プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

バート・ヤンシュ特集

10月5日は、バート・ヤンシュの命日です。

英国フォークを代表するギタリストとして、ジミー・ペイジやドノヴァン、ニック・ドレイクやポール・サイモンなど、数多くのアーティストに影響を与えてきました。

今日はそんなバート・ヤンシュの来歴を振り返りつつ、作品をカケレコ棚よりピックアップいたします。

BERT JANSCH / BERT JANSCH

まずは、彼の音楽キャリアの最初期。当時若きバート・ヤンシュは、苗木職人として働きながらイギリスのフォーク・クラブを回り、一夜限りのライヴ・パフォーマンスを二年程行っていたそうです。

その後ヨーロッパ中を旅し、60年代中頃にロンドンへ移住。そして形となったのが65年発表された、『BERT JANSCH』というアルバムでした。

力強くワイルドなフィンガー・ピッキングと、枯れたボーカルに引き込まれます。

試聴 Click!

BERT JANSCH / JACK ONION

66年作。ほぼトラッドで占められ、英国の香りが濃厚に漂う作品です。

後にLED ZEPPELINのジミー・ペイジによって「BLACK MOUNTAIN SIDE」として改曲された「BLACK WATERSIDE」収録のアルバムとしても有名です。

試聴 Click!

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN

試聴 Click!

BERTの「BLACK WATERSIDE」も、実は女性フォーク歌手、アン・ブリッグスの作品です。

当時のフォーク/ロック・アーティストが、良い意味でお互いの素晴らしい楽曲を盗み合って、各々の音楽スタイルを磨き上げて行った事が良く分かりますね。

ANNE BRIGGS / ANNE BRIGGS

試聴 Click!

BERT JANSCH & JOHN RENBOURN / BERT AND JOHN

このころ、生涯の盟友にして同じく英フォーク・ギタリストの奇才、ジョン・レンボーンと出会います。

彼らが共同生活とライヴ生活の中で育んだ音楽が、67年『BERT AND JOHN』となってリリースされます。

試聴 Click!

PENTANGLE / PENTANGLE

そして、当時ジョン・レンボーンが開店したフォーク・クラブ「蹄鉄フォーククラブ」(Horseshoe Folk Club)で、いよいよあのブリティッシュ・フォーク・ロック界に革命を起こした伝説のバンド、ペンタングルが形成されるのです。

試聴 Click!

バート・ヤンシュは、ペンタングル在籍中にも数多くの名作を残しています。

いくつかピックアップしましょう。まずはペンタングル結成後初のソロ・アルバムです。

BERT JANSCH / BIRTHDAY BLUES

69年作。

ダニー・トンプソンとテリー・コックスがリズム・セクションで参加しており、ペンタングルのサウンドとも似通うものがあります。

ソロ作の方が、ギターもボーカルも、リラックスしています。

試聴 Click!

BERT JANSCH / ROSEMARY LANE

71年作。

これまでのブルース色をぐっと抑えて、トラッドとルネサンス音楽を融合させた、この上なく美しい弾き語り作品となっています。

バート・ヤンシュの自宅でじっくりと録音されており、まるでバートが隣にいるような、生っぽい音で録音されています。

試聴 Click!

ペンタングルは72年『SOLOMON’S SEAL』を最後に、解散します。

多忙なツアーによる疲労や重圧などが理由のようです。

BERT JANSCH / MOONSHINE

ペンタングル解散後にリリースされた72年作。

前作が弾き語りのみだったのに対し、今回はフルートやフィドル、ハーモニカなど多彩な楽器、豪華ゲストを集めた彩り豊かなサウンドとなっています。

試聴 Click!

バートは、73年に妻と共にウェールズの農場に移り住み、公演活動からは一時身を引きます。

2年間ほど農場生活を送った後、音楽活動を再開。

80年代に入ると、ジャッキー・マクシーと共に新メンバーでペンタングルを再結成しました。

BERT JANSCH / AVOCET

79年作。

ダニー・トンプソンと、ダンドゥ・シャフトのマーティン ジェンキンスのトリオ編成で録音されたアルバム。

ギター、ベース、バイオリンが美しく絡み合い、起伏に富んだ展開で音が広がっていきます。

試聴 Click!

BERT JANSCH / BLACK SWAN

バートは90年代以降もコンスタントに作品を発表し、ライヴ活動も盛んに行っていましたが、09年に病気が見つかります。

その後療養していましたが、2011年10月5日、ハムステッドのホスピスで亡くなりました。67歳でした。

06年の『BLACK SWAN』が最後のスタジオアルバムとなります。

ベス・オートンやデヴェンドラ・バンハートなど、新しい世代のミュージシャンと共演した作品。

ギターとしわがれた味わい深いバートのボーカルに、チェロやパーカッション、そしてベス・オートンのスモーキーなボーカルが重なり、往年の作品とはまた違った新鮮なサウンドで聴かせてくれます。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。

こうしてあらためて聞いてみると、何と沢山の素晴らしいアルバムを残してくれたことか、と驚きます。

バートの荒々しくも繊細なギターと味わい深いボーカルに、今日は浸ってみるのも良いかもしれませんね。


ギタリストで聴く、英国フォークの深遠なる調べ~バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーン等~

【関連記事】

ギタリストで聴く、英国フォークの深遠なる調べ~バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーン等~

ギターに注目して、英国フォークを聴いてまいります。

BERT JANSCHの在庫

  • BERT JANSCH / BERT JANSCH

    英国フォーク・シーンの重要ミュージシャン、65年作

    • WAS1047

      紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック2曲、05年版マスター使用、定価2940

      盤質:傷あり

      状態:良好

      帯有

      紙ジャケにスレ・若干圧痕あり、帯に一部色褪せあり

  • BERT JANSCH / JACK ORION

    英国トラッド・フォーク界の最重要ミュージシャン、66年3rd

  • BERT JANSCH / NICOLA and BIRTHDAY BLUES

    ブリティッシュ・フォーク・シーンの重要人物、67/68年作。エレクトリック・ギターやストリングスの導入によるポップな作風。

  • BERT JANSCH / BIRTHDAY BLUES

    英国フォーク・シーンの重要ミュージシャン、PENTANGLEのリズム・セクションを迎え制作した68年5th

  • BERT JANSCH / ROSEMARY LANE

    71年にTRANSATLANTICよりリリースされた6th、クラシカルなインスト小曲などがバランス良く配された構成も絶品。彼のキャリアを代表する一枚

    71年にTRANSATLANTICよりリリースされた6th。ペンタングルで聴けるジャジーな要素は無く、ジャケットから受ける印象通り、中世の街並みが目に浮かぶような優雅で繊細なサウンドが素晴らしいアルバム。美しいメロディーが印象的な歌もの、クラシカルなインスト小曲などがバランス良く配された構成も絶品。彼の作品を代表する傑作です。

  • BERT JANSCH / AVOCET

    79年作

「BERT JANSCHの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事