プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

サイケとプログレの狭間を行け!素晴らしき世界のアート・ロック選

スタッフ増田です。

1967年、ビートルズが世界初のコンセプト・アルバムと言われる『サージェント・ペパーズ』をリリース。

それまでシングル・ヒットを飛ばすことが目的だったポピュラー・ミュージックとしてのロックは次第に「作品(アルバム)主義」を重視するようになり、一貫したテーマを持たせたり長尺の曲を演奏したりと、より「アート性」のある作品づくりを志すようになりました。

クラシック、ジャズなど他のジャンルとの融合、高度なテクニックや複雑な楽曲構成・・・それらの流れは70年代に入ると「プログレッシヴ・ロック」と呼ばれる新たなジャンルを生み出していくのですが、今回ご紹介するのはそれより少し前の音楽。

サイケデリックから、プログレッシヴの時代へ。そんな時代の過渡期に生み落とされた、素晴らしきアート・ロックの作品たちをご紹介してまいりましょう。

VANILLA FUDGE/VANILLA FUDGE

アート・ロックの代名詞と言えばこのバンド。67年のデビュー作。

代表曲「キープ・ミー・ハンギング・オン」をはじめほぼカバーで構成されつつ、見事なのは原型をとどめぬほどの魅力を原曲にまとわせる彼らのアレンジ・センス。

屋台骨を支えるTim Bogert&Carmine Appice(のちにCACTUS~BECK,BOGERT&APPICEで活躍)などの確かな演奏力も聴き所な、ロック史に残る名盤!

試聴 Click!

DEEP PURPLE/DEEP PURPLE III

70年代における栄光のハード・ロック時代、その前夜に彼らが残した69年作3rdがこちら。

サイケの残り香を感じる混沌としたアンサンブルに、ジョン・ロードのクラシカルなオルガンが炸裂。

後の作風とは異なりますが、これはこれで魅力的ですよね。邦題は「素晴らしきアート・ロックの世界」!

試聴 Click!

VAN DER GRAAF GENERATOR/AEROSOL GREY MACHINE

こちらも後に英国プログレの代表格となるグループですが、この69年1stは浮遊的なサイケの香りを残したアート・ロック作品。

ピーター・ハミルのエモーショナルな歌声や夢見心地なオルガンの音色、「狂気」と「叙情」が同居する孤高のメロディ・ライン・・・。

後の強烈なプログレ作品と比べるとインパクトでは劣りますが、叙情的なブリティッシュ・ロックの名作として語り継がれるべき逸品ですね。

試聴 Click!


MEET THE SONGS 第115回【ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター特集!】

【関連記事】

MEET THE SONGS 第115回【ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレーター特集!】

今日のMEET THE SONGSは、孤高の詩人ピーター・ハミル率いるダークな英国プログレ・グループVAN DER GRAAF GENERATORを特集!

EYES OF BLUE/IN FIELDS OF ARDATH

イギリスはウェールズ出身のバンド、69年作の2nd。

ゾンビーズが『オデッセイ&オラクル』の後にVertigoに移籍して3rdを残していたとしたら、こんなサウンドになってたかも?

ヘヴィなギターやリズム・セクション、R&B~クラシック~ジャズをゴッタ煮にしたようなオルガン、そしてサイケ・ポップ的なメロディの融合はまさにこの時代ならでは!

試聴 Click!

BODAST/TOWARDS UTOPIA

スティーヴ・ハウがTOMORROWの解散後に結成したアート・ロック・バンドをご存じ?

当時未発表に終わったこの69年作、聴いてみると、YESの3rdに繋がる縦横無尽なプレイを既に全編で披露していて圧巻!

試聴 Click!

CIRCUS/CIRCUS

こちらはクリムゾンやキャメルで名演を残すサックス&フルート奏者メル・コリンズがキャリア初期に在籍したバンド!

サイケデリック&ブルージーな「ノルウェーの森」カバーが痛快です。

試聴 Click!

MANDRAKE PADDLE STEAMER/PANDEMONIUM SHADOW SHOW

オルガンやファズ・ギターが荒々しく主張し合う、怪しく混沌としたサウンド・・・これぞ70年代前夜英国アート・ロック!

この英サイケ・バンド、ヴァニラ・ファッジやアート期パープル、あるいは初期フロイドが好きなら超オススメ!

試聴 Click!

CHARISMA/BEASTS AND FRIENDS

R&B/ブルース・ロックからアート・ロック~プログレへの過渡的なサウンドを詰め込んだ、米ロック70年作。

スリリングなオルガン・ロックが炸裂する1曲目から持っていかれます!

試聴 Click!

ここからはユーロのアート・ロック名作をご紹介!

CRUCIFERIUS/A NICE WAY OF LIFE

マグマのバーナード・パガノッティが在籍していたプログレ黎明期のフレンチ・ロック・バンドと言えば?70年唯一作。

フロイド、コロシアム、トラフィックをゴッタ煮にしたようなアート・プログレで、ジャケの通り秘宝臭ぷんぷん。

試聴 Click!

ALAIN MARKUSFELD/LE SON TOMBE DU CIEL

ヴィブラフォンやエレピが静謐に鳴るアート・ロックに、ジミヘン彷彿の奔放かつスリルあるギターが豪快に乗っかるこの1曲目、ずばり名曲!

マイナーな人だけど才能は素晴らしいなぁ。MAGMAで知られるローラン・チボーも参加の71年作。

試聴 Click!

APARTMENT 1/OPEN HOUSE

初期イエスやフォーカスに通じるスピーディーなアート・ロック感とともに、クレシダやグレイシャスに通じる感じも。

なんと、オランダのバンドの70年作とは!

試聴 Click!

CZERWONE GITARY/SPOKOJ SERCA

このOPナンバー、「Come Together」をサイケ・ハードに仕立てて、ポーランドならではの哀愁を注いだ感じ!?

ポーランド屈指の人気を誇ったビート・バンドによる、サイケデリック&アート・ロックの好盤71年作!

試聴 Click!

DREAM/GET DREAMY

次は北欧から!67年のノルウェーにこれほどまでのサイケ・ポップ/アート・ロック傑作が生まれていたとは・・・。

あのテリエ・リピダルが在籍で、ジェフ・ベックばりに尖ったギターを炸裂させてるし、トラフィックや米BS&Tの1stに負けない素晴らしさ!

試聴 Click!

MECKI MARK MEN/MARATHON

スウェーデンのロック黎明期の名バンド、70年作3rd。

グルーヴィーなR&B/ソウルからヘヴィ・サイケ、そしてシタールやタブラを取り入れたラーガ・ロックまでごった煮した作風は実にアーティスティック。

サイケ&アート・ロッキンなヘヴィネスや混沌が渦巻くサウンドは英米のバンドに一歩も引けをとっていません。

試聴 Click!

BIB SET/IT WASN’T MEANT TO HAPPEN

このヴォーカル、ジム・モリソンとスティーヴ・ウィンウッドの中間に位置するような感じで良いなぁ。

演奏は、フロイドや初期タンジェリン・ドリームみたいだし、ぬぬ、スウェーデンのグループとは!

試聴 Click!

SOUND EXPRESS/SOUND EXPRESS

ハード・ロック前夜の煙のような空気が充満する中で、鳴り響くハモンド・オルガンとファズ・ギター。

でも、スウェーデンらしく、ヘヴィさの向こうには透明なリリシズムも感じさせてグレイト。

試聴 Click!

TRUBROT/LIFUN

最後はアイスランド屈指のプログレ・グループ、71年3rd。

ロック・オペラとして世界で最も過小評価されている作品!?

サバスみたいなヘヴィなリフで始まったかと思えばポール・マッカートニーばりのリリカルなパートあり、グルーヴィーなオルガン・ロックありと、なんという玉手箱感!これは凄いです。

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらもあわせてご覧下さい♪


時は1969年、プログレ前夜のブリティッシュ・アート・ロック特集

【関連記事】

時は1969年、プログレ前夜のブリティッシュ・アート・ロック特集

69年にリリースされたプログレ前夜のブリティッシュ・アート・ロックを特集

【関連ジュークボックス】

北欧サイケの不思議な世界…。

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • CIRCUS / CIRCUS

    後にKING CRIMSONやCAMELで活躍する名サックス奏者Mel Collins率いるグループ、69年作

  • VAN DER GRAAF GENERATOR(VAN DER GRAAF) / AEROSOL GREY MACHINE

    サイケ/アートロック色を持つ69年デビュー作

    ピーター・ハミル率いる英国プログレッシヴ・ロック屈指の名バンド。69年の記念すべき1stアルバム。幻想的なハモンド・オルガンやハープシコード、メロウなアコギのストローク、そして、ピーター・ハミルのエモーショナルなハイ・トーンの歌声と「狂気」と「叙情」が同居する孤高のメロディ・ライン。69年という「プログレッシヴ・ロック」前夜の空気感を見事に収めたアート・ロック・サウンドが実に魅力的です。後の強烈なプログレ作品と比べられ、インパクトで劣る分、過小評価されていますが、もしこの一枚のみで解散していたとしたら、逆にブリティッシュ・ロックの名作としてもっともっと評価されていたことでしょう。ずばり名作です。

  • MECKI MARK MEN / MARATHON

    スウェーデン・ロック黎明期の名バンド、70年作3rd、サイケ〜アート・ロックの名作!

    Key奏者&ヴォーカルのMecki Bodemark率いるスウェーデンのサイケデリック・ロック・バンドで、ジミ・ヘンやザッパのスウェーデン公演のサポート・アクトもつとめたスウェーデンのロック黎明期の名バンド。70年作3rd。後にKEBNEKAISEを結成するギターのKenny Hakanssonを加えた前作では、ジミ・ヘンへのオマージュに溢れたサイケ・ハードを聴かせましたが、本作では、シタールやフルートをフィーチャーして、ヴァニラ・ファッジや初期ディープ・パープルに通じるアート・ロックを聴かせています。6曲目で聴こえるのはメロトロン!?ルーツであるR&Bやソウルが突き動かすグルーヴ感と、サイケ&アート・ロッキンなヘヴィネスや混沌が渦巻くサウンドは英米のバンドに一歩も引けをとっていません。

  • APARTMENT 1 / OPEN HOUSE

    オランダのアート・ロック・バンド、初期YESにも通じる70年唯一作!

    後にSOLUTIONでも活躍するヴォーカル&マルチミュージシャンのPeter Van Der Sande率いるアート・ロック・バンド。1970年の唯一作。サイケ、ブルース・ロックなど60年代の残り香とともに、クラシカルなハモンドやハープシコードや、ゴリゴリと疾走するベースなど、プログレッシヴなエッセンスも盛り込んだサウンドはいかにもこの時代ならではのアート・ロック。1曲目のインストは初期YESばりのハード・ドライヴィング・ナンバーでカッコ良し。ジミ・ヘンばりにファズ・ギターが暴れ回るヘヴィ・サイケな2曲目も痺れるし、クレシダの1stのようなメロウなオルガン・ロックな3曲目、FOCUSに通じるエッジの立ったメロディアスなリード・ギターがオランダらしい歌心いっぱいのハード・インストの4曲目や5曲目もグッとくるし、これは佳曲ぞろい。60年代末から70年代はじめならではの空気をたっぷり吸い込んだユーロ・アート・ロックの好盤です。

  • CHARISMA / BEASTS AND FRIENDS

    アメリカ北東部コネチカット州を拠点に活動したオルガン・ロック・バンド、70年2ndアルバム

    アメリカ北東部コネチカット州を拠点に活動したオルガン・ロック・バンド、70年リリースの2ndアルバム。1曲目から名曲!手数多く疾走するドラムスとシャープなカッティングを繰り出すギターを従えて、ファンキーかつスリリングなオルガンが炸裂するインスト・ジャズ・ロックがカッコよすぎます。ソウルフルなヴォーカルに痺れる旨味たっぷりのブルース・ロック・ナンバーあり、ラグタイム調のピアノを伴い進行するゴキゲンなブルース/ジャズ・ナンバーありと、基本はブルースやR&Bを土台にしたサウンドですが、突如デイヴ・スチュワートみたいなキレのあるソロを含むEGGばりのオルガン・ロックが繰り広げられたりと、プログレ前夜のアート・ロック感覚も数曲で発揮されているのが印象的です。しまいには『Freak Out!』に影響を受けたような奇声満載の実験的パートも飛び出してきて驚きます。R&B/ブルース・ロックからアート・ロック〜プログレへの過渡的なサウンドを詰め込んだ一枚です。

  • MANDRAKE PADDLE STEAMER / PANDEMONIUM SHADOW SHOW

    後期GREENSLADEに参加したMartin Briley在籍の英サイケ/アート・ロック・バンド、サイケ〜プログレ&ハード・ロック過渡期の音が詰まった68〜70年未発表音源集!

    後期GREENSLADEに参加したMartin Briley在籍の英サイケ・バンド。当時アルバムを残すことなく解散した彼らの68〜70年未発表音源を収録した19年編集盤。レイ・マンザレクを思わせる存在感たっぷりのサイケ・オルガンに荒々しくガレージーなギター、激しく暴れ回るベースやドラムに叙情的なヴォーカル。ヘヴィ・サイケ、プログレ、ハード・ロックが雑多に混ざり合ったような、怪しく混沌としたサウンドは「これぞ70年代前夜アート・ロック」な旨味が全開!重く歪んだギターにぶっといベースに荘厳なオルガンがドタバタとクラシカルなフレーズを弾き倒し、かと思えば急にジャジーな展開に移り変わっていく「Simple Song」の衝動みなぎる感じなんて、まさにこの時代の英国アンダーグラウンドならでは。VANILLA FUDGEやアート期DEEP PURPLE、あるいは初期PINK FLOYDあたりのサイケ〜プログレ過渡期の音が好きなら絶対に気に入るはず!オススメです。

  • SOUND EXPRESS / SOUND EXPRESS

    スウェーデン出身、ハモンド・オルガンが厚みのあるトーンで荘厳に鳴り響くヘヴィ・インスト・アート・ロック、69年デビュー作

    スウェーデン出身、オルガン兼ギター奏者とドラム兼ハーモニカ奏者によるデュオ編成、69年のデビュー作。ほの暗く厚みのあるトーンで荘厳に鳴り響くハモンド・オルガン、重く力強いリズム・セクションを中心とするヘヴィ・インスト・アート・ロック。曲によっては、歪んだトーンのサイケデリック&ブルージー&ヘヴィなギターが炸裂し、ハード・ロック前夜の煙のような空気が充満します。クラシカルなエッセンスを感じさせる曲では、ヘヴィに歪んだ音の向こうにある透明感あるリリシズムも印象的です。

  • DREAM / GET DREAMY

    あのテリエ・リピダルが参加していたノルウェー産サイケ・ポップ/アート・ロック、同年代の英米名作に引けを取らない67年の唯一作

    北欧を代表するギタリスト、テリエ・リピダルがVANGUARDSの後に参加したグループ。北欧屈指のサイケ・ポップと評価される67年の唯一作。グルーヴィーなオルガン、ブルース〜ジャズを飲み込んだ表現力豊かなギター、ソウルフルなヴォーカル、渦巻くエコーや逆回転、というスタイルで、トラフィックやプロコル・ハルムに匹敵するアーシーなサイケ・ポップを展開。ジャジーで洗練された管弦楽アレンジも印象的で、アル・クーパーがブラッド・スウェット&ティアーズでやろうとしていたロックとジャズとの融合を先取りしたようなセンスを感じさせます。ゾンビーズ『オデッセイ&オラクル』のような幻想的なハーモニーも特筆。そしてやはり素晴らしいのが、テリエのギター。ファズ・ギターがアグレッシヴに牙をむくフリーキーなフレーズから流麗なタッチのジャジーなフレーズまで、ジェフ・ベックにも引けを取らない先鋭的なギターを聴かせています。67年のノルウェーにこれほどまでにアーティスティックなロック作品が生まれていたとは。英米の同年代のサイケ・ポップ/ロック名作にも負けない傑作。必聴です。

  • CZERWONE GITARY / SPOKOJ SERCA

    ポーランド屈指のビート・バンドが71年にリリースしたサイケデリック&アート・ロックの好作品

    66年にデビューして以来、ポーランド屈指の人気を誇ったビート・バンド。3枚のビート名作を残した後にリード・ギタリストが脱退。トリオ編成となってからの2作目で、通算5作目となる71年作が本作。キャチーなビートを期待したデビューからのファンからはソッポを向かれたものの、現在ではポーランド・ロックの名作として高く評価されているようですが、なるほど納得。オープニングからファズ・ギターが低く立ちこめて、混沌とした空気が渦巻きます。どこかモノトーンのクリーンなカッティング&メランコリックなアルペジオによるリズム・ギターを軸に、ファズ・ギターのリードが時にスリリングに切り込み、時にサイケデリックな音像を描きます。ここぞでは、Vo&Gのメンバーにはヴァイオリンとピアノのクレジットもあって、ここぞでヴァイオリンが狂おしくむせいで痺れます。ビートルズの「Come Together」をサイケ・ハードに仕立てて、ポーランドならではの哀愁を注いだ感じ!?聴き所の多い好作品です。

  • BIB SET / IT WASN’T MEANT TO HAPPEN

    スウェーデンのサイケ〜アート・ロック・バンド、69年唯一作

    スウェーデン出身のサイケデリック・ロック・バンド。69年の唯一作。ジム・モリソンとスティーヴ・ウィンウッドの中間に位置するような陶酔的でいてソウルフルなヴォーカル、深く沈み込むように鳴るハモンド・オルガン、R&Bの要素を感じさせつつも沈殿していくようなサイケデリック感たっぷりのリズム隊。ジミ・ヘンドリクスやトラフィックに通じるR&B〜サイケ感と、ピンク・フロイドや初期タンジェリン・ドリームあたりが頭に浮かぶ、内省と宇宙が同一化したような酩酊感とがあわさったサウンドはかなり完成度高いです。いかにも60年代末の空気をとらえたアート・ロック逸品。

  • ALAIN MARKUSFELD / LE SON TOMBE DU CIEL

    フランス出身のSSW/ギタリストによる71年作2nd、スリリングなギタープレイとエキセントリックな感性が炸裂するプログレ、MAGMAのローラン・チボーがキーボード&プロデュースで参加!

    70年代に5枚のアルバムを残したフランス出身のギタリスト/マルチ・ミュージシャンによる71年作2nd。キーボードとプロデュースを務めるのはMAGMAで知られるLaurent Thibaultです。聴きものは1曲目。淡々と刻むドラム、歌うような奔放な音運びのベース、密やかなタッチのエレピやオルガン、そして繊細に奏でるヴィブラフォンらによるサイケの残り香たゆたうアート・ロックなアンサンブル。そこにジミヘンからの影響を感じるブルージー&エモーショナルなスリルあるギタープレイが炸裂!ギターが過熱すると共にバックも手数多く畳みかけてきて一気に緊張感が高まっていく後半の展開が見事。儚げな幻想美とロックの熱量が調和した名曲です。アコースティック・ギターを主役に据えたアシッドなフォーク・ロック曲も魅力で、牧歌的なフォーキー・サウンドが、不意にピリッとしたミステリアスな空気に包まれていく展開など、フランスのアーティストらしい感性を随所に覗かせます。フレンチ・ロック黎明期において特筆すべきアーティスティックな音楽性に彩られた逸品!

  • BODAST / TOWARDS UTOPIA

    スティーヴ・ハウがTOMORROW解散後に結成したバンド、69年に制作されながらお蔵入りとなった作品、後のYESでの活躍を十分に予感させるギターワーク炸裂の好盤!

    スティーヴ・ハウがTOMORROWの解散後に結成したアート・ロック・バンド、69年に制作されながらも当時未発表となってしまった作品。他のメンバーに、後にフォーク・ロック・デュオCURTISS MALDOONとして活動する2人Dave CurtissとClive Maldoonらが参加しています。1曲目のイントロから、YESの3rdに収録される「Starship Troopers」の「Wurm」で聴けるフレーズで幕を開けていて、思わずニヤリ。どっぷりとサイケデリックだったTOMORROW時代に比べると、ハウのギターはまだトーンこそサイケがかってはいるものの、多彩なテクニックや速足で駆け抜けるようなプレイスタイルは『The Yes Album』時に近くなっており、ハウの超個性派ギターの縦横無尽な活躍ぶりが楽しめる音源となっています。楽曲もビートリッシュなメロディを持つナンバーから、骨太なブルース・ロック、YESの1stに入っていそうな構築的なアート・ロックまで、69年という狭間の時期らしいバラエティに富んだ佳曲揃い。発掘音源とは言えアルバムとして制作されただけあってさすが完成度は高いです。ハウ・ファンなら間違いなく必聴モノの好盤!

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。