プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

「ゲレンデで聴きたいロック」~『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~

今週は「ゲレンデで聴きたいロック」をテーマに、Facebookで作品をご紹介いたしました。

現実では暖冬の影響で大変なスキー場も多い模様ですが、せめて音楽でゲレンデ気分を味わっていただければと思います。

Facebook

1月14日(火):PAUL MCCARTNEY & WINGS/BAND ON THE RUN

第一目はポール・マッカートニー&ウィングス『BAND ON THE RUN』です。

73年のリリース、ナイジェリアのラゴスでの録音で、レコーディング直前にメンバー2人が脱退したり強盗に遭ったりというトラブル続きの制作だったようですが、その内容はポールの最高傑作と称する人もいるほどの良質のメロディとパワー溢れるサウンドとなっています。

タイトル曲「Band On The Run」や「Let Me Roll It」など、今なおライヴのレパートリーとして演奏され続ける名曲揃いの今作ですが、ゲレンデで流れるならやはり「Jet」でしょうか。

肉厚なブラス・セッションと歪んだギターが疾走し、ポールのパワフルな歌唱がリスナーの心をどこまでも熱くします!

こんな曲がゲレンデでかかっていたらジェット機のように颯爽と滑ることが出来そうですが、どうやら「Jet」はポールの犬の名前だそうですね。(みなと)

試聴 Click!

1月15日(水):STACKRIDGE/FRIENDLINESS

こんにちは。ウィンタースポーツの季節という事で、今週は「ゲレンデで聴きたいロック」をご紹介してまいります!

ちなみにこのテーマは、コンビニに行ったらちょうど「ロマンスの神様」が流れていたことから思いつきました。何年経っても定番の名曲ですね。

さて、私が紹介するのは「田舎のビートルズ」、STACKRIDGEの72年作2nd『FRIENDLINESS』。

この作品は全体的に雪景色にピッタリのアルバムだと思っているのですが、その中でも6曲目の「Amazingly Agnes」をピックアップいたします。

ホンワカと心温まるアンサンブルに、柔らかく囁かれるようなヴォーカル。当時流行り出していたレゲエを取り入れたナンバーなのですが、繊細で幻想的な音作りのためか、南国よりも雪国の情景が思い浮かんでしまいます。

恋人や子供たちが雪の中で朗らかに遊んでいるような、優しくてどこか懐かしいサウンドに浸れる一枚です。(増田)

試聴 Click!

1月16日(木):MOON SAFARI/BLOMLJUD

雪と言ったらやはり北欧のロックは外せないのではないでしょうか。ということで今日はスウェーデンの人気グループMOON SAFARIの2nd『Blomljud(ブロムユード)』です!

00年代以降に登場したプログレ・バンドとしては今や最も知名度が高いかもしれない彼ら。次作『Lover’s End』が最も知られますが、個人的にゲレンデで聴きたいのが本作収録の『The Ghost Of Flowers Past』です。

ギター、ピアノ、シンセ、メロトロンそして美しいヴォーカル&コーラスによる透明感いっぱいのアンサンブルから連想されるのは、見渡す限りの銀世界。一方でメロディーには陽だまりのような温かさが宿っていて、繊細でひんやりとした音色使いとどこまでもハートフルな旋律との組み合わせが、雄大な自然情景のイメージを伴って感動を呼び込みます。

スッと心に染み入ってくるような親しみやすいシンフォ・サウンドは、きっとゲレンデで流れていても違和感ないはず!(佐藤)

試聴 Click!

1月17日(金):CAMEL/Lunar Sea(『MOONMADNESS』)

最後は王道ですがCAMELの76年作『MOONMADNESS』より「Lunar Sea」をピックアップ。

幻想的な雪景色のジャケットも美しい本作。ドラムとベースのスピーディーなリズムに乗って雪のように冷ややかな質感のキーボードが広がり、叙情的なギターが滑らかにフレーズを奏でていくアンサンブルは、まさにウィンタースポーツのように爽快感いっぱい。

中盤の変拍子パートもテクニカルにターンを決めながら滑り降りていく様子が目に浮かんできて、実際に聴きながら滑ったら実に心地良い気分を味わえそうです!

ただ、最終的に吹雪の雪山で遭難してしまったかのような雰囲気で幕を閉じるのだけは気がかりですね…。皆様滑りすぎて遭難しないようお気を付け下さい。(増田)

試聴 Click!

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram


カケレコセレクション!冬に聴きたいプログレ作品~英国編

【関連記事】

カケレコセレクション!冬に聴きたいプログレ作品~英国編

カケレコが定番作品を中心に冬に聴きたいプログレ作品をセレクション!
今回は英国プログレ編でお送りしてまいります☆


カケレコ・セレクション!冬に聴きたいプログレ~ユーロ編

【関連記事】

カケレコ・セレクション!冬に聴きたいプログレ~ユーロ編

冬に聴きたいプログレ・セレクション、英国編に続き今回はユーロ編をお送りしてまいりたいと思います☆


『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「雪見プログレ」~

【関連記事】

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「雪見プログレ」~

雪を連想させる、冷たく美しいプログレッシブ・ロックを集めました。

PAUL MCCARTNEY & WINGSの在庫

「PAUL MCCARTNEY & WINGSの在庫」をもっと見る

STACKRIDGEの在庫

  • STACKRIDGE / FINAL BOW – BRISTOL 2015

    「田舎のビートルズ」とも云われたブリティッシュ・ポップの名グループ、15年のラストツアーの最終ブリストル公演を収録!

    「田舎のビートルズ」とも云われたブリティッシュ・ポップの名グループが15年に行なった、日本公演を含むラスト・ツアー。その最終公演となった彼らの地元ブリストルでのステージを収録したライヴ作。70年代にリリースされた1st〜5thの楽曲を中心に、00年代の再結成後の曲や新曲も交えた、現在までのSTACKRIDGEの歴史が凝縮されたセットリストとなっています。実にスタックリッジらしい格調高くもひなびた味わいのあるヴァイオリンの音色が印象に残ります。ラスト・ライヴなのですが、気負った感じは少しもないほのぼのとハートフルなパフォーマンスがかえって感動を呼ぶ一枚。

  • STACKRIDGE / STACKRIDGE

    英国田園ポップの名作!71年作

    イギリスのアコースティック系プログレッシブ・ロックグループであり、後にKORGISを結成するJames Warren、Andy Davisを擁したバンドの71年作。その内容はTHE BEATLES路線のポップなメロディーが魅力なフォーク・ロック風の作品であり、アコースティック・ギターの優しげな調べが非常に印象的な名盤です。加えてヴァイオリンやフルートを用いたファンタジックなアプローチはブリティッシュ然とした叙情と気品を描いており、フォーキーなポップ・サウンドの中にプログレッシブ・ロック的な味わいを溶け込ませています。

  • STACKRIDGE / FRIENDLINESS

    70s英国ポップを代表するグループ、これぞ英国田園ポップ!と言える72年作

    イギリスのアコースティック系プログレッシブ・ロックグループであり、後にKORGISを結成するJames Warren、Andy Davisを擁したバンドの72年作。基本的な路線は前デビュー作から継承されたポップ・フィーリングとフォーキーで牧歌的なサウンドであり、アコースティックな味わいがやはり素晴らしい作品となっています。ヴァイオリン、フルート、チェロを登用したアプローチも前作以上に洗練され表情豊かに、クラシカルに響きます。また、メロトロンを本格的に導入、プログレッシブ・ロックらしいサウンドへと移行しています。

  • STACKRIDGE / EXTRAVAGANZA

    再結成後にリリースされた74年作4th

    3rdリリース後、いったん解散。メンバー・チェンジを経て再結成し、ロケット・レーベルよりリリースされた4thアルバム。75年作。牧歌的な雰囲気は薄れ、だいぶ洗練されたサウンドを聴かせています。ただ、メロディの素晴らしさ、演奏の親しみやすさ、英国的ユーモアは相変わらず。ブリティッシュ・ポップの逸品。

  • STACKRIDGE / MAN IN THE BOWLER HAT

    70年代ブリティッシュ・ポップを代表する傑作、74年3rd、ジョージ・マーティン・プロデュース!

    英国田園ポップの名グループ。73年作の傑作3rdアルバム。なんとあのジョージ・マーティンがプロデュースを担当。美しいストリングスとビートリッシュなアレンジにより、彼らの魅力である美しいメロディが瑞々しく響いています。特筆すべきは、James Warren以外のメンバーのソングライターとしての飛躍。Andy Davisによるビートリッシュな心躍る「Fundamentally Yours」、Mutter Slaterによる優美なバラード「To The Sun And Moon」など、一度聴いただけですぐに名曲と分かる優れた楽曲を提供しています。James Warrenも勿論だまっちゃいません。うっとりするほどに流麗な「Humiliation」、BADFINGERのようにキャッチーな「Dangerous Bacon」など、相変わらずのメロディ・メイカーぶり。70年代ブリティッシュ・ポップを代表する傑作です。

  • STACKRIDGE / SEX AND FLAGS

    英国ポップの名バンド、15曲収録ベスト

「STACKRIDGEの在庫」をもっと見る

MOON SAFARIの在庫

  • MOON SAFARI / GETTYSBURG ADDRESS

    震えずにはいられない。ファンタスティックな演奏と至福のメロディ&ハーモニーにより会場全体が幸福に包まれた傑作ライヴ!

    2010年作の3rd『Lover’s End』でブレイクを果たしたスウェーデンのシンフォニック・ロック・グループ。2011年5月にアメリカはペンシルヴァニアで行われた公演を収録したライヴ・アルバム。オープニング・ナンバーは、彼らのテーマ・ソングと言える、2ndアルバム収録の名曲「Moonwalk」!ツイン・キーボード編成で、伸びやかに広がるキーボード、美しいフレーズがこぼれ落ちるようなピアノを中心に、ギターがスタジオ作品以上に伸びやかにメロディを奏でます。インスト・ナンバーからの幕開け、という構成が実に素晴らしく、いつまでも浸っていたい、そんなファンタスティックなアンサンブルが会場を幸福感いっぱいの空気で包み込みます。会場からの温かな拍手とともに、2曲目でいよいよヴォーカル&ハーモニーが登場!曲は、「Lover’s End Pt.1」!オープニングのインストから流れるようで、ヴォーカル&ハーモニーが一層鮮やかに響きます。それにしても、コーラス・ワークの素晴らしいこと!全員にヴォーカルのクレジットがありますが、スタジオと変わらない豊かなコーラスは絶品の一言。間髪入れずに「A Kid Called Panic」へ。ここでもコーラスは完璧。魔法のような歌の力は言わずもがな、インスト・パートのダイナミックさとドラマティックさをスタジオ盤以上に感じます。至福のサウンド。基本的に原曲に忠実なアレンジなのですが、やはりライヴならではの空気感が印象的。人柄が滲むバンドの温かな雰囲気と、それに呼応して観客の胸に切々とわき起こる感動、そして思わずこぼれる笑顔が目に浮かび、聴いているだけのこちらもまるでその場所にいるかのように幸せな空気に包まれます。今最も美しいメロディとアンサンブルを聴かせる、と言っても過言ではないグループが、感動を生む瞬間をまさにとらえたライヴ・アルバムの傑作。これは、震えます。

  • MOON SAFARI / LIVE IN MEXICO

    2014年4月3日のメキシコのプログ・フェス出演時のライヴ音源、ハートフル&ドラマティックな傑作ライヴ盤!

    2014年4月3日のメキシコのプログ・フェス出演時のライヴ音源。この時点での最新作である2013年の『Himlabacken Vol.1』の2曲目に収録のムーン・サファリらしいハートフル&ドラマティックな名曲「Too Young To Day Goodbye」からただただ感泣。ロング・トーンで奏でられる泣きのギター、リリシズムがこれでもかとこぼれ落ちるピアノ、木漏れ日のように柔らかに広がるシンセ、安定感抜群のタイトなリズム隊。そして、ハイ・トーンの伸びやかな歌声とフックに富んだメロディ、何より素晴らしい多声のコーラス・ワーク。会場に息をのむ観客の感動がひしひしと伝わってきます。出世作『Lover’s End』と『Himlabacken Vol.1』の曲に加え、シングルリリースされた「Lover’s End Part 3」がライヴで聴けるのがファンにはたまりません。スタジオ以上にヘヴィなところはヘヴィに、幻想的なパートはこれでもかとファンタスティックに、ライヴらしいメリハリの中にパフォーマーとしての彼らの卓越したセンスと実力がみなぎる名ライヴ盤!

    DISC 1:
    1. TOO YOUNG TO SAY GOODBYE
    2. HEARTLAND
    3. BARFLY
    4. MEGA MOON
    5. A KID CALLED PANIC

    DISC 2:
    1. CROSSED THE RUBICON
    2. LOVER’S END PT.III: SKELLEFTEA SERENADE

「MOON SAFARIの在庫」をもっと見る

CAMELの在庫

  • CAMEL / GODS OF LIGHT 73-75

    故ピート・バーデンスへの追悼盤、初期(73-75年期)のライヴ・ベスト、00年リリース

  • CAMEL / A NOD AND A WINK

    デビュー30周年記念作品であるとともに、同年に他界したピート・バーデンスへの追悼作でもある02年作14th

  • CAMEL / LIVE IN CONCERT LONDON 77

    1977年10月1日ロンドンでの公演を収録、11曲入り

  • CAMEL / CAMEL

    73年リリースの記念すべき1stアルバム、代表曲「Never Let Go」収録

    ファンタジックなサウンドで独自の道を切り開いたキャメルのデビュー作。73年作。初期の代表作として知られる「ネヴァー・レット・ゴー」「秘密の女王」を収録。

  • CAMEL / MIRAGE

    74年リリース、初期の代表曲「LADY FANTASY」収録の2nd

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの74年2nd。名盤となる次作「The Snow Goose」に見られるファンタジックさと気品に比べるとPeter Bardensのキーボードが若干おとなしく、その代わりAndrew Latimerのギターが前に出て渋く泣いているようなイメージであり、全体的にややハードな雰囲気が漂っているものの、その音像は単純なハード・ロックとは全く違う甘みを感じるものであり、フルートの効果的な使用も相まって、マイルドな質感を醸し出しています。自作につながるようなファンタジックさの片鱗も見え隠れする素晴らしい作品です。

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

  • CAMEL / MOONMADNESS

    前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの76年4th。前作「スノー・グース」と並んでファンタジックなCAMELの音楽性をダイレクトに伝える作品であり、Andrew Latimerの消え入るような儚げなフルート、Peter Bardensの堅実かつ時に奔放なキーボードの妙技、そして軽やかに変拍子を紡ぐリズムセクションのトータル感で聞かせます。シンフォニックに、そしてジャジーに、肌触りの良いマイルドさを持った傑作であり、ゆったりと身を任せられるような自然なサウンドが一貫して個性的な1枚です。

  • CAMEL / RAIN DANCES

    Richard Sinclair、Mel Collinsが参加した77年リリース5th

    英国出身、Peter bardens、Andy Latimerを擁するファンタジックなプログレッシヴ・ロック・グループによる77年作5th。本作よりベーシストRichard Sinclair、サックス奏者Mel Collinsの二人が参加しています。特にRichard Sinclairはヴォーカリストとしても貢献していて、その甘く繊細な歌声はCAMELの世界観と見事にマッチ。親しみやすいメロディが際立つ一方、インスト面ではよりジャジーな方向へと音楽性をシフトしています。表情豊かで柔らかな音色を奏でるサックス、変幻自在に躍動するベース・ラインが、透明感溢れるキーボード・サウンドに溶け込んだジャジーなアンサンブルを奏でており、甘いヴォーカルと伸びやかなギターは叙情的なメロディを謳い上げます。「Elke」ではBrian Enoがムーグ・シンセで参加、アンビエント要素を加えてより神秘的なCAMELを聴くことが出来るなど、聴き所は多数。次作『RAIN DANCE』と本作でしか聴けない貴重な6人編成、『SNOW GOOSE』など代表作を聴いた方におすすめしたい一枚です。

  • CAMEL / A LIVE RECORD

    オーケストラとの共演による名ライヴ・アルバム、78年リリース

    74〜77年にわたるライヴ・ステージのハイライトを収録。オーケストラとの共演による「白雁」組曲は圧巻。1978年作品。

  • CAMEL / BREATHLESS

    元キャラヴァンのメンバーが多く在籍した「キャラメル」期の名作、78年7th

  • CAMEL / DUST AND DREAMS

    スタインベック『怒りの葡萄』を題材にした78年発表の名作

    キャメルの傑作のひとつに数えられる永遠の名作。ジョン・スタインベックの「怒りの葡萄」をモチーフにした音楽文学。

  • CAMEL / ON THE ROAD 1972

    オリジナル・ラインナップによる72年ライヴ音源、92年リリース

  • CAMEL / HARBOR OF TEARS

    「アイルランドの悲劇」をテーマに綴られる重厚かつ感動的なコンセプト作、96年リリース

    アンディ・ラティマーの祖母の体験を基にしたアイルランド移民の悲劇を作品化。ケルトの旋律と激しい情念を描き出すラティマーのギターが感動を呼び込む名作。

  • CAMEL / COMING ON AGE (DVD)

    97年ツアーの映像を収録、全24曲

    1997年のツアーを収録したDVD。伝説の楽曲が現代のテクノロジーと演奏スキルで見事に甦った感動のパフォーマンスを満載。ヴィデオ・リリースにはなかったボーナス映像もプラス!
    曲目 1.月の湖 2.ヒム・トゥ・ハ− 3.醜い画家ラヤダ− 4.ラヤダ−街へ行く 5.徴兵の時 6.埠頭にて 7.島への上陸 8.水の精 9.アイス 10.サスクォ−チ 11.マザ−・ロ−ド 12.ニ−ドルズ 13.ロ−ズ・オブ・シャロン 14.アイリッシュ・エア 15.ハ−バ−・オブ・ティア−ズ 16.コ−ヴの港 17.センド・ホ−ム・ザ・スレ−ツ 18.アンダ−・ザ・ム−ン 19.鍵製工場 20.追憶のアイルランド 21.天国を後にして 22.日の終わりに 23.時代 24.父に捧げる詩。(国内盤:帯より)

  • CAMEL / RAJAZ

    ラティマーの極上ギターを全編で堪能できる99年作

    出会い、そして別れ。アンティ・ラティマーのギターが紡ぎ出す8つの物語。

  • CAMEL / FOOTAGE

    70〜90年代までのBBCライヴ映像コンピ

「CAMELの在庫」をもっと見る

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。