プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

トゥインク『シンク・ピンク』から出発、メロトロン溢れる各国の幻想サイケ探求!

スタッフ佐藤です。

9月にリリースされたマーキー/ベル・アンティークの紙ジャケはチェック済みでしょうか。


9月25日入荷!!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

【関連記事】

9月25日入荷!!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

9月25日入荷!!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

前回は9月ラインナップの中からマンフレッド・マンズ・チャプター・スリーを取り上げました。


マンフレッド・マン・チャプター・スリーから出発、硬派なアンサンブルに痺れるブラス・ジャズ・ロック選☆

【関連記事】

マンフレッド・マン・チャプター・スリーから出発、硬派なアンサンブルに痺れるブラス・ジャズ・ロック選☆

このたびSHM-CD紙ジャケで再発されたマンフレッド・マン・チャプター・スリーの1stを起点に、重厚な痺れるブラス・ジャズ・ロックをチェックしてまいります!

そして、9月リリースのもう一つの目玉と言えるのが、トゥインクによるブリティッシュ・サイケの名盤『シンク・ピンク』です!

トゥインク。

トゥモロウ~プリティ・シングスを渡り歩き、プリティ・シングスでは英サイケ・ポップの名作『S.F.SORROW』に貢献。

後にはデヴィアンツの面々とピンク・フェアリーズを結成したり、シド・バレットとのグループも画策したり、英アンダーグラウンドの最重要ミュージシャンの一人と言えるドラマーです。

今回は、彼が70年に発表した『シンク・ピンク』から出発して、本作でも印象的に鳴り響くメロトロンをフィーチャーしたサイケ作品を見てまいりたいと思います!

まずは英サイケ屈指の名盤を堪能いたしましょう~♪

トゥインク/シンク・ピンク

アコギやメロトロンが醸し出す英国的哀愁と、アヴァンギャルドでノイジーな混沌が同居する狂気的な音世界。

PRETTY THINGSやPINK FAIRIESなど英アンダーグラウンドを渡り歩く奇才ドラマーが放った、とにかくやりたい放題の大名盤ソロ作!

試聴 Click!

それでは、メロトロン溢れるサイケ・アルバムを求めて各国へ出発。まずはUSAへと参りましょう!

HOMER/GROWN IN U.S.A.

テキサス・サイケ×メロトロンという異色コンビネーションが魅力の唯一作。

カントリー・タッチの軽快なギターとメロトロンが意外なマッチングを聴かせるパートあり、スティールギターとメロトロンが甘く溶けあう幻想パートありと、「メロトロン・サイケ」として比類なき完成度を誇る逸品なんです!

試聴 Click!

お次はフランスから、幻想的なジャケットにも惹かれるこの作品をチョイス♪

JUPITER SUNSET/BACK IN THE SUN

おお、このタイトル曲、プロコル・ハルム「青い影」にも劣らず胸に来る名曲だなぁ。

甘美なメロディをゆったりと雄大に歌い上げる英詩ヴォーカル、郷愁を誘うオルガン、優雅な管弦楽器やハープシコード、そして全てを包み込むように鳴らされる壮大なメロトロン・・・。

荘厳さと気品に満ち溢れた極上のサイケ・ポップを味わわせてくれます。

試聴 Click!

最後はギリシャから、この名グループにご登場願いましょう☆

APHRODITE’S CHILD/IT’S FIVE O’CLOCK

Vangelisが率いたギリシャが誇るサイケ・バンドの2nd。

メロトロンの奥深い音色を生かした深遠なアレンジが印象的で、こちらもProcol Harum「青い影」を想起させるとめどない哀愁を放ちます。

甘い美旋律が次々と溢れ出すメロディメイクの素晴らしさも特筆ものですよ~!

試聴 Click!

いかがだったでしょうか。
お時間ありましたらメロトロンをテーマにした他の記事も合わせてお楽しみください☆


メロトロン炸裂するハード・ロック&サイケ・ハード名作をセレクト!

【関連記事】

メロトロン炸裂するハード・ロック&サイケ・ハード名作をセレクト!

メロトロンが好き、ハード・ロックやサイケも好き・・・そんな方々におすすめの「メロトロン入りハード・ロック」をセレクト!


メロトロンが好き?ならメロトロン溢れまくりの新鋭バンド達もお聴き逃しなく!

【関連記事】

メロトロンが好き?ならメロトロン溢れまくりの新鋭バンド達もお聴き逃しなく!

70年代の楽器と見なされている節があるメロトロンですが、プログレにおいては現在も現役バリバリの楽器であることはご存知でしょうか。今回は、そのあたりが実感していただけるメロトロンが溢れまくりの新鋭プログレ作品をご紹介してまいりましょう~。


「お好きなメロトロン・ソング」結果発表!!

【関連記事】

「お好きなメロトロン・ソング」結果発表!!

皆様から募集した「お好きなメロトロン・ソング」を大発表!定番からニッチな一曲、そして90年代以降の新世代による曲まで、いろんなメロトロン・ソングをお寄せいただきました!是非どの曲が入っているか想像しながら読み進めていただければ幸いです☆

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TWINK / THINK PINK

    PRETTY THINGS在籍中にリリースされた70年1stソロ、英サイケ/フリーク・アウト大名盤!

    トゥモロウ〜プリティ・シングスと渡り歩き、プリティ・シングスでは英サイケ・ポップの名作『S.F.SORROW』を残し、後にはデヴィアンツの面々とピンク・フェアリーズを結成したり、シド・バレットとのグループも画策したり、英アンダーグラウンドを居場所に活躍するドラマー。プリティ・シングス在籍時の69年に、トゥモロウやプリティ・シングスやデヴィアンツやティラノザウルス・レックスのメンバーのサポートを受けてロンドンで録音されたソロ・アルバム。シタールやタブラやSEがドロドロと渦巻く英サイケの名作。ドラムが混沌を刻み、ファズ・ギターがエキセントリックにうめきまくるトラックのカッコいいこと!幻想的なメロトロンも特筆。

  • HOMER / GROWN IN U.S.A.

    70年作、強烈にメロディアスなテキサス出身サイケ・ハード、メロトロンが炸裂!

    テキサス出身のサイケ・ハード・グループ。哀愁ほとばしるカントリー・タッチのスティール・ギター、ドラマティックと言えるほどに叙情溢れるメロディ、憂いを帯びたヴォーカル、心揺さぶるハーモニーが印象的。そして、このグループの一番の特徴は、なんとメロトロン!カントリー・タッチのサイケ・ハードのバックに、メロトロンが溢れ出します。カントリー・タッチのギターに絡むメロトロンは、聴いた記憶がありません。しっかし、メロディも歌い回しもアンサンブルも、この泣きっぷりはすごいです。カントリー・タッチの様式美サイケ・ハード?強烈にメロディアスです。1曲目「Circles In The North」なんてドラマティック過ぎて涙出ます。

    • GF260GEAR FAB

      デジパック仕様、71年唯一作『GROWN IN U.S.A.』にシングル音源5曲と未発表音源5曲を追加収録!

      レーベル管理上、デジパックに若干圧痕や小さい角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

  • APHRODITE’S CHILD / IT’S FIVE O’CLOCK

    あのキーボード奏者ヴァンゲリスが率いたギリシアの代表的プログレ・バンド、69年2nd!

    誰もが知る世界のキーボーディスト、ヴァンゲリスがソロ活動を始める前に率いたのが、このAPHRODITE’S CHILD!メロトロンを深く用いた深遠なメロディック・サウンドは、一聴するとProcol Harumの「青い影」さえを思い起こさせるかのようです。こちらは69年リリースの彼らのセカンド・アルバム。鐘の音がメロディックなWake Upを初め、甘い旋律を得意とするサイケデリック・バンドと言えるでしょう!

  • JUPITER SUNSET / BACK IN THE SUN

    PROCOL HARUMを彷彿とさせる荘厳な仏サイケ・ポップ/サイケ・プログレ、71年作

    フランスのスタジオ・ミュージシャンによる71年リリースのプロジェクト作。内容は、PROCOL HARUMやAPHRODITE’S CHILD等を彷彿とさせる荘厳さと気品に満ち溢れた極上のサイケ・ポップ。甘美なメロディをゆったりと雄大に歌い上げる英詩ヴォーカル、郷愁を誘うオルガン、優雅な管弦楽器やマジカルなハープシコード、そして全てを包み込むかのように鳴らされる壮大なメロトロン・・・。多彩な楽器を用いたアンサンブルの完成度もさることながら、優しく哀愁溢れるメロディがどの曲も本当に素晴らしい。シングル・カットされたタイトル曲「Back In The Sun」をはじめ、「青い影」にも負けず劣らず涙腺を緩ませる感動の名曲揃いです。英国サイケ・ポップ・ファンは必聴と言える一枚。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。