プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

リトル・フィート食わず嫌いを克服する3枚3曲!

寄稿:たすけ さん

アメリカン・ロックの魂と言われながら、なかなか入りにくいバンドがリトル・フィートです。なぜか。彼らには泣きの要素もないし、メロディもとっつきにくい。ヒット曲は持っていないし、スタープレイヤーもいない。矢野顕子のファースト・アルバムに参加しながら、なかなか矢野の意図するような演奏ができず、勉強になりましたと帰ってしまった過去さえあります。プログレ者、ハードロック者にとって最も遠い音楽スタイルですし、有名曲「ウィリン」、有名アルバム「ディキシー・チキン」が何より判りにくい。

でも一方、全く独自のスタイルを持ち、ジャンルを横断する音楽るつぼが彼らの真骨頂。聴かず嫌いではもったいないです。ブリティッシュ好きのみなさん、この機会に手を出してみませんか。おせっかいながらブリティッシュ・ロック・リスナーのためにリトル・フィートをどの順番で聴けばいいか述べてみたいと思います。

「Time Loves a Hero」(77年)

聞く曲は4.Day at the Dog Racesです。
リーダーのローエル・ジョージが全く関与していないフュージョン曲で、キーボードのビル・ペインがウェザー・リポートにいちばん影響を受けていた時期です。冷やかさ、変拍子、緊張感ある演奏は、率直に申し上げてアトールやELPより上。雰囲気はもろ、全盛期のプログレで、英国好きにはたまらないのではないでしょうか。そしてこのアルバムを聴きとおすと彼らがいかに独自のビートを持っているか興味が出てくるのではないかと思います。

試聴 Click!

「Waiting for Columbus」(78年ライブ)

このCDは、必ずRHINOリマスター盤にしてください。旧盤ではすごさがわかりません。
聞く曲は冒頭から2. Fat Man In The Bathtubです。

このビート…すごくないですか。実はジョン・ボーナムが影響を受けたドラマーがリッチー・ヘイワードで、ロバート・プラントにいたってはヘイワードを帯同してライブしていた時期さえあります。残念ながら亡くなってしまいましたが…。ヘイワード、サム・クレイトン、ケニー・グラッドニーが作り出すネバネバしたリズムが大変癖になるのです。納豆嫌いの外国人が、においに慣れた途端マストアイテムになってしまうようなものかと。
そしてこのライブ、演奏力と熱さではフランク・ザッパの「ニューヨーク」と並ぶトップです。そして彼らのベスト・アルバムとしても聴ける。素晴らしいではないですか。わたしはこのライブを聴き飽きるのが嫌なので、大晦日にしか聴かないことにしています。

試聴 Click!

「Feats Dont Fail Me Now」(74年)

聴く曲は7.Fun。このシンセサイザーのうなりと、前のめりのビート、癖になりますでしょ?

試聴 Click!

実はご紹介する3曲はカントリー風味の少ない曲なのです。フィートの素晴らしさは、耳に馴染むとカントリーだろうが、ブルーズだろうが、全てのルーツ・ミュージックがOKに聞こえてしまうところ。しかも各ジャンルの中でどういう位置にある音かさえ、判ってきます。ユーザーの耳を鍛える音楽なのです。そして徐々に西海岸で活動しながら、南部にルーツを持ち、しかも南部に行ったことがない、というフィートの偏屈さが理解できるようになってきます。言われるようにジョージのスライド・ギターだけが聴きどころのバンドでは全然ありません。

こう書いてきましたが、「ディキシー・チキン」を買って何度も聞いたものの、10年も良さがわからずにいたのが自分です。だからフィートを敬遠する人の気持ちを、本当にわかるんです。フィートがわからないの、だから普通です。(逆に、すぐに「ウィリン」に感動する人って無理してると思います。)持っていれば必ずフィットする時がやってきます。

最後にわたしは英国対米国比が7:3ぐらいのハードロックじじいです。ハードロック以外で聴くのがフィートとジェントル・ジャイアントぐらい、という偏った趣味の人間なのです。フィートと出会っていなければ、わたしの人生後半はとても味気ないものになっていたことだろうと思っています。

たすけさんご投稿レビュー一覧

LITTLE FEATの在庫

  • LITTLE FEAT / CHINESE WORK SONGS

    00年作

  • LITTLE FEAT / ORIGINAL ALBUM SERIES

    1st〜5thを収録

  • LITTLE FEAT / LITTLE FEAT

    初期マザーズのメンバーによって結成された、米ルーツ・ロックの祖、記念すべき71年デビュー作

    ZAPPAのバック・バンドのメンバーによって結成された、米ルーツ・ロックの祖、記念すべき71年デビュー作。制作中に左手に大怪我をしたLowell Georgeが、Ry Cooderとボトルネック・ギターでやり合う、エネルギッシュなHowlin’ Wolf原曲の「44Blues〜How Many More Years」名演は聴きどころ。プロデューサーはLowell Georgeの友人であるRuss Titelman。後のニューオリンズ・サウンドへと繋がる、多様な引き出しを秘めた、彼らの処女作品です。

  • LITTLE FEAT / SAILIN’ SHOES

    初期マザーズのメンバーを中心に結成された米ルーツ・ロック・バンド、72年作

  • LITTLE FEAT / DIXIE CHICKEN

    バンドの評価を不動のものとした73年リリース3rd、名盤!

    70年代のアメリカ西海岸を代表するロック・バンド、LITTLE FEATが73年に発表した3rd。前作『SAILIN’ SHOES』発表後に訪れた解散の危機を乗り越え、新メンバーを加え6人組となって制作された作品。Lowell Georgeはかねてよりニューオリンズ・サウンドへと傾倒していただけに、ニューオリンズ出身の新メンバーを迎えて制作した本作は彼の制作意欲が一気に開花した作品ともいえる。初期の一連の作品がそうであるように、本作もまた、Lowell Georgeの綴るリリックの、渋く味わい深い世界感を堪能できる。

  • LITTLE FEAT / TIME LOVES A HERO

    ドゥービーズやタワー・オブ・パワーが参加した77年作

  • LITTLE FEAT / WAITING FOR COLUMBUS

    78年発表、米ロック史に残る傑作ライヴ・アルバム!

  • LITTLE FEAT / AS TIME GOES BY: BEST OF

    86年編集ベスト、全20曲

  • LITTLE FEAT / GREATEST HITS

    93年編集、20曲収録ベスト

  • LITTLE FEAT / AIN’T HAD ENOUGH FUN

    ヴァン・ダイク・パ−クスをゲストに迎えた95年作

  • LITTLE FEAT / VERY BEST OF

    95年編集ベスト

    • WPCR12515

      全17曲、デジタル・リマスター、定価2580

      盤質:無傷/小傷

      状態:並

      帯有

      背ジャケ内側からミシン目に沿ってテープで止めてあります

      690円

      552円
      (税込596円)

      149円お得!


      CD詳細ページへ

  • LITTLE FEAT / UNDER THE RADAR

    98年作

  • LITTLE FEAT / LIVE FROM NEON PARK

    95年の公演から収録されたライヴ作、全21曲

  • LITTLE FEAT / RAW TOMATOS VOL.ONE

    未発表ライヴ音源集、全28曲

「LITTLE FEATの在庫」をもっと見る

リスナー様 寄稿記事


ごった煮コンピ、ご紹介~! 寄稿:vertigo6360002様

【関連記事】

ごった煮コンピ、ご紹介~! 寄稿:vertigo6360002様

ごった煮鍋、安箱(懐かしいですな~、独逸ごった煮鍋)のご紹介。


はじめてのプログレ!

【関連記事】

はじめてのプログレ!

プログレという大海を目の前にして途方に暮れているそこのあなた!富山県魚津市にお住まいの宮崎純一様より、最初に聞くべきプログレ名盤のレビューを英国のアーティストから選んで頂きましたので紹介致します。


祝・新米国大統領就任記念:「星条旗を破り捨ててはいけない?-Chocolate Kings by PFM」聞き比べ!

【関連記事】

祝・新米国大統領就任記念:「星条旗を破り捨ててはいけない?-Chocolate Kings by PFM」聞き比べ!

遂にトランプ米大統領就任!だからこそ今聴き比べるPFMの「あの」問題作!


今日は一日アルバム『宮殿』音比べ

【関連記事】

今日は一日アルバム『宮殿』音比べ

今日は一日アルバム『宮殿』音比べ!我が家にあるレコード6枚、CD4枚の計10枚を聴き比べてレポートいたします!


今日は一日「イエスの危機(聴き)」三昧(NHKの企画でないけれど)

【関連記事】

今日は一日「イエスの危機(聴き)」三昧(NHKの企画でないけれど)

名盤といわれるものは何度もリマスターされて高音質なCD(紙ジャケ、SACD、HDCD、SHM-CD、Blu-rayなどなど)として発売されています。そうしたなか、私は、プログレの超名盤であるYesの『Close to the edge』紙ジャケ(SHM-CD)盤を聴いていて、ふと、本当にこれが高音質なのだろうかと思うようになりました。

カケレコでは随時みなさまのロック探求話を募集しています!


ミニコミ投稿大募集!!

【関連記事】

ミニコミ投稿大募集!!

ロックを愛するリスナーの皆様のご投稿を随時お待ちしております!  

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。