プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

ギタリストで聴く、英国フォークの深遠なる調べ~バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーン等~

こんにちは。スタッフみなとです。

今日は、ギターに注目をして英国フォークを聴いてまいりたいと思います。

それではこちらの作品からどうぞ。

DAVY GRAHAM(DAVEY GRAHAM) / FOLK BLUES AND BEYOND…

イングランド、レスターシャー出身のデイヴィー・グラハム。

ヨーロッパや中東を旅するうちに、変則オープン・チューニングを発明。

ジミーペイジも採用するDADGADチューニングも、DAVY GRAHAMが最初だそうです。

フォーク、ブルース、ジャズ、そしてワールド・ミュージックを一体化させたその音楽性は、バート・ヤンシュやジョン・レンボーンなど英国のフォーク・ミュージシャン達に大きな影響を与えました。

試聴 Click!

BERT JANSCH / BERT JANSCH

ヨーロッパ各地を放浪した後にリリースした、1stソロ。

DAVY GRAHAMの『FOLK BLUES AND BEYOND…』と共に、英国を代表するギター・アルバムとして受け入れられた作品です。

若さ迸る力強いピッキング、ブルージーでアーシーなサウンドに心打たれます。

DAVY GRAHAMの「Angie」もカバーしています。

試聴 Click!

JOHN RENBOURN / ANOTHER MONDAY

バート・ヤンシュと共にペンタングルのオリジナル・メンバーであるジョン・レンボーン、66年作。

洗練されたクラシカルなアレンジが冴え渡り、ジャッキー・マクシーも参加。ペンタングル誕生の鍵を握る重要作です。

試聴 Click!

WIZZ JONES/WIZZ JONES

バート・ヤンシュに「最も過小評価されているギタリストの一人」と評されたいぶし銀のフォーク・シンガー。

憂いのある爪弾きのアルペジオなど、英国的な叙情性が実にいい塩梅。

試聴 Click!

MARTIN CARTHY / SHEARWATER

スティーライ・スパン脱退後、72年に発表した作品。

デイヴィ・グレアムに影響を受けたパーカッシヴなギター・プレイと、朗々とした歌声が特徴です。

試聴 Click!

PAUL BRETT/PAUL BRETT

英国ロックのいぶし銀ギタリスト。

まるでジャンゴ・ラインハルトが乗り移ったような高速ジプシー・ギターのインストが飛び出したり、アコギ片手にロイ・ウッド~ELOへ回答!とばかりのヴァイオリン・フォーク・ロックあり、凄い才能です。

試聴 Click!

いかがでしたでしょうか。こちらから他にもギタリスト作品がご覧いただけますのでぜひ。↓

【ギタリストで聴く、英国フォークの深遠なる調べ】在庫一覧



イアン・マシューズやリチャード・トンプソン等、初期フェアポート・コンヴェンションのメンバーのソロ作を探索。

【関連記事】

イアン・マシューズやリチャード・トンプソン等、初期フェアポート・コンヴェンションのメンバーのソロ作を探索。

フェアポート・コンヴェンションの1stに参加したメンバーのその後の作品を、カケレコ棚から探してまいります。


ケルトやアイリッシュ音楽のエッセンスを感じるフォーク/プログレ特集!

【関連記事】

ケルトやアイリッシュ音楽のエッセンスを感じるフォーク/プログレ特集!

幻想的なケルト/アイリッシュ・ミュージックを取り入れた作品をピックアップ!


ヴァン・モリソン『VEEDON FLEECE』から出発する、アイリッシュ・ミュージック

【関連記事】

ヴァン・モリソン『VEEDON FLEECE』から出発する、アイリッシュ・ミュージック

ヴァン・モリソンの74年作を出発点に、カケレコ棚からアイリッシュ・ミュージックをピックアップしてまいります。

DAVY GRAHAM(DAVEY GRAHAM)の在庫

「DAVY GRAHAM(DAVEY GRAHAM)の在庫」をもっと見る

BERT JANSCHの在庫

「BERT JANSCHの在庫」をもっと見る

JOHN RENBOURNの在庫

  • JOHN RENBOURN / JOHN RENBOURN

    英国フォークの重鎮ギタリスト、65年1stソロ作

  • JOHN RENBOURN / ANOTHER MONDAY

    PENTANGLE結成前のソロ66年作

    トラッドにバロックの要素を取り入れ、新たなる地平を切り開いたソロ2作目。洗練されたクラシカルなアレンジが冴え渡る、ペンタングル誕生の鍵を握る重要作。

  • JOHN RENBOURN / LADY AND THE UNICORN

    ペンタングルの名ギタリスト、70年作、トラッドとクラシックを融合させた名作

    言わずと知れたペンタングルの名ギタリスト。70年作。英国トラッドを基調としながら、クラシック音楽のような格調高さが印象的な彼独特のスタイルが堪能できる名作。流れるようなフレーズは「優雅」という言葉がピッタリ。うっとりさせられます。

  • JOHN RENBOURN / HERMIT

    76年作、ペンタングル解散後では初となるソロ作、リリカルなアルペジオが心に染み渡る傑作

    76年作。ペンタングル解散後では初のソロ作。丁寧に紡がれる各音のなんと瑞々しいこと。時間を忘れて聴き入ってしまいます。リリカルなアルペジオが心に染み渡る傑作。

  • JOHN RENBOURN / VOL 1 – THE SOHO YEARS

    全21曲

「JOHN RENBOURNの在庫」をもっと見る

WIZZ JONESの在庫

  • WIZZ JONES / LUCKY THE MAN

    英国が誇るブリティッシュ・フォーク・ギタリストによる風格溢れる、01年作!

    英国が誇るブリティッシュ・フォーク・ギタリストによる風格溢れる、01年作!長い年月の中で年輪を重ねた、穏やかで味わい深いフィンガー・ピッキングによる、アコギのリリシズム溢れる響きと、艶のあるじジェントルな歌声はより一層聴き応えを増し、力強く響きわたっています。英国人らしいカントリー・ブルースの独自の解釈、アメリカン・ルーツ・ミュージックを自らの中で咀嚼し、全く個性的な英国的フォーク・フォーマットを生み出しています。英フォーク&米ルーツ愛好家は、是非とも聴いて頂きたいです!

  • WIZZ JONES / WIZZ JONES

    いぶし銀の英フォークシンガー、米ルーツのコクと英国のリリシズムがブレンドした旨味いっぱいの69年1st

    ロンドン生まれで、スキッフルブームと英国に上陸したブルースに感化され、60年代初めから路上を旅する活動をはじめ、60年代末から70年代にかけて数多くの作品を残したいぶし銀のフォーク・シンガー。1969年の記念すべき1st。軽快なラグタイムやカントリー・ブルースなアコギには、ランブリン・ジャック・エリオットやその師ウディ・ガスリーに通じる、さすらい人の乾いたブルースを感じさせますが、憂いのある爪弾きのアルペジオなど、英国的な叙情性が実にいい塩梅。ヴォーカルも英国らしく、アクがなく、ちょっぴり鼻にかかってたゆたうようにドリーミーで悲哀もある歌声が心にしみます。米ルーツのコクと英国のリリシズムがブレンドした旨味いっぱいの作品です。バート・ヤンシュに「最も過小評価されているギタリストの一人」と評されているように、ギターは派手さはないものの実に雄弁!

  • WIZZ JONES / WHEN I LEAVE BERLIN

    英フォークを代表するSSW、73年作

    Bert JanschやJohn Renbournなど英トラッド・フォーク界を代表するギタリストをはじめ、あのEric Claptonにも影響を与えた、ブリティッシュ・フォークを代表するギタリストでありシンガー・ソングライター。73年作の5thソロ。オープン・チューニングによる格調高く流れるようなアルペジオを基本に、英国らしい湿り気を含んだメロディーと心にスッと染みてくる素直なヴォーカルが静かに流れるサウンドは、言葉を失う美しさ。

  • WIZZ JONES / DAZZLING STRANGER

    英国が誇る名フォーク・ギタリスト、95年作、セルフカバー集

「WIZZ JONESの在庫」をもっと見る

MARTIN CARTHYの在庫

  • MARTIN CARTHY / SHEARWATER

    スティーライ・スパンを抜けた彼が72年にリリースしたソロアルバム、全編弾き語りと独唱による味わい深いトラッド・フォーク作

    スティーライ・スパンを抜けたマーティン・カーシーが72年にリリースしたソロ。全編、弾き語りと独唱による味わい深いトラッド・フォーク。

「MARTIN CARTHYの在庫」をもっと見る

PAUL BRETTの在庫

  • PAUL BRETT / CLOCKS

    73年作2nd、VELVET OPERAやFIREで活躍したミュージシャン、英SSW作

  • PAUL BRETT / INTERLIFE

    VELVET OPERAやSTRAWBSで活動したギタリストによる78年ソロ作、トラッド調のアコースティックギターのプレイを中心に展開される異色のプログレ作

    60年代末にVELVET OPERAのメンバーとしてシーンに登場、STRAWBSへの参加や自身のバンドPAUL BRETT’S SAGEを率いて活動したギタリストによる、78年のソロアルバム。プロデュースは『TUBULAR BELLS』を手掛けたトム・ニューマンが担当。冒頭16分の大作から素晴らしく、トラッド色のある躍動感溢れる自身のアコースティックギターのプレイを中心にして、次々と哀愁のフレーズを紡ぐエレキギター、Mel CollinsとSteve Gregoryが務めるジャジーなブラス・セクション、多彩なトーンのシンセサイザーなどが渦を巻くようにスリリングにフレーズを応酬するプログレッシヴなナンバー。他の曲はよりトラッド風のアコースティックギターをフィーチャーしたナンバーが中心となりますが、決して牧歌的にはならず、ハード・ロック、ジャズ、シンフォなどが断片的に現れる凝った音作りによって、先の読めないサウンドを繰り広げています。シンフォ色は強くありませんが、Gordon Giltrapに近い作風に感じられます。プレイヤーとしての力量は勿論、コンポーザーとしての才能も見事に発揮されたブリティッシュ・ロック/プログレの秀作です。

「PAUL BRETTの在庫」をもっと見る

聴かなくなった60&70年代ロック/プログレのCDはございませんか?

査定の正確さ・高額買取で評価いただいているカケレコ「とことん査定」。選ばれる3つの理由やご利用いただいたお客様の声など詳細はコチラ⇒http://kakereco.com/about_assess.php


コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

文・後藤秀樹

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。