プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

雨の日に聴きたいプログレ

こんにちは。こちら関東はとうとう梅雨入りしました。皆様の地域は雨は降っていますか?

雨模様の中でこそ聴きたい神秘的なプログレ作品をピックアップいたしましたので、ぜひご覧ください。

Facebook

CAMEL / RAIN DANCE

最初にご紹介する作品は、タイトルからしてそのものずばりなCAMELの77年作『RAIN DANCE』です。

元々叙情的でファンタジックな作風を特徴とするCAMEL。
さらに本作からはカンタベリー・ロックの名手リチャード・シンクレアがベース&ヴォーカルとして参加し、従来の幻想性にちょっぴり洗練されたジャズ・テイストが交わった瑞々しさいっぱいの作品に仕上がっています。

柔らかくサウンドを包み込むキーボード、伸びやかなギターや清らかなフルート、そしてシンクレアの甘い歌声…。

ゲストのメル・コリンズによるサックスやブライアン・イーノの静謐なシンセサイザーもそこへ見事に融け合い、CAMELの中でもとりわけ神秘性に満ちた音世界が作り上げられています。

タイトル通りしとしとと降る雨のような、清々しく透明感に溢れたアンサンブルが絶品な一枚です。(増田)

試聴 Click!

MIKE OLDFIELD / OMMADAWN

本日の作品はマイク・オールドフィールドの『チューブラー・ベルズ』に次ぐ代表作、75年の『OMMADAWN』。
アイルランド人の血を引く彼らしく、壮大で神秘的なケルト音楽のフレイヴァーが散りばめられた本作。

ジャケがちょっぴり雨っぽいのはもちろん、物悲しげなシンセサイザーをバックに紡がれるハープやギターの儚げな調べが繊細な雨音を連想させますよね。

日本のように台風や梅雨で一気に降るということはないようですが、一年を通して小雨が降ったり止んだりしているというイングランドやアイルランド。
そんな気候あってこそ、繊細かつ良い意味で湿っぽい、彼らならではのプログレッシヴ・ロックが生まれていったのでしょうね。(増田)

試聴 Click!

ILOUS & DECUYPER / ILOUS & DECUYPER

今日はフランスのプログレッシブ・フォーク、ILOUS & DECUYPERの71年作です。

フランソワーズ・アルディの楽曲などを作っていたBernard Ilousのデュオなのですが、ぼんやりと曇った幻想的なサウンドが素晴らしい作品です!

アコギやエレピ、エフェクトのかかったボーカルや鳥のさえずりなどが淡く美しく混ざりあって、まるで白昼夢のよう。雨に濡れた窓の外を見ながら聴きたいアルバムです。(みなと)

試聴 Click!

McDONALD & GILES / McDONALD & GILES

今日取り上げるのは、キング・クリムゾンの歴史的デビュー作『クリムゾン・キングの宮殿』で重要な役割を果たした2人、イアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズが組んだデュオ、McDONALD & GILESの70年唯一作です!

一般的には特に雨のイメージはないかと思いますが、スタッフ佐藤的には2曲目「Flight Of The Ibis」などのしっとりと英国叙情漂うサウンドは、雨の日に聴きたくなるんですよね。

英国の自然風景が浮かんでくるようなのどかな演奏を基調としながらも、なるほど宮殿的な幽玄さも漂っていて、懐の深~いサウンドが魅力的です。

そう言えばこの「Flight Of The Ibis」、後にゴダイゴのギタリストとして活躍する浅野孝己氏が在籍したニューロック・バンドThe Mがカバーしていて、これがなかなかの好カバーなんです。どうぞ聴き比べてみてください!(佐藤)

試聴 Click!

試聴 Click!

CARPE DIEM / CUEILLE LE JOUR

本日は70年代に2枚のアルバムを残して解散したフランスのバンド、カルプ・ディアンの76年作『CUEILLE LE JOUR 邦題:陽光を摘む者 』です。

20分を超える組曲「Couleurs」が雨の日にぴったり。

キーボードとギター、シンセサイザーが繊細に重なる幻想的なオープニングは、雨というより水中にいるようなサウンドです。次第に小刻みにパーカッションが入り込み、水流が変化するようにリズムが高まっていきます。そしてサックスの登場。滑らかで叙情的なフレーズが楽曲をリードしていきます。

ファンタジックさを保ったまま、徐々に高まっていくアンサンブルが見事な作品です。(みなと)

試聴 Click!

CAMELの在庫

  • CAMEL / A NOD AND A WINK

    デビュー30周年記念作品であるとともに、同年に他界したピート・バーデンスへの追悼作でもある02年作14th

  • CAMEL / CAMEL

    73年リリースの記念すべき1stアルバム、代表曲「Never Let Go」収録

    ファンタジックなサウンドで独自の道を切り開いたキャメルのデビュー作。73年作。初期の代表作として知られる「ネヴァー・レット・ゴー」「秘密の女王」を収録。

  • CAMEL / MIRAGE

    74年リリース、初期の代表曲「LADY FANTASY」収録の2nd

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの74年2nd。名盤となる次作「The Snow Goose」に見られるファンタジックさと気品に比べるとPeter Bardensのキーボードが若干おとなしく、その代わりAndrew Latimerのギターが前に出て渋く泣いているようなイメージであり、全体的にややハードな雰囲気が漂っているものの、その音像は単純なハード・ロックとは全く違う甘みを感じるものであり、フルートの効果的な使用も相まって、マイルドな質感を醸し出しています。自作につながるようなファンタジックさの片鱗も見え隠れする素晴らしい作品です。

  • CAMEL / SNOW GOOSE

    ポール・ギャリコ「白雁」をモチーフにリリカルかつイマジネーション豊かに綴られる、一大コンセプト・アルバム傑作、75年発表

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの75年3rd。オーケストラ・セクションを迎え、ポール・ギャリコの小説「白雁」をコンセプトに掲げたアルバムであり、全編インストルメンタルによる彼らの代表作の1つです。特にAndrew Latimerによるフルートの優しげな調べが印象的な「ラヤダー」は、澄んだシンフォニック・ロックのお手本として有名であり、同じくフルートを扱いながらもアプローチの全く違うJethro Tullとの比較で論じられています。決して派手さはないものの優しさとロマンに溢れており、肌触りの良いギターやPeter Bardensによるキーボードの音色、リズムセクションの軽快さ、そしてインストルメンタルのハンディを感じさせないメロディーとアレンジの上手さで御伽噺の世界をマイルドに表現しきった名盤です。

  • CAMEL / MOONMADNESS

    前作「スノーグース」と並び初期キャメルの持ち味が最大限に発揮されたファンタジックな大名作、76年作

    Andrew Latimerを中心にファンタジックなアプローチでプログレッシブ・ロックの重要バンドに位置づけられるイギリスのバンドの76年4th。前作「スノー・グース」と並んでファンタジックなCAMELの音楽性をダイレクトに伝える作品であり、Andrew Latimerの消え入るような儚げなフルート、Peter Bardensの堅実かつ時に奔放なキーボードの妙技、そして軽やかに変拍子を紡ぐリズムセクションのトータル感で聞かせます。シンフォニックに、そしてジャジーに、肌触りの良いマイルドさを持った傑作であり、ゆったりと身を任せられるような自然なサウンドが一貫して個性的な1枚です。

  • CAMEL / BREATHLESS

    元キャラヴァンのメンバーが多く在籍した「キャラメル」期の名作、78年7th

  • CAMEL / I CAN SEE YOUR HOUSE FROM HERE

    ルパート・ハインがプロデュースを手掛けた79年作、新加入した元HAPPY THE MANのKit Watkinsによるスペイシーなシンセワークが冴える傑作!

    キーボードにキット・ワトキンス(元ハッピー・ザ・マン)を加え、更にサウンドの幅を広げた第三期キャメルの傑作アルバム。79年作品。

  • CAMEL / NUDE

    81年リリース、小野田少尉の実話を基にしたコンセプト・アルバム

    第二次世界大戦後、南方の島に取り残された一兵士(小野田寛郎氏/ヌードとはオノダのもじり)の実話を音楽化。人間味に溢れたドラマティックなサウンド・ストーリー。81年作。

  • CAMEL / STATIONARY TRAVELLER

    東西分割時代のベルリン市民たちに焦点を当てたシリアスな作風の84年作

    東西分割時代のベルリンの人々をテーマにしたシリアスな内容のアルバム。内省的な彼らの美学が光る。1991年に復活アルバムをリリースする以前のラスト・スタジオ・アルバム。1984年作品。

  • CAMEL / HARBOR OF TEARS

    「アイルランドの悲劇」をテーマに綴られる重厚かつ感動的なコンセプト作、96年リリース

    アンディ・ラティマーの祖母の体験を基にしたアイルランド移民の悲劇を作品化。ケルトの旋律と激しい情念を描き出すラティマーのギターが感動を呼び込む名作。

  • CAMEL / RAJAZ

    ラティマーの極上ギターを全編で堪能できる99年作

    出会い、そして別れ。アンティ・ラティマーのギターが紡ぎ出す8つの物語。

「CAMELの在庫」をもっと見る

MIKE OLDFIELDの在庫

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS 2003

    英国プログレの金字塔、03年版

  • MIKE OLDFIELD / MUSIC OF THE SPHERES

    07年発表、自身初となるフル・オーケストラ作品

  • MIKE OLDFIELD / MAN ON THE ROCKS

    英国が誇る天才ミュージシャン、14年作

  • MIKE OLDFIELD / SOUNDTRACK FROM MIKE OLDFIELD’S THE SPACE MOVIE

    15年リリース、彼が音楽を担当した79年公開映画の音声トラックを収録

  • MIKE OLDFIELD / RETURN TO OMMADAWN

    ご存知英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、なんと75年作『OMMADAWN』の続編として制作された17年作!

    ご存知、1st『TUBULAR BELLS』の記録的ヒットにより世界にその名が知られる英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、タイトルが示すように彼が75年にリリースした傑作3rd『OMMADAWN』の続編として制作したのがこの17年作!楽曲構成も初期3作品を踏襲する約20分の大作2曲で構成されています。20種類にわたる使用楽器は勿論マイク一人による演奏。冒頭、彼方から聴こえてくるような物悲しい笛の音に重なる哀愁のアコースティックギター。この時点で『OMMADAWN』のあの世界が変わらず広がっていて驚きます。マンドリンやバンジョーも交え躍動感みなぎるトラッド調のアンサンブルが立ち上がってくると、あのデリケートなトーンで旋律を紡ぐ独特のエレクトリックギターも重なってきて、思わず胸が熱くなります。「PART1」後半は、地に響くようなトライバルなパーカッションが現れ、スパニッシュギターがかき鳴らされ、熱っぽいギターが天を駆ける、まさしく『OMMADAWN』を鮮やかに蘇らせたサウンドを展開。かつて『OMMADAWN』に感動した方なら、この「PART1」で早くも涙ぐむこと間違い無し。「PART2」はマンドリンの綺羅びやかな音色が美しい牧歌調の穏やかな演奏に始まり、どこまでも広がる雄大な草原をイメージさせるシンフォニックな中盤、そしてアコギ、エレキ、マンドリン、バンジョーによって紡がれる瑞々しいアンサンブルによって終幕を迎える、淀みのない見事な構成で駆け抜けます。往年の名作の続編と言うと、決して成功しているものは多くない印象ですが、本作に関しては「さすがマイク・オールドフィールド」と言う他ない素晴らしすぎる出来栄えです。リコーダー類・ホイッスル類の音がシンセに置き換わっている部分はありますが、正直それは些細なこと。「プログレッシヴ・ロック・ミュージシャン」マイク・オールドフィールドの帰還にして、初期3作品のファンへのこの上ない贈り物と言える新たな傑作!

  • MIKE OLDFIELD / TUBULAR BELLS

    弱冠20歳の若き才能が多重録音を駆使してほぼ単独で作り上げた英国プログレの金字塔的名作、73年リリース

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの73年デビューアルバム。契約第1号アーティストのデビュー作としてヴァージンレコードの飛躍にも多大な貢献をした大名盤であり、また、本人の意図の範疇ではないながらも映画「エクソシスト」のテーマとしても有名な作品です。そのためおどろおどろしいイメージを持たれがちですが、実際はどこまでも美しく、雄大な自然を想起させる25分、23分の大曲2曲であり、膨大な数の地道なオーバーダビングを繰り返して作られた完全無欠の音像は70年代ロック史に深く刻み込まれています。

  • MIKE OLDFIELD / ORCHESTRAL TUBULAR BELLS

    「チューブラー・ベルズ」を、デヴィッド・ベッドフォードが指揮するロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラが再演した75年作

    ソロ・デビュー作にして大ベスト・セラー・アルバム「チューブラー・ベルズ」を、デヴィッド・ベッドフォードが指揮するロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラが再演した作品。75年作。マイク自身もギターで参加している。オリジナルのイメージを損なうことなく、壮大な交響楽にアレンジされた完成度の高い1枚。

  • MIKE OLDFIELD / INCANTATIONS

    英国の天才マルチ・プレイヤー、4つの大曲で構成される初期の集大成と言うべき78年作、名作!

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの78年4th。彼の最高傑作として評価の高いアルバムであり、「Tubular Bells」から「Ommadawn」までの「三部作」で繊細な多重録音の世界を聴かせて来たのに対し、このアルバムではオーケストラ・セクションや混声合唱の導入、GONGのPierre Moerlenのドラムや、前作から使われるようになったアフリカン・ドラムのより積極的な使用など、外部との有機的且つ開放的な結びつきが感じられます。大曲主義もよりスケール感を増し、アルバムは4つのセクションから成る1曲のみであり、「三部作」を経た彼の総決算的な作品と言えるでしょう。

  • MIKE OLDFIELD / CRISES

    天才マルチ・プレイヤー、83年作、大ヒットチューン「Moonlight Shadow」収録の名作

    多重録音という言葉が既に死語となりつつある現代においてさえ強烈な存在感と圧倒的な完成度を誇るイギリスのマルチ・プレイヤーの83年作。MIKE OLDFIELDの作品の中でも、プログレッシブ・ロックという枠を超えて広く聴かれるべき名盤であり、MIKE OLDFIELDらしい大曲「Crises」に始まり、RENAISSANCEのAnnie Haslamなど多くのアーティストにカバーされている非常にポップな名曲「Moonlight Shadow」、YESのJon Andersonのボーカルによる「In High Places」など、当時のAOR風味を適度に織り交ぜながらも、MIKE OLDFIELDらしい爽やかなサウンドで聴かせています。

  • MIKE OLDFIELD / DISCOVERY

    英国が誇る天才マルチ・プレイヤー、全8曲中7曲がヴォーカル・ナンバーというポップさを押し出した内容、84年作

    1984年作品。マギー・ライリーの起用、サイモン・フィリップスとの共同プロデュースも前作と同じ。

  • MIKE OLDFIELD / SONGS OF DISTANT EARTH

    アーサー・C・クラークによるSF長編を題材にした94年作

  • MIKE OLDFIELD / VOYAGER

    英国が誇る天才マルチ・ミュージシャン、自身のルーツである「ケルト」をテーマに据えた96年作

  • MIKE OLDFIELD / GUITARS

    彼のギタリストとしての才能を堪能できる99年作

  • MIKE OLDFIELD / ORIGINAL ALBUM SERIES

    92/94/96/98/03年作収録。

「MIKE OLDFIELDの在庫」をもっと見る

McDONALD & GILESの在庫

  • McDONALD & GILES / McDONALD AND GILES

    歴史的名盤『In The Court Of The Crimson King』の誕生に大きく貢献した2人によるデュオ、70年リリース

    KING CRIMSONの歴史的デビューアルバム「In The Court Of The Crimson King」に参加し脱退したIan McDonaldとMichael Gilesが、Michael Gilesの兄弟であるPeter Gilesとユニットを組みリリースされた名盤。その内容はイギリスの田園風景が浮かんでくるような、のどかでアコースティックな雰囲気が素晴らしい叙情作となっています。Ian McDonaldはマルチ・プレイヤーぶりを発揮しサックス、フルートに加えピアノ、オルガン、ギターも演奏。盟友Peter Sinfieldが作詞で参加した20分超えの「バードマン」で締めくくるまで、高いクオリティーを保った傑作です。

「McDONALD & GILESの在庫」をもっと見る

CARPE DIEMの在庫

  • CARPE DIEM / EN REGARDANT PASSER LE TEMPS

    75年発表、緊張感と幻想性が見事に調和したフレンチ・プログレの名作

    ANGEのマネージャーが設立したCryptoレーベルよりデビューし、フランスらしい耽美な幻想色を持ち、緊張感を持たせながら浮世離れしたファンタジックなサウンドを作り出したグループの75年デビュー作。各種浮遊感のあるエフェクトを駆使しながら独特のサイケデリックな質感を漂わせ、シンフォニックな味わいを感じさせるジャズ・ロックアンサンブルを聴かせます。KING CRIMSONを髣髴とさせるダークな変拍子なども登場し肉感的に迫るような局面もありますが、KING CRIMSONのようにハードに聴こえさせないのは前に押し出されたサックス、フルートの流れるような幻想色。冷たい狂気を内包させた名盤と言えるでしょう。

「CARPE DIEMの在庫」をもっと見る

カケレコのSNSではワクワク探求情報を発信中!

Facebook
Twitter

Instagram

60&70年代ロック/プログレCDの買取なら是非カケハシ・レコードへ!

ご紹介したようなオールタイムのプログレや60s/70sロックのCDで聴かなくなったものはございませんか? 査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」、是非一度お試しください!買取詳細&買取査定額の一例はコチラ↓
http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。