダンな質感で蘇らせたようなサウンドを持ち味とする好バンド、17年デビュー作

  • AUTUMN MOONLIGHT 『SKY OVER YOUR SHOULDERS』

    アルゼンチンの新鋭、2010年デビュー作。ヘヴィかつメランコリックで幻想的な絶品シンフォ!

  • SEIN 『LA FLOR Y LA MIERDA』

    え!?これ本当に新鋭なの? SERU GIRANやPABLO EL ENTERRADORの遺伝子を受け継ぐ正統派アルゼンチン・プログレ、名作!

  • DRY RIVER 『EL CIRCO DE LA TIERRA』

    (クイーン + ドリーム・シアター)÷モンティ・パイソン!?プログレとHR/HMを恐るべしな諧謔精神でまとめあげた希代の奇天烈プログレ、このスペインの新鋭2012年デビュー作、凄すぎです!

  • HOMUNCULUS RES 『LIMITI ALL'EGUAGLIANZA DELLA PARTE CON IL TUTTO』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングたっぷりの新鋭ジャズ・ロック・バンド、爽やかでポップな2013年デビュー作

  • PROTOFONIA 『PROTOFONIA』

    クリムゾンやフリージャズに影響を受けたブラジルのインストゥルメンタル・トリオ、2013年デビュー作

  • BRUNO MANSINI 『DREAMS FROM THE EARTH』

    ムーン・サファリへのブラジルからの回答!と言える、透明感ある美メロとアンサンブルが光る2013年の驚きのデビュー作

  • CAMELIAS GARDEN 『YOU HAVE A CHANCE』

    イタリア新鋭13年デビュー作、たおやかなアコギ、こぼれ落ちる凛としたリリシズム、爽やかなポップ・センス、ずばり名作です!

  • I AM THE MANIC WHALE 『EVERYTHING BEAUTIFUL IN TIME』

    このバンドはグレイト!英国の新鋭バンドによる2015年デビュー作で、まるでPILOTとBIG BIG TRAINが融合した感じ!

  • PROMENADE 『NOI AL DIR DI NOI』

    これは激レコメンドの新鋭がイタリアはジェノヴァから登場!ザッパやジェントル・ジャイアントもびっくりな痛快プログレ、2016年作!

  • THIS WINTER MACHINE 『MAN WHO NEVER WAS』

    イギリスの新鋭シンフォニック・ロック・バンド、IQやPENDRAGONなどネオ・プログレ・バンドを受け継ぎながら、より繊細にメランコリックに展開する丹念なサウンドメイクが素晴らしい16年デビュー作!

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 アンビエント・シンフォ(2 拍手)

Zedさん レビューをすべて見る

最近のシガー・ロスに厚目のサウンドを加味し、多少シンフォ・プログ的な雰囲気と、ドラムスが時折激しくなるサウンドを併せもつアルバム。
ゆったりと聴く、そんな聴きかたしかないと思わせるアルバム。

ヴィオラ、フルート、ペット、グロッケン、ピアノというアコウスティック楽器類を大事にしながら、ハイトーンの男性ボーカルが抑制の効いた声で愁いのある雰囲気を作り、時に場を盛り上げる。それらの音は遠くで鳴っているよう。
ゲストの女性ボーカルも彼らの音にマッチしている。
他、各曲は音の空間を上手に利用するのが特徴。

カテゴリー的にはポスト・ロックという範疇に納められそうだが、音楽ファンに推薦したいアルバム。

アンビエント系のポスト・ロックは最近各国でうまくプログと結びついている。
とかくポスト・ロックでは繰り返されるフレーズに飽きがくる。が、このアルバムでは(個人的には)ない。それは音作りが上質だからと思う。

彼らの今後の作品に期待。

ナイスレビューですね!

評価:5 谷間の村のほうへ(0 拍手)

さん レビューをすべて見る

結局,歌詞も見つからず,曲名からも思いも物語も読み取ることはできなかったが,遥か遠い昔,世界の何もかもが水晶を透して見たような透明な輝きに満ちあふれていた頃に聞いた懐かしい調べが聞こえてくる。此処では赤い騒擾もどす黒い企みも影ひとつ落とすことなく,音色と旋律と和音が或る喜ばしき調和を育んでいる。そして誰の心のなかにも安住している懐かしい日々の輝かしい大切な風景は甦る。
ここは森…人里離れた。猟師たちも来ない,樹木と草々の鬱蒼と生い茂った静かな森。秘密の宝物を隠しておいた大切な想い出の場所…
森を抜けた先には深い谷。その先には古い村がある。村のはずれのすぐそばには大きな湖があるんだ。青いんだけど暗くて深そうで底なんかまるで見えない。なにが居るんだか分かりゃしない気味の悪い湖。岸辺にはもうかなり前に古くなって腐って落ちた渡れなくなってる橋が立ってる。何故かあの風景は今も記憶にこびりついている。

ナイスレビューですね!