プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

DONOVANから辿る、英国産アシッド・フォーク特集!

こんにちは。スタッフみなとです。

今日はドノヴァンの作品からスタートして、英国のアシッド・フォークを聴いていこうかと思います。

DONOVAN/SUNSHINE SUPERMAN

1946年、スコットランドのグラスゴーに生まれたドノヴァンは14歳でギターを初め、学業と放浪の後、英国フォーク・シーンで歌い始めました。

60年代後半からはサイケデリック・ムーブメントの流れを汲んで、サイケデリックでドリーミーな独特の作品を発表するように。

65年という時代を反映した逆回転やシタールなどサイケデリックな雰囲気と、ドノヴァンならではの牧歌的でゆらゆらと幻想的なヴォーカルとが絶妙にバランスしたサウンドは、名付けてメルヘン・アシッド・フォーク!?

試聴 Click!

INCREDIBLE STRING BAND / 5000 SPIRITS OR THE LAYERS OF THE ONION

1960年代にスコットランドで結成されたフォーク・グループ、インクレディブル・ストリング・バンド。

メンバーのアジアや中東旅行の経験を活かし、英国フォークとシタールやタブラ等の東洋音楽をオーガニックに結び付けたサウンドは唯一無二。マジカルなジャケ通り、魅惑のアシッド・フォーク逸品。

試聴 Click!


ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

【関連記事】

ブリティッシュ・アシッド・フォーク特集

サイケデリック・ムーヴメントの精神世界に影響を受け、「伝統」の下で暗くほのかに光る原初の呪術性がニョキニョキと音の狭間に現れた英アシッド・フォークの世界。どうぞご堪能ください。

JAN DUKES DE GREY/SORCERERS

コンガやボンゴのポコポコしたリズム、フルートやサックスのユラユラした響き…頭のネジが1本ずつ緩んでいくような、まどろみ英国アシッド・フォーク。

試聴 Click!

試聴 Click!

POET AND THE ONE MAN BAND/POET AND THE ONE MAN BAND

英国6人組ロック・バンド、69年唯一作。

後のHEADS HANDS & FEETとなるアルバート・リーをはじめとしたメンバーや、FOTHERINGAYとなるメンバーが在籍、ニッキー・ホプキンスも参加の、いわばスーパー・バンドです。

実に様々な要素があるのですが、時おりドノヴァン風フォークが挟まれており、心なごみます。

試聴 Click!

FOREST / FOREST

ジョン・ピールに見いだされ、ハーヴェストからデビューした英国のフォーク・トリオ、フォレスト。

マンドリンやチェロ、リコーダーなど多数の楽器が優しく鳴り、幻想的ながらも清い美しさのあるフォークです。ジャケにあるような中世英国の森で、夜な夜な奏でらていそうな音楽です。

試聴 Click!

EVENSONG/EVENSONG

英国フォーク・デュオ、1973年リリースの唯一作。

一音一音が幻想的に輝くアコースティックの調べ、優美なオーケストレーション。

丘陵に沿って広がる田園、清らかに流れる小川、風にそよぐ木立など、英国片田舎の風景がありありと浮かび上がってきます。

試聴 Click!

いかがでしたでょうか。英国のアシッド・フォークは、独特の憂い・陰りがあって、たまりませんね!


DONOVAN好きにおすすめの、幻想的なフォーク/SSW特集

【関連記事】

DONOVAN好きにおすすめの、幻想的なフォーク/SSW特集

ドノヴァンに通じる幻想的な作風の米SSWをピックアップいたします。


オーストラリア/ニュージーランドのアシッド・フォーク特集!

【関連記事】

オーストラリア/ニュージーランドのアシッド・フォーク特集!

オーストラリアやニュージーランドのフォーク作品をピックアップいたしました。


ファンタジックなプログレッシブ・フォークをピックアップ。

【関連記事】

ファンタジックなプログレッシブ・フォークをピックアップ。

幻想的で浮世離れした、「ファンタジック」な作品をピックアップいたしました。

DONOVANの在庫

  • DONOVAN / MELLOW YELLOW

    サイケ色の濃い66年作4th

  • DONOVAN / SUNSHINE SUPERMAN

    66年作

  • DONOVAN / A GIFT FROM A FLOWER TO A GARDEN

    67年作、オリジナルは2枚組の大作

  • DONOVAN / BARABAJAGAL

    69年作、名盤!

  • DONOVAN / DONOVAN’S GREATEST HITS

    69年編纂ベスト、全11曲

  • DONOVAN / H.M.S. DONOVAN

    最高傑作と評される71年作、ファンタスティックかつ芯の強さもある孤高のブリティッシュ・フォーク名作

    最高傑作と評される71年作。英国に伝わる童謡を元にして制作されたブリティッシュ・フォーク作品で、ファンタスティックな中にも、どこか物憂げな雰囲気や暗さがあるのが、いかにも英国的。ドリーミーかつ深みのある歌声と格調高いメロディには、「孤高」と言えるような芯の強さがあります。傑作です。

  • DONOVAN / SUTRAS

    英フォークの貴公子、96年作

  • DONOVAN / COLOURS

    パイ在籍時代の作品を集めた日本独自の19曲入り特別編集アルバム。

  • DONOVAN / GREAT DONOVAN

    「英国のボブ・ディラン」の異名を持つフォーク・ミュージシャン、43曲入りコンピレーション

「DONOVANの在庫」をもっと見る

JAN DUKES DE GREYの在庫

  • JAN DUKES DE GREY / SORCERERS

    英木漏れ日アシッド・フォーク、69年作

    英国北部のウェスト・ヨークシャー州リーズ出身、男性デュオを中心としたグループ。今作の特徴は、様々な民族楽器を駆使した風変わりで幻想的なアンサンブルです。12弦ギターがかき鳴らされ、コンガやボンゴのポコポコとしたリズムにのって朴訥としたボーカルが響き、その上をフルートやリコーダー、テナーサックス、チャンターなど多様な管楽器が浮遊感ある音色で縦横無尽に行き来します。聴いていると頭のネジが緩んでしまうような、不思議な音楽体験が得られます。トラッド色はあまりなく、少し陰りのあるストレンジなメロディーが次から次へと押し寄せて来る様子は、FORESTやDR. STRANGELY STRANGEにも近い、まどろみヒッピー・フォークと言える作品です。

「JAN DUKES DE GREYの在庫」をもっと見る

SYD BARRETTの在庫

  • SYD BARRETT / BARRETT

    70年作2nd、リック・ライト参加&ギルモアはベースで参加

    最初期ピンク・フロイドを率いた奇才が70年にリリースした2nd。デヴィッド・ギルモアがプロデュースを担当し、リチャード・ライトが参加した本作は、前作に比べると明るくポップな曲調が中心ですが、そこからひしひしと漂ってくる狂気はやはりシド・バレット。時折突拍子もなく崩れそうになる不安定なギター、低くけだるいヴォーカル、弾むようでいてずるずると引きずっているようなリズム・・・。危うげな雰囲気が充満する中、リック・ライトのキーボードやギルモアの12弦ギターがカラフルな色合いを醸し出し、白昼夢とも悪夢ともつかない眩惑的なサイケ・サウンドを展開しています。ケヴィン・エアーズの1st『Joy Of A Toy』とも通じる、牧歌的な親しみやすさの中にストレンジな感性が秘められた、孤高の世界観に惹き込まれる一枚です。

  • SYD BARRETT / MADCAP LAUGHS

    70年リリースの1stソロ作、ギルモアやウォーターズがプロデュースに参加

  • SYD BARRETT / BEST OF

    全22曲収録ベスト。未発表テイク入り。

「SYD BARRETTの在庫」をもっと見る

FORESTの在庫

  • FOREST / FOREST

    緊張感と幻想性が同居する英プログレッシヴ・フォーク、69年作

    ウェールズ出身のフォーク・グループ。69年にHARVESTよりリリースされた1st。アコースティック・ギターのバッキングとルーズなヴォーカルというスタイルに、管楽器やハーモニカ、ハープシコードが幻想的な彩りを添えるサウンド。一般的な英国フォークものとは異なり、あまり穏やかな雰囲気はなく、どこか緊張感を感じさせるところが特徴的。ちょっと呪術的な雰囲気もあり、そのあたりはCOMUSにも近い印象です。

  • FOREST / FULL CIRCLE

    緊張感と幻想性が同居する英プログレッシヴ・フォーク、70年作

    森の中の深い霧の向こうで音は鳴っているがどこまで歩いてもたどり着かない・・・。より幻想的に進化したフォレストのセカンド・アルバムにしてラスト・アルバム。1970年作。

「FORESTの在庫」をもっと見る

INCREDIBLE STRING BANDの在庫

  • INCREDIBLE STRING BAND / 5000 SPIRITS OR THE LAYERS OF THE ONION

    多彩な楽器群がアンサンブルを彩る英国アシッド・フォークを代表する名グループ、67年作2nd

    Mike Heron、Robin Williamsonを中心とするISBの67年作2nd。アコースティック・ギター2本による巧みなアンサンブルを基に、シタール、ダルシマー、フルートなどによるエキゾチックな味付けが施されたサウンドはなんとも魅惑的。リラックスした雰囲気の中にも格調高さが感じられるサウンドは唯一無二。

  • INCREDIBLE STRING BAND / HANGMAN’S BEAUTIFUL DAUGHTER

    英サイケ・フォーク/アシッド・フォーク・グループ、68年作3rd

    前作同様、Mike Heron、Robin Williamsonによるデュオ編成で制作した3作目。68年作。サイケデリック・ムーヴメントの中、よりアシッド臭とヒッピー・テイストをフィーチャーした英アシッド・フォーク/サイケデリック・フォークの名作。

  • INCREDIBLE STRING BAND / WEE TAM AND THE BIG HUGE

    多彩なアプローチが魅力の英アシッド・フォーク名グループ、68年作。

  • INCREDIBLE STRING BAND / CHANGING HORSES

    69年6th

    ロビン・ウィリアムスンとマイク・へロンを中心とするISBの6枚目。2曲目「WHITE BIRD」で顕著なように、オルガン、フルートによる荘厳なアレンジ、重厚なハーモニーなどより洗練された格調高いサウンドが素晴らし。

  • INCREDIBLE STRING BAND / I LOOKED UP

    英アシッド・フォークの雄、70年作、7th

    フェアポート・コンヴェンションのデイヴ・マタックスを迎え、よりロック色を強めた70年の7作目。歌詞・対訳付。

「INCREDIBLE STRING BANDの在庫」をもっと見る

EVENSONGの在庫

  • EVENSONG / EVENSONG

    英国のデュオ、ジャケット通りのイメージで聴かせる絶品メロウ・フォーク、73年作

    英国フォーク・デュオ、1973年リリースの唯一作。あまり知られていない作品ながら、バックにAFTER TEAやSPENCER DAVIS GROUPで知られるギタリストRay Fenwick、T. REXにも参加したベーシストHerbie Flowersなど熟練のセッション・ミュージシャンを揃えており、非常に端正かつ美麗なサウンドに仕上がっています。基調となるのはLawsonとHulmeによる優しくささやくようなヴォーカルと工芸品のように繊細なアルペジオを紡いでゆくアコギ。盛り上がる部分では甘く奥行きのあるストリングスや金管から木管まで多彩な管楽器など豪華なアレンジが施されていますが、内省的で穏やかな曲調を乱すことなくロマンティックに聴かせていてグッド。哀愁漂う木漏れ日フォークが中心かと思いきやリコーダーをフィーチャーしたトラッド色濃厚なナンバーあり、さらにはドラムやベースにスワンピーなエレキギター、パワフルなピアノまで交えたゴスペル・テイスト漂うフォーク・ロックもありと、バラエティ豊かな楽曲構成も聴き応えあり。ハイレベルな一作です。

「EVENSONGの在庫」をもっと見る

POET AND THE ONE MAN BANDの在庫

  • POET AND THE ONE MAN BAND / POET AND THE ONE MAN BAND

    名ギタリストALBERT LEE在籍、後のHEADS HANDS & FEETとFOTHERINGAYの母体となった英国ごった煮フォーク・ロック・バンド、69年作。

    英国6人組ロック・バンド、69年唯一作。後のHEADS HANDS & FEETとなるアルバート・リー、トニー・コルトン、レイ・スミス、ピート・ゲヴィン、FOTHERINGAYとなるジェリー・ドナヒュー、パット・ドナルドソンが在籍、ニッキー・ホプキンスも参加の、いわばスーパー・バンドです。実に様々な要素がある作品ですが、おすすめは2曲目、長尺の「The Days I Most Remember」です。この曲が、プロコル・ハルムばりの濃厚なブリティッシュ・ロックなのです!哀愁あるギター、叙情溢れるオルガンと細やかなピアノ、男臭いボーカル、荘厳な響きのコーラス・・・これらが合わさって、陰影たっぷりの旋律をじっくりと聴かせてくれます。他にもドノヴァン風フォークや、米憧憬カントリー・ロックなど、69年英国ロックのサウンドをギュッと凝縮したようなアルバムです。ちなみにバンド名はサイモン&ガーファンクルの「Homeward Bound」から取ったそうです。

「POET AND THE ONE MAN BANDの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php


コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。