プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

HERONが好きな人におすすめの、世界各国木漏れ日フォーク特集。

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、英国の愛すべきフォーク・グループ、HERONに近い魅力を持った、色々な国の木漏れ日フォークをピックアップしてまいります。

どうぞお付き合いください。

まずはヘロンから。

HERON/UPON REFLECTION: DAWN ANTHOLOGY

英国の4人組フォーク・グループ、70年の1stと、71年2ndが収録された2枚組。

聴いていると、英国ののどかな田園風景が浮かんできます。とても温かくて優しい作品です。

試聴 Click!

いやはや、何と美しく心なごむサウンドでしょうか。

さて、次は同じ英国です。

HUNT & TURNER/MAGIC LANDSCAPE

英国フォーク・デュオ。72年作。

牧歌的なメロディ、人懐っこいハーモニーなど、アメリカン・フォークからの影響を軸に、ジャケットのイメージ通りの陰りを閉じ込めたサウンドはいかにも英国フォーク。

試聴 Click!

STEVE TILSTON/AN ACOUSTIC CONFUSION

英SSW、71年のデビュー作。

変則チューニングによる流麗かつ格調高いギター・アルペジオ、ちょっとヘロンを彷彿させる穏やかで優美なヴォーカル&メロディ。

室内楽的な凛とした雰囲気と木漏れ日の牧歌性とが絶妙にブレンドしたサウンドが持ち味。

試聴 Click!

EVENSONG/EVENSONG

英国フォーク・デュオ、1973年リリースの唯一作。

一音一音が幻想的に輝くアコースティックの調べ、優美なオーケストレーション・・・

丘陵に沿って広がる田園、清らかに流れる小川、風にそよぐ木立など、英国片田舎の風景がありありと浮かび上がってきます。

試聴 Click!

次はカナダです。

BLIND OWL/BLIND OWL

カナダはオンタリオ州のフォーク・ロック・トリオ、73年に100枚のみ自主制作された作品。

親しみやすい歌声のヴォーカル、温かなハーモニー、そして優美で牧歌的でドリーミーなメロディ・ライン。

優しく紡がれるアコギのアルペジオ、流麗なピアノによるバッキングにも心洗われます。

試聴 Click!

南米に参ります。

EL POLEN/FUERA DEL LA CIUDAD

ペルーのサイケ・フォーク・グループ。73年2nd。

ヴァイオリン、アコギ、チャランゴ、ケーナ、コンガといったフォルクローレのアンサンブルはそのままに、屋外の心地良い自然音とナチュラルな音響、そして祝祭的でお茶目な乱痴気が相まった、彼等ならではの「木漏れ日フォーク」を鳴らしています。

試聴 Click!

SUI GENERIS/VIDA

アルゼンチンのフォーク・グループ、南米ならではの詩情に満ちた72年デビュー作。

琴線にダイレクトに響く珠玉のメロディ、ピアノ、オルガン、リコーダーによるシンプルで穏やかなアンサンブルが素晴らしいです。

試聴 Click!

ヨーロッパに参りますよ。

PEDRO Y ANA/TIEMPO TIEMPO

スペインの男女フォーク・デュオ、75年の唯一作。

左右チャンネルに分かれ、格調高く爪弾かれる2本のアコギが生む豊かな響き。スッと心に届く可憐な女性ヴォーカルと流麗な男性ヴォーカルとのハーモニー。

トラッド系フィメールSSWのバックを木漏れ日フォークの代名詞ヘロンがサポートしたようなサウンドです。

試聴 Click!

ARNO CLAUSS/AN TANTE GERTIE IN ZONS AM RHEIN

ドイツのSSW、Ohrレーベルより73年にリリースされたデビュー作。

もったりとルーラルなリズム隊、ほんわかとしたブラスやリコーダーやフィドル、「いなたい」ハートウォームなヴォーカル&メロディ。

キンクス『ヴィレッジ・グリーン~』やギャラガー&ライルやニック・ロウやヘロンの2ndあたりのファンはたまらないでしょう。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。カケレコには英国フォークが沢山入荷しておりますので、どうぞ覗いてみてください。

【木漏れ日フォーク・ロック&パブ・ロック】在庫一覧


HERONの在庫

  • HERON / BLACK DOG IN CONCERT

    木漏れ日系英フォークの名グループ、99年録音作

  • HERON / HERON

    70年発表、美しいメロディに溢れた木漏れ日フォークの傑作

    70年作。このアルバムは、野外で録音されており、曲間に鳥のさえずりが聞こえてきたり、のどかな雰囲気に溢れる作品です。英国的な陰影に富んだメロディーは素晴らしく、その上にかぶさるハーモニーも絶妙。このバンドに対して、雰囲気重視のバンドだと言う人もいるようですが、雰囲気も良い音楽を生む上で欠かすことのできない要素ではないでしょうか。これほどまでに、温かみ溢れる空気を閉じ込めているアルバムは聞いたことがありません。英国木漏れ日フォークの大傑作。

  • HERON / UPON REFLECTION: DAWN ANTHOLOGY

    1st&2ndの全曲+未発表曲、全43曲

    英国田園フォークの金字塔と言える1st、いなたさ全開の愛すべき英フォーク・ロックの2nd、71年リリースのマキシ・シングルの全曲に加え、なんと未発表音源5曲を加えた決定版アンソロジー。2枚組。注目の未発表曲ですが、1st録音時のアウトテイク曲「Rosalind」、90年代に再録された「River Of Fortune」の70年録音ヴァージョン、もの悲しくも美しいメロディと哀愁のアコーディオンが心に染みる「Some Kinda Big Thing」、言われなければヘロンと分からないキャッチーなポップ・ソング「If Its Love」など、最高、最高、最高1st&2ndを持ってる方も買わなきゃ損でしょう。

  • HERON / OPEN UP THE ROAD

    英田園フォークの名グループ、83年録音作

    83年作。メンバーは、G.T.Moore、Roy Apps、Tony Pook、Steve Jonesの4人。ドラム無しで、名作1stの雰囲気に近い、穏やかでリリカルな田園フォーク。相変わらずの美メロ満載

  • HERON / HYSTORICAL

    英田園フォークの名グループ、91年のスタジオ作

    91年のスタジオ録音作品。オリジナル曲の出来がたいへん素晴らしく、流れるようなメロディー、美しいハーモニー、暖かみあるアレンジは健在。カヴァー曲もかなりのはまり具合で、お馴染みディランの「Only A Hobo」「You ain’t going nowhere」や、バッファロー・スプリングフィールドの名曲「Broken arrow」など、出色の出来。

  • HERON / BLACK DOG (音源+映像)

    木漏れ日ブリティッシュ・フォーク・ロックの至宝グループ、97年のライヴ音源&セッション/インタビュー映像

    オーディオCDとヴィデオCDとの2枚組。オーディオCDは、97年に行われたライヴの音源。ジャケットの裏に写るのは、名作2ndを録音したあの家。どうやら同じ場所で録音されたようです。聴く前からいやがおうにも気分は高まりますが、音を聴いたら感動で不覚にも涙が出そうになりました。素晴らしい!アコースティックギターにアコーディオン、ピアノが絡む暖かみのある演奏、哀愁のメロディー、牧歌的なハーモニー。1st、2ndで聴かせてくれた英国の田園風景をそのまま音像化したような彼らならではのサウンドが鮮やかに甦ります。1st、2nd収録曲以外も良い曲ばかり。ヴィデオCDは、BLACK DOGセッションの風景やインタヴューなど44分もの映像に加え、60年代〜90年代のフォト、歌詞、バンドストーリー&メンバープロファイルなど豊富な資料も収録した決定版。HERONファン必携!

  • HERON / RIVER OF FORTUNE

    ブリティッシュ田園フォークの名グループ、98年作

    98年発表の新作。収録曲のほとんどは1st、2ndの再録音ですが、室内音楽的な優雅なアレンジが絶品です。

  • HERON / BEST OF

    美しいメロディに溢れた木漏れ日フォークの名グループ、名曲満載の好編集ベスト盤、全19曲

    愛すべきブリティッシュ・フォーク/ロック・バンド、HERONの70年作の1stと71年の2nd収録曲を中心に、シングル音源も収録したベスト・アルバム。野外録音され、鳥のさえずりも聞こえてくる、のどかな雰囲気の1st収録曲。ドラムが入り、フォーク・ロック/パブ・ロック色が増した、ハートウォームな2nd収録曲。名曲満載の好ベスト・アルバム。

「HERONの在庫」をもっと見る

STEVE TILSTONの在庫

  • STEVE TILSTON / AN ACOUSTIC CONFUSION

    英フォークSSW、格調高さと牧歌性とが絶妙にブレンドした71年の名作

    英SSW、71年のデビュー作。変則チューニングによる流麗かつ格調高いギター・アルペジオ、ちょっとヘロンを彷彿させる穏やかで優美なヴォーカル&メロディ。室内楽的な凛とした雰囲気と木漏れ日の牧歌性とが絶妙にブレンドしたサウンドが持ち味。録音時、20才だったのが信じられない思慮深さに満ちた逸品です。

「STEVE TILSTONの在庫」をもっと見る

SUI GENERISの在庫

  • SUI GENERIS / VIDA

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、72年デビュー作、HERONファンにもオススメできるリリカルなフォーク・ロック名作

    72年作の1st、アルゼンチン。チャーリー・ガルシアが参加していたことで知られるグループ。チャーリー・ガルシアによる陽の光を吸い込んだいかにもアルゼンチン的なメロディー。ピアノ、オルガン、リコーダーによるシンプルながらメロディーの美しさを際立たせる穏やかなアンサンブル。プログレッシヴな要素はありませんが、南米の「歌」の部分が好みの方は、胸いっぱいになること間違い無しな名作。

  • SUI GENERIS / CONFESIONES DE INVIERNO

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシアが結成したデュオ・グループ、管弦楽器をフィーチャーした多彩なアレンジが珠玉のメロディを彩る名作2nd、73年リリース

    73年作の2nd、アルゼンチン。チャーリー・ガルシアが参加していたことで知られるグループ。繊細なフォーク・サウンドの1stに比べ、これぞ南米と言える「詩情」はそのままに、アレンジが豊かになり、完成度がグッと高まりました。チャーリー・ガルシアによる繊細なタッチのピアノをフィーチャーしたリリカルな曲、管弦楽器がサウンドを広げるポップな曲、McGuiness Flintあたりに通じるパブ・ロック・フレイヴァー溢れる温かい楽曲など、とにかく美しいメロディと叙情豊かなメロディに彩られた佳曲揃い。シンプルなサウンドでメロディが際立つ1st、多彩なアレンジでメロディが華々し響く2nd。どちらもリリカルなメロディーを聴かせるという点では変わりなく、甲乙つけがたい名作。

  • SUI GENERIS / PEQUENAS ANECDOTAS SOBRE LAS INSTITUCIONES

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、センチメンタルな歌の魅力とシンセやムーグをフィーチャーしたプログレッシヴな演奏が一体となった最高傑作、74年発表

    74年作の3rd、アルゼンチン。チャーリー・ガルシアが参加していたことで知られるグループ。キーボードの大胆な導入、ジャジーなセンスなど、1st&2ndで聴けた穏やかな印象は無くなり、かなりシンフォニック/プログレッシヴなサウンドに変貌しています。SUI GENERISの3rdというより、LA MAQUINA DE HACER PAJAROS〜SERU GIRANと続く、チャーリー・ガルシアの華々しいキャリアへの第一歩として捉えたほうがしっくりくるサウンド。メロディー・メイカーとしての才、キーボーディストとしての才、アレンジャーとしての才など、チャーリー・ガルシアの才能が一気に花開いた記念すべき名作。

「SUI GENERISの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。