プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

マイナー言語のユーロ・ロック・セレクション<70~80年代編>

世界広し、そしてロックもまた広し。その誕生以来、ロックは世界各国あらゆる国で演奏されてきました。

そしてロックに付き物のヴォーカル。やはり英語詞がメジャーとはいえ、プログレ・リスナーの皆さんにはイタリア語やスペイン語ヴォーカルであればすでに馴染み深いのでは?
今回は70~80年代のユーロ作品の中から、イタリア語やスペイン語よりもさらに縁が遠そうな「マイナー言語」ヴォーカルのロックをピックアップしてみました。

メジャー言語とは異なる、新鮮でローカルな言葉の響きを楽しんでみてください。

ウェールズ

まずはイギリス……を構成する4つの地方の一つ、ウェールズのバンドをご紹介。

あまり知られていませんが、ウェールズでは英語と並んで独自言語のウェールズ語が公用語とされ、道路標識なども英語とウェールズ語の両方で書かれています。
現在ウェールズ語の読み書きができるのはウェールズ人の約二割しかいませんが、一部の地方ではウェールズ語が第一言語として話されているそうです。
ちなみに、ハード・ロック・バンドのバッジーやディープ・パープルのロジャー・グローヴァー、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルなどがウェールズ出身者。

BRAN/HEDFAN

サイケ・ハード・バンドにアニー・ハズラムが加わったような感じ!?ウェールズのプログレ・グループ、76年作の2nd。

ハード・ロッキンでブルージーなサウンドに、どこか敬虔な響きのあるウェールズ語の女性ヴォーカルが加わって、オリジナリティ溢れる音色を創り出しています。

ちょっと漂うB級感も愛すべき魅力!

試聴 Click!

バスク地方

次はスペイン……からフランスにまたがり、独自の文化をはぐくむバスク地方出身のバンドをご紹介。

ウェールズと同様、バスク語はスペインのバスク自治州全域とナバラ州の一部でスペイン語とともに公用語とされており、日常的に使われています。
ちなみにバスク語の起源にはまだ謎が多く、世界で最も難解な言語の1つと言われているそう。
「悪魔がバスク人を誘惑するためにバスク語を習ったが、7年かかって覚えたのは『はい』と『いいえ』だけだった」なんてジョークもあるほどです。

ITOIZ/EZEKIEL

そんなバスク地方から生まれたシンフォの代表的グループといえば、ITOIZですよね。80年作の2nd。

キャメルやジェネシスに通じるリリカルなアンサンブル、切なさに胸がつまるバスク語のヴォーカル。絶品です。

試聴 Click!


スペインはバスクのプログレITOIZの80年作2nd『EZEKIEL』 - ユーロロック周遊日記

【関連記事】

スペインはバスクのプログレITOIZの80年作2nd『EZEKIEL』 – ユーロロック周遊日記

スペインはバスクが誇る名作を特集。アルゼンチンのPABLO EL ENTERRADORやイタリアのLOCANDA DELLE FATEのファンは必聴ですね!当時のライヴ映像が素晴らしすぎ!

東欧

お次は辺境ユーロ・ロックの宝庫・東欧より、チェコやスロヴァキア、ポーランドなど、西スラヴ語群の言語を歌うヴォーカルを探してみました。

まずは旧チェコスロバキアより、チェコのグループ!

BLUE EFFECT (MODRY EFEKT / M.EFEKT)/NOVA SYNTEZA 2

こちらはチェコ出身、東欧を代表するとも言える名プログレ・グループの74年作。

迫力満点のブラス・セクションとテクニカルなバンド・アンサンブルの繰り広げる白熱のせめぎ合いは、マハヴィシュヌやアレアにも比肩するダイナミックさ。

ジャズ、シンフォ、ブルースを取り込んだハイテンションかつ壮大なサウンドながら、哀愁のチェコ語ヴォーカルがこれまた引けを取らずエネルギッシュで、ものすごい熱気を生み出しています。

試聴 Click!


【ユーロロック周遊日記】旧チェコ屈指のテクニカル・プログレ・バンドMODRY EKEFTによる74年3rd『NOVA SYNTEZA 2』

【関連記事】

【ユーロロック周遊日記】旧チェコ屈指のテクニカル・プログレ・バンドMODRY EKEFTによる74年3rd『NOVA SYNTEZA 2』

一日一枚ユーロロックの名盤をピックアップしてご紹介する「ユーロロック周遊日記」。本日は、名実ともに旧チェコスロバキアを代表するプログレ・グループMODRY EFEKTによる74年作『NOVA SYNTEZA 2』をピックアップいたしましょう。


BLUE EFFECT/MODRY EFEKT特集!~チェコ・プログレ一の叙情派シンフォ・バンド

【関連記事】

BLUE EFFECT/MODRY EFEKT特集!~チェコ・プログレ一の叙情派シンフォ・バンド

旧チェコスロヴァキアを代表する名プログレ・グループ、BLUE EFEKT/MODRY EFEKTをピックアップ!

MAHAGON/MAHAGON and SLUNECNICE PRO VINCENTA VAN GOGHA

こちらもチェコから。77年作/80年作の2枚組。

イタリアのLIBRAを彷彿とさせるファンク+ジャズ・ロックな作風ですが、何と言ってもチェコ語の女性ヴォーカルが鮮烈!

ジャニス・ジョプリン並のパワフルな歌唱に美声のスキャットまで、透明感のある歌声を存分に披露しています。

ゴリゴリと歪んだベースの強烈なグルーヴ感も気持ちよく、尖ったサウンドが非常に特徴的なグループです。

試聴 Click!


旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

【関連記事】

旧チェコスロヴァキア・プログレ特集!

70年代より、ユーロ諸国や南米/アジアなどの辺境には、英米の名バンドたちにも負けないハイレベルなプログレ・バンドが数多く存在しました。
今回は、そんな中から東欧は旧チェコスロヴァキアのプログレ・グループたちを一挙ご紹介いたしましょう。

次はスロヴァキア側のバンドを見てみましょう。

COLLEGIUM MUSICUM/KONVERGENCIE

旧チェコスロバキア(現スロヴァキアのブラチスラバ)出身のバンドで、オリジナルは2枚組で全4曲という大作の71年作2nd。

このアルバムは、スロヴァキアの新聞紙NOVY CASが発表した『スロヴァキアの歴代作品100枚』において、なんと2位を獲得した同国を代表する傑作!

共産圏のロック、というより、ハプスブルク帝国の文化遺産が息づくブラチスラバという土壌で育まれたロック・ミュージックという方がしっくりくる豊穣なクラシカル・キーボード・プログレを展開。

旧C面では、後に連名作も出す盟友、ヴォーカルのPavol Hammelを迎え、陽光溢れるようなリリカルなヴォーカル・ナンバーを聴かせます。

試聴 Click!


COLLEGIUM MUSICUM『KONVERGENCIE』 - ユーロ・ロック周遊日記

【関連記事】

COLLEGIUM MUSICUM『KONVERGENCIE』 – ユーロ・ロック周遊日記

これはずばりハプスブルク帝国ロック!? 共産圏のロック、というより、ハプスブルク帝国の文化遺産が息づくブラチスラバという土壌で育まれたロック・ミュージックという方がしっくりくる豊穣な名作を特集!

西スラヴ語諸国、次はポーランドから!

SKALDOWIE/STWORZENIA SWIATA CZESC DRUGA

ポーランドの秘宝、77年作。アルバム名はポーランド語で「創世記第二章」といった意味でしょうか。

ゴング『ユー』からデヴィッド・アレンとジリ・スマイスが抜け、ジャン・リュック・ポンティが乱入してセッションしたらこんな音になったかも!?という、エキゾチックでサイケデリックなジャズ・ロックが非常にクール。

男らしさのなかにどこか冷たさのある東欧語のヴォーカルもサウンドによく浸透しています。

試聴 Click!

グリーンランド

最後はグリーンランドのバンドをお届け。

グリーンランドは、北極圏に属する80%が雪と氷に覆われている世界最大の島で、デンマークの領有地。
話されているグリーンランド語は、アラスカ北部に住む先住民族エスキモーの言語に属します。

ご紹介するSUMEは、世界で初めてグリーンランド語で歌ったと言われるバンドです。

SUME/SUMUT

73年デビュー作。

先住民族イヌイットが北欧の植民者を矢で撃ち殺し、切り取った腕を掲げているという衝撃的なジャケや、グリーンランド語で自由と解放を歌い上げる彼らにグリーンランド人たちは当初戸惑いつつも、次第に国民的人気を誇るグループとなりました。

民族音楽ドラム・ダンスと英パブ・ロックが結びついたようなサウンドの中に、現代でも通用するようなポップで新鮮なメロディーが散りばめられており、本当に73年作か!?と驚かされます。

辺境プログレ・ファンのみならず、サイケなフォーク・ロックや、90年代インディー・ポップ・ファンにもオススメできる一枚!

試聴 Click!


冬に敢えて楽しむ、雪と氷の島国グリーンランド産プログレ&ロックのすすめ!

【関連記事】

冬に敢えて楽しむ、雪と氷の島国グリーンランド産プログレ&ロックのすすめ!

ユーロの秘境グリーンランドのロック&プログレが一挙再入荷いたしました!英国ロック影響下の端正さに、辺境らしい「いなたさ」と「味わい深さ」が加わった魅惑のグリーンランド・ロックをご探求ください☆

いかがでしたか?
誕生以来、ロックは自由で柔軟な音楽として様々な国に根付き、愛されてきました。
だからこそ、英語で歌うことで音楽をグローバルに届けることもできたし、時には母国語でローカルなアイデンティティを示すこともできたのでしょうね。
我々もロックをきっかけに、マイナー言語に興味を持ってみるのもいいかもしれません!?

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • ITOIZ / EZEKIEL

    バスク州出身の好グループ、ユーロ・シンフォの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなユーロ・ジャズ・ロックの名品

    バスク地方出身の好グループ。シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた2ndアルバム。80年作。ジャケットのイメージ通りのノスタルジックな雰囲気はそのままに、サックス、ヴァイオリン、シンセサイザーの導入により前作以上にバラエティに富んだプログレッシヴなサウンドが印象的。女性ヴォーカルITZIARが一曲ゲスト参加。1stと並ぶスペイン・シンフォニック・ロックの傑作。

  • COLLEGIUM MUSICUM / KONVERGENCIE

    東欧のキース・エマーソンMarian Varga率いるクラシカル・キーボード・プログレ!71年作2nd

    東欧のキース・エマーソンと言えるKey奏者、Marian Varga率いる旧チェコスロバキア(現スロヴァキアのブラチスラバ出身)を代表するグループ。オリジナルは2枚組で全4曲という大作の71年作2nd。旧A面は、ジャズ・ロック寄りの手数多いスリリングなドラムの上を、端正な音色のオルガンが伸びやかにリフを奏でたり、時に変調したトーンでソロを奏でたり、ギターも負けじと流麗な早弾きで切れ込む、というスタイルのキーボード・プログレ。EL&Pのファンは「おおっ」となること間違いなしな展開。なお、ギタリストは、後にFERMATAを結成するFrantisek Griglakで、ジミヘンやペイジからの影響が色濃いブルージーなフレーズで楽曲にロック的ダイナミズムと陰影をもたらしています。旧B面は、リムスキー=コルサコフの交響曲『シェヘラザード』をモチーフにした楽曲で、トレースばりにクラシカルなキーボードが躍動するナンバー。キレのあるバンド・アンサンブルも圧倒的なテンションです。旧C面は、後に連名作も出す盟友、ヴォーカルのPavol Hammelを迎えた陽光溢れるようなリリカルなヴォーカル・ナンバー。格調高くもファンタスティックなピアノが絶品です。旧D面は、どんどんと無調のアヴァンギャルドな音世界へと展開・・・。80分にわたり、Marian Vargaのキーボード奏者&コンポーザーとしての才が爆発したキーボード・プログレの傑作です。

  • SUME / SUMUT

    グリーンランドのロック・シーンを築いた4人組ロック・バンド、73年のデビュー作

    デンマーク領グリーンランドのロック・シーンを築いた名4人組ロック・バンド。73年のデビュー作。中域寄りの歪みが心地よいブリティッシュ・ロック直系のリズム・ギター、フレーズに独特のエキゾチズムのあるリード・ギター、パブ・ロック的な哀愁がにじむアコースティック・ギター、そして、伝統音楽ドラム・ダンスのエッセンスも香る民族色溢れるリズム隊が印象的です。現地語のヴォーカル、無調なフレージングでたゆたうサックスなど、辺境臭もたっぷり。NATIONALTEATERNやBLA TAGETあたりのスウェーデンMNWレーベル発の一筋縄ではいかないフォーク・ロック・バンドにも通じる味わい。辺境プログレ・ファンはもちろん、サイケなフォーク・ロック・バンド、あとはウェールズのゴーキーズ・ザイゴティック・マンキあたりの90年代インディー・ポップのファンにもオススメしたい好バンドです。

  • BRAN / HEDFAN

    サイケ・ハード・バンドにアニー・ハズラムが加わったようなユニークなウェールズのバンド、76年作2nd

    ウェールズのプログレ・バンド、76年作の2nd。手数多くタイトなリズム隊、時にサイケで時にハードロッキンなエレキ・ギター、そしてハモンド・オルガンが一気呵成に畳み掛けるパートはサイケ・ハードなんですが、どこか良い意味でB級感がたまりません。さらに、時に宗教がかって厳かで、時にスペーシーに鳴るシンセをフィーチャーしたり、男性ヴォーカルはどこか神秘的だし、女性ヴォーカルの清楚な歌声はまるでアニー・ハズラムだし、すごいオリジナリティ。ブルース・ロックとサイケ・フォークを一緒に鳴らして、神秘性や敬虔さで包み込んだような感じ。愛すべきウェールズのバンド。オススメです。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。