プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【一挙再入荷!】グリーンランド・プログレ&ロック特集!

グリーンランド産の作品が一挙に再入荷いたしましたので、ご紹介してまいりましょう。

グリーンランドは、北極圏に属する80%が雪と氷に覆われている世界最大の島で、デンマークの領有地です。

1917年より長らくデンマークの植民地下にあったグリーンランド。
1953年にデンマークの憲法改正で植民地支配は終了しますが、統治権はデンマークが握ったまま。

そんなグリーンランドの人々が70年代、自治権獲得のために動き出す大きなきっかけを作ったのが、SUMEをはじめとするグリーンランド・ロックの存在でした。

そのSUMEの足跡を描いたドキュメンタリー映画「サウンド・オブ・レボリューション〜グリーンランドの夜明け」が2018年2月7日よりDVDで発売中。

詳しくは下記公式サイトをご覧ください!
http://www.mplant.com/sume/

さて、1970年代にSUMEの登場によってグリーンランド・ロックの幕が上がり、その後、80年代には、レゲエやファンク・ミュージックのエッセンスも取り入れたバンドが登場するなど、民族音楽と英米ロックのエッセンスが結びついた高質な作品が多数リリースされました。

今回は、プログレ・ファンにお馴染みのSUMEとINUITを中心に、80年代のグリーンランドで大ヒットしたポピュラー・ミュージックも入荷しております。

どうぞお楽しみください!

SUME/SUMUT

グリーンランドのロック・シーンを築いた名バンドのデビュー作。

中域寄りの歪みが心地よいブリティッシュ・ロック直系のリズム・ギター、フレーズに独特のエキゾチズムのあるリード・ギター、パブ・ロック的な哀愁がにじむアコースティック・ギター、そして、伝統音楽ドラム・ダンスのエッセンスも香る民族色溢れるリズム隊が印象的です。

現地語のヴォーカル、無調なフレージングでたゆたうサックスなど、辺境臭もたっぷり。

NATIONALTEATERNやBLA TAGETあたりのスウェーデンMNWレーベル発の一筋縄ではいかないフォーク・ロック・バンドにも通じる味わいで、辺境プログレ・ファンはもちろん、70年代英米のサイケなフォーク・ロック・バンド、あとはウェールズのゴーキーズ・ザイゴティック・マンキあたりの90年代インディー・ポップのファンにもオススメ!

試聴 Click!


【KAKERECO DISC GUIDE Vol.36】グリーンランドを変えた言葉と音楽。SUMEの1st『SUMUT』

【関連記事】

【KAKERECO DISC GUIDE Vol.36】グリーンランドを変えた言葉と音楽。SUMEの1st『SUMUT』

カケレコセレクト100よりスタッフが一押し作品をご紹介するKAKERECO DISC GUIDE、今回ご紹介するのはグリーンランド・ロックの幕を開けたグループ、SUMEの1st『SUMUT』です。

SUME/INUIT NUNAAT

74年作の2nd。

初期バークレイ・ジェームス・ハーヴェストを彷彿させるチョーキングばりばりのギター・オブリガード、ウィッシュボーン・アッシュばりの哀愁みなぎる単音ツイン・リード、たなびくハモンド・オルガン、エキゾチズムとともに叙情性も増したヴォーカル・メロディなど、デビュー作での一筋縄ではいかない辺境フォーク・ロックを土台にプログレ色を増した印象。

不思議なコード感で2本のアコギのアルペジオがからみ、エレキの単音が透明感あるツンとしたメロディアスなフレーズを奏でるオープニング、そして、ピンク・フロイドのフォーク・ロック・ナンバーも彷彿させるメロウなヴォーカル・メロディ、そこから、ビートルズ『アビー・ロード』のB面にシンセをまぶしたみたいなパートへと展開するなど、アレンジの引き出しも増しています。

ずばり英ハーヴェストやネオンのバンドへのグリーンランドからの回答と言える名作!

試聴 Click!

SUME/SUME

77年作の3rd。

オープニングからいきなり伝統音楽ドラム・ダンスではじまってビックリ!そこに変調したエレキ・ギターが唐突にからまってきて、ドラムが入ってきて、ブルージー&エキゾチックなアンサンブルへとスイッチ。

まるでピンク・フロイドかグレイトフル・デッドか、といった感じにライヴ感があって、カッコ良し。

その他の曲も「野外録音したの?」というほどに開放感がある雄大なグリーンランド・ロックを聴かせてくれます。

単音ギター・リフの切れ味が増していて、1st、2ndと比べて、ブルース、ハード・ロック色が強まっているのも印象的。

さえずるようにアコギの単音がメロディアスに絡まるパートなど、グリーンランドらしい牧歌性や透明感もあるし、1st、2ndと同じく、愛すべき名作に仕上がっています。

試聴 Click!

ZIKAZA/MIKI GOES TO NUUSSUAQ

グリーンランドを代表するバンドによる88年作の2ndで、グリーンランドのロック史上で最も売れたアルバムであり、グリーンランド・ミュージックの最高傑作とも評される名作。

グリーンランドの80年代は、レゲエやファンクに影響を受けたバンドが活躍していたようで、そのムーヴメントの仕掛け役となったのがこのグループ。

そのサウンドを一言で言うならば「グリーンランドのポリス」!

試聴 Click!

PITUT/ILISSINNUT

グリーンランドが誇る「プログレッシヴ・ネオアコ」とでも呼びたいサウンドだなぁ。

まるでヴェールに覆われたようにたなびくフレーズから透明感あるキラキラしたトーンで楽曲に彩りを添えるフレーズまで魅力的なキーボード、繊細なタッチでさえずるように奏でられるリリカルなリード・ギター。

ギターの美しさは特筆もので、ギター・ソロはことのほかドリーミー。

優しく歌われるヴォーカルとメロディもまた絶品です。

85年の唯一作!

INNERUULAT/INUUMMARTOQAAT

大ヒットした「Naalagaaffik Sulisartunut」をはじめ、80年代らしいデジタリーでシャープなリズム、光彩を放つシンセを土台に、タメの効いた70年代的なエレキ・ギターがロック色を加えるサウンドが印象的。

COLORやPIRAMISあたりのハンガリーのバンドが好きな辺境プログレ・ファンは要チェックな88年作!

試聴 Click!

V.A./KALAALLIT NUNAAT: GREENLAND CALLING VOL.1

グリーンランド・ロックのエッセンスを一枚で味わいたいという方にはこちら、89年にリリースされたグリーンランド・ロックのヒット曲を集めたコンピ盤をオススメ。上でご紹介したSUMEやZIKAZAの他、ツインギターを擁したSUMEに並ぶグリーンランド・ロックの雄INUITなども収録した、同国ロックの入門盤としてもイチオシの一枚です!

試聴 Click!

関連カテゴリー

グリーンランド・プログレ&ロック特集!

  • SUME / SUME

    グリーンランドのロック・シーンを築いた名4人組ロック・バンド、77年作3rd

    デンマーク領グリーンランドのロック・シーンを築いた名4人組ロック・バンド。77年作の3rdアルバム。オープニングからいきなり伝統音楽ドラム・ダンスではじまってビックリ!そこに変調したエレキ・ギターが唐突にからまってきて、ドラムが入ってきて、ブルージー&エキゾチックなアンサンブルへとスイッチ。まるでピンク・フロイドかグレイトフル・デッドか、といった感じにライヴ感があって、カッコ良し。その他の曲も「野外録音したの?」というほどに開放感がある雄大なグリーンランド・ロックを聴かせてくれます。単音ギター・リフの切れ味が増していて、1st、2ndと比べて、ブルース、ハード・ロック色が強まっているのも印象的。さえずるようにアコギの単音がメロディアスに絡まるパートなど、グリーンランドらしい牧歌性や透明感もあるし、1st、2ndと同じく、愛すべき名作です。

  • SUME / SUMUT

    グリーンランドのロック・シーンを築いた4人組ロック・バンド、73年のデビュー作

    デンマーク領グリーンランドのロック・シーンを築いた名4人組ロック・バンド。73年のデビュー作。中域寄りの歪みが心地よいブリティッシュ・ロック直系のリズム・ギター、フレーズに独特のエキゾチズムのあるリード・ギター、パブ・ロック的な哀愁がにじむアコースティック・ギター、そして、伝統音楽ドラム・ダンスのエッセンスも香る民族色溢れるリズム隊が印象的です。現地語のヴォーカル、無調なフレージングでたゆたうサックスなど、辺境臭もたっぷり。NATIONALTEATERNやBLA TAGETあたりのスウェーデンMNWレーベル発の一筋縄ではいかないフォーク・ロック・バンドにも通じる味わい。辺境プログレ・ファンはもちろん、サイケなフォーク・ロック・バンド、あとはウェールズのゴーキーズ・ザイゴティック・マンキあたりの90年代インディー・ポップのファンにもオススメしたい好バンドです。

  • PITUT / ILISSINNUT

    デンマーク領グリーンランドのバンド、85年の唯一作、ドリーミーなメロディとリリカルなギターに満ちた逸品

    デンマーク領グリーンランドのバンド、85年の唯一作。まるでヴェールに覆われたようにたなびくフレーズから透明感あるキラキラしたトーンで楽曲に彩りを添えるフレーズまで魅力的なキーボード、繊細なタッチでさえずるように奏でられるリリカルなリード・ギター。ギターの美しさは特筆もので、ギター・ソロはことのほかドリーミー。優しく歌われるヴォーカルとメロディもまた絶品です。グリーンランドが誇る「プログレッシヴ・ネオ・アコ」とでも呼びたいサウンド。アコギの単音の美しさ、多数のフレーズが絡むアレンジの美麗さなど、ギタリストはかなり素晴らしいです。豊かなメロディに満ちた名品。

  • SUME / INUIT NUNAAT

    グリーンランドのロック・シーンを築いた名4人組ロック・バンド、74年作2nd

    デンマーク領グリーンランドのロック・シーンを築いた名4人組ロック・バンド。74年作の2ndアルバム。初期バークレイ・ジェームス・ハーヴェストを彷彿させるチョーキングばりばりのギター・オブリガード、ウィッシュボーン・アッシュばりの哀愁みなぎる単音ツイン・リード、たなびくハモンド・オルガン、エキゾチズムとともに叙情性も増したヴォーカル・メロディなど、デビュー作での一筋縄ではいかない辺境フォーク・ロックを土台にプログレ色を増した印象。オープニング・ナンバーなんて、英ハーヴェストやネオンあたりのバンドのファンはたまらないはず。不思議なコード感で2本のアコギのアルペジオがからみ、エレキの単音が透明感あるツンとしたメロディアスなフレーズを奏でるオープニング、そして、ピンク・フロイドのフォーク・ロック・ナンバーも彷彿させるメロウなヴォーカル・メロディ、そこから、ビートルズ『アビー・ロード』のB面にシンセをまぶしたみたいなパートへと展開するなど、アレンジの引き出しも増しています。現地語のヴォーカル&メロディもグリーンランドならではの哀感と幻想性があって良いし、これはオススメ!

  • V.A. / KALAALLIT NUNAAT: GREENLAND CALLING VOL.1

    SUMEやINUITなどグリーンランド・ロックの名曲を集めたコンピ

    89年にリリースされたグリーンランド・ロックのヒット曲を集めたコンピ盤。辺境プログレ・ファンにお馴染みのSUMEやINUITをはじめ、グリーンランド・ロック史上最も売れたアルバムを残したZIKAZAなどを収録。収録バンドと曲は、

    Egon Sikivat + Ole Kristiansen / Sissami
    Inneruulat / Sassuma immap
    Zikaza / Iterpunga
    Sume / Nalunaarasuartaat toquvoq
    Juaaka & Aasivik-Band / G-60
    Inuit / Silarsuarmut Sassalerputit
    Ole Kristiansen / Zoo inuillu
    Qinngorneq / Kipilerfigisaq
    Naneruaq / Piumasannut piit
    Piitsukkut / Inuiaat naqisimaneqartugut kattutta
    Silamiut / Unnuaq pigaarput
    ULO / Sinnattoraangama takusarpagit
    Aalut / Alianaak
    Zikaza / Miki
    Inua / Qaqugumi taava

  • ZIKAZA / MIKI GOES TO NUUSSUAQ

    グリーンランドのロック史上最も売れたアルバム、88年作2nd

    デンマーク領グリーンランドを代表するバンドによる88年作の2ndで、グリーンランドのロック史上で最も売れたアルバムであり、グリーンランド・ミュージックの最高傑作とも評される名作。グリーンランドの80年代は、レゲエやファンクに影響を受けたバンドが活躍していたようで、そのムーヴメントの仕掛け役となったのがこのグループ。そのサウンドを一言で言うならば、グリーンランドのポリス!

  • INNERUULAT / INUUMMARTOQAAT

    デンマーク領グリーンランドのバンド、88年作

    デンマーク領グリーンランドのバンド、88年作。大ヒットした「Naalagaaffik Sulisartunut」をはじめ、80年代らしいデジタリーでシャープなリズム、光彩を放つシンセを土台に、タメの効いた70年代的なエレキ・ギターがロック色を加えるサウンドが印象的。現地語による哀愁たっぷりのヴォーカル&メロディも魅力的です。COLORやPIRAMISなど、ハンガリーのバンドにも通じる辺境臭溢れる好盤です。

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。