プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【真夏のサイケデリック探検隊Vol.3】けだるい夏の午後に聴きたい、けだるげサイケ・フォーク&フォーク・ロック選

こんにちは。スタッフ増田です。

いよいよお盆休み。実家に帰省する方も、お家でのんびりする方も、ぜひ日頃の疲れをリフレッシュできるといいですね。

さてさてスタッフ増田の夏休みの醍醐味と言えば…ずばり「昼寝」でございます。
昼ごはんに素麺なんかを食べて、ダラダラと甲子園中継を見ながら、扇風機の前でついウトウト。
気付けば夕方になっていたりすることもしばしばですが、そんな夏の過ごし方もまた風流と言えるのではないでしょうか…多分。

またもや前置きが長くなりましたが、今回の真夏のサイケデリック探検隊はサイケ・フォーク&サイケ・フォーク・ロック特集。
それも、ついつい昼寝をしたくなってしまう「けだるい夏の午後」にピッタリのサイケ・フォークをセレクトいたしました。

どうぞ皆様心地良い浮遊感に揺られながら、まどろみの世界へ…。

LOVE/DA CAPO

まずは米国から。「フォーク・ロック界のジミヘン」の異名をとる黒人ミュージシャンArthur Lee率いるLA産サイケ・フォーク・ロック・バンド、67年2nd。

柔らかくフォーキーなアコギと軽やかなドラムにジェントルなヴォーカル。西海岸らしく爽やかで暖かい雰囲気~、と思ったらマジカルなハープシコードも入ってきて、まさにサイケな夢見心地。

試聴 Click!

NEW TWEEDY BROTHERS/NEW TWEEDY BROTHERS

西海岸サイケ・フォーク・ロックならこちらもオススメ!変形ジャケの先駆けとしても名高いシスコ・サイケ・フォーク・ロック68年作。

古き良き乾いたジャグやグッド・タイム・ミュージックに、もったりとしたヴォーカル・ハーモニーのアシッド感が心地良いです。

試聴 Click!

SHADRACK CHAMELEON/SHADRACK CHAMELEON

マイナーですが、こんなサイケ・フォーク・ロックも良いです。アイオワの学生サイケ・フォーク・ロック・バンドによる71年の自主制作盤。

ドタバタと叩きまくるドラム、幻想的に鳴り響くオルガン、うつむき加減のアーティスティックなヴォーカル……ああ、やるせない青春の味。

試聴 Click!

ANT TRIP CEREMONY/24 HOURS

オハイオ産サイケ・フォーク・ロック、68年作。紫煙が充満した気怠い空気を真空パックしたかのような、メロウ&ダウナーな「Hey Joe」のカヴァーが絶品。

見るからに怪しいジャケの期待を裏切らない、デンジャラスな心地良さに包まれた一枚です。

試聴 Click!

ここからは心地よく微睡みの中に連れて行ってくれそうなUSサイケ・フォークをご紹介。

JIM SPENCER/2ND LOOK

サイケ・フォーク・マニアに人気の米国のSSWによる74年作ですが、フルートやサックス、メロトロンを配した彩り豊かなアプローチは英国プログレ・ファンにもグッときちゃうはず!?

緻密に構成されつつ、どこまでも優しい歌心に包まれたサウンドがもう素晴らしい~(泣)。

試聴 Click!

THIRD ESTATE/YEARS BEFORE THE WINE and AGONISTES

ITHACAやFRIENDSからの影響が滲む、「英国の深い森」へと確実につながっているメロウなUSサイケ・フォーク73&74年作。

ネオアコにも通じる蒼く柔らかなコーラス&エコーに、もうメロメロメロメロ…

試聴 Click!

JOHN VILLEMONTE/PEOPLE LIKE YOU

なんて心地が良いんだ・・・。ボサノヴァからAOR、ネオアコまで網羅しそうな軽やかなバッキング、とろけそうにメロウなメロディ、光が差し込んでくるような優しいヴォーカル。

米国ウィスコンシンで活動するSSW、77年に4トラックMTRで録音された、スムージーなサイケ・フォーク名盤。

試聴 Click!

次は英国から!

BLONDE ON BLONDE/REFLECTIONS ON A LIFE

ウェールズ出身のサイケ・フォーク・ロック、ブルース志向を強めた最終作71年3rd。

ノイジーなギターが炸裂する曲もありますが、ダウナーな雰囲気充満するサイケ・ブルースやメランコリックなアコギをフィーチャーした夢見心地なサイケ・フォークは夏の午後にピッタリ。

試聴 Click!

ORA/ORA

後にBYZANTIUMを結成するメンバー率いる英サイケ・フォーク・バンド、69年の唯一作。

フォークの伝統、ドノヴァンに通じるサイケ・ポップ、ジャズ&ブルースをブレンドし、英国らしい気品でまとめあげた、って感じのサウンドは、簡素なジャケからは想像できない完成度!

試聴 Click!

MOONKYTE/COUNT ME OUT(MOONKYTE)

英国サイケ・フォーク・ロック&アシッド・フォーク、71年唯一作。

深いエコーに包まれた夢幻的なコーラス、メロディ・ラインから滲み出る英国的哀愁…。英アンダーグラウンド・サイケの隠れた好盤です。

試聴 Click!

ではではここからは、いろんな国のサイケ・フォーク&サイケ・フォーク・ロックをご紹介いたしますよ。

SERENITY/PIECE OF MIND

フォーキーなCREAM!?くぐもったボーカルとほんのりサイケな楽曲、ブルージーなハーモニカ。

まさかのニュージーランドのトリオ、72年作。

試聴 Click!

MAYFLY/MAYFLY

な、なんとドリーミー!オランダにこれほどのフォーク・グループが居たとは。

ニック・ドレイクの2nd、フィルモア・リンカーンあたりのファンは悶絶ですよ。蝶々ジャケも良い!

試聴 Click!

最後は南米3連発でお別れいたしましょう。

CONGREGACION/VIENE

チリのグループ、72年唯一作。

夢見心地にたゆたうアルペジオ、心ここに在らずなメロディ…。夢うつつを行き来する旅人に捧ぐ、南米サイケ・フォークの金字塔。

試聴 Click!

OS LOBOS/MIRAGEM

次はブラジルのサイケ・フォーク・ロック/ポップ、77年作。

ダバダ~♪な男女混成コーラスがタマらない。ペルーのテレグラフ・アヴェニューらと並び、南米ソフト・ロックを代表するブラジリアン・サイケの名盤!

試聴 Click!

EL POLEN/FUERA DEL LA CIUDAD

これぞ南米版『HERON』!?ペルー随一のサイケ・フォーク・グループ、73年作。

ケーナ、コンガなどフォルクローレのエッセンスと夢見心地のサイケ・フォークを融合させ、心地よい自然音も取り入れたサウンドは唯一無二!

自然と一体になれそうな南米木漏れ日フォークの傑作。

試聴 Click!

サイケ・フォークはこちらの記事&ジュークボックスもどうぞ。


シド・バレットから出発する、孤高のアシッド・フォーク・シンガー特集

【関連記事】

シド・バレットから出発する、孤高のアシッド・フォーク・シンガー特集

ただならぬ気配をまとった、孤高のアシッド・フォーク・シンガーをピックアップしてまいります。


ヨーロピアン・アシッド・フォーク特集

【関連記事】

ヨーロピアン・アシッド・フォーク特集

ヨーロッパ大陸の各地で鳴らされた、色とりどりのアシッド・フォークを特集!

それでは皆様、よい夏休みを!


【真夏のサイケデリック探検隊Vol.1】衝動とアマチュアリズム。世界のガレージ・サイケを巡れ!

【関連記事】

【真夏のサイケデリック探検隊Vol.1】衝動とアマチュアリズム。世界のガレージ・サイケを巡れ!

愛の夏、サイケの夏!というわけで様々なサイケをテーマごとに特集してまいります。第一弾はアマチュアリズム溢れる演奏が愛おしい、世界各国のガレージ・サイケをご紹介。


【真夏のサイケデリック探検隊Vol.2】カラフル&マジカル!世界のレイト60'sサイケ・ポップ紀行

【関連記事】

【真夏のサイケデリック探検隊Vol.2】カラフル&マジカル!世界のレイト60’sサイケ・ポップ紀行

愛の夏、サイケの夏!第二弾は「サイケ・ポップ」。『ペット・サウンズ』や『サージェント・ペパーズ』から派生した、マジカルでカラフルな世界のサイケ・ポップの旅にご招待。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CONGREGACION / VIENE

    チリ産、南米サイケ・フォーク至高の傑作、72年唯一作

    チリのグループ、72年の唯一作。フォルクローレを下地に、夢見心地にたゆたうアコギ・アルペジオ、ゆらゆらと聴き手の意識を奪うリコーダーや鳥のさえずり、「心ここに在らず」の優美なメロディ、包み込むようにメロウなヴォーカル。すべてが奇跡的にピースフル。白昼夢を断ち切るように時折いななくファズの好き嫌いは分かれそうですが(笑)、南米サイケ/アシッド・フォークを代表する傑作です。

  • BLONDE ON BLONDE / REFLECTIONS ON A LIFE

    ウェールズ出身サイケ・フォーク・ロック・グループ、最終作となった71年作3rd、アーシーで骨太なブルース・ロック色が加わった名作

    60年代末期に結成されたウェールズ出身グループ、キーボーディストが脱退し新たにギタリストが加入、ツインギター編成となった71年発表の3rdアルバム。サイケとフォーク・ロックを上手く取り合わせ独自のサウンドを聴かせた前作に対し、骨太なブルース・ロックを中心とするアーシーなアメリカ志向のサウンドを導入しているのが特徴的。フォーキーなナンバーでもブルース/ルーツ色が見え隠れする味わい深いサウンドを聴かせています。特に、サイケの残り香を含んだツインギターが炸裂するソリッドなブルース系ナンバーは抜群のカッコよさを誇っており聴き所。ただそんな中でも、英国的なリリカルなメロディーと淡々としながらも感情を揺さぶるヴォーカル、そしてメロトロンが雄大に盛り立てる感動的なラストナンバー「CHORALE」は、やはり彼らが英ウェールズ出身バンドであることを強く思い出させます。この後中心メンバーだったギターのGareth Johnsonが脱退し程なくバンドも解散、図らずも最終作となりましたが、数あるアメリカ志向のブリティッシュ・ロックの中でも極めて完成度の高いサウンドを聴かせる一枚です。

  • NEW TWEEDY BROTHERS / NEW TWEEDY BROTHERS

    ジャグ/グッド・タイムのテイストをまぶしたシスコ産サイケ・フォーク・ロック、68年作、変形ジャケットの先駆けとしても有名な一枚

    シスコを拠点に活動した米オレゴン出身の4人組サイケデリック・フォーク・ロック・バンドの68年唯一作。CHARLATANSからの影響を多分に感じさせる、ジャグやグッド・タイム・ミュージックの古き良き乾いた触感をまぶしたサウンド。カズーやバンジョーに心躍るカラッと軽快なジャグ・ナンバー、ヴォーカル・ハーモニーのもったりとしたアシッド感が尾を引くフォーク・ロック・ナンバー、いずれもピュアな遊び心と柔らかい感性が光る良曲が並びます。

  • SHADRACK CHAMELEON / SHADRACK CHAMELEON

    アイオワ産、学生たちの自主制作によるサイケ・フォーク・ロックの超レア盤、71年作

    アイオワ州の学生たちが自主制作で発表したサイケ・フォーク・ロック71年作。オリジナルはわずか300枚のプレスという超レア盤。すべての楽曲のソング・ライティングを手がけ、VO/G/BすべてをこなすSteve Foxを中心とした学生バンドで、どこか内省的な空気を包含したサウンドからは同時代のSSWらからの影響も窺わせます。時折導入するハモンドの音色もツボを突いた使い方。全編通じてSteveの才能を感じられる作品です。

  • JOHN VILLEMONTE / PEOPLE LIKE YOU

    メロウでスムージーなサイケ・フォーク名盤、4トラックMTR録音による77年1st!

    心あるSSW〜サイケ・フォーク・ファンにまで絶大な人気を誇っているJOHN VILLEMONTEによるデビュー作。ウィスコンシン州マディソンでの録音で、4トラックMTRによる一人多重録音作品。しかしこの、独特の微睡みの世界へ誘うかのような歌のいざないは、多くのフォーク・ファンを魅了することでしょう!原盤は当然の如く大変レアでしたが、こうして再発盤によって聴くことが出来るのは、とても有難いものです。ボサノヴァが持つライトな歌の質感、AORからPOST PUNK以降のネオ・アコースティックなSSWまでを嗜好する幅広い「うた」リスナーに響く、心安らぐ一枚です。2nd「THIS」もお勧めです!紙ジャケット仕様。

  • SERENITY / PIECE OF MIND

    ニュージーランド出身サイケ・フォーク・ロック・トリオ、72年作

    ニュージランド出身のフォーク・ロック・グループ。本作は、70年から71年にかけて録音されながら陽の目を見ずに終わった幻の作品。サウンドを天気で表せば「曇り時々雨」。何日も雨がシトシトと降り止まないような物憂い雰囲気に包まれたサウンドで、ちょっとブルージーなハーモニカが印象的です。しっとりと歌い上げるヴォーカルも決してうまくは無いですがたいへん魅力的。好盤。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。