プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

『カケレコのロック探求日誌』一週間一気読み!~「名門カプリコーン・レーベル所属バンドたち!」~

こんにちは。皆さま紅葉は見に行かれたでしょうか?インスタグラムでは紅葉の写真が沢山投稿されていて、投稿を眺めているだけですっかり秋を満喫した気分になっています。

さて、今週のカケレコFacebookページ『カケレコのロック探求日誌』では、先週の英国サイケ・ポップから一転、米国のロックをピックアップいたしました。テーマは「オールマン・ブラザーズ・バンドで知られる、名門カプリコーン・レーベル所属バンドたち!」。秋のドライブで流したら盛り上がりそうな作品達をお楽しみください♪

Facebook

■カプリコン・レーベルの成り立ち■
67年、オーティス・レディングが飛行機事故で亡くなり、大きなショックを受けたマネージャーのフィル・ウォールデンは、ソウル・ミュージックから引退。フィルは失意の中で耳にしたデュアン・オールマンのギターに衝撃を受け、オールマン・ブラザーズ・バンドの結成を促し、69年、ジョージア州メイコンにカプリコン・レーベルを設立します。
オールマン・ブラザーズ・バンド他、多数のバンドを擁したカプリコン・レーベルは、サザン・ロックの名門レーベルとして70年代に隆盛を極めます。

11月6日(月):ALLMAN BROTHERS BAND/ ALLMAN BROTHERS BAND

こんにちは!連休明けの月曜日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今週は「オールマン・ブラザーズ・バンドで知られる、名門カプリコーン・レーベル所属バンドたち!」というテーマで作品をご紹介しております。
今日取り上げるのは、オールマン・ブラザーズ・バンド、記念すべき1STです!まだ青年らしい面影を残したジャケットが新鮮ですね。

まるで生き物のようなデュアンとディッキーのギタープレイ、ワイルドなグレッグのボーカル、ずっしりとしたドラムとベース・・・豪快で濃密なアメリカン・ロックが詰まっています!!
因みに私、「ツイン・ドラム」という概念を初めて知り、「バンドにドラムが2つってどういう事!?」と大変驚いた次第です。
右から左から、怒涛のドラミングが押し寄せてきて、大変なことになっていますね!(みなと)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

11月7日(火):CAPTAIN BEYOND / CAPTAIN BEYOND

本日ご紹介するのは、いきなりのカプリコーン・レーベルの異色、CAPTAIN BEYONDの72年デビュー作『CAPTAIN BEYOND』。
なぜ異色かと言えばこのバンド、DEEP PURPLEの初代ヴォーカリスト、ロッド・エヴァンスがアメリカに渡り、元IRON BUTTERFLYのメンバーと結成したバリバリのハード・ロック・グループなんです。

強靭なギター・リフとグルーヴィーなベース、ソウルフルなエヴァンスの歌唱が織り成すサウンドはヘヴィかつソリッド。
さらにはプログレッシヴな展開あり、スペーシーな要素もありという個性の強い一枚なのですが、全体的に軽やかな音作りだったり爽やかなアコギも取り入れたりと、すっきりと聴きやすいサウンドに仕上がっているのは流石カプリコーンと言った所でしょうか。
英国ハードと米国サザン・ロックの良いとこ取りと言ってよい、文句なしの名盤ですね!(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

11月8日(水):WET WILLIE / WET WILLIE

本日ご紹介するのはコチラ!米南部はアラバマ出身、WET WILLIEの71年デビュー作『WET WILLIE』です。

思わず体が揺れるご機嫌なリズム、ルーズかつメロディアスなギターに、後にジェフ・ベックとも共演するJimmy Hallの黒っぽくソウルフルなヴォーカル。
パワフルさ・ノリの良さはいかにもアメリカンなのですが、「WET」というバンド名通り、カラッとしているというよりはどこか英国風の湿っぽさもあるサウンドが個性的。
これはブリンズリー・シュウォーツ等の英国パブ・ロック好きにもピンとくるサウンドなのではないでしょうか!?
ブラスにオルガン、ブルースハープにパーカッション…様々な音色が次々に現れる多彩なアレンジもセンス良く、聴いていて非常に楽しい充実の一作です。ジャケはちょっぴり気持ち悪いですが…(汗)(増田)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

11月9日(木):GRINDERSWITCH / HONEST TO GOODNESS

本日ご紹介するのはオールマン・ブラザーズのローディー達によって結成されたバンド、GRINDERSWITCH(グラインダースウィッチ)の74年作「HONEST TO GOODNESS」です。

とにかくカラッとしたゴキゲンなサウンドが印象的。軽快に弾むピアノと男らしいヴォーカルがノリ良い曲を盛り上げ、メロディアスなフレーズを弾くギターはどこまでものびやか!陽気で大らかな南部の雰囲気たっぷりの作品です。
この曲ではないですが、1曲目にオールマンのディッキー・ベッツが参加してます。(青山)

試聴 Click!

CD詳細ページへ

11月10日(金):HYDRA / HYDRA

こんにちは。今週は「オールマン・ブラザーズ・バンドで知られる、名門カプリコーン・レーベル所属バンドたち!」というテーマでお送りしてきました。

最後は、ヒプノシスによるプログレチックなジャケットが特徴的な、HYDRAの74年デビュー作『HYDRA』です。

サザン・ロック的なコクや豪快さを適度に残しつつも、英国バンドに通じる陰影や哀愁があって、まるで渡米してアラバマに拠点を移したウィッシュボーン・アッシュといった感じ。
エッジの立った疾走感あるツインギターもカッコいいし、スモーキーな渋みを持つヴォーカルの上手さも際立ってますよね~。
米南部のバンドながら英国ロック・ファンにもオススメできる一枚です!(佐藤)

試聴 Click!

CD詳細ページへ


サザン・ロック特集

【関連記事】

サザン・ロック特集

ジョージア、アラバマ、テネシー、テキサス、フロリダ、オクラホマ、アーカンソー州といったアメリカ南部生まれのミュージシャンによる、ハードでいてヌケがよく、哀愁いっぱいのサザン・ロックをご紹介。

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。