プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ジェイムス・テイラーが好きな人におすすめの、米国のニッチなSSW特集

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、ジェイムス・テイラーに近い魅力を持った、穏やかで優しいSSW作品を聴いてまいりたいと思います。

まずはジェイムス・テイラーの『ONE MAN DOG』から一曲。

試聴 Click!

いやあ、本当に良い曲です…

STEPHEN COHN/STEPHEN COHN

カリフォルニア生まれ、映画/演劇の作曲家としても名高いSSW、73年の唯一作。

ジェントルなボーカルと程よいストリングスのアレンジが特徴の作品です。

試聴 Click!

ANDY ROBINSON/BREAK OUT OF THE CITY

アメリカ東海岸はフィラデルフィア出身のSSW、70年2nd。

乾いたアコギの調べ、優しく内省的なメロディー。聴けば聴くほど染み入ってきます。

試聴 Click!

JOHN BUCK WILKIN/IN SEARCH OF FOOD CLOTHING SHELTER AND SEX

ナッシュビル出身のSSW、マッスル・ショールズ録音の70年作。

繊細で叙情的なメロディが絶品です。

試聴 Click!

LONNIE KNIGHT/FAMILY IN THE WIND

カナダに接する米北部はミネソタ州のミネアポリス出身のSSW。74年の1st

透明感の中に陰りもある、リリカルな歌声がたまりません。

試聴 Click!

JERRY MERRICK/FOLLOW FOLLOW FOLLOW

RICHIE HAVENSが歌った「FOLLOW」の作者として知られる米SSW、69年1st。

流れるようなアコギ、どこかうら悲しく優しいボーカルが、抑えたホーンやストリングスと入り混じり、くぐもった質感を伴って響きます。

試聴 Click!

DANA COOPER / DANA COOPER

ミズーリ州出身のSSW、73年作。

伸びやかなボーカルが非常に心地よいですね!

試聴 Click!

JACK GRUNSKY / NEWBORN MAN and JACK GRUNSKY

オーストリア生まれカナダ育ちのSSW、71/72年作。

素朴な弾き語りが、しみじみと良いです。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。少しでも気になった楽曲があれば嬉しいです。


じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

【関連記事】

じんわり沁みる、米南部の哀愁SSW特集

無骨なボーカルとアーシーなサウンドでじんわりと沁みる、米南部SSWをピックアップいたしました。


【ブラックホーク99選】をリストで探求!

【関連記事】

【ブラックホーク99選】をリストで探求!

「ブラックホーク99選」に該当する当店の現在庫を、リストで見ることが出来ますので、ぜひご利用ください。


ニール・ヤング『ハーヴェスト』から辿る、哀愁漂うフォーク・ロック特集

【関連記事】

ニール・ヤング『ハーヴェスト』から辿る、哀愁漂うフォーク・ロック特集

ニール・ヤング『ハーヴェスト』から出発し、どこかうら寂しく哀愁漂うフォーク・ロックをピックアップいたしました。秋の深まる季節にぴったりの作品ばかりです。

JAMES TAYLORの在庫

  • JAMES TAYLOR / JAMES TAYLOR

    SSWの代名詞的ミュージシャン、記念すべきアップルからのデビュー作、68年作

  • JAMES TAYLOR / SWEET BABY JAMES

    シンガーソングライター時代の到来を告げた70年作

    狂騒と革命の60年代の果て、内省の70年代、即ちシンガー・ソングライターの時代を、静かなアコースティック・ギターを爪弾きながら、高らかに告げた金字塔的大名作。プロデューサーにPeter & GordonのPeter Asher。コンビ解散後はBEATLESのアップル・レーベルで新人発掘の仕事を始め、初めて契約を交わしたのがJamesだったのです。結果としては、7曲目に収録されている「FIRE AND RAIN」のヒットをきっかけに彼を一躍スターダムへと導くのですが。特筆すべきことは彼の作品世界が、ボーイ・ミーツ・ガールでもなく、直接反戦を問うプロテスト・ソングでもなくて、個人の何気ない日々の生活感情を吐露した、個々の内面描写に、その表現欲求を照射していたこと。ごく個人的な感情ほど多くの人々の胸を打つという、新しい形のシンガー・ソングライター像を、優れたギターの表現力を通して描き出していたことが重要なのです。個人心象に長けた歌には、必然的にNYMN(聖歌)のような救済が含まれ、柔らかいカントリーのフレイヴァーを基調にブルース、R&B、黒人霊歌、ブルーグラスといったアメリカン・ルーツ・ミュージックと絡ませながら、巧みなバランス感覚と都会的センスによって息づいています。大切な時間に、そっと耳を傾けたい。そんな一枚です。

  • JAMES TAYLOR / MUD SLIDE SLIM AND THE BLUE HORIZON

    前作「SWEET BABY JAMES」によるブレイクのさなかにリリースされた3作目、71年作

    前作、「SWEET BABY JAMES」で人気絶頂の最中にリリースされたJTこと、JAMES TAYLORの第3作目。CAROLE KINGとのデュエット曲「YOU’VE GOT A FRIEND」(全米第1位)を含む非常に充実した内容。世間はシンガー・ソングライター・ブームの真っ盛り。前作から更にぐっと落ち着いた雰囲気で、タイトル曲等はとりわけレイドバックしていて脳天気な雰囲気さえ感じられるのは、お百姓になった自分を「MUD SLIDE SLIM」と呼ぶ洒落っ気さがそうさせるのでしょうか。冒頭から幸せに満ち足りたかのような、恋人との生活を謳歌するかのようなその屈託のない明るさがとても魅力的な本作品。それでいて、「HEY MISTER THAT’S ME UPON THE JUKEBOX」等「FIRE AND RAIN」以降の自分の成功を冷静な目で見つめるような曲も。家族を呼んで録音された「HIGHWAY SONG」は白人流ゴスペル・ソング。反戦の世評感情を滲ませた曲がヴェトナム戦争の傷跡を甦らせるかのようでもあり。CAROLE KINGの「SO FAR AWAY」を意識したかのような MITCHELLとのデュエット「LONG AGO AND FAR AWAY」も収録と、ジャケットから醸し出される伊達男ぶりも眩しい、成功の光と影を秘めた大傑作です。

  • JAMES TAYLOR / WALKING MAN

    ポール&リンダ・マッカートニー、カーリー・サイモン、ブレッカー・ブラザーズが参加した74年作

  • JAMES TAYLOR / GORILLA

    米SSWの代表格、75年作

  • JAMES TAYLOR / DAD LOVES HIS WORK

    名実ともにアメリカを代表するSSW、J.D.サウザーら参加、ピーター・アッシャー・プロデュースの81年作

  • JAMES TAYLOR / THAT’S WHY I’M HERE

    85年作

「JAMES TAYLORの在庫」をもっと見る

ANDY ROBINSONの在庫

  • ANDY ROBINSON / PATTERNS OF REALITY

    米SSW、ジャニス・イアンプロデュースの68年作。

    米フィラデルフィアのSSW、68年作。基本的にフォーク・ロック・サウンドなのですが、しっかり効いてるオルガンや、ドンシャリしたリズム隊はサイケデリック・ムーヴメント色濃い68年的。ティム・バックリーを上品にしたようなジェントルなボーカルは伸びやかで、耳にとても心地よいです。ジャニス・イアンプロデュースということで、ストリングスがしっかりと効いたクラシカルな楽曲もあり、英国フォークにも通じる陰影ある美しさを感じさせてくれます。ドノヴァンなどサイケ・フォークが好きな方から、ニック・ドレイクなどチェンバー・フォークが好きな方におすすめです。

「ANDY ROBINSONの在庫」をもっと見る

JOHN BUCK WILKINの在庫

  • JOHN BUCK WILKIN / BUCK WILKIN

    米SSW、71年作。

    米ナッシュビル生まれのSSW、71年2nd。繊細で叙情的なメロディが素晴らしかった1ndから一転して、ロックン・ロールしてます!シンプルなコード進行と直線的なビートでワイルドに歌うT1やT3はまるでルー・リードのよう。かき鳴らされるギターに心がはやります!ゆったりとしたアコギをバックにジェントルに歌い上げるT2やT7のような楽曲もありますが、チャック・ベリーの「Johnny B. Goode」やモータウンのヒット曲「Money」もキャッチーなギターリフを生かしてカバーしていたりで、きっと71年のBUCK WILKINはどうにもロックン・ロールな気分だったのでしょう。ルー・リードが好きなかたは勿論、ニッチなSSW好きにもおすすめです。

「JOHN BUCK WILKINの在庫」をもっと見る

JERRY MERRICKの在庫

  • JERRY MERRICK / FOLLOW FOLLOW FOLLOW

    RICHIE HAVENSが歌った「FOLLOW」の作者として知られる米SSW、69年1st。

    RICHIE HAVENSが歌った「FOLLOW」の作者として知られる米SSW、69年1st。流れるようなアコギ、どこかうら悲しく優しいボーカルが、抑えたホーンやストリングスと入り混じり、くぐもった質感を伴って響きます。バタバタしたドラムとバイオリンや管弦楽器が軽妙に掛け合う、英国のプライベート・フォークのような趣もあり、耳楽しく聴くことが出来ます。

「JERRY MERRICKの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事