プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【ロック名盤探求】 Eric Clapton『461 Ocean Boulevard 』(第8回)

こんにちは。カケハシ・レコードの大濵です。

今回は、74年7月にリリースされたエリック・クラプトンの『461 Ocean Boulevard 』を紹介します。

本作は、デレク・アンド・ザ・ドミノス解散後、クラプトンが麻薬中毒から本格的にロックシーンに復帰した作品です。全米アルバムチャートの首位を4週間連続キープした最大のヒット作として知られています。

本作は、レゲエに影響を受けたものから、ブルース系のカバーなどバラエティ豊かな構成となっています。クラプトンに関しては、Cream等での活躍からギター・ヒーローというイメージがありますが、そのイメージとは異なり、この作品は全体的にレイドバックの雰囲気があります。ゆったりとしていて、適度に肩の力が抜けた作品となっています。

この作品の魅力の1つは、ほどよくレイドバックしたサウンドを聴ける点です。

「Give Me Strength」を紹介します。

クラプトンが弾くドブロギターが印象的なオリジナル曲です。ドブロギターの音色は、渋く、レイドバック感を出していて、ゴスペル的な雰囲気のオルガンも相まって、落ち着いた1曲に仕上がっています。彼のささやくようなボーカルも哀愁があり、魅力的です。

試聴 Click!

加えて、イヴォンヌ・エリマンがバックボーカルとして活躍しているところも注目点です。
レゲエ特有のグルーブ感を持つ「Get Ready」は、曲自体は地味めですが、彼女のソウルフルで伸びやかなボーカルが素晴らしい楽曲で、クラプトンとのかけあいも楽しめます。

この作品は、クラプトンがブランクから復帰した第1作目のアルバムです。ブルースっぽい曲から流行の兆しを見せていたレゲエ等が取り入れられています。適度なリラックス感が楽曲に共通してあり、良い雰囲気のアルバムに仕上げられています。

ERIC CLAPTONの在庫

  • ERIC CLAPTON / OLD SOCK

    通算21作目、自身のフェイヴァリット・ナンバーのカヴァー作品、13年リリース。ポール・マッカートニー、J.J.ケイルなど豪華ゲスト参加!

  • ERIC CLAPTON / PLANES TRAINS AND ERIC

    14年来日公演の映像を中心としたライヴDVD

    • YMXA10556

      Tシャツ+オリジナルデータブック付きブルーレイディスクBOX、日本語字幕あり、帯・解説付仕様、定価8500+税

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      TシャツサイズはLサイズ・ブラックです

  • ERIC CLAPTON / I STILL DO

    16年作

  • ERIC CLAPTON / HAPPY CHRISTMAS

    18年リリースのクリスマス・アルバム。

  • ERIC CLAPTON / LIVE IN YOKOHAMA ’99

  • ERIC CLAPTON / ERIC CLAPTON

    70年リリースの1stソロ、ブリティッシュ・スワンプ・ロックを確立した名作!

    ヤードバーズ、ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイスでは、基本的な役割はギタリスト。70年リリースの本作1stソロは、ギターよりも歌に比重が置かれた、SSWおよびシンガーとしてのデビュー作と言えます。サウンドは、ブルース色は薄く、デラニー&ボニーとの出会い、ジョージ、デイヴ・メイスン等との親交から生まれた土臭くメロウなスワンプ・ロック。60s&70sポップ/ロックが好きだけど、クラプトンは聴かない、って意外と多いように感じます(僕も長く聴かず嫌いでした)。ブルースのイメージではなく、ビートルズ「ホワイト・アルバム」に参加したギタリスト、というイメージで聴くと、すんなり音に入り込め、すぐに愛聴盤になりました。レオン・ラッセルの流麗なピアノが光る「Let It Rain」など、どの曲もキャッチーなメロディが魅力的。この後、本作に参加したジム・ゴードン(Dr)、カール・レイドル(b)等とデレク&ザ・ドミノスを結成して「いとしのレイラ」をリリースします。英スワンプ・ロックの幕を開けた名作。

  • ERIC CLAPTON / 461 OCEAN BOULEVARD

    71年発表、ドラッグ中毒からの劇的なカムバック作!キャリアを代表するエネルギーとメロディに溢れる名作、ボブ・マ―リーのカバー「I Shot the Sheriff」収録

    74年にリリースされた、Eric Claptonの今でも根強い人気を誇る、大傑作アルバム。Derek and the Dominos名義で大ヒットを記録した、『いとしのレイラ』から早4年近くの沈黙を破って、制作された久方ぶりのスタジオ作品です。この作品は、Claptonが約3年間のヘロイン中毒を克服し、満を持して人間復帰、ミュージシャン復帰を遂げた、男の人生の節目的アルバムでもあります。レコーディングは、彼がDerek and the Dominos時代の友人Carl Radleに声をかけ、CarlがプロデューサーのTom Dowdと、Claptonが共に心を開き合える親しいミュージシャンたちを集めて制作されました。冒頭の「MOTHERLESS CHILDREN」から疾走するスライド・ギターが心地よく、「Willie And The Hand Jive」の反復リフも温かみのある演奏。マイアミの降り注ぐ陽光に、暗闇から手を伸ばそうと必死で外の世界へ戻ってきた彼の起死回生の、それでいて穏やかで温かみのある大傑作です。全米1位のシングル・ヒットとなった「I Shot The Sheriff」は、Bob Marleyのカバー。「Steady Rollin Man」は、Claptoに大きな影響を与えたブルースマン、Robert Johnsonのカバーです。全曲必聴!

  • ERIC CLAPTON / E.C. WAS HERE

    75年リリース、74年英/75年米でのコンサートを収録したライヴ・アルバム

    • UICY9160

      紙ジャケット仕様、96年デジタル・リマスター、内袋付仕様、ファクトリーステッカー付仕様、定価2039+税

      盤質:無傷/小傷

      状態:良好

      帯有

      1100円

      880円
      (税込968円)

      242円お得!


      CD詳細ページへ

  • ERIC CLAPTON / THERES’ ONE IN EVERY CROWD

    トム・ダウド・プロデュース、レゲエを大胆に取り入れた75年作

  • ERIC CLAPTON / SLOWHAND

    「Cocaine」「Wonderful Tonight」など代表曲収録のソロ77年作。プロデュースはグリン・ジョンズ。

    77年作。クラプトンらしいレイドバックしたふくよかなロックを聴かせる名曲「コカイン」、流れるように美しすぎるメロディと柔らかい陽光のようなアンサンブルが光るクラプトン屈指の名バラード「Wonderful Tonight」収録の代表作。芳醇で、メロディアスで、渋くて、ポップで、人間くさくて、格調高くて、もう素晴らしすぎる名作。

  • ERIC CLAPTON / JUST ONE NIGHT

    79年の武道館ライヴを収録、80年作。『スローハンド』『バックレス』からの作品を中心に収録!

  • ERIC CLAPTON / CROSSROADS

    88年編集、YARDBIRDS時代からの足跡を辿るアンソロジー、全73曲

    • P92P50037/40

      4枚組ボックス(LPサイズ)、帯・解説ブックレット付き仕様、定価9200

      盤質:全面に多数傷

      状態:不良

      帯有

      色褪せ・カビ・折れ・ケースツメ跡あり

  • ERIC CLAPTON / RUSH

    「Tears In Heaven」を主題歌とする91年公開映画のサントラ盤

  • ERIC CLAPTON / CREAM OF CLAPTON

    CREAM、D&D、ソロから選曲の96年編集ベスト、全19曲

  • ERIC CLAPTON / CHANGE THE WORLD

    ワイノナ・ジャッドをカバーしたグラミー受賞曲、97年リリース

  • ERIC CLAPTON / (I) GET LOST

    99年シングル、8トラック収録

  • ERIC CLAPTON / CROSSROADS 2

    70年代のライヴ音源集、全35曲

「ERIC CLAPTONの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。