プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

カケレコ・ジュークボックスTOP >

北欧サイケの不思議な世界…。

白夜、オーロラ、北欧神話、サンタクロース村、ムー〇ン谷…。 なんだか幻想的なイメージのある北欧ですが、そんな場所のサイケって、いったいどんな音なんでしょう? 霧がかったような幻想性から愛らしいポップネス、テクニカルな実験性まで。謎多き北欧サイケの魅力に迫ります。

TAGES

試聴 Click!

これぞ北欧の『サージェント・ペパーズ』!スウェディッシュ・サイケ・ポップの傑作67年作『STUDIO』より。ホリーズやゾンビーズの甘やかさ、キンクスの哀愁、ジェフ・リンに通じるクラシカルな気品をブレンドしちゃったようなサウンドに胸つらぬかれること間違いなし。

MECKI MARK MEN

試聴 Click!

67年といえばピンク・フロイドやドアーズがデビューした年ですが、時同じくしてスウェーデンに誕生した怪物サイケ・バンドがこちら。ノイジーなオルガン&ファズ・ギターやアグレッシヴなサックス、怪しげな東洋音楽までもが渦巻くサウンドはすさまじくプログレッシヴ!

DREAM

試聴 Click!

67年作ならこちらも負けてない!ノルウェー産サイケ・ポップ/アート・ロックの傑作。あのテリエ・リピダルが在籍で、ジェフ・ベックばりに尖ったギターを炸裂させてるし、トラフィックや米BS&Tの1stに負けない素晴らしさ!

BIB SET

試聴 Click!

スウェーデンのサイケ/アート・ロック・グループ69年唯一作より。リバーブ全開のオルガン&ピアノが織り成すサイケでジャジーなアンサンブルに思わず気持ち良く酔っちゃいそう…。フロイドや初期タンジェリン・ドリームを思わせる浮遊感も凄い。

SOUND EXPRESS

試聴 Click!

スウェーデン出身アート・ロック・デュオの69年デビュー作より。ハード・ロック前夜の煙のような空気が充満する中で、鳴り響くハモンド・オルガンとファズ・ギター。でも、スウェーデンらしく、ヘヴィさの向こうには透明なリリシズムも感じさせてグレイト。

UNDERGROUND FAILURE

試聴 Click!

原盤は自主制作で150枚しかプレスされなかったスウェーデン産激レア・アシッド・フォーク。メロウネスと狂気との表裏一体、ドヨーンとした音像から不意に浮かび上がってくる哀愁に胸打たれる、ユーロ・アシッド・フォークの逸品。

CYMBELINE

試聴 Click!

65年に結成し、1枚の45sを残して解散したスウェーデンのガレージ/サイケ・フォーク。小洒落たアコギとサイケなワウワウ・ギター、奥ゆかしいヴォーカルが織り成す、小粋で程よくリラックスしたアンサンブルがたまらん一枚!

TASTE OF BLUES

試聴 Click!

CANみたいなミニマルなベース&ドラムの上をコミカルで奇怪なピアノや流麗なサックス、スペーシーなシンセがうねうねと這って、アングラ臭プンプン。と思ったらこれ、「East West」カヴァーだったの!?最後の方まで気付かなかったよ・・・。北欧エクスペリメンタル&ブルース・サイケの傑作。

TASAVALLAN PRESIDENTTI

試聴 Click!

北欧を代表するギタリストと言えばJUKKA TOLONEN。彼が60年代に在籍していたグループによる69年デビュー作がこちら。こりゃTRAFFICのファンは必聴ですよ!60年代後期の英サイケ/ブルース・ロックの名作と比べても全く遜色なし!

DELTA BLUES BAND

試聴 Click!

ジャケはとぼけ過ぎて酷いけど、音は北欧レイト60sハード屈指の名作!滑らかかつパワフルなギターとグルーヴィーなオルガン、とにかくアグレッシヴなフルートが絡み合う白熱のアンサンブルは見事。デンマーク産サイケデリック・ブルース・ロック69年作。

DAY OF PHOENIX

試聴 Click!

こちらもデンマーク産、サイケ/ハード・ロック69年作より。ワウ・ギターに流麗なアコギのアルペジオ、モコモコとしたベース、バタつくドラム…各パートはてんでバラバラなのに、それが一体となると英国的気品に満ちたアンサンブルへと変貌するのが摩訶不思議…!

RAINARBETE OCH FRITID

試聴 Click!

北欧アヴァン/サイケデリック・ロックを代表するグループ77年作より。チェロやヴァイオリンによる素っ頓狂な哀愁フレーズとドローン、ピロピロと縦笛なんかが渦巻いてえらいこっちゃ…。スウェーデン産、極北トラッド・ロック。

MY BROTHER THE WIND

試聴 Click!

アネクドテンのギタリスト&メロトロン奏者などが在籍するサイケ・グループ11年作。ホークウィンドやサバスのDNAに中近東フレイヴァーや北欧トラッドのリリシズムなどをまぶした強靭なサイケデリック・ジャムは圧倒的なスケール!

ME AND MY KITES

試聴 Click!

メロウ・キャンドルに、スタックリッジのヴォーカルが一人飛び入り参加し、ゴングのデヴィッド・アレンがプロデュースした、っていう感じ!?このスウェーデンの新鋭グループ、すごーく、すごーく、素晴らしいです!2015年作!

Facebookコメント

在庫一覧

  • ARBETE OCH FRITID / ...SEN DANSAR VI UT

    北欧アヴァン/サイケデリック・ロックを代表するグループ、77年作

    北欧アヴァン/サイケデリック・ロックを代表するグループ。77年リリースの2枚組の大作で、前作『SE UPP FOR LIVET』の後、創設メンバーで中心人物だったRoland Keijserがバンドを離れたものの、他のメンバーとともに同じくARBETE OCH FRITID名義にてリリースした、というややこしい作品。チェロやヴァイオリンなど弦楽器を中心に、哀愁たっぷりのフレーズやドローンなどが渦巻く極北トラッド・ロックの名盤。

  • BIB SET / IT WASN’T MEANT TO HAPPEN

    スウェーデンのサイケ〜アート・ロック・バンド、69年唯一作

    スウェーデン出身のサイケデリック・ロック・バンド。69年の唯一作。ジム・モリソンとスティーヴ・ウィンウッドの中間に位置するような陶酔的でいてソウルフルなヴォーカル、深く沈み込むように鳴るハモンド・オルガン、R&Bの要素を感じさせつつも沈殿していくようなサイケデリック感たっぷりのリズム隊。ジミ・ヘンドリクスやトラフィックに通じるR&B〜サイケ感と、ピンク・フロイドや初期タンジェリン・ドリームあたりが頭に浮かぶ、内省と宇宙が同一化したような酩酊感とがあわさったサウンドはかなり完成度高いです。いかにも60年代末の空気をとらえたアート・ロック逸品。

  • CYMBELINE / 1965 - 1971

    65年から71年にかけて活動した、幻のスウェーデン産サイケ・フォーク・バンドによる発掘音源集

    65年から71年にかけて活動し、1枚の45sを残して解散したスウェーデン産アンダーグラウンド・サイケ。活動中に録音された音源を集めた発掘音源集。ファズ・ギターをフィーチャーし、家具をパーカッション代わりに使用したという「DIY」ガレージ・サイケ的な初期の路線から、中〜後期のサイケ・フォーク路線とサウンドは変化しているものの、クオリティはどれも申し分なし。特にフォーキーなアコギと繊細なピアノ、穏やかな現地語ヴォーカルに霧の中から響くようなファズ・ギターが織り成すサイケ・フォークには北欧らしい幻想性がたっぷり。時にジャジーで洒脱な展開も盛り込みつつ、程よく力の抜けたメロウなアンサンブルで心地良く聴かせる北欧サイケの秘宝的一枚です。

  • MECKI MARK MEN / MECKI MARK MEN

    スウェーデン・ロック黎明期の名バンド、サイケ・ファン必聴と言える67年デビュー作

    Key奏者&ヴォーカルのMecki Bodemark率いるスウェーデンのサイケデリック・ロック・バンドで、ジミ・ヘンやザッパのスウェーデン公演のサポート・アクトもつとめたスウェーデンのロック黎明期の名バンド。67年にSONETよりリリースされたデビュー作。サックス&フルート奏者が2人居るのが特徴の5人組。ピンク・フロイドやドアーズがデビュー作をリリースしたのと同じ67年に、これほどまでのサイケデリックなアルバムが北欧に残されていたことに驚き。コロシアムあたりに通じるようなR&Bフィーリングたっぷりのタイト&ドライヴ感いっぱいのリズム隊やブラス隊、理性の彼方へと沈んでいくようなハモンド・オルガン、彼岸から鳴らされるようなシタール、時にジミ・ヘンも思わせる気だるいヴォーカル。英米の67年〜68年リリースのサイケ名作と比べても遜色ないでしょう。これはサイケデリック・ロックのファンは必聴の掘り出し物盤!

  • MY BROTHER THE WIND / I WASH MY SOUL IN THE STREAM OF INFINITY

    アネクドテンのギタリスト&メロトロン奏者在籍のサイケデリック・ジャム・バンド、2011年作、圧倒的なスケールで迫る名作!

    ANEKDOTENのギタリスト&メロトロン奏者、Nicklas Berg、MAGNOLIAのベーシスト、Ronnie Eriksson、MAKAJODAMAのギタリスト、Mathias Danielssonの三人が集まったサイケデリック・ジャム・バンド。2011年作の2nd。オープニング・ナンバーから、HAWKWINDやスウェーデンのTRAD GRAS OCH STENARらの遺伝子を継ぐ長尺のヘヴィ・サイケ・ナンバーが炸裂。かと思うと、中近東フレイヴァーのアコースティックなナンバーがあったり、サバスなど70年代ハード・ロック直系のナンバーがあったり、さすがこの3人、スケールが大きい!轟音ヘヴィネスと繊細なリリシズムとが絶妙にブレンドしたサウンドは圧巻。名作です。

  • SOUND EXPRESS / SOUND EXPRESS

    スウェーデン出身、ハモンド・オルガンが厚みのあるトーンで荘厳に鳴り響くヘヴィ・インスト・アート・ロック、69年デビュー作

    スウェーデン出身、オルガン兼ギター奏者とドラム兼ハーモニカ奏者によるデュオ編成、69年のデビュー作。ほの暗く厚みのあるトーンで荘厳に鳴り響くハモンド・オルガン、重く力強いリズム・セクションを中心とするヘヴィ・インスト・アート・ロック。曲によっては、歪んだトーンのサイケデリック&ブルージー&ヘヴィなギターが炸裂し、ハード・ロック前夜の煙のような空気が充満します。クラシカルなエッセンスを感じさせる曲では、ヘヴィに歪んだ音の向こうにある透明感あるリリシズムも印象的です。

  • TASTE OF BLUES / SCHIZOFRENIA

    黒人シンガー率いるスウェーデン産アングラ・ブルース・サイケ69年作、16分に及ぶジャジーでエクスペリメンタルな「East West」カヴァーが絶品!

    黒人シンガーDON WASHINGTON率いるスウェーデンのアンダーグラウンド・サイケ・バンド、69年唯一作。A面部分を占めるタイトル曲「Schizofrenia」は16分にも及ぶジャジーでプログレッシヴなサイケ・ジャム。CANを彷彿とさせるベースやドラムの硬質でミニマルで呪術的なリズムの中、ピアノやサックスが流麗にソロを展開し、その上をスペーシーなシンセがうねうねと蠢き、ギターとオルガンが交互にオリエンタルな旋律を奏で・・・と思ったら、これ、BUTTERFIELD BLUES BANDの「East-West」カヴァーだ!?リズムは同じなのに、どこかコミカルなタッチのベース&ドラムやアシッド感たっぷりのシンセ、怪しげなフルートや民謡調のヴァイオリンなどを用いて全く別の曲のように聴かせていて凄い・・・。B面にあたる2曲目からは切れ味鋭いファズ・ギターや分厚くマイルドなオルガン、北欧らしく哀愁漂うヴォーカルをフィーチャーしたブルース・サイケ的内容。かつオーソドックスなブルース・ナンバーだけでなく、舞踏曲風のリズムを取り入れた楽曲もあったりと、そのユニークなセンスが伺えます。ソリッドなギターや流麗なキーボードをはじめ、楽器陣のテクニックもかなりのもの。スウェディッシュ・サイケの隠れた傑作です。