プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

スリリングだったり哀愁たっぷりだったり…。珠玉のヴァイオリン・ロック選!

こんにちは、スタッフ佐藤です。

今日はヴァイオリンをフィーチャーした各国の作品をカケレコ棚の中から取り上げていきたいと思います。

熱くスリリングにも、格調高くクラシカルにも、リリカルで哀愁たっぷりにも、自在な表情を見せるヴァイオリン・ロックの数々をお楽しみください☆

まずは中古棚を探索♪

ウォーレス・コレクション/ウォーレス・コレクション

「ベルギーのELO」と呼ばれるこのグループをご存知?後に多国籍プログレ・バンドESPERANTOを結成するRaymond Vincentのヴァイオリンも炸裂する気品溢れまくりのクラシカル・バロック・ポップ!

試聴 Click!

サグラッド・コラソン・ダ・テッラ/自由の灯

なんてファンタジックなんだっ!明るくロマン溢れるメロディに輝きを放つシンセ、天空を舞うかのように鮮やかなヴァイオリン。彼らの最高傑作と称されるだけある、至上のシンフォ・サウンド!

試聴 Click!

新品棚からはこの2枚をチョイス♪

NEW VIOLIN SUMMIT/LIVE AT THE BERLIN JAZZ FESTIVAL 1971

Jean Luc Ponty、Michal Urbaniak、Don”Sugarcane”Harris、Nipso Brantnerの4人のヴァイオリン奏者が共演したベルリン・ジャズ・フェスティバルでのライヴを収録した作品。火花を散らすヴァイオリン名手のプレイは勿論ですが、ワイアットのドラムも凄まじい!

試聴 Click!

ITOIZ/EZEKIEL

スペインはバスク地方が誇る古典的シンフォ名作と言えば?キャメルをも凌ぐほどにリリカルなアンサンブル、切なさに胸がつまるバスク語のヴォーカル。ひなびた味わいのヴァイオリンやサックスが彩る哀愁のアンサンブル。これは絶品です。

試聴 Click!

セール棚でもヴァイオリン・ロックを探索!

KANSAS/TWO FOR THE SHOW

77~78年に行われた3つのツアーより選ばれた、全盛期KANSASのベスト・ヒット的ライブ作。スタジオ盤以上にアメリカン・ロックならではのダイナミズムとギター&ヴァイオリンが疾走するスリルある演奏が堪能できますよ~。

試聴 Click!

EDEN/ERWARTUNG

イエス直系のダイナミズムを軸に、フルートやヴァイオリンなど管弦楽器が音像を広げ、アニー・ハズラムを彷彿させる女性ソプラノ・ヴォーカルが歌いだす。ジャーマン・シンフォの名作に間違いなし!

試聴 Click!

いかがでしたか?こちらの記事もどうぞ!


【カケレコ中古棚探検隊】英国ヴァイオリン・プログレをチェック!

【関連記事】

【カケレコ中古棚探検隊】英国ヴァイオリン・プログレをチェック!

中古棚に眠っている名作を掘り起こして再びスポットを当てることを使命とするカケレコ中古棚探検隊!今回は英国ヴァイオリン・プログレを掘り起こします☆


ご紹介したような60&70年代ロックやプログレの聴かなくなったCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php

関連カテゴリー

関連CD在庫

  • ITOIZ / EZEKIEL

    バスク州出身の好グループ、ユーロ・シンフォの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた80年2ndアルバム、異国情緒豊かなユーロ・ジャズ・ロックの名品

    バスク地方出身の好グループ。シンフォニック・ロックの大傑作「ITOIZ」に続いてリリースされた2ndアルバム。80年作。ジャケットのイメージ通りのノスタルジックな雰囲気はそのままに、サックス、ヴァイオリン、シンセサイザーの導入により前作以上にバラエティに富んだプログレッシヴなサウンドが印象的。女性ヴォーカルITZIARが一曲ゲスト参加。1stと並ぶスペイン・シンフォニック・ロックの傑作。

  • NEW VIOLIN SUMMIT / LIVE AT THE BERLIN JAZZ FESTIVAL 1971

    Jean Luc Ponty、Robert Wyatt、Terje Rypdalなど参加のライヴ、超スリリングなジャズ・ロック!

    Jean Luc Ponty、Michal Urbaniak、Don”Sugarcane”Harris、Nipso Brantnerの4人のヴァイオリン奏者が共演したベルリン・ジャズ・フェスティバルでのライヴを収録した作品。バックがまた強力で、Robert Wyatt(Dr)、Terje Rypdal(G)、Neville Whitehead(Keith Tippett Groupで活躍したB)など錚々たるメンバー。ワイアットの手数多くスリリングなドラムを土台に、その上をヴァイオリンやギターが火花を散らし、終始アグレッシヴに畳みかけます。もの凄い熱気とテンション。ジャズ・ロック・ファン必聴

  • KANSAS / TWO FOR THE SHOW

    78年リリース、カンサスの絶頂期を捉えた傑作ライヴアルバム

    抜けの良いアメリカン・ロックのバンド・アンサンブルとクラシカルなヴァイオリンによるシンフォニックなアプローチでアメリカを代表するプログレッシヴ・ロック・グループとなり、後のアメリカン・プログレハードの基礎を築いたグループの78年ライブアルバム。77年から78年に行われた3つのツアーからの抜粋で収録された音源であり、この時点での彼らのベスト・ヒット的な選曲がなされたライブ作となっています。スタジオ作以上にアメリカン・ロックのダイナミズムとテクニカルなプログレッシブ・ロック・アンサンブルを感じられる、名作と言えるでしょう。

  • EDEN / ERWARTUNG

    管弦楽器をフィーチャーしたジャーマン・シンフォの名グループ、78年作

    Dirk SchmalenbachとMichael Dierksを中心に結成され、70年代後半から80年代初頭のジャーマン・シンフォニック・ロックシーンを代表する名盤を作り上げたグループの、78年デビュー作。YES系の明快なバンド・セクションを基調としながらも管弦セクションの充実がとにかく素晴らしくフルート、ヴァイオリン、サックス、クラリネットらが彩る音像はシンフォニック・ロックの旨みを充分に引き出しています。加えて、ボーカリストが男女の混声にて成り立っており、特にAnnie Haslam系の女性ソプラノボーカルの存在はバンドにRENAISSANCE的な艶やかな色を加えることに成功しています。

  • SAGRADO CORACAO DA TERRA / FAROL DA LIBERDADE

    鬼才ヴァイオリニストMARCUS VIANA率いるブラジリアン・シンフォ・バンド、最高傑作とも云われる91年リリース3rd

    91年の3rd。前作では明確に区切られていた歌ものパートとインストパートが見事なバランスで融合。伸びやかなシンセと天空へ舞い上がるヴァイオリンによるシンフォニックなパート、リリカルなフルートが印象的なファンタスティックなパート、切々と歌い上げられるロマンティシズム溢れるヴォーカルパート。これらが次々に折り重なり、至福のサウンドとなってリスナーを大らかに包み込みます。すべてが完璧。大傑作。

  • WALLACE COLLECTION / WALLACE COLLECTION

    後にESPERANTOを結成するRaymond Vincentが在籍した、ベルギーのサイケ・ポップ・グループ、70年作

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。