プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

9月25日入荷!!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

9月25日発売のMARQUEE ベル・アンティーク国内盤より、弊店取り扱い作品をご紹介いたします。
今月もカケレコでご購入いただくとオリジナル特典ペーパーをプレゼント!

こちらのタイトルにつきます♪

マンフレッド・マン・チャプター・スリーの各タイトル!

トゥウィンク『シンク・ピンク』!

ぜひ国内盤&カケレコで、さらなる音楽探求をお楽しみください♪
もちろん他の作品も入荷していますので、紹介していきますよ~。


9月25日入荷!ベルアンティーク 新譜紹介

イシルドゥルス・バーネ&ピーター・ハミル『イン・アマゾニア』

スウェーデンのシンフォニック・アクトの重鎮、イシルドゥルス・バーネ、2017年のマリリオンのスティーヴ・ホガースとの共作に続き、2019年にリリースしたコラボ作品第二弾はVDGGのピ-ター・ハミルとのアルバム。アルバム・タイトルからも想起できるような、アマゾンというミステリアスな地域を題材にした、エスニックで呪術的ともいえる一種凄みを帯びた世界を描いたアルバム。ハミルの強烈な個性とイシルドゥルス・バーネの自由で卓越した演奏力が、見事なケミストリーを生み出した傑作アルバム。
<BELLE213547>紙ジャケット仕様、SHM-CD【定価 \3,300(税抜 \3,000)】

イシルドゥルス・バーネ&ピーター・ハミル『不平衡』

スウェーデンのシンフォニック・アクトの重鎮、イシルドゥルス・バーネ、2019年にリリースした「イン・アマゾニア」の成功を受け、ピーター・ハミルとのコラボ作品第二弾が堂々完成。前作との共同作業、及びリリース後のコンサートを通じて、更なる深みで結束した両者が、そのケミストリーを更に強力なものとした戦慄さえ覚える作品。
<BELLE213548>紙ジャケット仕様、SHM-CD【定価 \3,300(税抜 \3,000)】

ホールズワース、ウォーレイ、マシューソン、スプリング『ウォーレイ・マナー:ザ・ロン・マシューソン・テイプス Vol.1』

70年代末、より自由度の高い演奏を求めていたアラン・ホールズワースが、ソフト・マシーン「バンドルズ」でも共演するなど旧知のレイ・ウォーレイ(sax, flute)、ロン・マシューソン(bass)、ブライアン・スプリング(ds) と行ったセッションの模様を収めた未発表音源が登場。ウォーレイの流麗でリリカルなメロディを軸にしたジャズ・マナーの音楽性の中、ホールズワース独特の超絶的なギター・ソロや独特のコードワークをふんだんに聴かせるほか、彼のキャリアの中でも最も大胆かつ本格的なヴァイオリン演奏もフィーチャー。ギター的な発想を離れたホールズワースの個性の一つの原点に迫る充実の貴重音源!
<BELLE213549>紙ジャケット仕様、SHM-CD、ボーナス・トラック収録【定価 \3,457(税抜 \3,143)】

マンフレッドマン・チャプター・スリー『ヴォリューム 1』

南アフリカ出身で60年代はロンドンのモッズ・シーンで活躍したマンフレッド・マンが、プログレッシヴな方向をめざして盟友マイク・ハッグと結成したマンフレッド・マン・チャンプター・スリー、VERTIGOレーベルの第一弾作品として1969年にリリースされたデビュー作。ジャズとブラス・ロックを尖鋭的に融合させたサウンドで、イアン・カーやソフト・マシーン等に比肩する英国ジャズ・ロックの黎明期に君臨した歴史的重要作。
<BELLE213550>紙ジャケット仕様、SHM-CD【定価 \3,457(税抜 \3,143)】

マンフレッド・マン・チャプター・スリー『ヴォリューム 2』

南アフリカ出身で60年代はロンドンのモッズ・シーンで活躍したマンフレッド・マンが、プログレッシヴな方向をめざして盟友マイク・ハッグと結成したマンフレッド・マン・チャンプター・スリー、1970年リリースのセカンド・アルバム。キーフの手掛けたジャケットも印象的な本作は、前作で確立したブラス・ジャズ・ロック・サウンドを更にアグレッシヴに展開した名盤。後にキング・クリムゾン、グリーンスレイド等に参加するドラマー、アンドリュー・マカロックも参加。
<BELLE213551>紙ジャケット仕様、SHM-CD、ボーナス・トラック収録【定価 \3,457(税抜 \3,143)】

トゥインク『シンク・ピンク』

TOMORROWからPRETTY THINGS、PINK FAIRIES、シド・バレットとのバンドSTARS等、英国アンダーグラウンド・シーンで活躍してきた伝説のドラマー、ジョン“トゥインク”アルダーが、自らの名前を冠したPINK FAIRIESへの布石となった1970年リリースの重要作。斬新なエフェクトを駆使したトリップ・ミュージックから静謐感のあるアシッド・フォーク的な楽曲等、溢れ出る才能の赴くままに制作された英サイケデリックの名作として語り継がれてきた作品
<BELLE213552/3>紙ジャケット仕様、SHM-CD(ディスク1)+CDとの2枚組、ボーナス・トラック20曲【定価 \4,400(税抜 \4,000)】

先月のリリースはこちら!


追加新入荷!8月の新リリース!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

【関連記事】

追加新入荷!8月の新リリース!MARQUEE/ベル・アンティーク タイトルのご案内☆

8月24日入荷!MARQUEE/ベル・アンティーク 新リリース・タイトルをご紹介♪

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • TWINK / THINK PINK

    PRETTY THINGS在籍中にリリースされた70年1stソロ、英サイケ/フリーク・アウト大名盤!

    トゥモロウ〜プリティ・シングスと渡り歩き、プリティ・シングスでは英サイケ・ポップの名作『S.F.SORROW』を残し、後にはデヴィアンツの面々とピンク・フェアリーズを結成したり、シド・バレットとのグループも画策したり、英アンダーグラウンドを居場所に活躍するドラマー。プリティ・シングス在籍時の69年に、トゥモロウやプリティ・シングスやデヴィアンツやティラノザウルス・レックスのメンバーのサポートを受けてロンドンで録音されたソロ・アルバム。シタールやタブラやSEがドロドロと渦巻く英サイケの名作。ドラムが混沌を刻み、ファズ・ギターがエキセントリックにうめきまくるトラックのカッコいいこと!幻想的なメロトロンも特筆。

  • MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME TWO

    重厚なブラス・セクションとオルガンが絡みあう英国ジャズ・ロックの名盤、70年作2nd

    ビート・グループから発展した英国のロック・バンド、ヴァーティゴよりリリースされた70年作2nd。ギターレス編成でブラス・セクションを前面に押し出した自由度の高いジャズ・ロックが特徴。時に重厚に、時にヒステリックに唸りを上げるブラス・セクションを先頭に、強い打撃が印象的なドラム、変幻自在なベースライン、焦燥感を煽るスペーシーなオルガンが一体となり、テンション溢れるアンサンブルを奏でます。ダークな雰囲気を湛えたヴォーカルも素晴らしい。ジェントリーなメロディも随所に取り入れており、緊張感の高い作品でありながら取っ付きにくさはありません。英ジャズ・ロックを代表する名盤。

  • MANFRED MANN CHAPTER THREE / VOLUME ONE

    鬼才Manfred Mannがプログレを志向して結成した第2のリーダー・バンド、サックスやフルートが活躍するジャズ・ロック・サウンド、69年1st!

    マンフレッド・マンの解散後、メンバーだったマンフレッド・マンとマイク・ハグが中心となり新たにスタートさせたマンフレッド・マン・チャプターIIIが、69年に名門ヴァーティゴ・レコードよりリリースしたファースト・アルバム。サックスやフルートなどの管楽器を加えたそのジャズ・プログレッシヴ・サウンドは、混沌とした60年代末のブリティッシュロックシーンを如実に表わしている。(帯より)

  • ISILDURS BANE & PETER HAMMILL / IN AMAZONIA

    スウェーデンのベテラン・シンフォ・グループが、あのピーター・ハミルをヴォーカルに迎え制作した19年作、VDGGも意識しつつ両者の持ち味を発揮した見事なコラボレーション作!

    76年結成、84年にデビューしたスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。なんとVAN DER GRAAF GENERATORの鬼才ピーター・ハミルをヴォーカリストに迎え制作した19年作。管弦楽器群とシンセ&エレクトロニクスをアーティスティックに融合させた透明度高くも重厚な聴き応えを持ったサウンドは、バンドの前作『OFF THE RADAR』に通じるもの。ただ、ハミルの一声一声に深みを伴った歌声をメインに聴かせる作風となっていて、前作ではどこか突き放すような孤高さを感じさせたサウンドを、歌モノとしての聴き易さとバランスの取れたスタイルへと落とし込んでいます。ハミルのヴォーカルは勿論ですが、デヴィッド・ジャクソンを意識した掠れたサックスのプレイも飛び出したりとVDGGを彷彿させる要素も各所で登場。4曲目や5曲目は初期VDGGファンも「おおっ」となるはず。それにしても、個性の塊のようなISILDUR’S BANEの演奏の中にあっても、強烈な存在感を失わないハミルのヴォーカル・パフォーマンスの素晴らしさには改めて脱帽です。互いの持ち味が最大限に引き出された理想的なコラボ作に仕上げています!

  • ALLAN HOLDSWORTH/RAY WARLEIGH/RON MATHEWSON/BRYAN SPRING / WARLEIGH MANOR:THE RON MATHEWSON TAPES VOL.1

    英国が誇るレジェンド・ギタリストAllan Holdsworthを中心に『BUNDLES』参加ミュージシャンも交えた70年末の未発表セッション音源!

    70年代末、より自由度の高い演奏を求めていたアラン・ホールズワースが、ソフト・マシーン「バンドルズ」でも共演するなど旧知のレイ・ウォーレイ(sax/flute)、ロン・マシューソン(bass)、ブライアン・スプリング(ds) と行ったセッションの模様を収めた未発表音源が登場。ウォーレイの流麗でリリカルなメロディを軸にしたジャズ・マナーの音楽性の中、ホールズワース独特の超絶的なギター・ソロや独特のコードワークをふんだんに聴かせるほか、彼のキャリアの中でも最も大胆かつ本格的なヴァイオリン演奏もフィーチャー。ギター的な発想を離れたホールズワースの個性の一つの原点に迫る充実の貴重音源!

  • ISILDURS BANE & PETER HAMMILL / IN DISEQUILIBRIUM

    スウェーデンのベテラン・シンフォ・グループとVDGGの鬼才ピーター・ハミルによるコラボレーション第2作、21年リリース

    スウェーデンのシンフォニック・アクトの重鎮、イシルドゥルス・バーネ、2019年にリリースした「イン・アマゾニア」の成功を受け、ピーター・ハミルとのコラボ作品第二弾が堂々完成。前作との共同作業、及びリリース後のコンサートを通じて、更なる深みで結束した両者が、そのケミストリーを更に強力なものとした戦慄さえ覚える作品。(レーベルインフォより)

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。