プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

MEET THE SONGS 第88回 KAK の『KAK』 

今日の「MEET THE SONGS」は、王道シスコ・サウンドの傑作、KAKの『KAK』

KAKはOXFORD CIRCLEというバンドを前身として、68年にカルフォルニアで結成されたバンド。OXFORD CIRCLE時代にはグレイトフル・デッドやジェファーソン・エアプレインと一緒のステージに立ったこともあるようです。

68年の唯一作『KAK』は、キャッチーなメロディに、後にブルー・チアーに加わるゲイリー・リー・ヨーダーとデナー・パッテンのハードなギターが絡むシスコ・サイケの傑作。
1999年にリリースされた編集盤の『KAK-OLA』は、デモ音源やゲイリー・リー・ヨーダーのソロ曲などが追加で収録されています。

それでは、突き抜けるようなギターが爽快な「Everything’s Changing」からお聴き下さい 。

Everything’s Changing

試聴 Click!

こちらは、繊細なギターのハーモニーに温かみのあるヴォーカルがのるフォークの「Flowing By」。

Flowing By

試聴 Click!

8分に及ぶ「Trieulogy」は、妖しいリフを繰り返すファズ・ギターがエコーするハード・サイケからキャッチーなフォーク・ロックへと変わる組曲。

Trieulogy

試聴 Click!

いかかでしたか?
「MEET THE SONSG」は、月曜日から金曜日まで毎日、定番からニッチ盤まで僕らのロック・ミュージックを紹介しています。
また明日、お会いいたしましょう。

『レコード・コレクターズ2002年7月号〜特集・サイケデリックの狂乱〜』掲載作品の在庫

北米サイケの在庫

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。