プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ムーディー・ブルースのベストソングTOP10!

海外サイトULTIMATE CLASSIC ROCKにて、英プログレ界の大御所ムーディー・ブルースの楽曲TOP10が公開されました。

ムーディー・ブルースと言えば、60年代より卓越したメロディーセンスで数々のヒット作を生み出した、英プログレ界を代表するバンドの一つ。ビートルズなどと並んでメロトロンをいち早く導入したバンドとしても知られますよね。

では、そんな彼らのベストソングを10位から動画付きでお楽しみください☆


10.Gemini Dream [From: 『Long Distance Voyager』 (1981)]

MOODY BLUES/LONG DISTANCE VOYAGER

マイク・ピンダーに代わるkey奏者に元YESのパトリック・モラーツを迎え制作された81年作、名盤

試聴 Click!



9.From The Bottom of My Heart (I Love You) [From: Single (1965)]

試聴 Click!



8.Blue World [From: 『The Present』 (1983)]

MOODY BLUES/PRESENT

83年作

試聴 Click!



7.Ride My See-Saw [From: 『In Search of the Lost Chord』](1968)

MOODY BLUES/IN SEARCH OF THE LOST CHORD

68年作

68年発表のMOODY BLUESの2ndアルバム。邦題『青空に祈りを』は、後に『失われたコードを求めて』に改題。タイトルはMarcel Proustの「失われた時を求めて」を引用したものです。前作『DAYS OF FUTURE PASSED」』から一年も経たないうちに発表された本作は、メンバー自身で30種類(!)以上の楽器を操ることにより、ムーディーズ・サウンドとも言える壮大な音像を打ち出すことに成功したアルバムです。R&Bを演奏するビート・グループから、実験的かつトータリティに溢れたアルバムを製作するグループへと成長した彼等は、BEATLESが『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』で試みた実験性をより完成されたものへと導くために、このアルバム以降も次々と新たなアイデアを音像化していくことになりますが、本作ではサイケデリック時代特有の東洋思想を取り入れた精神世界へのアプローチをも積極的に行っています。前作『DAYS OF FUTURE PASSED』と比べると、本作は5人でレコーディングを行っているだけにロック・テイストを前面に打ち出した作品となっています。

試聴 Click!



6.The Voice [From: ‘Long Distance Voyager (1981)]

試聴 Click!



5.Go Now [From: 『The Magnificent Moodies』 (1964)]

MOODY BLUES/MAGNIFICENT MOODIES

R&Bバンドとしてデビューを果たした65年リリース1st

試聴 Click!



4.Tuesday Afternoon [From: 『Days of Future Passed』 (1967)]

試聴 Click!



3.The Story in Your Eyes [From: 『Every Good Boy Deserves Favour』 (1971)]

MOODY BLUES/EVERY GOOD BOY DESERVES FAVOUR

最古のプログレ・バンドとされる英国の名グループ、全米2位/全英1位を獲得した文句なしの代表作71年6th!

活動開始は64年までさかのぼりビート系グループとしてデビュー、シングル・ヒットに恵まれながらも徐々に作風が変化し、プログレッシブ・ロックへのアプローチを開始。後に全盛を築くこととなるプログレッシブ・ロックバンドがデビューすらしていない時期からオーケストラとの競演や実験性に富んだ作品を生み出し、黎明期を作り上げたイギリスのバンドの71年6th。効果音を使った1曲目から名曲「ストーリー・イン・ユア・アイズ」へとなだれ込むと、ジャケットのようなファンタジックな英国ロマンが広がります。Justin Haywardの甘くジェントリーな歌声にスケールの大きなメロトロンが絶妙に絡み合い、シンフォニックな彩りも絶品。プログレッシブ・ロックのアイコンに恵まれた作品です。

試聴 Click!



2.Nights in White Satin [From: 『Days of Future Passed』 (1967)]

試聴 Click!



1.Question [From: 『A Question of Balance』 (1970)]

MOODY BLUES/A QUESTION OF BALANCE

全英2位/全米3位を記録したベストセラー70年作!

全英チャートで2位、全米チャートでも3位を獲得したベストセラー作品。五人のメンバー全員がソングライターでありマルチ・プレイヤーでもあるムーディー・ブルースの代表曲を満載したポップかつアグレッシヴなトータル・アルバム。70年作。

試聴 Click!


う~む、こうして改めて並ぶと本当に名曲揃いですねぇ~。皆さんのお気に入りの楽曲は何位だったでしょうか?

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • MOODY BLUES / EVERY GOOD BOY DESERVES FAVOUR

    最古のプログレ・バンドとされる英国の名グループ、全米2位/全英1位を獲得した文句なしの代表作71年6th!

    活動開始は64年までさかのぼりビート系グループとしてデビュー、シングル・ヒットに恵まれながらも徐々に作風が変化し、プログレッシブ・ロックへのアプローチを開始。後に全盛を築くこととなるプログレッシブ・ロックバンドがデビューすらしていない時期からオーケストラとの競演や実験性に富んだ作品を生み出し、黎明期を作り上げたイギリスのバンドの71年6th。効果音を使った1曲目から名曲「ストーリー・イン・ユア・アイズ」へとなだれ込むと、ジャケットのようなファンタジックな英国ロマンが広がります。Justin Haywardの甘くジェントリーな歌声にスケールの大きなメロトロンが絶妙に絡み合い、シンフォニックな彩りも絶品。プログレッシブ・ロックのアイコンに恵まれた作品です。

  • MOODY BLUES / A QUESTION OF BALANCE

    全英2位/全米3位を記録したベストセラー70年作!

    全英チャートで2位、全米チャートでも3位を獲得したベストセラー作品。五人のメンバー全員がソングライターでありマルチ・プレイヤーでもあるムーディー・ブルースの代表曲を満載したポップかつアグレッシヴなトータル・アルバム。70年作。

  • MOODY BLUES / IN SEARCH OF THE LOST CHORD

    68年作

    68年発表のMOODY BLUESの2ndアルバム。邦題『青空に祈りを』は、後に『失われたコードを求めて』に改題。タイトルはMarcel Proustの「失われた時を求めて」を引用したものです。前作『DAYS OF FUTURE PASSED」』から一年も経たないうちに発表された本作は、メンバー自身で30種類(!)以上の楽器を操ることにより、ムーディーズ・サウンドとも言える壮大な音像を打ち出すことに成功したアルバムです。R&Bを演奏するビート・グループから、実験的かつトータリティに溢れたアルバムを製作するグループへと成長した彼等は、BEATLESが『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』で試みた実験性をより完成されたものへと導くために、このアルバム以降も次々と新たなアイデアを音像化していくことになりますが、本作ではサイケデリック時代特有の東洋思想を取り入れた精神世界へのアプローチをも積極的に行っています。前作『DAYS OF FUTURE PASSED』と比べると、本作は5人でレコーディングを行っているだけにロック・テイストを前面に打ち出した作品となっています。

  • MOODY BLUES / LONG DISTANCE VOYAGER

    マイク・ピンダーに代わるkey奏者に元YESのパトリック・モラーツを迎え制作された81年作、名盤

ブリティッシュ・プログレの在庫

「ブリティッシュ・プログレの在庫」をもっと見る

哀愁のブリティッシュ・ロックの在庫

「哀愁のブリティッシュ・ロックの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。