プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

プログレ、60s/70sロックCDのネット通販/買取

24時間以内発送(土・日・祝は翌営業日)、6,000円以上送料無料

【作品追加】ジャニス・ジョプリンが好きな人におすすめ!姉御系シンガー特集。

命を振り絞るように歌い、生きたジャニス・ジョプリン。そのしゃがれた声は、いつ聴いても鳥肌がたってしまいます。

今回は、ジャニス・ジョプリンを引き合いに出される、ハスキーボイスの女性シンガーをカケレコ棚から探してみました。

初めにジャニス・ジョプリンから一曲。

♪Piece of My Heart

試聴 Click!

まさに、ジャニスのために作られたような楽曲ですね。

それではカケレコ棚へまいりましょう!

米国編

JOANNE VENT(WHITE CLOUD)

「東海岸のジャニス」ことJOANNE VENT。

69年に自身のソロアルバムをリリースしたのち、スワンプ・ロック・バンド、WHITE CLOUDに参加し、その素晴らしい歌声を披露しています。

♪WHITE CLOUD / Hound Dog

試聴 Click!

JOANNEのソウルフルなボーカル、宙にうねるスライド・ギターに腰にくるリズム隊、そして郷愁を誘うカントリー・フレイヴァー。

旨味たっぷりの東海岸スワンプ名作です!

GENYA RAVAN(TEN WHEEL DRIVE)

次はポーランド出身で、米国のブラス・ロック・グループTEN WHEEL DRIVEに参加したヴォーカリストGENYA RAVAN。

70年作2ndからこちらの曲をお聴きください。

♪GENYA RAVAN / Stay With Me

試聴 Click!

このLorraine Ellison「Stay With Me」カヴァーのシャウトのすさまじさと言ったら!

ジャニスの「Cry Baby」に匹敵すると言っても過言ではない名唱ですね。

次は71年3rdからどうぞ。

♪GENYA RAVAN / The Night I Got Out Of Jail

試聴 Click!

GENYA RAVANのボーカルもさることながら、ジョン・ロードもかくやのオルガンとブイブイ吹き鳴らされるサックスのソロの応酬も凄くって、最後まで破竹のテンションで疾走していくアンサンブルに圧倒されます。

CLYDIE KING

ストーンズやハンブル・パイでもバック・コーラスで参加した黒人女性シンガー、76年作の1stソロ。

♪CLYDIE KING / Punish Me

試聴 Click!

疾走感のあるソウル・ビートの中、軽快なキーボードとホーン・セクション、ソウルフルかつ陽気な彼女の歌声が炸裂!

つい体が揺れてしまいます!

LYNN CAREY(MAMA LION)

「米ブルース・ロックの裏番長」ことニール・メリウェザーが結成したバンド、MAMA LIONのボーカル、LYNN CAREY。

♪MAMA LION / Ain’t No Sunshine

試聴 Click!

リン・キャリーの凄みあるパワフル・ヴォイスに圧倒されてしまいます。バンドのヘヴィーな演奏に良く合ってます!

MARTHA VELEZ

マイク・ヴァーノンがプロデュースした69年作で知られるアメリカ出身のシンガー。

♪MARTHA VELEZ / Feel So Bad

試聴 Click!

クラプトン、ポール・コゾフ、スタン・ウェブ、ジャック・ブルース、ミッチ・ミッチェル、ジム・キャパルディ、ブライアン・オーガーといった英ブルース・ロック・オールスターといった布陣による演奏もカッコ良いし、ややかすれたソウルフルなシャウトもバックに負けていないカッコよさ!

JANUARY TYME

ジャニス・ジョプリンとグレイス・スリックを足して2で割った感じ?!パワフルで伸びやかなヴォーカルが存在感たっぷりの米サイケ69年作!

♪JANUARY TYME / Rainy Day Feeling

試聴 Click!

英国編

MAGGIE BELL

英国のジャニス一人目、マギー・ベル。

69年~73年までブルース・ロック・バンド、ストーン・ザ・クロウズでボーカルを務めます。

ストーン・ザ・クロウズ/ライヴ・イン・モントルー 1972

♪STONE THE CROWS / Keep on Rollin’

試聴 Click!

しゃがれたボーカルがたまらないです!

CAROL GRIMES

英国のジャニス2人目、キャロル・グライムス。

CAROL GRIMES/WARM BLOOD

カンタベリーロックのミュージシャンがバックを務めたキャロル・グライムス&デリヴァリーや、スワンプロックバンドのアンクル・ドッグでの活動のあと、満を持してリリースされた1974年ソロ作。

パワフル且つ少し酒ヤケしてそうなウイスキー・ボイスが何より魅力的です。

試聴 Click!

その他の国

SAVAGE ROSE/REFUGEE

歌姫アニセッテを擁するデンマークを代表するロック・グループ、71年作。

このちょっと子供っぽいボーカルがたまらないんですよね。ジャニスのパワフルさと、ケイト・ブッシュのコケティッシュさを併せ持った、問答無用の素晴らしさ!

♪SAVAGE ROSE / Revival Day

試聴 Click!

金子マリ&バックスバニー/ライブ WE GOT TO….

「下北沢のジャニス」こと金子マリ。76年12月18日SABホール、22日日本青年館のステージから選ばれたベスト・パフォーマンスを収録!

♪金子マリ&バックスバニー / 最後の本音

試聴 Click!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかかでしたでしょうか。パワフルな女性ボーカルは、聴いていると胸がすくような爽快さがありますね!


ジャニス・ジョプリンから巡る「姉御ヴォーカル女王決定戦」

【関連記事】

ジャニス・ジョプリンから巡る「姉御ヴォーカル女王決定戦」

パワフルな「姉御系」女性シンガーの特集です。


五月病をぶっ飛ばせ!目が覚めるようにパワフルな姉御ヴォーカル作品をピックアップ!

【関連記事】

五月病をぶっ飛ばせ!目が覚めるようにパワフルな姉御ヴォーカル作品をピックアップ!

連休明けの憂鬱な気分・・・「しっかりしなさい!」と喝を入れてくれそうな姉御ヴォーカル作品をピックアップ!

JANIS JOPLINの在庫

  • JANIS JOPLIN / PEARL and I GOT DEM OL’ KOZMIC BLUES AGAIN MAMA!

    71年作/69年作

  • JANIS JOPLIN / PEARL

    JANISの絶唱を聴け!最後のスタジオ録音、全米No.1アルバム

    71年に発表されたJANISの遺作となるスタジオ・レコーディング。彼女の理想のプロデューサー、Paul Rothchildとのセッション通じて本当に自分の追求する音をみつけ、彼女の可能性は無限に広がっていきそうに見えた矢先、未完のままドラッグの過剰摂取により27才で亡くなりました…。『PEARL』はJANISが好んだニックネーム、人からこう呼ばれることを嬉しがったと言います。全米No.1アルバム。全米No.1シングル「Me and Bobby McGee」収録。新たなバック・バンドであるFull Tilt Boogie Bandを従えて制作されたが、本作が完成する前の1970年にジャニスは亡くなり、1971に遺作として発表された。ジャニスはこのアルバムの完成を待たずに死んでしまったわけですが、間違いなくロックの歴史に残る一枚。ジャニスの死によって、「生きながらブルースに葬られ」は、 歌なしのまま収録されました。全米9週連続1位。

  • JANIS JOPLIN / PEARL SESSIONS

    遺作となった傑作『PEARL』にアウトテイクをたっぷりと追加した決定版!全28曲

    制作途中の1970年にヘロインのオーヴァードースで亡くなり、遺作として翌年の1971年にリリースされた米ロック史上に残る傑作『PEARL』。『PEARL』全曲に加え、6曲のモノ・シングル・マスターを収録したDISC 1。DISC 2には、未発表のアウトテイクをたっぷり18曲に加え、70年のライヴ音源2曲を加えた全20曲を収録。「Move Over」のテイク6、13、17など、名曲誕生へと向かっていく生々しい記録に心が揺さぶられます。イントロでのささやきやハミングなど、まるでそこにジャニスが居るようで、胸が熱くなります。

  • JANIS JOPLIN / JOPLIN IN CONCERT

    68~70年のライヴ集、前半にBB&HC、後半にFULL TITTがバックを務めた音源を収録

  • JANIS JOPLIN / GREATEST HITS

    10曲収録ベスト

  • JANIS JOPLIN / JANIS

    ドキュメンタリー映画『ジャニス』のオリジナル・サウンドトラック作品、75年リリース

  • JANIS JOPLIN / FAREWELL SONG

    82年リリースの未発表楽曲集

  • JANIS JOPLIN / 18 ESSENTIAL SONGS

    18曲収録ベスト

  • JANIS JOPLIN / BEST SELECTION

    17曲編集盤

  • JANIS JOPLIN / WAY SHE WAS JANIS A FILM

    ライヴ映像やインタビューで構成されたドキュメンタリー映像作品

「JANIS JOPLINの在庫」をもっと見る

MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHERの在庫

  • MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHER / GIMME SOME LOVIN

    エキセントリックなシャウトが魅力の女性ヴォーカルLynn Carey擁する米ハード・グループ、72年と73年の未発表音減集

    まるでアンプで増幅しているかのようなエキセントリックなシャウトがジャニス・ジョップリン級の存在感を放つ女性ヴォーカル、Lynn Carey擁するグループ。音楽面をリードするのは、Neil Merryweatherで、彼が率いるバンドの作品はすべて名作といえる米ブルース・ロック・シーンの隠れた名ミュージシャン。72年と73年のアルバムからは漏れたスタジオ未発表音源を収録した編集盤。

  • MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHER / PRESERVE WILDLIFE

    存在感抜群の女性シャウト・ヴォーカルを擁する米ブルース・ハード・グループ、72年作1st

    米ブルース・ロックの裏番長(!?)Neil Merryweather率いるグループ、72年1st。とにかく女性ヴォーカルのLynn Careyが強烈!まるでアンプで増幅しているかのようなエキセントリックなシャウトヴォーカルで圧倒します。ジャニスにも匹敵してるし存在感という点で間違いなく女性ロック・ヴォーカリスト屈指。そんなヴォーカルの迫力に負けじと演奏陣もソリッド&ブルージー&ファンキー強靭なサウンドを聴かせていて、この天井知らずのテンションと溢れ出るグルーヴィーなコクが堪りません。米ブルース・ロック好きには至福の一枚と言えるでしょう。

「MAMA LION FEAT NEIL MERRYWEATHERの在庫」をもっと見る

BRENDA PATTERSONの在庫

  • BRENDA PATTERSON / KEEP ON KEEPIN’ ON

    南部テネシー州出身のフィメール・スワンプ・シンガー、圧倒的なヴォーカルを披露する70年1stアルバム!

    ライ・クーダー『The Border』やボブ・ディランの代表曲の一つ「Knockin’ on Heaven’s Door」にコーラスで参加した女性ヴォーカリスト、70年のデビュー・アルバム。バックはREDBONEの面々が務めており、ダイナミックなリズム隊とワウワウを多用したギターを軸に、ファンキーな跳ね感たっぷりの躍動的かつ旨味滴るアンサンブルを提供。そこに彼女のしぼり出すように歌い上げるソウルフル&エネルギッシュな歌唱が乗り、最高のフィメール・スワンプ・ロックを繰り広げます。この声量、そしてブルース由来の「凄み」の効いた存在感抜群のヴォーカルは、あらゆるロック・ファンに是非聴いて欲しい。ジャニス・ジョプリンに匹敵する、と紹介される女性シンガーは数いますが、彼女こそがその筆頭格と言って間違いないと思います。傑作!

「BRENDA PATTERSONの在庫」をもっと見る

CARMEN MAKI & OZの在庫

  • CARMEN MAKI & OZ / CARMEN MAKI AND OZ

    日本を代表する女性ハード・ロッカー、OZ名義での75年デビュー作、代表曲「私は風」収録

    「時には母のない子のように」のヒットで知られるカルメン・マキがジャニス・ジョップリンに衝撃を受けロックへ転身。当時18歳の若きギタリスト春日博文らと組んだグループ。ジャパニーズ・ロックの金字塔とも言われる75年の傑作。それにしてもの代表曲「私は風」。エッジと中域の太さが絶妙にバランスしたソリッドなギターとエネルギッシュなキーボードが一体となって畳みかけるイントロから悶絶。アコギのカッティングが入るところもカッコ良すぎるし、ピアノのソロ伴奏へと一転し、カルメン・マキの胸を打つ歌唱とともに日本的ワビサビが溢れる。そして、またバンドが入るとともにマキの魂の叫びが炸裂!バックの歌謡曲風コーラスがまた絶妙でクールでひたすら悶絶。エモーショナルなギターソロも良いし、ほんっとすべての演奏が神がかった名曲!

「CARMEN MAKI & OZの在庫」をもっと見る

コメントをシェアしよう!

あわせて読みたい記事

中古CD買取案内

カケレコ洋楽ロック支店

新着記事

もっと見る

プロのライター&ミュージシャンによるコラム好評連載中!

文・市川哲史

文・深民淳

文・舩曳将仁

文・netherland dwarf

人気記事ランキング

* RSS FEED

ロック探求特集

図表や代表作品のジュークボックスなどを織り交ぜ、ジャンル毎の魅力に迫ります。