プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ユーロロック周遊日記】オーストリアの代表的プログレ・グループEELA CRAIGの71年1st『EELA CRAIG』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、オーストリアを代表するシンフォニック・ロック・バンドEELA CRAIGによる、97年CD化の1st『EELA CRAIG』をピックアップいたしましょう。

EELA CRAIGは、1970年にオーストリア北部の都市リンツにて結成されたプログレバンド。70~80年代にかけて6枚のアルバムをリリースしています。ちなみにバンド名は造語らしく特別な意味はないとのこと。

シンセをはじめとする多彩なキーボードを用いたクラシカルな格調高さを感じさせるサウンドとキャッチーで温かみのあるメロディラインで、数あるユーロ・ロック・バンドの中でも高い人気を持つバンドの一つと言えるでしょう。

さて、彼らと言えば70年代後半にリリースされた3作品、『ONE NITER(1976)』『HATS OF GLASS(1977)』『MISSA UNVERSALIS(1978)』が、プログレファンにはよく知られているところですが、実は『ONE NITER』より5年前の71年にデビュー作となるセルフタイトル作品をリリースしているんです。

それでは本作からのナンバーをお聴きください♪

試聴 Click!

お聴きのとおり、次作以降のクラシカルで落ち着いた作風からは想像できない、アグレッシヴなオルガン・プログレ/ジャズ・ロックなんですよね~。

同時期の英国ハード・ロック/アート・ロック勢を思わせる、ブルース・フィーリングを帯びたオルガンとギターの熱気みなぎる応酬に加え、物悲しいフルートの旋律が哀愁いっぱいに舞う、いかにも70年代初頭と言うべきジャズとブルースとロックが不可分に交じり合ったジャンルレスなアンサンブル。

決してテクニカルに畳み掛けるというわけではないのですが、エレピの不穏な響きに煽られて静謐なアンサンブルが徐々に煮えたぎるようなエネルギーを放ち始めるところなど、同年にリリースされたマハヴィシュヌ・オーケストラの1stすら彷彿させる有無を言わせぬ迫力を感じさせます。

試聴 Click!

こちらはよりジャズ・ロック・テイストの強い一曲。後半、VDGGのデヴィッド・ジャクソンばりの硬質なサックスが吹き荒れるパートのカッコ良さは半端じゃないですね。ソウルフルに歌い上げるヴォーカルもいい感じです。

いやはやブリティッシュナイズドされた音であるとはいえ、71年のオーストリアにこんな熱気を孕んだプログレ・バンドがいたなんてちょっと驚きですよね。そして更に驚きなのが、こんなサウンドを聴かせるバンドが5年後にはあの叙情的でメロディアスなクラシカル・シンフォニック・ロックを演奏するようになるところ。

シンフォバンドとしての彼らの音を聴き慣れている方からすれば幾分面食らうサウンドかもしれませんが、別バンドくらいの気持ちで先入観を持たずに聴けば、かなりカッコいいプログレッシヴ・ロックとして楽しめる好盤に仕上がっています。

EELA CRAIGの在庫

  • EELA CRAIG / ONE NITER

    トリプル・キーボードをフィーチャーしたオーストリアのシンフォニック・ロック・バンド、76年作2nd

    オーストリアのシンフォニック・ロック・バンド、イーラ・クレイグの76年作2nd。彼等の身上であるトリプル・キーボードを効果的に使い、壮大で透明感のあるシンフォニック・ワールドが展開される、極めてヨーロッパ的な香りのする好作品。

  • EELA CRAIG / MISSA UNIVERSALIS

    オーストリアを代表するシンフォ・グループ、トリプル・キーボード、最高傑作と云われる78年作

    オーストリアのシンフォニック・ロック・バンド、78年作。甲乙付け難い出来の全盛期の3作中で、本作を最高作とするファンも多いミサを題材としたアルバム。フィードバック奏法を完璧に操るライデルベルガーのギターを中心に、透明感のある世界を構築している。

  • EELA CRAIG / VIRGIN OILAND

    オーストリアが誇る名シンフォニック・ロック・グループ、80年作

    オーストリアが誇る名シンフォニック・ロック・グループである彼らが、旧約聖書をテーマに制作した80年発表のコンセプト作。作風は基本的には従来どおりと言えるもので、多彩なシンセサイザーの音色を駆使するキーボード・サウンドを中心に編み上げる緩急自在なアンサンブルに、ユーロ然とした叙情的なメロディが乗る、ロマンティックかつポップなシンフォニック・ロックを奏でます。ポップス、R&B、フュージョンなどをクラシカルなシンフォの中に溶かし込み、個性的ながらも洗練されたサウンドに仕立てる手腕は相変わらず冴え渡っており素晴らしいです。ユーロ・ロック・ファンなら押さえておきたい名盤でしょう。

「EELA CRAIGの在庫」をもっと見る

ジャーマン・プログレの在庫

「ジャーマン・プログレの在庫」をもっと見る

NEXT FROM KING CRIMSON: クリムゾンの次に聴くべき往年の名作選の在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。